〜初めて株を買うには?〜


 最近、ちょっと株に興味と持ち始めたけど、株はそれ関係の書物や情報に専門用語が多く、経済を知らない庶民が踏み入ってはいけない雰囲気があって、ちょっと敬遠している・・・・・・、と、今一歩、株式投資のきっかけが持てない人。

 まず、取り引きする証券会社を選びましょう。最近は手数料等の自由化でいろいろな証券会社が出来ています。大きく分けて従来の証券会社のように電話や店頭で取引をするタイプ。インターネットを介し、オンラインで取り引きする「ホームトレード」と言われる新タイプ。
 株を買うとき・売るときは基本的に手数料が掛かります。そして、一般的には後者のホームトレード方が手数料が安いです。手数料の掛かり方も多様で、一定額払えば何回取り引きしてもOKとか、残高が多いほど安くなるとか色々です。従来のように電話などで取り引きする場合は、自宅や勤務先の近いところに支店などがあれば、便利でしょう。何はともあれ、自分にあった証券会社を選びましょう。ほかにも年1回支払う、口座管理料(だいたい、消費税込みで3150円)の有無・ホームトレードの場合はネットの利用料(これも無料が多い)など、証券会社によって異なりますから、あらかじめ電話なり電子メールなりで気楽に問い合わせてみましょう。
 株式の口座にも色々あります。

1.通常の単位株を売買する
 最も、一般的な方法です。殆どの会社(「銘柄」と言います)では株券は1000株単位で取り引きされます。新聞の株式欄に、株価1200円と記載されていれば、その株価は1株あたり1200円の値段ですよ、と表しています。つまり、取引単位が1000株であれば、最低でも1200円×1000株=120万円の資金が必要になるわけです。当然、2000株であれば240万円必要ですし、取引単位が1000株なので、100株とか、1500株とか言った買い方は出来ません。銘柄によっては1単位が、3000株、500株、100株、1株という所もあります。
2.ミニ株を売買する
 「日本の株取引には、必要とする資金が高すぎる」と言う意見から、ミニ株というものが誕生しました。通常の単位株の10分の1で取り引きできるのです。ですから、単位株が1000株の銘柄だと、ミニ株を利用すれば100株単位から購入できるわけです。しかし、もともとの単位株が1株(JR、NTTなど)の銘柄は、ミニ株では買えません。
3.株式累積投資(るいとう)
 一定額で毎月、選んだ銘柄の株を購入していくシステムです。こちらは単位株が何株かなんて関係なく、例えば毎月1万円で指定した銘柄の株券を買っていきます。貯金ならぬ、「貯株」と考えると分かり易いでしょう。

 さて、単位株・ミニ株・るいとう等、いろいろありますが、証券会社によって、「ミニ株の口座管理料は無料だけど、単位株の口座管理料は必要」とか、「3年間分まとめて口座管理料を払うと、割り引きします」とか、はては「口座管理料は一切不要」なんて気の利いた証券会社もあったりして、大きく異なりますから気をつけましょう。「ミニ株取り扱い証券会社」のページに、口座管理料の一覧表がありますから、参考にして下さい。

 証券会社を選んだら「新しく口座を開きたい。」と電話します。アポ無しで直接、店頭に出向いてカウンターの人に言ってもOKです(これくらいで嫌な顔をするような証券会社なら、始めから付き合う必要はありません)。その際、何を取り引きするか(単位株、ミニ株、MMFなど)を伝えておきます。すると、証券総合口座の申込書が送られてきますから、必要事項を記入して返送します。結構、書く欄が多くてうんざりしますが、ここは頑張って書きます。
 後日、証券会社から口座開設の手紙が来ますので、以降は電話で取り引きできます。ホームトレードであればインターネット上からの取引になります。
 従来タイプの証券会社は担当者制なので、電話で自分の担当者に「A社を1000株買い」「B社を2000株売り」等と伝えます。恐ろしいほど簡単に、売買できます。不安であれば、FAXで注文を出すことも可能です。書式は基本的に自由だと思います。FAXを出した後は電話でFAXの到着を確認し、届いていないようであれば再送します。そのさい、注文が重複しないよう、紙に目立つように「再送」と明記しておきましょう。
 私の方は1999年後半から、「ホームトレード」によるインターネット取引に完全に移行しました。口座開設要領はほぼ同じです。


トップページに戻る