映画「AI」ラスト

 A.Iのラストがわからずに不満を覚えている若い人が多いそうだ。愕然としてしまう。
 なぜなんだ。もっと直接的にしないとわからないのかな。

 A.I.の話は未来の温暖化の危険が極限となった世界。多くの陸地と平野が沈み食糧が不足して政府は厳しい産児制限を実施した。そのため子供の持てない夫婦が大量に生じた。その人たちに代わりにロボットの子供が与えられた。

 ロボットメーカーは本当に親への愛を感じられる完璧に近いヒューマノイドを作り出す。そして人型ロボットのディビッドを、たった一人の子供である息子マーチンを死に至る難病で冷凍保存しているハリーとモニカ夫妻にハリーの勤務先の会社が実験的に提供。食べられず眠れない以外は人と同じ姿。はじめはとまどっていたモニカだが、愛情の対象として登録。やがて親しんでいく。しかし新治療法が開発され、マーチンが蘇生し家に戻ったことから暗転する。モニカの愛情は冷めた。しかしディビッドは見放すと廃棄解体処分しかないところから義務として彼を置き続ける。でもマーチンはロボットのディビッドを邪魔者として阻害し、いろいろのトラブルを仕掛ける。始めは対立して無理に食事を取ろうと故障する程度。それが大きくなりモニカに怪我をさせ、次にはマーチンまで巻き込み事故が起きる。

 これでモニカはやむを得ず会社の工場に連れて行こうとするが廃棄までできず周辺の森で置き捨てる。ディビッドは子供のため対応できず、本で読んだピノキオに登場するブルーフェアリーという妖精に人間にしてもらおうと、森から街へとさまよい歩く。そして海底に沈んだ遊園地でシャトルの内部に閉じこめられてしまう。

 2000年後人類も滅んだ中で地球を調査に来ていたエイリアンにディビッドは発見される。もちろん母モニカもとっくに亡くなっている。しかし
 ディビッドは貴重な生きた人類のメモリーバンクだった。エイリアンは彼の望みをかなえてくれると言った。ディビッドはママを生き返らせてほしいという。それで残っていた髪の毛からクローンを作られた。部屋は彼のメモリーから再現する。問題はモニカのパーソナリティだ。エイリアンはあらゆることは地球の絶対時間の中にすべて記録されていた。しかし二度と同じ時間は使えないようだ。どんなに再生しても1日たてば死んでしまうのだと説明する。ディビットはその1日を選択する。

 ママはディビッドの愛のみ持って甦る。夫も実の息子のマーチンもいない存在していない1日。かくれんぼ、そして誕生日の無かったディビッドのために誕生ケーキを焼いて祝う。この誕生ケーキが実に重要なのだがこれは後述。

 やがて窓にあたる日は陰り、一日は終わりモニカはディッビッドに見守られながら寝た。揺さぶってももう起きない。ディビッドは一日の終わりがきたことを知った。しかし満足したようだ。それは母モニカに愛情があることを知りその人生の中の自分に対するすべての愛が捧げられ終わったからだった。ディビッドも眠る。初めてだった。そしてそれは永遠の眠りとなった。
 誕生ケーキが作られ誕生日ができたことは実は死もできたということだった。ディビッドは永遠の眠りにつくことで初めて人間となったのだ。

 「AI」はスタンリー・キューブリックが映画化権を手に入れ脚本は完成させたがキューブリックは、映画の中で必要とされる特殊効果が当時の技術レベルでは表現できないとして、91年頃にこのプロジェクトを延期した。しかしキューブリックは『ジュラシックパーク』をみて、技術の進歩が必要なレベルに達したと考えて93年に製作を再開した。ただしいつものように長期戦でセットデザインと特殊効果の開発を続けていた。それで『AI』は『アイズ・ワイド・シャット』の次の作品と期待されていた。しかしついに間に合わず死去。『AI』には『ジュラシックパーク』のジョセフ・マッツェロ少年が主演、キューブリックはこの少年の成長に合わせて5年ごとに2ヶ月ずつしか撮影をしていないためにこんなに時間がかかっていたのだという噂も流れていた。実はジョセフ少年はキューブリックの仕事についていることでスピルバーグの目にとまった。


トップページヘボタン Eメールボタン