プラスチック・アスファルト混合舗装

 京都府木津町の京都府道で各種プラスチック粉砕物とアスファルトの混合舗装を実験的に施工しているのを見つけました。写真を見せられて現地へ行ってもなぜこんな事をしているのか評価が定まりません。悪あがきという言葉が少し出てきます。
●看板内容
廃プラスチック混入アスファルト混合物舗装の施工概要
 廃プラスチック混入アスファルト混合物舗装は、家庭や産業で排出される種々なプラスチックをアスファルト混合物の骨材として再利用するものです。本施工は、道路管理者である木津土木事務所のご理解を受け、廃プラスチックの中でも代表的なポリスチレンとポリ塩化ビニルを用いて実施しました。尚、使用した廃プラスチックは大栄環境グループおよび(株)クボタの提供によるものです。

建設資源リサイクル研究会 大栄環境グループ健裕開発株式会社 村本建設株式会社・村本道路株式会社

種類 写真
宣伝 山の中 場所
塩ビ
ポリスチレン

トップページへ-ボタン ごみ問題リストへ戻るボタン ページ冒頭へ-ボタン E-メールボタン