FQAごみ問題のよくある質問

●RDF(ゴミ固形化燃料)問題
樹脂等で固めて燃料化すれば、ゴミでも有価物となってゴミではなくなると厚生省が押し進めている錬金術的マジック政策。その成り立ちからいっても極めてインチキ性の高い事業。しかし厚生省から補助金が事業の4割が付く。

 奈良県内では榛原町で処理プラントが作られており、全国的な動きとしては98年8月頃栃木県がRDF発電で入札参加したが落ちてしまった。それもそのはずで他の2倍近い価格でこれをみてもこの事業の無理さが分かる。なぜ無理な発電に持っていこうとしたかというと、燃料のはずがそのコストの高さから引き取り手が無い。セメント工場に持っていきたがるが、本来古タイヤの燃料としての引き取り手でありそれを減らさせての割り込みである。ところがセメント工場で使うと灰まで使用するのでセメントが汚染されてしまう。それでセメント工場でも拒絶したからなのだ。


戻るボタン