盗聴法最前線

 99年8月11日から3ヶ月ほど大きな動きがありました。この右傾化と反動は突然ピッチを上げています。自民党と自由党は私たちの敵です。公明党は裏切り者です。そしてそれを支え一体となった創価学会も同罪です。政教分離を守り公明党を解体しましょう。自民党と自由党を粉砕しましょう。
 私たちは平和な日本をつくるため努力してきました。それが今や踏みにじられようとしています。絶望と傍観はやめましょう。危機感をあおり立てるような反対でなく、未来をどう創っていくか。それが私たち1人1人に真剣に問われているのだと思います。

99年8月11日からの動きを追います。aMLなどから転載。

次ページ 


8/11インターネット国会中継より

23時を過ぎたあたりから議場は緊迫。福島議員に対して何らかの脅しでもかけられているのか、さかんに議長が「党の指示」と言い始める。

 23時7分ごろ
 斉藤議長「福島君 党の指示に従って下さい」

 23時8分頃「やめたほうがいい」という伝言が。

 23時10分

 斉藤議長「福島君 党の指示に従ってください」「福島君わかりましたか」
 福島議員「はい」

 23時11分
 斉藤議長「福島君 終えて下さい」

 福島議員「はい、すぐ止めます」
 この盗聴法が参議院でまだまだ尽くされていない審議の中でも指摘されました。
 沢山の電話、インターネット、ファックスを使います。このような通信手段

 斉藤議長「終えて下さい
 通信手段を使っています。国民にとってもしかして盗聴をされているのではないか、
国民にとって自由なコミュニケーションを侵害されることは自由と民主主義が無くなることである。自由なコミュニケーションが断ち切られるのは問題です。このような法案が・・・

 発言不詳、福島議員の発言台隣に来て「すぐにやめて降りて下さい」
 福島議員「わかりました」

 福島議員「この盗聴法・・・」
 発言不詳「すぐにおりて」
 福島議員「やめますので最後まで言わせて下さい。」

 このやりとりが二、三回続く。

 「この盗聴法が自由なコミュニケーションを侵害し大きく社会を変えていくから採決でもない強行採決を企てようとした法務委員長の解任に賛成の意見を述べます。」

 23時15分45秒発言終了

 斉藤議長 これにて討論を終了します。次回は明日午前0時10分に開会します。
これにて延会します。

 現在、最終段階で何があったのか福島事務所に確認中

HISATAKA YAMASAKI
[SDI00872@nifty.ne.jp]
99 08 11


8/11国会前情報9 明日朝9時半国会へ

ネットワーク反監視プロジェクト、盗聴法成立阻止ネットワーカー連絡会です。

民主党、千葉景子議員は、議長の制止をさいさん無視して9時15分まで一時間以上の演説をおこない、その後共産党の吉川春子議員も10時まで、荒木法務委員長解任決議賛成の演説を行いました。
現在10時40分、吉川議員に次いで演壇にたった社民党福島瑞穂議員が、これも議長の時間ぎれという制止をふりきって、賛成演説をつづけているところです。

この後、荒木委員長解任決議案の採決に入ります。参院は押しボタン式の投票だそうですが、記名投票という方法にすることもできるようです。その場合、牛歩戦術を期待できます。
この後、法務委員会で不規則発言を行い、それを「採決動議」だとして9日の法務委員会での強行採決の企てのきっかけをつくった自民党、鈴木正孝議員の問責決議案が提出される予定です。

今夜はかなり長いたたかいになりそうです。

●明日(12日)午前9時半に参院議員面会所へ

今夜中の本会議での強行採決を阻止し、明日のたたかいの継続のために、明日12日)朝9時半に全力で参院議員面会所に集まって下さるように要請します。
場所がおわかりにならないその他のお問い合わせは
反監視プロジェクト
priv-ec@jca.apc.org
またはPHS
070−5800−0568(JCA−NET事務局)
あるいは今井
070−5566−7043
へ。

****再審棄却に抗議する!ムミア・アブ・ジャマールを処刑するな ****
今井恭平 IMAI Kyohei pebble@jca.apc.org
http://www.jca.apc.org/~pebble/mumia/
The Center for Prisoners' Rights > http://www.jca.apc.org/cpr/
************There, but for the glance of God, go I.************
PGP 2.X Public Key: http://www.jca.apc.org/~pebble/pebble.asc


8/11国会前情報8

ネットワーク反監視プロジェクト、盗聴法成立阻止ネットワーカー連絡会です。

中間報告です。
5時5分から参院本会議が開会され、まず民主党、円より子議員が、9日の法務
委員会での強行採決未遂について、荒木法務委員長への辞任決議案の代表主旨説明を行いました。この最中に自民党から「おまえも離婚したろう」というセクハラ発言があり、議場が騒然として20分の休憩をはさむ事態となりましたが、それをはさんで円議員は約3時間の趣旨説明を行いました。
つづいて自民党の鈴木議員が約5分の反対の演説を行い、8時10分頃から民主党、千葉景子議員が賛成の演説を行っているところです。現在8時45分。千葉議員は議長からの時間切れの通告と無視して、演説をつづけています。
この後、共産、社民の反対演説がつづくはずです。
野党のこうした戦術で、今夜どこまでねばりきり、強行採決をさせないか、いま参院議員面会所で、まだ多くの市民が残って、最後まで事態を見届けようとしています。


****再審棄却に抗議する!ムミア・アブ・ジャマールを処刑するな ****
今井恭平 IMAI Kyohei pebble@jca.apc.org
http://www.jca.apc.org/~pebble/mumia/
The Center for Prisoners' Rights > http://www.jca.apc.org/cpr/
************There, but for the glance of God, go I.************
PGP 2.X Public Key: http://www.jca.apc.org/~pebble/pebble.asc


荒木法務委員長辞任要求

小倉です.本日夕方に配布されたビラを送ります。

ーーーーー
参議院法務委員長荒木清寛さんは直ちに辞任すべきである!!
▼速記録には動議も採決も記載されていない!
▼委員長は速記録の改ざんをするな!
9日の法務委員会は大混乱のなかで、公明党の荒木清寛委員長によって、組対法三法案の採決の動議と可決がなされたと、記者会見等において独断で表明されました。しかし、10日夕方に出された速記録は下記のような内容になっています。
○円より子君 今、理事会を開くとおっしゃいましたよね。協議をするとおっしゃいましたね。いつそれはなさいますか。○鈴木正孝君 委員長○委員長(荒木清寛君) 後刻、後刻……(議場騒然、聴取不能) 鈴木君提出の動議に賛成の方の挙手をお願いします。(議場騒然、聴取不能)     〔委員長退席〕

 この速記録に明らかなように、盗聴法案の採決の動議提案の言葉もなければ、採決、可否の数、そして法案可決についての宣言もありません。このような状態をもって委員会採決とはいえません。
●荒木委員長の行為は国会法違反である!
委員長の職権は極めて重大であり「委員長は、委員会の議事を整理し、秩序を保持する」(国会法48条)べき立場にありながら、議事を混乱させ、無秩序な状態を意図的に引き起こし、なおかつ、ありもしない動議・採決を捏造した罪は大きいといわねばなりません。
●法律家、荒木清寛委員長は即刻辞任し、責任をとるべきである。
私たちは、法律家でもある荒木清寛委員長が今回の強行採決未遂事件の実行行為の責任者であり、国会法に反した委員会審議を行った責任をとり即刻辞任すべきことを強く要求します。
―――――
団体名 日本消費者連盟、婦人民主クラブ、日本カトリック正義と平和協議会、
日本基督教団神奈川教区国家秘密法反対特別委員会、JCA-NETセキュリティ委員会、
盗聴法成立阻止ネットワーカー連絡会、盗聴法に反対する神奈川市民の会、ノー
ニュークス・アジアフォーラム、ピースチェーンリアクション、NOHC,未来
からの「やめて!」という命の声が聴こえませんか…、憲法を生かす主権者の会、
北区に平和と緑を!市民の会、戦争への道を許さない北・板橋・豊島の女たちの
会、戦争への道を許さない目黒の会、山谷労働者福祉会館活動委員会、ネットワー
ク反監視プロジェクト(NaST)、日本国際ボランティアセンター、ピースネット
ニュース、草の実会、未来を考える会、駿台文学会(明治大学)、派兵チェック
編集委員会、反天皇制運動連絡会、「市民のひろば」運営委員会、すべての基地
にNOを・ファイト神奈川、市民の意見30・東京
緊急連絡先 090-8261-7041 小倉利丸(NaST),0909-801-1790 組対法に反対す
る市民連絡会
((((((((((^0^))))))))))
no! wiretap bill!
toshimaru ogura ogr@nsknet.or.jp
http://www.jca.apc.org/~toshi/
no! web rating!
((((((((((^0^))))))))))


8/11国会前情報7

時5分から始まった参院本会議は、民主党の円よりこ議員が9日の法務委員会での強行採決の企ての無効性について発言をつづけている途中、ヤジが激しく、その中で円議員への個人的中傷、セクハラ発言が与党席からなされたということで議場が騒然そし、中断しています。
発言の中身は傍聴者等には分かりませんが、福島瑞穂議員らがその内容を聞き、糾弾している状況。与野党の理事が協議しており、円議員も、この問題をはっきりさせ謝罪するまでは自分の発言を続けられないとしています。
6時10分くらいから議長が10分の休憩を宣言、すでに10分はとうに過ぎていますが、まだ再開されていない状況です。

野党はねばっています。しかし、この状況が続いた後、遅い時間にでも強行採決にもちこむのが与党の戦術かと思われます。
できるだけ多くの人々が国会を囲み、与党の暴挙を許さない圧力をかけることが必要です。
参議院議員面会所に来て下さい。

いま6時35分、本会議再開のベルが鳴りました。


****再審棄却に抗議する!ムミア・アブ・ジャマールを処刑するな ****
今井恭平 IMAI Kyohei pebble@jca.apc.org
http://www.jca.apc.org/~pebble/mumia/
The Center for Prisoners' Rights > http://www.jca.apc.org/cpr/
************There, but for the glance of God, go I.************
PGP 2.X Public Key: http://www.jca.apc.org/~pebble/pebble.asc


荒木法務委員長に懲戒請求

法務委員会で「採決」したと主張している参院法務委員会荒木委員長が所属する名古屋弁護士会に、荒木氏の懲戒請求が出されたようです。


RE:8/11国会前情報5

吉永です。
あらゆるルートで各議員特に民主党議員への働きかけをお願いします。私もこれから国会に向かいます。


8/11国会前情報6

5時5分から、参院本会議が開会されます。


8/11国会前情報5

今井です。
このメールは今のところ僕個人の見方によるものです。
さきほど3時すぎに衆院で民主党提案の内閣不信任案が否決されましたが、そのさい、野党はすんなり投票を行いました。
傍聴をしていた市民、報告を聞いた国会周辺につめかけている市民からもこれには失望と疑問の声があがっています。
きょうの12時から行われた院内集会(国会前情報1およびanti-wiretapからの小倉さんのレポート参照)では、民主党、共産党の議員からこもごも徹底的に審議を引き延ばし、会期切れに持ち込むという断固として決意の表明がなされ、共産党の緒方議員ほかの議員からは牛歩戦術という言葉が具体的に出され、一義案につき8時間ねばれる、という表明もされました。われわれも大いに意を強くしました。
内閣不信任案が否決されるまでは絶対に参院本会議の開催はないのですから、まずこの時点で、最大の抵抗をしめしてくれるものと勝手に期待をしていたのですが・・・。

5時から参院の議員面会所で状況の報告と野党議員激励の集会があります。一人でも多くの方がかけつけ、野党議員の徹底抗戦という言葉をきっちりサポートしていきたいと思います。

****再審棄却に抗議する!ムミア・アブ・ジャマールを処刑するな ****
今井恭平 IMAI Kyohei pebble@jca.apc.org
http://www.jca.apc.org/~pebble/mumia/
The Center for Prisoners' Rights > http://www.jca.apc.org/cpr/
************There, but for the glance of God, go I.************
PGP 2.X Public Key: http://www.jca.apc.org/~pebble/pebble.asc


ネットワーク反監視プロジェクト・盗聴法成立阻止ネットワーカー連絡会
です。

衆院での内閣不信任案の採決にあたって、すべての審議を牛歩戦術でとめると言っていた野党は、いっさい牛歩はおこなわず、「粛々と」投票に応じたということです。今後もますます市民が監視し、最後までたたかうと宣言した野党議員を「激励」しつづけることが重要です。
国会前へ!

****再審棄却に抗議する!ムミア・アブ・ジャマールを処刑するな ****
今井恭平 IMAI Kyohei pebble@jca.apc.org
http://www.jca.apc.org/~pebble/mumia/
The Center for Prisoners' Rights > http://www.jca.apc.org/cpr/
************There, but for the glance of God, go I.************
PGP 2.X Public Key: http://www.jca.apc.org/~pebble/pebble.asc


8/11国会前情報3

ネットワーク反監視プロジェクト・盗聴法成立阻止ネットワーカー連絡会です。

午後3時に、衆院で「内閣不信任案」が否決され、衆院本会議は散会したようです。
傍聴した仲間の報告によると、民主党が内閣不信任案を提出し、民主党による趣旨説明を行い、採決され、反対多数で否決されました。
出席議員488
自自公 354の反対による否決です。
これで、参院に舞台が移ります。これからのねばりが正否を決します。
国会前に!

****再審棄却に抗議する!ムミア・アブ・ジャマールを処刑するな ****
今井恭平 IMAI Kyohei pebble@jca.apc.org
http://www.jca.apc.org/~pebble/mumia/
The Center for Prisoners' Rights > http://www.jca.apc.org/cpr/
************There, but for the glance of God, go I.************
PGP 2.X Public Key: http://www.jca.apc.org/~pebble/pebble.asc


[国会案内] 出勤前に、昼休みに、アフターファイブに 国会へ!!

出勤前に、昼休みに、アフターファイブに 国会へ!!
===============================================

13:00 より、衆議院本会議が開会。14:58、内閣不信任決議案についての討論が終局。記名投票での投票がはじまりました。
野党はあらゆる戦術を駆使して抵抗を続ける方針です。

参議院議長 (自民、会派離脱により現在無所属) は、参議院本会議開会のベルを鳴らせないでいます。8/9 の法務委員会「採決」の無効性を否定しきれないでいるのです。

207日、約 5000 時間の会期のうち、残すところあと 60 時間を切りました。廃案が現実のものになってきました。

盗聴法案が廃案になれば (成立すれば、ではなく)、日本の社会は大きく変わり始めるでしょう。歴史の変わり目に、みんなで立ち会いましょう。

国会に来る方は
==============

地下鉄「国会議事堂前」か「永田町」で降りて、「参議院議員面会所」(国会議事堂の裏、参議院議員会館の向かい) へいってください。

ロビーで JCA-NET の旗 (黄色) をたたんで持っている人を探してください。その人がその日の予定を知っています。

携帯電話: 090-9801-1790


国会に行けない方は
==================

o 参議院法務委員会を破壊した荒木委員長に抗議のファクス、メールを

荒木 清寛 (公明党) FAX 3508-8427 fwhf9008@mb.infoweb.ne.jp

8/9 法務委員会のようす
http://www.jca.apc.org/privacy/#19990809.detail

o 反対派議員には声援を。賛成派議員には抗議と意見を。

議員リスト http://www.jca.apc.org/ftp-pub/doc/giin/

o インターネット審議中継で、審議の様子を見ることができます。

参議院 http://online.sangiin.go.jp/
衆議院 http://www.shugiintv.go.jp/ (衆議院は Live のみ)

NaST <priv-ec@jca.apc.org>


11日昼の院内集会速報

小倉です。まったく整理できてませんが、メモです。どなたか整理をお願いします。(1時、参議院議面前)
議員の所属政党名は今井が補足しました。
なお、社民党議員は議員総会のために出席できませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーー
昼の院内集会
参議院会議室にて

昨日の経過説明 海渡弁護士

内閣不信任案が提出された。これがどこまで引き伸ばせるか。参議院でも動議を繰り出して審議を伸ばすのが、参議院の方針である。

以下国会議員からの発言
桜井(民主)
今朝国対のなかでいろいろ言わ昨年の七月に国家議員になったばかりで、幹部の作戦などについてわからないことがいろいろあった。
とにかく盗聴法を阻止したい。不信任は後でだすこともありえたが、盗聴法を一番大事にしたいということで、粘れるだけ粘るということになる。弾はたくさんあり、13日までずれこむだろう。私たちも一生懸命やる。次の選挙ではどの政党が勝てばいいかを考えてほしい。

宮本(共産)
最大の正念場を迎えている。団会議を開いた。廃案をめざしてがんばる。廃案の現実的な見通しがでてきた。
参議院議長が本会議のベルを押せない。法務委員会の採決は行われていない。議事録が採決されていないということで出てきているからだ。
参議院の会も、マスコミに対して「なかった採決をあったかのように報道するのはおかしい」と批判もあった。
法務委員長は公明党で、公明の委員長への批判は、脆い自自公の更なる危機につながるだろう。
国民の批判を受け止めた党が次の(切れている)

坂上(民主)
議事録から彼らは逃れようとする「穴」がある。円君か質問、鈴木君が「委員長」と書いてある。「聴取不能」のなかで、三法提案の動議などの加筆が可能だ。
鈴木君の発言について、あるテレビがすべて録音しているらしい。テレビはすべて明らかにすべきだ。発言は、議事録以上のものはなかったことを明らかにすべきだ。衆議院は議員の理事懇談会を開いている。社民、共産と共同で出すことをかんがえているということで、引き伸ばしている。
自民党から、明日12時半に理事懇の申し入れが来ている。自民は12日午前に決着を考えている。

小川(民主)
もう法案が通っているはずのところが抵抗によって、通っていない。効果的に鉄砲に弾をつかって、13日の夜中まで逃げ込む。不信任を出すタイミングが難しい。昨日出したものを昨日処理されてはたまらないので11時50分にだした。
本日も午後まで衆議院で粘り、時間を稼ぐ。国対の長老も批判をされてはいるが、がんばっている。

川村(民主)
盗聴の会合にでると警察から「そんな左のひとの集まりに出てはいけない」といわれたこともある。
参議院の国対が本当によくがんばっている。闘いの脈はある。批判しないで励ましてほしい。

緒方(共産)
本会議強行の論理は、法務委員会で可決されたから、ということしかない。日経も議長がベルを押せないのは法務委員長の決定に疑問をもっているからだ。法案のやり方、内容ともにファッショ的である。記名投票で牛歩やれば、一議案8時間かかる。がんばれる。

畑野(共産)
緒方事件で11年間闘った。街演説でも、頭8月9日のテレビを見ていたが、国会はひどいという批判が出ている。自民党の会長から「遺憾」、公明党からは「うちの委員長を遺憾とはなにごとか」と、責任のなすりあいになっている。
頭と体力の勝負である。廃案までがんばる。

井上(共産)
6月9日の趣旨説明からがんばってきた。あと3日しかない。がんばれる。法務委員会では、国民のねらいとはちがうことをやっている。会議録すら出さなかったりする。単に筋書き通りにやっているだけだ。
鈴木は指名された証拠はない。採決の挙手の数も一切でていない。法案も出ていない。これは動議として成り立っていない。

ーーーーーーーー
日本国際ボランティアセンター
日本でも古くからあるNGOです。市民として監視している。廃案までがんばりましょう。

ーーーーーーーー
宮崎学
本日第二弾の檄を出す。今回の強行採決をスムーズに処理できていない。このあと、佐高とともに荒木に面会を申し入れる。創価学会員からは、荒木除名の声も挙がっている。この国会でどう戦うか、が焦点だ。最後まで国会前でがんばる

ーーーーーーーー
夕方5時参議院議面前集会


8/11国会前情報2

ネットワーク反監視プロジェクト・盗聴法成立阻止ネットワーカー連絡会
です。

国会前に来る方は、参院議員面会所か、参議院議員会館前の少し衆院よりで座り込みをしている市民連絡会を目印に来て下さい。座り込みには、市民連絡会と黄色いJCA-NETののぼりが目印です。

状況の問い合わせは、JCA-NET事務局
電話 03-3291-2875
PHS 070−5800−0568
または今井のPHS 070−5566−7043

今井恭平 IMAI Kyohei

http://www.jca.apc.org/~pebble/mumia/
The Center for Prisoners' Rights > http://www.jca.apc.org/cpr/
************There, but for the glance of God, go I.************
PGP 2.X Public Key: http://www.jca.apc.org/~pebble/pebble.asc


8/11国会前情報1

ネットワーク反監視プロジェクト・盗聴法成立阻止ネットワーカー連絡会です。

けさも参院前を中心に多くの市民が詰めかけ国会の状況に圧力をかけつづけています。
参院本会議はけさ早くから開催という情報もありましたが、けっきょく今の段階では本会議のベルを押せない状況がつづいています。9日の法務委員会での無法「採決」のあまりのひどさと、それがマスコミでも批判的に報道され、国民の注目もつづいている状況のもとで、開会を遅らせているということだと思います。

また、昨夜遅く、民主党が内閣不信任案を提出したことで、これが衆院で審議されるまでは衆参のいっさいの審議がとまります。(これは国会の慣習だそうです)
1時から衆院本会議がはじまっており、ここで野党側が徹底抗戦することで、審議をとめ、会期切れに持ち込むことをめざしています。
野党は荒木法務委員長解任決議や首相の問責決議案などをつぎつぎに出し、それを記名投票、牛歩戦術で時間をかせぐ戦術です。

この後、こうした状況をふまえて午後5時から参院の議員面会所で再度の市民と国会議員の集会が予定されています。
来れる方は、すぐに国会へ。

昼12時からの参院での院内集会には、野党各党議員と市民が集まり、上記の状況認識と戦術を確認しました。
参院前を中心に、市民の傍聴、座り込み、集会などの行動が終日予定されています。
状況は、また随時送ります。

今井恭平 IMAI Kyohei

http://www.jca.apc.org/~pebble/mumia/
The Center for Prisoners' Rights > http://www.jca.apc.org/cpr/
************There, but for the glance of God, go I.************
PGP 2.X Public Key: http://www.jca.apc.org/~pebble/pebble.asc


組対法11日へ

 多くの仲間たちが三晩目の国会前連続闘争に取り組んでいます。
10日は夜中に雨が降ったり、邪魔が入ったりで大変だったようです。11日10時には議院で何らかの動きが予測されます。10日同様、朝から多くの仲間たちが結集し、国会前で動きを作っていきます。

 9日に予測されていた強行採決を、二晩にわたり吹っ飛ばしたのは、国会前での闘いが大きな力を持っていると、実感しています。

 どうか時間に余裕のある方は、そしてそうでない方は時間を作って、ほんのわずかの間でも議員会館前座り込みにおいでください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Egashira Junji CQN00243@nifty.ne.jp
ega@a2.mbn.or.jp


民主党国対へ深夜の要請

小倉です。下記の要請文を、10日夜10時半過ぎに民主党参議院の国会対策委
員会宛に提出しました。また、参議院議員会館の議員室にすべて配布しました。
11時には本会議が開催されるのでは、という状況でぜひその前に行動しよう、ということで、下記の団体から六名がでかけました。あいにく国対の議員本人には会えませんでしたが、秘書には手渡すよう要請できました。

=====================
盗聴法廃案まで断固として闘うよう要請します
民主党国会対策委員会殿

 9日の法務委員会では、貴党の円より子理事の質問の最中に発せられた自民党の鈴木正孝委員の不規則発言に端を発して、混乱の中委員長は無責任にも退席し、その後委員会は散会とされました。この混乱のなかで、与党は盗聴法をはじめとする組織犯罪対策三法案の採決が行われたと主張しています。
 これに対して、貴党は10日行われた院内集会において、昨日の動議・採決が委員会の採決の手続き上まったく成立するものではないということを改めて強調されました。また、出席した衆参の貴党所属の議員から次々と徹底抗戦の熱い決意が語られ、私たちは大変心強く感じました.
 貴党の菅代表は、「採決無効の主張を参議院の議運に申し入れ、円議員の質問からやり直すよう主張し、更に法務委員長の解任、議運の解任、小渕総理に対する問責決議、内閣不信任など、ありとあらゆる手段で戦い、法案成立を阻止したい、解散もありえるが、そうなれば、受けて立つ、盗聴法を争点として闘う」と詰めかけたマスコミ、市民のまえではっきりと宣言されました。また、盗聴法の成立阻止のために現場で闘う貴党議員たちからは、ありとあらゆる手段で審議を止める、会期末処理を犠牲にしてでも断固として闘うとの発言が相次ぎ、また残念なことですが、こうした現場の国会議員の声を国対が受け止めていないとの批判も
相次ぎました。
 残念なことに、貴党国会対策委員会が自民党と裏取引をしており、本会議の採決についても合意しているとの噂も絶えません。もし万が一にもこのようなことがあれば、次期の選挙では、かつて自民党と連立を組み凋落した政党の轍を踏むことは目に見えています。今、民主党が野党第一党としてその存在意義を明確にできるとすれば、それは世論調査でもあきらかに反対が過半数を超えている盗聴法廃案の意志を貫き、党の命運をかけて断固として闘うこと以外にないと考えます。
 以上から、私たち、市民運動団体、NPO、インターネットのユーザ団体は、貴国対が最後まで闘うよう心から要請する次第です。
1999年8月11日

団体名 日本消費者連盟、婦人民主クラブ、日本カトリック正義と平和協議会、
日本基督教団神奈川教区国家秘密法反対特別委員会、JCA-NETセキュリティ委員会、
盗聴法成立阻止ネットワーカー連絡会、盗聴法に反対する神奈川市民の会、ノー
ニュークス・アジアフォーラム、ピースチェーンリアクション、NOHC,未来
から「やめて!」という命の声が聴こえてきませんか…、憲法を生かす主権者の
会、北区に平和と緑を!市民の会、戦争への道を許さない北・板橋・豊島の女た
ちの会、戦争への道を許さない目黒の会、山谷労働者福祉会館活動委員会、ネッ
トワーク反監視プロジェクト(NaST)

====================
((((((((((^0^))))))))))
no! wiretap bill!
toshimaru ogura ogr@nsknet.or.jp
http://www.jca.apc.org/~toshi/
no! web rating!
((((((((((^0^))))))))))


ともかく国会前へ

 こんばんわ。逮捕令状問題を考える会の御崎です。
 組対法三法案の10日の本会議裁決は阻止しました。
1、10日に予定されていた参議院本会議は、組対法の裁決をしないまま流会となりました。
2、与党は、社民党など野党欠席の議運を開き、11日午前10時からの参議院本会議開催を職権で決定しました。組対法裁決強行のためです。
3、民主党は不信任決議を提出しました。
 組対法を廃案に追い込める芽が出てきました。組対法に反対する共同行動は明日朝から座り込み闘争を再開します。ともかく、本会議開会前に国会前に来て下さい。なんとしても廃案に追い込みましょう。--


トップページへボタン 戻るボタン 上へボタン Eメールボタン