99年1月30日 やっとデジタルカメラを買う。
 えっホームページをやっていてデジカメも持ってなかったのと、あきれた方もおられるだろうがまさに持ってなかったのだ。
 スキャナは?まだ持ってません。

 だからこのホームページの謎がわかったでしょう。字ばっかり。テキスト過剰だと言われ、周辺にも画像が入らないのといわれ、多くの苦言をいただきつつ相変わらずの状態。あまりイラストを増やすつもりはないが写真はアクセント程度には載せたいと思うのだが、なかなか適当なデジカメが見つからなかったのだ。


 カメラ屋さんに行ったら売っているじゃないのという声がありそうだが、これはなるべく安いものがということなのだ。安いということは何より大切だ。私は既にアナログカメラなら持っている。それなのにホームページのために買う。安く買いたいと思ってしまう。


 画質は35万画素でいい。高画質では容量が大きくなってホームページで見るのに時間がかかるしカメラで連続して撮るのにも間が空くだけだ。しかも多く撮れない。


 実は昨年10月頃から捜し始めたが適当な機種がない。安売りしているのがである。記録はスマートメディア対応。なぜスマートメディアか。それはメディアが安いしフロッピィディスクタイプのフラッシュパスというアダプタに差し込んでFDドライブで高速で手軽にパソコンへ転送できるからなのだ。そして光学ズームもついていて3万円程度のものがいい??そんな都合のいいものがあるのか。


 先週1月23日(土)の夕方日本橋の電気街を歩いていたら量販店のXciteというカメラ部門にそれはありました。富士フィルムの「CLIP−IT DS-30」という機種。光学3倍ズームで35万画素、展示品販売で値段は29,800円。他店を調べに行くと関西では日本橋のみの有数の安売り店でも39,800円。買おうと思い戻ったら7時5分前。掲示の製品仕様が印字が小さくてしかもかすれて読みとれない。スマートメディアは2MBだけか何か聞くのにためらいがあって終店間際の慌ただしい店をそのまま出てきた。月曜なぜあのまま買わずに出てきたのか。後悔してしまう。知り合いの店でさえ口に出る。「何で買わなかったのかと思う」。この店の経営者は私のホームページの字ばかりというのに悩まされている人。帰り際「買ったら画像も入れてね」と要望された。苦笑いして「はいはい」と出る。


 30日、満を持して日本橋へ。そしてXciteにもどったらあわてていた時と違ってはっきりわかる。裏のエンブレムに手垢がこびりついている。カウンタの近くだがだいぶ下に置かれて目が届かなかった展示品はさんざんいじくられていたのだ。これでは買えない。故障する恐れが強い。とすごすご出る。


 どうしようかと思ったがとりあえずスキャナを捜し始める。でもこの件はまた別の機会に。そして別のXciteに入ったらいじられていないきれいな「CLIP−IT DS-30」があったのだ。日本橋は電気街なのでおなじ店がたくさんある。ここではわりと店の人の目に付くところに置かれていたせいだろう。話していると電池がカメラ用のものでACアダプタでの充電式。普通の電池でないと当然機動力に欠けるがもう致し方ない。買ってしまう。長年探したものをついに買った。そしてフラッシュパス(FD-A1)は9,980円もしたので外の店で買うといってたら8,085円にまけてくれた。もちろん買う。成果は?それはこのホームページの写真で確かめていただく以外ない。


 喜んで家に帰って調べると様々の端子がある部分のプラスチックカバーがない。まさかと思っていくら調べてもない。なんということだ。どうやら展示品だということで外していたらしい。それを付けずに売ってしまったようだ。おーい


トップページヘボタン 戻るボタン ページ冒頭へボタン Eメールボタン