神戸大学学術成果リポジトリを使った研究成果公開の試み

WEB上での論文原稿公開


 2006年10月から神戸大学では、大学に所属する研究者(教員及び学生)の研究成果を広く公開する為に、神戸大学学術成果リポジトリを開始しています。リポジトリに、研究成果を登録すると、大学側で論文等の掲載元に掲載許可を取り、WEB上で広く公開する、というシステムです。広く神戸大学に所属する研究者の研究成果を見ることができますので、御活用いただければ幸いです。

 そこでこのホームページ上でも、著書に収録されず、また比較的古くなり入手が難しいものを中心にリポジトリに投稿、登録したものへのリンク一覧を作っておきました。御関心が御ありの方は、御一読いただければ幸いです。

 (2014/05/13)

御利用の際の注意事項

1)このリポジトリに登録されているものの多くは、あくまで「著者原稿版」(私が出版社等に提出したもの)であって、最終的に雑誌等に掲載されているものと同じではありません。論文が最終的に掲載されるまでには、通常、相当数の、字句や表現の訂正、更には、事実や分析の訂正、図版の作り直し等の作業が行われます。場合によっては、ここで掲載されている「著者原稿版」に含まれている明らかな誤りを校正作業で訂正している場合もあります。また、ページ数も、著者が便宜的につけたものでしかありませんので、最終的な書籍や雑誌に掲載されているものとは異なります。従って、御自身の論文等に引用される場合には、必ず最終的な出版物に掲載されているものを直接御参照ください

2)掲載されている論文の中には、今から20年以上も前に執筆され、従って現在の研究動向や社会の状況と合致しないものも含まれています。従って、お読みになられる場合には、必ず、出版・報告年度等を御確認いただければ幸いです
 
タイトル //作成者 //公開情報 //公開日 //内容紹介 //登録日 //ID
日韓の移民政策はなぜ異なるのか//木村, 幹 //アジア時報 //494 //55-74 //2014-03 // //20140515
Northeast Asian Trilateral Cooperation in the Globalizing World: How to Re-establish the Mutual Importance //Kimura, Kan //国際協力論集 //21(2/3) //41-61 //2014-01 // //20140304
Democracy and Diversionary Incentives in Japan–South Korea Disputes //Koji Kagotani, Kan Kimura and Jeffrey R. Weber //International Relation of Asia-Pacific //14(2) //1-26 //2014-01 // //20140513
大草原のチキンゲーム //木村, 幹 //Newsweek韓国語版 //2013年10月28日 // //2013-10-28 // //20140124
慰安婦問題で、日本が国際的な理解を得るためには、何が必要なのか? //和田, 春樹 / 木村, 幹 //SYNODOS // // //2013-09-16 // //20140127
中国への急接近は韓国の「先物買い」 //木村, 幹 //週刊東洋経済 //6472 //79 //2013-07-13 // //20140124
「ガラパゴス化」する慰安婦論争:何故に日本の議論は受入れられないか //木村, 幹 //SYNODOS // // //2013-06-07 // //20130710
韓国はなぜ中国に急接近するのか //木村, 幹 //アジア時報 //487 // //2013-06 // //20130710
グローバル化の中の韓国:二つの韓国モデル//木村, 幹 //科研報告書 //22310152 // //2013-03 // //20140120
新政権下の日韓関係//木村, 幹 //學士會会報 //899 // //2013-03 // //20130710
On Migration from Japan to Korea//Kimura, Kan//Younghee Cho ed. Emigration Trends and Policies of Major Sending Countries to Korea., IOM MRTC Special Issues in Migration Series. No. 4/ IOM Migration Research and Training Centre. Goyang-si. Republic of Korea //183-211 //2013-01 // //20140513
新大統領が直面する政治・外交課題//木村, 幹 //中央公論 //128(1) //110-117 //2013-01 // //20130710
支配政党に見る朴正煕政権から全斗煥政権への連続と断絶//木村, 幹 //国際協力論集 //20(2/3) //105-127 //2013-01 // //20130524
尖閣見て中国に震撼する韓国の「連米連中」外交 //木村, 幹 //WEDGE //2012年12月号 // //2012-11-20 // //20130718
指導力の危機に直面する韓国政治「超早期レイムダック化」は再現するか //木村, 幹 //国際問題 //614 //5-18 //2012-09 // //20130712
第5共和国の対民主化運動戦略 : 全斗煥政権は何故敗れたか //木村, 幹 //国際協力論集 //20(1) //63-91 //2012-07 // //20120821
2012年の韓国大統領選挙 //木村, 幹 //中央公論 //127(2) //132-137 //2012-01 // //20130710
冷静な対応を //木村, 幹 //岐阜新聞など // // //2011-12-23 // //20130808
研究発表の場としてのリポジトリ:歴史認識問題の事例から //木村, 幹 //Kernel開設5周年記念講演会 // //1-19 //2011-10-26 // //20111102
Why Are the Issues of "Historical Perceptions" between Japan and South Korea Persisting? //Kimura, Kan //国際協力論集 //19(1) //1-27 //2011-07 // //20110822
Hatoyama's Legacy and ROK-Japan-China Trilateral Cooperation: The Japanese Perspective //木村, 幹 //JPI `eace Net //No. 2011-7 //1-2 //2011-04-27 // //20111110
日中韓三国関係と共同防災体制 //木村, 幹 //凌霜 //389 //1-3 //2011-04 // //20111109
民主化を如何にして封じ込めるか : 全斗煥政権は何故失敗したか //木村, 幹 //体制移行の比較研究 : 初期条件・移行のコスト・民主政の成熟度 // // //2011-03 // //20111110
日韓歴史共同研究をどうするか //木村, 幹 //現代韓国朝鮮研究 //10 //57-64 //2011-10-01 // //20140514
韓国 "中間選挙"で与党惨敗、日本の明日を示唆? //木村, 幹 //エコノミスト //88(36) //68-69 //2010-06-22 // //20111109
Globalization and South Korea-Japan Relations //木村, 幹 //Neighbour and Neighbourhood : selected papers from the Belgrade Conference (September 17-18, 2009, Serbia) and the Zagreb Conference (September 21-22, 2009, Croatia) //11 //245-274 //2010-03-31 // //20111110
日韓両国における歴史観と近代、そして近代的法秩序 [日本語版] //Kimura,Kan //285-323 / 日韓歴史共同研究報告書 第2期 教科書小グループ篇 //2010 // //20100316 //
日韓両国における歴史観と近代、そして近代的法秩序 [韓国語版] //Kimura,Kan //285-323 / 日韓歴史共同研究報告書 第2期 教科書小グループ篇 //2010 // //20100316 //
韓国における歴史論争と日韓関係 //木村, 幹 //現代韓国朝鮮研究 //9 // //2009-11 // //20111109
「東アジア共同体」の前になすべきこと //木村, 幹 //東亜 //509 // //2009-11 // //20111109
盧武鉉の死と李明博の中道路線 //木村, 幹 //東亜 //506 // //2009-08 // //20111109
北朝鮮のラウドスピーカーになるな  //木村, 幹 //東亜 //506 // //2009-05 // //20111109
韓国におけるナショナリスティック・ポピュリズムと「外国人」問題 : 特殊な成員交換のあり方と「民主化」イデオロギー //木村, 幹 //移民外国人問題とナショナル・ポピュリズム運動に関する比較地域研究 // // //2009-03 // //20111110
経済危機の中の乱闘国会 //木村, 幹 //東亜 //500 // //2009-02 // //20111109
韓国におけるポピュリズムとイデオロギー-「アメリカ産牛肉輸入問題」を巡って- //木村, 幹 //환동해리뷰 = Hwandonghae review : far-east regional studies //5(1) //53-71 //2009 // //20111109
「歴史認識」問題と第一次日韓歴史共同研究を巡る一考察(2) //鄭, 奈美 / 木村, 幹 //国際協力論集 //16(2) //121-146 //2008-11 // //20081010
経済危機の中の「東洋のバルカン半島」 //木村, 幹 //東亜 //497 // //2008-11 // //20111109
ポピュリズム社会の試練 //木村, 幹 //東亜 //494 // //2008-08 // //20111109
「歴史認識」問題と第一次日韓歴史共同研究を巡る一考察(1) //鄭, 奈美 / 木村, 幹 //国際協力論集 //16(1) //155-184 //2008-07 // //20081010
与党は勝利したのか //木村, 幹 //東亜 //491 // //2008-05 // //20111109
李明博は保守政治家か //木村, 幹 //東亜 //487 // //2008-02 // //20080207
歴史を生きることと、裁くこと : 朝鮮人作家・兪鎮午の生涯 //木村, 幹 //すばる //30(2) //232~238 //2008-02 // //20111111
読書空間 私が選んだ三冊:2007年の収穫本 //木村, 幹 //論座 //152 //312 //2008-01 // //20111109
グローバル化と「歴史の再発見」の中の韓日関係 [本文:韓国語] //Kimura, Kan //2007年ハンギョレ-釜山国際シンポジウム // // //2007-11 // //20071211
「地域研究」 と 「外国研究」 としての 「日本における」 朝鮮/韓国研究 : 政治学を中心に //木村, 幹 //国際協力論集 //15(2) //33-45 //2007-11 // // //20080228
書評 : 朴宣美著『朝鮮女性の知の回遊』(山川歴史モノグラフ10) //木村, 幹 //日本歴史 //712 //123-125 //2007-09 // //20080902
日韓関係における「歴史の再発見」に関する一考察 //木村, 幹 //国際協力論集 //15(1) //55-71 //2007-07 // //20070919
韓国におけるイデオロギーと日韓関係 : 韓国における「民主化」の意味を巡る葛藤 //木村, 幹 //Minerva人文・社会科学叢書120『20世紀日本と東アジアの形成 : 1867~2006』 // //214-239 //2007-05 // //20080215
読書空間 『和解のために』朴 裕河/『領土ナショナリズムの誕生』玄 大松 //木村, 幹 //論座 //144 //306-307 //2007-05 // //20111109
「遅れてきた改革案」を持ったポピュリスト:盧武鉉の挫折とその原因 //木村, 幹 //民主化後の「新しい」指導者の登場とグローバル化 : アジアとロシアの民主化と安定 // //1-13 //2007-03 // //20111110
比較植民地論から見た日本支配 [著者原稿版][本文:韓国語] //Kimura,Kan /// 歴史教育交流事業・専門会見交換会 //2007-02-28 // //20070308 //90000401
核実験後の朝鮮半島情勢について [著者原稿版] //木村,幹 //【Journal】東亜【Vol】476【ISSN】03873862 //2007-02 // //20070308 //90000396
読書空間 『ザ・ペニンシュラ・クエスチョン 朝鮮半島第二次核危機』船橋洋一 //木村, 幹 //論座 //141 //306-307 //2007-02 // //20111109
Nationalistic Populism in Democratic Countries of East Asia //Kimura, Kan //Journal of Korean Politics=韓国政治研究 //16( 2) //277-299 //2007 // //20071211
グローバル化の中の隣国関係 : 日韓関係を中心に //Kimura, Kan //東アジアへの視点 //17( 4) //33-40 //2006-12 // //20070226
グローバル化とナショナリズムの中の東アジア //木村, 幹 //『徹底検証東アジア』 // //16-24 //2006-12 //グローバル下の東アジアの状況について論じた。 // 20080215
世代交代と日韓関係:日本からの視覚 - 「歴史の再発見」とグローバル化 [著者原稿版] [本文:韓国語] //Kimura,Kan /// 2006年韓日学術会議:安倍政権と日韓関係:世代交代・ 外交争点・そして日韓協力 //2006-11-07 // //20070308 //90000392
「韓国内の『親日派』は国賊である」と言われたら //木村, 幹 //韓国・北朝鮮の嘘を見破る : 近現代史の争点30 // //71-79 //2006-08 // //20111110
日本における「地域研究」と「外国研究」としての朝鮮/韓国研究:政治学を中心に [著者原稿版] [本文:韓国語]  //Kimura,Kan /// ソウル大学校開校60周年及び奎尚閣成立230周年韓国学国際学術会議:21世紀韓国学の進路の模索 //2006-06-01 // //20070308 //90000391
Relationship of Neighbouring Countries Within Globalization: Focus on Japan-Korea Relations [Author Version] //Kimura,Kan /// AJ Forum 5, Asia-Japan Forum at Kokushikan University //2006-06 // //20070308 //90000400
Why Did the Chosun Dynasty Fail to Modernize? : Another experience of “Modernization from Above” in Korea //Kimura,Kan //【Journal】Political Science in Asia【Vol】 2( 1)【Page】115-133 //2006 // //20070223 //90000370
Japan's Hate Comic //Kimura, Kan //The Straits Times //November 24, 2005 // //2005-11-24 // // //20080306
Background of New Leadership : Roh Mu-hyun and South Korean Society [Author Version] //Kimura,Kan /// Toward A New Model of East Asian Society: Entrepreneurship and the Family //2005-10 // //20070308 //90000399
六ヵ国協議 韓国『重大な提案』の意味するもの //木村, 幹 //軍縮問題資料 //299 //29~33 //2005-10 // // //20080219
歴史より道徳に属する歴史認識問題 [著者原稿版] //木村,幹 //【Journal】世界週報【Vol】86(28)【Page】34~37【ISSN】09110003 //2005-07-26 // //20070308 //90000395
Takeshima : Touchstone for a Maturing Japan-South Korea Relationship //Kimura, Kan //English-Speaking Union of Japan-Japan in their own words / 日本英語交流連盟-日本からの意見 //April 18, 2005 // //2005-04-18 // // //20080306
A new stage in Japan-South Korean relations //Kimura, Kan //The Straits Times //March 26, 2005 // //2005-03-26 // // //20080306
クーデタと民政移管を「説明」する(2) : 一九六〇年代韓国における「民主化」とイデオロギー的環境を巡る一考察 //木村,幹 //【Journal】国際協力論集【Vol】 12(3)【Page】85-112【ISSN】09198636 //2005-03 // //20070607 //00317850
在日韓国/朝鮮人問題と外国人参政権 //木村, 幹 //外国人参政権問題の国際比較研究 : グローバル化に伴う国民国家の鍵「変容」の中で // //1-20 //2005-03 // //20111110
総力戦体制期の朝鮮半島に関する一考察 : 人的動員を中心にして [日本語版] //Kimura,Kan //【Page】321-344 / 【書名】日韓歴史共同研究報告書 第3分科篇下巻 //2005 // //20070226 //90000379
総力戦体制期の朝鮮半島に関する一考察 : 人的動員を中心にして [韓国語版] //Kimura,Kan //【書名】日韓歴史共同研究報告書 第3分科篇下巻【Page】321-344 //2005 // //20070226 //90000379
冷静な認識が必要 [著者原稿版] //木村,幹 //【Journal】図書新聞【Vol】2696【NCID】AN1007280X //2004-10-09 // //20070308 //90000402
クーデタと民政移管を「説明」する(1) : 一九六〇年代韓国における「民主化」とイデオロギー的環境を巡る一考察 //木村,幹 //【Journal】国際協力論集【Vol】 12(2)【Page】45-67【ISSN】09198636 //2004-10 // //20070607 //00317850
「等身大」の北朝鮮を見据えた外交を。 //木村, 幹 //潮 //545 //90-95 //2004-07 //北朝鮮を巡るわが国の見方の問題点について論じた。 // //20080304
強大な国家と不安定な支配 : 東アジアにおける脱植民地化とその影響 //木村, 幹 //日本比較政治学会年報 ; 第6号『比較のなかの中国政治』 // //131-156 //2004-06 // //20080415
「日韓」の交流から「日韓」を超える交流へ-政治学からの挑戦: 日本政治学会・韓国政治学会交流事業 //木村, 幹 //日韓文化交流基金NEWS //29 //5-5 //2004-03-31 // //20111109
韓国における大統領中心制の定着 : 「民主化」と文化の関係を考える手がかりとして [著者原稿版] //木村,幹 /// 2004年 京都大学大学院法学研究科 シンポジウム //2004 // //20070309 //90000405
近代と文化に関する仮説的考察:比較文化研究の視座として //木村,幹 //【Journal】国際協力論集【Vol】 11(1)【Page】83-105【ISSN】09198636 //2003-09 // //20070606 //00317850
自由党体制の成立と崩壊(2):韓国における最初の「権威主義的」体制 //木村,幹 //【Journal】国際協力論集【Vol】 10(2)【Page】87-107【ISSN】09198636 //2002-11 // //20070606 //00317850
第3回韓国併合再検討国際会議 : 「合法・違法」を超えて [著者原稿版] //木村,幹 //【Journal】日本植民地研究【Vol】14【ISSN】09150951 //2002-06 // //20070308 //90000398
自由党体制の成立と崩壊(1):韓国における最初の「権威主義的」体制 //木村,幹 //【Journal】国際協力論集【Vol】 10(1)【Page】147-1607【ISSN】09198636 //2002-11 // //20070606 //00317850
韓国ナショナリズムから見た日米韓関係 [著者原稿版] //Kimura,Kan //【Journal】政治経済史学【Vol】421【Page】1-14【ISSN】02864266 //2001-10 // //20070223 //90000372
「正統保守野党」の変質と「東亜日報グループ」の政治的解体 : 韓国における「権威主義的」体制を成立を巡る一考察 //木村,幹 //【Journal】国際協力論集【Vol】 9(2)【Page】127-156【ISSN】09198636 //2001-10 // //20070530 //00317857
脱植民地化と「政府党」 : 第二次世界大戦後新興独立国家の民主化への一試論 //木村,幹 //【Journal】国際協力論集【Vol】 9(1)【Page】137-167【ISSN】09198636 //2001-06 // //20070530 //00317850
李承晩と韓国ナショナリズム : 大韓民国を考える [著者原稿版] //Kimura,Kan //【Journal】セミナーだより 海【Vol】2001年秋号 //2001-05-26 // //20070223 //90000375
朝鮮/韓国における近代と民族の相克 : 「親日派」を通して [著者原稿版] //Kimura,Kan //【Journal】政治経済史学【Vol】403【Page】10-30【ISSN】02864266 //2000-10 // //20070223 //90000373
備辺司謄録「座目」に見る朝鮮王朝末期官僚制の一研究 : 大院君政権から高宗=閔氏政権へ [著者原稿版] //Kimura,Kan //【Journal】国際協力論集【Vol】 7( 2)【Page】33-65【ISSN】09198636 //1999-12 // //20070227 //00228609
「大韓民国」の成立 : ネーション・国家・政治経済 [著者原稿版] //Kimura,Kan //【Page】95-124【ISBN】463452080X / 【書名】環太平洋の国際秩序の模索と日本 //1999-11-15 // //20070226 //90000377
朝鮮における「近代」と国家 : ソフトステートから近代国家へ //木村, 幹 //MINERVA 人文・社会科学叢書26『国家と民族を問いなおす』 // //187-210 //1999-05-15 //// 20080215
樽井藤吉『大東合邦論』 //木村, 幹 //『近代日本政治思想史入門 : 原典で学ぶ19の思想』 // //99-113 //1999-05 // // 20080215
書評・原田環『朝鮮の開国と近代化』 [著者原稿版] //木村,幹 //【Journal】東アジア近代史【Vol】 1【Page】111-113 //1999-03 // //20070308 //90000404
米軍政期における 「正統保守野党」 の形成と特質 : 「東亜日報グループ」 研究 (2) //木村,幹 //【Journal】国際協力論集【Vol】 6(1)【Page】1-28【ISSN】09198636 //1998-06 // //20070522 //00181265
「不潔」と「恐れ」 : 文学者に見る日本人の韓国イメージに関する一試論 //木村, 幹 //MINERVA日本史ライブラリー5『近代日本のアジア観』 // //103-120 //1998-05-15 // // 20080215
韓国大統領の政治的リーダーシップとその政治的基盤 : 民主化の時代の終焉 [著者原稿版] //Kimura,Kan //【Page】43-70【ISBN】4484982021 / 【書名】「アジア型リーダーシップ」と国家形成 //1998-03-02 // //20070226 //90000383
朝鮮史研究会大会報告 [著者原稿版] //木村,幹 //【Journal】歴史学研究【Vol】708【Page】59-60,62【ISSN】03869237 //1998-03 // //20070426 //90000414
日本統治期における韓国民族運動と経済の論理 : 東亜日報グループ研究 (一) //木村,幹 //【Journal】国際協力論集【Vol】 5(2)【Page】1-29【ISSN】09198636 //1997-11 // //20070419 //00181245
東アジア近代史学会第二回研究大会参加報告 //木村, 幹 //東アジア近代史学会会報 //5 //103-104 //1997-10 //朝鮮史研究会第三四回大会についての動向と課題を要約した。 // 20080212
韓国政治社会システムから見た統一問題 [著者原稿版] //Kimura,Kan /// 1997年亜細亜太平洋平和財団研究セミナー【韓国】 //1997 // //20070223 //90000371
朝鮮/韓国のナショナリズムと小国主義 [著者原稿版] //木村,幹 //【Journal】あうろーら【Vol】 2【Page】99-111【NCID】AA11231179 //1996-02 // //20070308 //90000397
韓国の政治学教育 [著者原稿版] //木村,幹 //政治学の研究教育の国際化に関する基礎的研究 : 平成5年度教育研究学内特別経費報告書【Page】33-40 // // //20070322 //90000420