+アクセスカウンター調査




私は大学を卒業後すぐに会社へ入り20年間営業職を中心に勤めてきました。
その間には子会社の役員を務めることもあり、なかなか良い条件だったと思います。

知り合いに誘われるまま20年間勤務した会社を退職し、初めての転職をしました。
これが間違いの元で、条件は同等だったものの、まるで文化の違う会社内で最初から重責を担いましたが、TOPには認められずに、誘っていただいた知人とともにたった2年間で一方的にリストラされる結果となってしまいました。

既に44歳、住宅ローンもあり、子供も3名います。

就職活動をするにあたって、履歴書を書きましたが22年間のサラリーマン生活で朝から晩までひたすら仕事をしてきたことはまったく書きようのない事に気がつきました。
つまり資格や特技といった履歴書や経歴書に輝かしく書けるものがなにもない事を思い知った次第です。

ホワイトカラーの転職というものはほとんどの場合そうではないでしょうか?

今の世の中、20代の若さか、特殊な技術か、高度な資格保持者でなければ、就職は容易ではありません。

もちろんこの22年間で様々な人脈を作ってきて、それなりに心配してくださる方もいらっしゃいます。
しかし44歳の高給取りを容易く採用してくれるところは残念ながらありません。
どこも今は一番厳しい時なんですね。

そこで、いつまでも宮仕えではなく、独立開業のセンもあるのではないかと、現在研究中です。
独立開業の最大のメリットは、定年やリストラがない事です。
2025年には高齢化のピークを迎えるそうですが、日本経済が今迄以上に活性化するとはとても思えません。
そうなると、やはり企業は賃金の高い中高年齢者をますます削減し、若手や外国人労働者の活用に走る事は見えています。また残ったとしても大幅な賃金カットや労働条件の悪化(ワークシェアリングで週3日だけの労働とか)が予想されます。

もちろん独立開業にはデメリットも多くあると思います。
決まった休暇などなく、今まで以上に朝も早く夜も遅くなる仕事は多いでしょう。
仕事が減れば今までのように毎月安定した収入が手に入るとも思えません。
独立開業し、失敗して倒産・夜逃げなんて話もよく聞きます。

しかし果たして独立開業する事が、会社勤めするよりもリスクが大きいのでしょうか?
10年以上前ならば私は迷わずそう言い切っていたでしょう。
でも今は60歳以上になって定年を迎えた時に、悠々と引退生活がおくれる人でなければ早めの定年後の人生設計が必要な気がします。

年金も当てにはならず、高齢者の仕事は少なく、街中に高齢者があふれかえっている時代がもう目の前です。

現在私の状況は、就職60%、独立開業40%で様々な行動と調査を行っています。

管理者 area(エリア)メールアドレス
area99(アットマーク)infoseek.jp
※(アットマーク)の部分は半角の@と置きかえてください

年齢:5*歳  性別:男
住所:神奈川県
趣味:ドライブ・読書・映画



2002/6/10より再就職を果たしました。
でも3ヶ月間の試用期間中にクビになるかあるいは自ら失業生活に戻りそうです。
理由は、苦手な英語を使いこなさなければ仕事にならないことと、給料が思いっきり低くて生活と住宅ローンをまかなえそうにないことです。
入った会社に対して失礼なのかも知れませんが、英語が苦手な事は最初からキチンと伝えていましたし、希望の年収も言ってあります。あてもなく単に仕事を探すよりは仕事を持ちながら就職を探すほうが比較的良さそうな気がします。今度転職する時はクビになる前に次の仕事を決めてからにしたいと思います。そううまくいくかどうかはわかりませんが、、、
したがって上記「ただいま仕事募集中!」はそのままにしておきます(笑)

んで、やはり9月20日付で退職と相成りました(ーー;)
また失業者の身です(泣)おまけに今度は失業手当もなくたいへんです。

再々就職活動の成果?が出て2002年10月下旬より再々就職先が決まりました。
激励いただいた多くの方にはたいへん感謝しております。
今度は日本のITベンチャー企業です。

2009年1月現在まだ上記で頑張ってます。しかし100年に一度という未曾有の大不況の折、先行きは厳しい状況です。再び「リストラ」という言葉が急に流行りだしてきたようで心配です。









SPAM(迷惑メール)対策 便利 リンク


迷惑メール相談センター(財団法人日本データ通信協会) http://www.dekyo.or.jp/soudan/

 http://www2g.biglobe.ne.jp/~stakasa/spam-j.html

 http://www.sos-file.com/top.htm

 http://www.iajapan.org/hotline/index.htm

 http://www.nissankyo.or.jp/


都道府県警察本部のハイテク犯罪相談窓口等一覧
http://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm








アクセスカウンター調査(2002/5/9〜2004/1/31)



2002年3月下旬に開設以来、2004年1月中旬まではトップページの1日平均アクセス数は100、BBSへの1日平均アクセス数は138でした。
2004年1月26日に日経新聞(朝刊社会面)に掲載され、その後yahooにも登録された関係で一気にアクセス件数が増えました(ちなみに1/26は4,400件)。