新しいジャーナリズムを創る

井上ひさし


 朝毎読など、いわゆる大新聞の頁数と記事数との関係を調べたことがある。大新聞では、二四頁のときは記事数が一九〇前後、三二頁のときは記事数が二六〇前後である。数え方によって多少の増減があるだろうが、一応の目安としてはそんなところで、記事の数が予想外に少ないので驚いたものだ。

 記事の本数が少ないのだから全てのニュースを取り上げるわけにはいかぬ。そこに当然、ニュースの取捨選択が行われる。例えば、一二月一六日に両国国技館で米自由化反対の大集会が開かれた。一万人の農民が集まったから、これは大きな集会である。しかもウルグアイラウンドの話題で世間が盛り上がっている最中のことである。この集会を大新聞がどう取り扱うか注目した。翌日の各新聞の取り上げ方は小さかった。朝日と読売は写真入りではあったが、分量としてはコラム程度の扱いである。第一面で扱ったのは毎日であるが、写真が大きいかわりに文字の量が少ない。米問題に関心をもつ一人として私はいささかがっかりした。

 がしかし、大新聞はけしからんと言うために、こんなことを書いているのではない。実はそれでいいのである。各新聞とも米問題に「自由化すべきである」という定義を先に下しており、その定義に基づいて米問題を見ているのだからそれでいいのだ。そういう定義があるからこそニュースの取捨選択も可能になるのである。米問題に興味のある読者は、それも自由化に反対の立場をとる読者は、そういう定義の下にニュースを取捨選択している赤旗や日本農業新聞を読めばよろしい。事実この二紙では、国技館集会のニュースがトップになっている。

 こうしてみてくると、それぞれの新聞が下すデキゴトやモノゴトに対する定義、すなわち新聞の立場というものが、事実や真実をなにほどか加工していることがよくわかる。では、定義してから見るのではなく、見てから定義するというジャーナリズムは実現不可能なのであろうか。それは大変な難事業だが、とにかくやってみるしかないだろう。


戻る