皆さんが日頃お使いのはんこにもいろいろあります
ここでは、わかりやすく「はんこの話」をしましょう

■はんこの正式名称について■
 はんこの呼び名にもいろいろです。はんこ・判子・印鑑・印章 などなど
 正式呼称は、印章が正しいとされています。印鑑は、基本的にはんこの印影(捺した物)を指します。

■はんこの種類について■
 ここでは、一般的に皆さんに身近なはんこの使用目的についてご説明します

  実 印 実印とは、公的機関に登録された印章を言います。
個人では市町村役場、法人では法務局にあらかじめ登録された印章を言います
登録した役所から「印鑑証明」の発行を受けることが出来ます
住宅の購入や保証など大きな金銭が動くときによく使われますので、必ずオリジナルの印章を作成してください。
既製品の印章は、他人が勝手に悪用する可能性が あり非常に危険です。
又、最近では安価を唱った機械彫りの組合非加盟の印章店もありますが、偽造され
やすい点では注意が必要です。
安易な使用は、トラブルなどを招き非常に危険です。注意してください。
  銀行印 大別すると「認印」と同じですが、銀行口座を開設する時に必要となります。
大切な銀行預金を守る鍵の役割をする印章ですので、安易に考えず必ずオリジナル
の印章を作成し使用しましょう。
また、実印との併用は盗難時に被害を大きくする危険性があります。絶対に併用は
避けましょう。
また、既製品の印章は、盗難時に簡単に預金引出が行われやすくなります。
  認め印 日常、一番使用される印章でしょう。最近では、浸透印(シャチハタ式)の印章も
良く目にします。 サインの変わりですが、内容の確認など安易な捺印は避けたが
良いでしょう。
気軽な気持ちで捺印したことが、後で大きな損害を被った事件もあります。
訂正印も認印の分野に入ります。法人では、角印がこれにあたります。
  ゴム印 住所印などで良く目にします。
素材がゴムであるため変形しやすく実印などには使用できません。

まだ、上記の他に 落款印・日付印・回転印・浸透印など様々な印章があります。

■印材の選び方■
 印章には、様々な材質があります。あなたにあった材質をお選び下さい

 ◆象 牙 
      皆さんが「印章」と聞けば真っ先に思い浮かぶ材料でしょう。
     象牙を印章に使うようになったのは、8世紀ごろ中国から伝わってからとされています。
     象牙は、象の歯(牙)を加工したものですが、特徴として「適度な硬さがあり長期間使用しても変形しにくい」
     「朱肉との相性が良く捺印が鮮明にできる」「廃棄しても自然環境を汚さない」などがあります。
     お断りしておきますが、「象牙が一番高価な商品だから消費者に勧めてる」と言われる方がいますが、私どもは
     永年の経験上、消費者に最も安心してご使用いただける印材としてお勧めしております。

 ◆オランダ水牛
     飴色の非常に綺麗な印材です。
     オランダと付くので、オランダからの輸入品のように思われますが、実はオーストラリアを中心に輸入された水牛
     です。 昔、日本への輸入品に対し「蘭」という言葉がよく使われました。その名残として輸入された水牛に対して
     オランダと付けたとされています。
     この印材は、水牛の角を印材に加工した物です。ここで注意すべき点は、象牙のような歯(牙)では無いという点
     です。印材の内部には細い繊維が密集して、印材の強度を保っています。しかし、この繊維にごくまれに虫が付くこと
     があり印章として使用できなくなることがあります。 また、湿度の変化で繊維が収縮するため、印材が縮んだり
     割れたりすることがあります。
     保管には、適湿な場所に保管し、防虫剤を入れておくと安心です。

 ◆黒水牛
     名前の通り漆黒の印材です。本来の漆黒の色をした物と後から黒の染料で染色された物があります。
     一般的に前者の方が高価に扱われていますが、染色した物に比べ色が薄い感じがする物があります。
     悪質な印章店では、プラスチック製の黒い印材を黒水牛と称して販売している印章店のありますので、ご注意下さい
     九印連加盟店なら安心ですね。

 ◆柘 植
     こぎつねコンコン♪と歌にも出てくる柘植は、木材の中でも硬度が硬い方に分類されます。
     現在は、鹿児島産の薩摩柘植が品質でも最高といわれています。安価な柘植は東南アジアなどから輸入された物が
     多く、南洋木材特有の早生のため国産品より柔らかく、変形しやすかったりします。

 ◆ラクト
      樹脂を印材に成形した化学製品です。様々な加工が可能で、色や模様が非常に綺麗です。
     また、価格的にも大量生産により安価で安定供給できる印材です。

 ◆チタン
     金属の中でも一番硬いといわれる金属印材です。重みがあり純度が高いチタンは錆にも強い特徴があります。
     彫刻にはレーザー加工が必要となります。価格も高価です。

 ◆石 材
     水晶・メノウといった宝石的価値も有する印材です。非常に欠けやすく取扱には注意が必要です。

■正しい印章店の選び方■

 もちろん、九州印章業組合連合会加盟店なら安心です。(笑)
 最近では、価格の安い印章を売りにする印章店も増えていますが、
 印章店をお選びになる場合は、まず印章の彫り方を確認しましょう。
 専門店の手彫りの印章なら仕上がりも、オリジナリティも確かです。最近、フランチャイズの量 販店が増えていますが、
 機械彫りで同一原板のものは、同姓(同名)などの場合、  他にも同じ印章があることになり、非常に危険です。
 印鑑登録においても、受け付けてもらえないケースがあります。価格の安い印章店は、全てを機械で彫刻する場合が多く
 全く同じ物が出回る可能性があります。
 大事な実印・銀行印は必ず 手彫り・手仕上げの印章店を選びましょう。