アイキャッチイメージトップページ 「市民インフォメーション・プラザ」へ(市民派と社会的情報を求める人のページ、情報公開、奈良新聞義援金、脱原発、ごみ・環境、ゴルフ場問題コーナーがあります。できたらお立ち寄りください。)

伝言は(作成者) 木月 透へ (プロフィール) 代表 小谷 勝彦(27才) TEL・FAX 0742-45-6533

週刊金曜日奈良読者会のページ
作成98.10.26 
更新99.9.13

[週刊金曜日掲示板]990711停止中(98.11.3設置 98.12.25改修)
 「週刊金曜日」掲示板を設置しました。感想や市民活動や社会的な動きなどご記入ください。ただし良識を守り、中傷や口汚い攻撃は止めてください。そういうことがあった場合世話人が判断対応します。
・やっかいなことに掲示板が7月からオーナーの考えの変更で使えなくなりました。これで2回目のことで新しく作るべきか悩んでいます。
・「週刊金曜日」を知らない、また一度も読んでない人でも市民派や社会的なもので趣旨に添うものなら書き込んで下さい。
・ 「本多勝一ファンへ」という投稿を削除したところ理由を求める再投稿がありましたので、このように「RES投稿削除の理由をお教えください」としました。


・ 本多勝一を応援する読者会のページ(掲示板)が週刊金曜日 読者会さいたまの方により開設されました。ぜひ支援お願いします。(990913)


週刊金曜日公認メーリングリスト参加申し込み

登録メールアドレス:
Powered by FreeML

週刊金曜日『私設』メーリングリストHP


[週刊金曜日] 「週刊金曜日オフィシャルホームページ」へ

  広告に頼らない、真に読者のみが支える民衆のジャーナリズムをめざす雑誌、「週刊金曜日」。毎週、多様な記事を届けて、まもなく3年目に入ります。今や質では一定の場所と基盤を固めつつあります。問題に満ちた日本・世界を切り開いていく。しかしまだ読者は3万人台と、これからです。

 今民衆・市民の立場に立って報道する雑誌、新聞などのジャーナリズムがほとんど消えてしまいました。これは実に怖い話なのです。もちろんマスコミの民主化という課題は重大でそれはわかります。しかしその一方でこういう媒体が何としても必要なのです。週刊金曜日が成立していることはとてもだいじで重要なのです。
 週刊金曜日は多くの新たなネットワークを生み出しています。ぜひ皆様方もご購読を。

(編集委員 )
落合恵子・久野収・佐高信・椎名誠・ 筑紫哲也・本多勝一
(創刊時)
石牟礼道子、井上ひさし、久野収、 筑紫哲也、本多勝一

●ニセモノを見抜き、 ホンモノをめざすジャーナリズムを(本多勝一)
●創刊時のチラシより
●創刊のことば
●魂ゆらぐ刻を(石牟礼道子)
●新しいジャーナリズムを創る(井上ひさし)
●発刊に寄せて(久野 収)
●私の作りたい雑誌 読みたい雑誌(筑紫哲也)
週刊金曜日の自主的ご案内
だんぜん お得な『週刊金曜日』の定期購読
■1冊500円(郵送料・消費税込み)       
●3年 144冊………57,600円(1冊あたり400円)
●2年 96冊………43,200円(1冊あたり450円)
●1年 48冊………23,000円(1冊あたり479円)
●半年 24冊………11,760円(1冊あたり490円)
※金融機関の自動引き落としもあります。
※廃刊・休刊の場合を除き途中解約には応じかねますのでご了承ください。
『週刊金曜日』は定期購読主体の雑誌です。
専用フリーダイヤルでお申し込みください。
 お電話は、月曜から金曜日 9:30−17:30 にお願いします。
●この申し込みフォームによりE-mailでもお申し込みできます。
封書でもお申し込みいただけます。
 この申し込み用紙をプリントアウトして封書かファクスでお申し込みください。
お電話の方は             まるまる読む雑誌
 0120-004634 
ファクスの
方は
            個々読む雑誌
 0120-554634 
【封書の宛先】           
〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-1-5
神田三崎町ビル6階
株式会社金曜日「定期購読」係
株式会社金曜日
〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-1-5
神田三崎町ビル6階
Tel.03-3221-8521 Fax.03-3221-8522
E-mail:kinyobi@jca.ax.apc.org

[週刊金曜日読者会]

 奈良読者会では下記のように講演活動を中心に開催しています。まだまだ未熟ですがどうかご参加ください。

週刊金曜日奈良読者会講演会スケジュール(98.10.11) 問い合わせ 木月 透
連続講演会活動を中心に活動しています。
・奈良読者会は会員制ではありません、当日、会費500円を払えば誰でも参加できます。
・「週刊金曜日」を知らない、また一度も読んだことのない人でも参加できます。講演会ですから誰でも気軽に参加して下さい。
第17回例会 98年11月22日(日)14時 「情報公開条例のこれからの使い方」 
講師 高橋 幸子
京都市民オンブズパーソン代表、元みみずの学校校腸
報告 「子供の未来を考える会」のメンバー
           場所 奈良県女性センター 
参加費 500円
後援 奈良情報公開をすすめる会
 オンブズマンと高橋幸子さん。えっこの人がと思うような取り合わせ。「あなたも合わないだろうけどこういう事もやった方がいい」と勧められたそうです。私もこのグループの代表が高橋さんだと今回初めて知りました。
これまでの記録

 奈良読書会は週刊金曜日発刊後約半年で初代代表の呼びかけによりつくられました。
 関西では、奈良を入れて13の読者会が定期的に開催されています。
 ここで様々な職業を持ち様々な活動をされている方々と出会うことができます。
 他の開催地は、次の通り。特におつきあいがあるのは、

●『週刊金曜日』読者会・泉州 連絡先 千頭 正和(チカミ タダカズ) 〒597-8691 貝塚郵便局私書箱23号 TEL 030-616-0168 FAX 0724-31-1349
● 『週刊金曜日』を応援する京阪組 戸田久和 〒571 門真市北巣本町17-7 安井文化202
 TEL 0720-85-6491 FAX 0720-85-6491
 
 オープンでざっくばらんな雰囲気です。ぜひご参加ください。
 ほかにも全国各地に、いろんな読者会が存在します。これらは上から組織的に形成されたものではなく、各地の読者が「週刊金曜日」の趣旨に賛同して自主的に作っているものです。ホームページは次のグループが開いています。

週刊金曜日を応援する会・神奈川 sakutay@airnet.ne.jp 変更済98.11.6
週刊金曜日をきっかけに(埼玉) mha03635@niftyserve.or.jp
『週刊金曜日』土浦・つくば読者会
「はなしのひろば-週刊金曜日広島読者会-」 変更済98.11.6
週刊金曜日を応援する武蔵野の会のページ sahara@sra.co.jp

[パソコン通信]

 パソコン通信ニフティサーブの、FBOOKR MES8が「週刊金曜日」読者の会議室です。
 全国各地の読者から多種多様な情報・意見が掲載されています。ここでは、週刊金曜日の記事の一部も公開されています。


アイキャッチイメージトップページ 「市民インフォメーション・プラザ」へ(市民派と社会的情報を求める人のページ、情報公開、奈良新聞義援金、脱原発、ごみ・環境、ゴルフ場問題コーナーがあります。できたらお立ち寄りください。)

伝言は(作成者) 木月 透へ  (プロフィール)

代表 小谷 勝彦(27才) TEL・FAX 0742-45-6533


TOPページへボタン ぺージ冒頭へボタン Eメールボタン