緊急要請

原子力資料情報室の大林さんからメールで送られた要請文です。
=============

皆様

いつも大変お世話になっています。

皆様もご存じかと思いますが、グリーンピースジャパンにたいして、不当な弾圧が続いています。逮捕、拘禁、家宅捜索、という一連の行動は、わたしたち環境保護団体への示威行動だと思われます。

以下に、抗議文を付けましたので、皆様の所属する団体からの賛同を頂けると幸いです。また、緊急行動のため、若干の文章訂正が入るかもしれませんが、ご了承ください。
皆様の所属する団体からの賛同を頂けると幸いです。

明日午前中にも発表したいと思っています。

明日午後4時に、不当勾留にたいする勾留理由説明要求の裁判が行われるそうです。

大林ミカ

 原子力資料情報室

===============

緊急アピール

グリーンピース・ジャパンへの不当弾圧に対して抗議する

 3月18日の東京おもちゃショーで行われた、玩具への塩化ビニールの使用をやめよう、というグリーンピースの抗議活動に対して、グリーンピースの事務局長および活動家1名が拘束、オーストラリア・ニュージーランドのボランティア3名が不当逮捕されました。その後、2名は解放されましたが、3名は逮捕されたままで、依然として勾留されています。また、昨日23日には、グリーンピース・ジャパン事務所と事務局長自宅の家宅捜索が行われました。

 グリーンピースの今回の抗議活動は、子どもたちの健康を案じ、人体に有害な影響を与える塩ビの使用を取りやめるよう呼びかけるものでした。

 わたくしたち、地球の未来を案じる環境保護団体は、グリーンピースと志を同じくするものであり、当局のグリーンピースへの拘禁および家宅捜索を、平和的手段を使って社会に呼びかけを行う環境保護団体に対しての「不当な弾圧」だととらえ、ここに抗議いたします。

 わたくしたちは、日本政府、裁判所、警察当局に対して、グリーンピース・ボランティアスタッフの即時釈放を求め、グリーンピース・ジャパンに対しての謝罪を要求いたします。


原子力資料情報室
etc.....
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
tao@kiwi.ne.jp
------------------------------------------------------------------------
上の内容をつけて、以下の声明文を、温暖化関連などのMLに流しました。これは、大林が、今回の弾圧に対して非常に危惧し、資料室の中で合意をとって行った行動です。現在、メールをみた方からの賛同が寄せられています。

ピースネットの吉永さんと話し合い、今後も拘束が続くし、余りにもひどい弾圧であることから、明日これを発表したあとに、もう一度、グリーンピースを加えて、戦略の練り直しを行い、広範な市民団体の賛同を得た形での声明(新しく作ったもの)を発表できれば、ということになりました。次回は、平和運動団体、消費者団体、さまざまな形での運動体の参加を得たものにできればと思います。

中環審の温暖化基本方針といい、昨日からの北朝鮮といわれている領海侵犯にたいする行動といい、全くこの国はどうなるのでしょうか!!

大林ミカ


不当逮捕GP世界20ヶ国で抗議行動
 グリーンピース・ジャパンよりの情報です。

=====

プレスリリース                  1999年3月24日

グリーンピースの活動家の即時釈放を求め、
世界20ケ国の日本大使館で抗議行動

 国際環境保護団体グリーンピースは、先週3月18日に危険な有害物質を含む塩ビを子どもの玩具に使わないよう東京おもちゃショーでアピールし、逮捕され、いまだに不当に勾留され続けている3人のボランティアを即刻解放するよう、本日世界20ケ国の日本大使館に対し説明を求め、抗議を行った。

 ヨーロッパ、アジア、北米、南米の日本大使館前では、グリーンピースの活動家が、口にテープを張られて自由に物を言えない囚人の姿で抗議を行った。
グリーンピースは、国際人権法の下で表現の自由が許されるよう日本政府に対し要請している。

 「塩ビ玩具の危険性から子ども達を守るために公共の建物で平和的抗議を行った活動家を勾留するのは不当である。またグリーンピース・ジャパンの事務所が家宅捜索されたことは、警察が国内での批判的な声を黙らせようとしている。」とオランダのデモに参加したグリーンピース・インターナショナル事務局長のティロ・ボーデは述べている。

 昨日朝、20人の私服の警察官がグリーンピース・ジャパンの事務所を家宅捜索し、午後は事務局長志田早苗の自宅も家宅捜索された。

 国際人権保護団体アムネスティ・インターナショナルは昨日発行した国際ニュースリリースで、日本の拘禁手続について「グリーンピースの3名の活動家が、警察拘留場に拘禁され続けている。日本において人権活動家を閉じ込め黙らせるために拘禁手続きが悪用されている恐れがあると考える。」と批判している。日本の拘禁手続きは、昨年11月国連人権委員会でも批判をうけている。

 3人の活動家のマーク・ワトソン (Mark Watson)、リチャード・ピアソン(Richard Pearson) は、ニュージーランドから、
カースティ・ハミルトン(Kirsty Hamilton) は、オーストラリアから来ているボランティアである。3人は、「‘99東京おもちゃショー」が行われている有明の東京ビッグサイトで、「大好き♪おもちゃ やめよう!塩ビ」という20m四方の大横断幕を広げ、おもちゃショーに参加している約150社の玩具メーカーに対し脱塩ビを訴えた。現在のところ、まだ起訴はされていない。当局は、建造物侵入と威力業務妨害で起訴するよう示唆している。東京おもちゃショーでの行動は、塩ビをなくしていくという、グリーンピースの国際キャンペーンの一環である。

 やわらかい塩ビは例えば歯固め、ガラガラ、握って遊ぶ玩具などに使われている。フタル酸エステル類として知られている有害添加物が、そうしたおもちゃに重量比で10〜40%含まれている。フタル酸エステル類のような可塑剤は、塩ビを柔らかくするために使用されているが、発がんの可能性があり、動物実験では肝臓、腎臓、生殖系への悪影響が現れることが示されている。欧州や北米では、塩化ビニルの玩具を禁止したり、小売店から塩ビの玩具を排除する規制を出している国々があるが、日本政府は子どものおもちゃに塩化ビニルを使うことをいまだ禁止しておらず、小売店で販売をひかえる要求も出していない。

 子ども達は、有害な化学物質の影響をもっとも受け易いにもかかわらず、塩ビ玩具による不必要な危険性にされされている。世界の多くの玩具メーカーは塩化ビニルを排除することに合意している。しかし、日本の政府、玩具メーカーの対応は、非常に後ろ向きで、玩具メーカーの多くも塩ビ玩具をやめていく方針を明確に打ち出せていない。グリーンピースは、日本の国会議員と政府に対し、この深刻な健康と環境へ影響を考慮し、塩ビ玩具への対策をすみやかに行うとともに、有害な塩ビをなくしていくというキャンペーンのために不当に拘留されているグリーンピースの活動家を即時釈放するよう強く要請する。

注:

1. グリーンピースは本日、チェコ、ドイツ、オーストリア、イタリア、オランダ、英国、ベルギー、フランス、スペイン、スイス、デンマーク、スウェーデン、レバノン、イスラエル、米国、カナダ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、中国(香港)で抗議行動を行っている。

2. 塩化ビニル禁止などの各国政府の取り組みについては、別紙参照。

3. 東京での動き 3月24日(水)下記3省庁への申し入れと記者会見

 15:15   外務省
 15:40   環境庁環境保健部
 16:00   法務省
 16:30   記者会見     参議院議員会館第一会議室

申し入れ参加者と記者会見出席者:下記6名

衆議院議員 保坂展人、
参議院議員 福島瑞穂、
グリーンピース・ジャパン事務局長志田早苗
逮捕された Richard Pearson のパートナー Rochelle Constantine
逮捕された Kirsty Hamilton のご両親   Ian & Caroline Hamilton

お問い合わせ:グリーンピース・ジャパン

関根 彩子  有害物質問題担当
    03−5351−5413・090−2254−0114
小山 徳子  広報担当
    03−5351−5409・090−3470−7884
----------------------------------------------------------------------------
不当逮捕GPJ 25日に緊急支援要請(東京)
 グリーンピース・ジャパンよりの情報です。

=====

ボランティアご協力のお願い

1. グリーンピースのボランティア3人不当勾留
  (東京おもちゃショー「おもちゃ 大好き♪やめよう塩ビ」横断幕の件)

 「勾留理由開示請求の公判」開催にあたって傍聴券取得のためのボランティアを募集します。

日時:3月25日(木) 16:00から。
場所:東京地方裁判所427号室
(席に限りがありますので、入っていただきたいのは家族の方とマスコミです。
 ぜひ傍聴券取得にご協力下さい。)

 先週3月18日(木)に東京おもちゃショーの開催された東京ビッグサイトで、グリーンピースが行なった環境保護のアピール活動に対し、参加した3人のボランティアが不当逮捕・勾留されています。

3人のボランティア:
リチャード・ピアソン (Richard Pearson)
カースティ・ハミルトン(Kirsty Hamilton)
マーク・ワトソン   (Mark Watson)

弁護士:    海渡雄一

リチャード・ピアソンのパートナーとカースティ・ハミルトンの御両親も傍聴する予定です。

2. グリーンピース・ジャパンの事務局長志田早苗が明日深川警察署(江東区木場3-18-6Tel: 3641-0110)にて午後1時から2度目の事情聴取が行われます。
参考人から被疑者になる可能性もありますので、深川署前にお集まりの上ぜひ経過を見守ってください)