〜自己紹介〜


生年 1974年 秋
性別 男性
職業 お役所
趣味 ドライブ、読書、旅行、マネーゲーム

投資経験

1993年
 1月 貯蓄に目覚める 総貯蓄額10万円
 11月 純金積立始める
1995年
 12月 初めてローン(約140万円で2年間:車)を利用する (多額の借金に緊張した!)
1996年
 2月 初めて証券会社を利用する まずはMMF
 4月 ミニ株を始める
 5月 株式累積投資を始める
 6月 プラチナ積立始める
 12月 ローンの残額を一括返済 (自分の経済力に自信が持てるようになったきっかけ)
1997年
 6月 米ドル建てMMFを始める
1998年
 12月 ホームページ掲載1周年のこの時期に人生最大の投資、ついに結婚!!
1999年
 3月 妻の家計管理の甘さにより、ここ数ヶ月連続して10万円近くの赤字計上。家計の権限を妻から剥奪。以降、生活レベルを維持しつつ毎月黒字化に成功。
 9月 源泉分離課税が廃止され、申告課税に一本化される見通しになり、今の内に利益の出ている株式累積投資を精算。
 10月 今まで3年間利用していた大手証券会社で、株売買に関わるトラブル発生。個人客に対する旧態依然とした対応の悪さに口座解約を決定
 11月 大手証券会社からインターネットによる取引「ホームトレード」に移行。我が家でもIT革命の波が?(笑) 海外株式へ初投資。
2000年
 1月 夫婦の家計管理も順調になり、安定的な黒字家計に。投資へのリスクも取りやすくなった
 7月 初めての新規公開株に初応募・初当選。株式上場を実体験する。インターネット取引のメリットを享受!
 12月 転換社債、外国債券をはじめる。そろそろ、信用取引に目覚める

 私のような小口の初心者投資家や証券業に携わっている方など、参考になる話やこのページに対する感想などのメールをお待ちしています。


そもそもの投資のきっかけは??


 先に興味を持ったのが、郵便貯金の利息。小学校の頃(つまり1980年代前半)当時で1,500円位の利息が付いて、すごく驚いた。小学生にしてみれば1,500円の臨時収入は馬鹿にならない。実はまだ利息のことは知らなかったのでなおさらだ。それから利息を稼ごうと、ひたすら貯金。信用金庫や地方銀行にも口座を作れるだけ作り、そのうち「利率は地方銀行などより、信用金庫や信用組合の方が少し高い」事に気がついたりもした。(今はどうか知らないが・・・)
 しばらくしてバブル真っ最中の1989年頃だったか、某新聞(全国紙)で経済評論家だとか証券アナリストなどが参加した、「マネーゲーム」が企画された。元本1,500万円で株の売買をし、誰が一番利益を出せるかというもの。(誰か覚えているかなぁ?)
 それに興味を持った私もノートに架空の株の売買をし、その参加者らと勝手に利益を競った。これが「何故?!」と言うくらい儲かる儲かる!!結局、元本は2倍の3,000万円まで成長した(はじめは計算ミスかと思った)。確かに、当時は日経平均株価が4万円から4万5千円まで行くと見られていた時期だったから、私でも儲けられたのだろう。
 そしてこの「マネーゲーム」は何回か実施され、最後の頃はバブルもはじけ今度は「何故?!」と言うくらいの大損!!紙面の参加者も元本を大きく割り、私もたしか数百万まで損をして文字通り、スッカラカンになったのを覚えている。(あくまでも紙上であるが・・・)
 本当、バブル期に実際に株の売買をしていなくて良かった。そういった教訓(?)があるので、いくら売買で失敗しても「株は余裕資金で」と言う鉄則を守ることが出来、致命的な損失を抱えなくて済んでいるのかも。
 バブル期の株価の頃を異常だと考えれば、「不況だ」と叫ばれている今の水準は案外妥当?? バブルの精算が出来ないところはいつまでたっても「不況だ」と愚痴をこぼし続けるでしょう。

私の嫌いなホームぺージ(ちょっと愚痴です)

  1. やたらと画像が多く表示に時間がかかるページ。いらいらするし通信料金がもったいない。
  2. 画像等の多いページにリンクさせるのはいいが「表示に時間がかかります」といった注意書きが無いページ。
  3. 「前のページに戻る」といったようなリンクがなく、行ったら行きっぱなしのページ。
    トップページに戻る