'04 第20回参議院議員選挙 東京選挙区候補者回答


[ メニューに戻る ]

[ 04 参議院選挙プロジェクト トップに戻る ]

アンケート調査配布候補者

◎立候補予定者(現職、元職、新人の順で、解散時の議席数の多い政党順)
  ↓の表のうち、回答が寄せられた立候補予定者名は太字としている。

名前 所属・区分 HP
小川 敏夫 民主 ・現職 http://www.ogawatoshio.com
青島 幸男 無所属・元職 http://www.aoshima.net/
中川 雅治 自民 ・新人 http://www.nakagawa-masaharu.jp/
蓮   舫 民主 ・新人 http://www.renho.jp/
沢 ゆうじ 公明 ・新人 http://www.yuji-sawa.net/
今村順一郎 共産 ・新人 http://www10.ocn.ne.jp/~ima-jun/
中川 直人 社民 ・新人 http://nakagawa.b1net.com/index.html
松村久義 維新政党・新風 ・新人 個人HPなし
増元照明 無所属 http://www.interq.or.jp/power/masumoto/


回答
問1 1)今後の同性愛者の人権政策・施策について
  
   ●青島幸男(無所属)
     <回   答> c.世論の動向を見守りながら、鋭意検討して行く
     <回答理由> いかなる理由があろうとも国民は法の下に平等であるべきで同性愛者に
              対しても不当な差別があってはならないと思います。しかし一般的に受け入れ
              られにくい一面があることも事実なので差別のない社会意識を高めるような
              広報活動を推進するべきだと考えます。

   ●沢 ゆうじ(公明党)
     <回   答>  b.同性愛者の人権擁護を進めるために、現行憲法下での法体制を整備する。

     <回答理由>同性愛者のみならず、性的指向(異性愛・同性愛・両性愛)を理由とする偏
              見・差別をなくし、理解を深めるための啓発活動が、現在実施されているとこ
              ろです。性的な指向を理由とする差別や、同性愛者に対するヘイトクライム
              (憎悪犯罪)が存在していることも承知しており、大変に残念なことだと考えます。
              まずは、広範な当事者を含む議論を経て、同性愛者に限定するものではなく、
              性的指向を理由とする偏見・差別に対して人権を擁護する立法化を検討したい。



      
   ●今村順一郎(共産党)
     <回   答> e.その他
                「憲法は世界に例の無いほど幅広く人権を規定していますが、我が国の
                 人権擁護の実態は極めて不十分です。人権はだれに対しても保障され
                 るべきものであり、同性愛者への差別も含め、あらゆる人権問題の解決
                 に、国を上げて取組むべきです。」
     <回答理由>記述なし
   
   ●松村 久義(維新政党・新風)
     <回   答> e.その他
                「同性愛は法律で禁止すべきである。」
     <回答理由> 記述なし

問1 2)同性愛者に対する差別・偏見についてどう考えるか。また、具体的にどのような
     取り組みをすべきか。

   ●青島幸男(無所属)
     <どのようにしたいか>
        「問1 1)の回答と同じ」
 
     <具体的取り組み>
        「問1 1)の回答と同じ」

   ●沢 ゆうじ(公明党)
     <どのようにしたいか>
         同性愛者のみならず、性的指向(異性愛・同性愛・両性愛)を理由とする偏
        見・差別をなくし、理解を深めるための啓発活動が、現在実施されているとこ
        ろです。さらに国際的理解を深めるための施策を推進してまいりたい。

     <具体的取り組み>
         まずは、啓発活動の推進です。そして、広範な当事者を含む議論を経て、
         同性愛者に限定するものではなく、性的指向を理由とする偏見・差別に対
         して人権を擁護する立法化を検討したい。
   ●今村順一郎(共産党)
     <どのようにしたいか>
        「一方的なリストラ、男女間や派遣やパート・契約で働く労働者への差別・格差、思想・信
         条による差別などをなくし、働く者の権利や雇用を守るルールを確立します。また、憲法
         は30ヶ条にわたって基本的人権を保障しており、社会生活のあらゆる分野でこれをなく
         すために全力を挙げます。」
 
     <具体的取り組み>
        「国会議員になっても、上記と同様の気持ちを持って取組みます。」


   ●松村久義(維新政党・新風)
     <どのようにしたいか>
        「同性愛者は異常性愛嗜好者である。この者達の人権等を認めるとなると、ロリコン・
         小年愛(回答原文のまま)、果ては死姦まで認めなければならない。監禁すべきである。」
 
     <具体的取り組み>
        「異常性愛嗜好者は、刑法で処罰しなければならない。」
        


問2 小・中学校等の授業において同性愛者について扱うことをどう考えるか。

   ●青島幸男(無所属)
     <回   答> c.扱う学年を一定学年以上に限定すべきだ
                 (具体的に何年生以上か?:中学1年生〜2年生程度)

     <回答理由> 記述なし

   ●沢 ゆうじ(公明党)
     <回   答> a.積極的に授業で扱うべき 
     <回答理由> 同性愛に限らず、児童生徒の発達段階に応じて、人権尊重の意識を啓発
               していく教育は重要であると考えます。
 
   ●今村順一郎(共産党)
     <回   答> e.その他
     <回答理由> 「どの人にも侵してはならない人権があるということを、あらゆる場を通して子ども
                たちが幼い頃から身に付けられるような教育が大事だと考えます。同性愛を特
                別視したり、無視したりしないことが差別や偏見をなくすことにつながります。」
   
   ●松村久義(維新政党・新風)
     <回   答> d.扱うべきではない
     <回答理由> 「日本社会から、ホモの排除を要求する。」
 

問3 男性同性愛者に対する個別的なエイズ予防施策についてどう考えるか。
   (複数回答可)

   ●青島幸男(無所属)
     <回   答> b.同性間の性的接触による感染者・患者に対する差別的取扱いの撤廃
     <回答理由> エイズ予防については同性愛者ばかりではなく幅広く
               広報活動を行うべきだ。


   ●沢 ゆうじ(公明党)
     <回   答> a.ゲイコミュニティに焦点を絞った予防啓発活動
               b.感染者・患者に対する差別的取扱いの撤廃

     <回答理由> HIV/AIDSの問題は、異性間感染も高率で増えていますが、一方で同性
               間でも増加しています。この点、同性愛者の方々のグループでは大変こま
               やかに予防啓発活動を行っている場合が多く、国が焦点を絞った施策を行う
               ことは予防知識を最も効果的に普及することにつながります。また、感染経
               路によって感染者・患者を差別することに反対します。

   ●今村順一郎(共産党)
     <回   答> a.ゲイコミュニティに焦点を絞った予防啓発活動
               b.同性間の性的接触による感染者・患者に対する差別的取扱いの撤廃
     <回答理由> 記述なし


   ●松村久義(維新政党・新風)
     <回   答> d.同性愛者を隔離し、異性愛社会への感染を防ぐ
     <回答理由> 記述なし


問4 同性パートナーの法的保障についてどう考えるか。

   ●青島幸男(無所属)
     <回   答> a.「内縁関係」を広く捉え直し、同性パートナーも「内縁関係」に
               含めることで実質上の不都合を解消する。
 
    <回答理由> 同性愛者の不平等を是正するため内縁関係の定義を捉え直すことが必要です。

   ●沢 ゆうじ(公明党)
     <回   答> h.その他
     <回答理由> 当事者からの要望がどのようなものか、広範な議論の成熟が必要と思われます。
              例えば、同性間の順婚制度を認めるのか、異性・同性を問わず生活を共にしている
              カップルにも異性間の婚姻関係に近い権利を認めるドメスティックパートナー制やパ
              ックス制とするのか、についても当事者間でも大きく議論が分かれるところです。国が
              意見を先行させるべきではないと考えます。わが党としては、極力、異性間婚姻と変
              わらぬ権利保障を目指すべきと考えますが、国民の理解と認識が進む中、国民全般
              の権利保障との整合性を十分に踏まえなければならないと考えます。
 
   ●今村順一郎(共産党)
     <回   答> h.その他
    
<回答理由>国民的な討論を進めていくことが必要だと考えます。


   ●松村久義(維新政党・新風)
     <回   答> f.そもそも、同性カップルの法的保障について配慮する必要はない
     <回答理由> そんなものが存在してはならないから。