市民運動とは何でしょう

 市民運動とは何でしょうか。市民運動をやっている人にもよく誤解又は混乱があるように思います。日本全国の人を直接説得するものなのでしょうか。現実に不可能だし現在もよく自分たちの行動を思い起こせばそんなことは現実にはやっていないでしょう。社会的にオピニオンリーダーたらんとする人がオピニオンを作り出し社会と世論を動かすため働きかける独立した個人の集まった運動体。定義すればそうなるかと思います。

1.市民運動と社会構造
 市民運動から見た社会構造はこういう事だと思います。
 少し古い例を上げますが、60年日米安全保障条約の改訂をめぐり全国を上げた運動になりました。実はこの時自民党岸内閣は戦前への回帰を目指しており実現すれば高度成長もなく第三世界型の軍事政権が続く国となり日本は先進国となるのははるかに遅れたことでしょう。だからこそ国会前を埋めつくす大闘争となったのです。このとき岸首相は、「今も後楽園球場は人でいっぱいだ。 国会前に来ているのはわずかだ。多くの声無き声は実は我々を支持している。」という内容を演説しました。
 しかしこれは現実を無視した詭弁だと思うのです。市民運動もこの意味することを十分知っておく必要があると思います。

 大多数の人は自ら社会や政治を切り開き主導しようとは思わない。つまりオピニオンを行う人と主張の中から選び付いていこうとする。オピニオンを行おうとする人は国民の2割程度ではないか。そしてその中からマスコミも含めて社会を主導し論戦するオピニオンリーダーが出てくる。だから野球場がいっぱいだからといってそれを権力者が勝手に自分たちに引きつけて、我々を「指示している」などというのはとんでもない話なのです。

 市民運動など大衆がオピニオンを主導し作り出そうとするのは大衆社会だからです。昔は政治家を含めた極少数の特権層しかいませんでした。

 オピニオンを主導する。このことを市民運動は十分意識して動かなければなりません。それは全国民を無差別に説得しようとするような運動の組み方を考える人が多いのです。88年から脱原発運動では「隣の人にまず働きかけよう」と言いました。しかしそれはスローガンでそういう気持ちでやろうということだったのです。別に全員隣の人に言ったわけではありません。 

2.多様性があること
 それといろんな多様性に満ちているものだということです。権力に反対するものだけではありません。一つには主権者というのは私たちであってもちろん国や自治体の横暴は取り締まらねばなりませんが、それはそもそも私たちが委任しているものだからです。だから私たちが政治に乗り出していくというのもあり。道は一つのルートではありません。

 どうも基地反対や平和運動からスタートしている日本の運動は権力絶対反対であまりに教条的で頭が固い。でも何でも権力に反対するということは、相手がそのまま支配してくれていて私たちは永遠に何も考えなくてもいいということなのです。それはおかしいでしょう。つまりは厳しいことを言えば実態的には「お殿様、何とかして下さいー」と駕籠訴えしている封建時代と感覚が変わらないということになります。

 例えば原発でも電気の消費量を減らすべきだとまず声高に言う。しかしそれは結果として必要になったとしてもそれだけを教条的に言うべきなのでしょうか。それは第一の論点ではないでしょう。まずは原発が危険だということなのでしょう。原発を無くすことなのでしょう。それに達する道はいろいろあるはずです。

 こういう事はあらゆることにあってなんでも頭の中で考え全部納得できないとダメな人が多いのです。それでそんなことをやっても変わらないだとか、あるいはおまえの態度や話は悪いとお説教する人もいます。でもそんなこと実生活の中であり得ないでしょう。何もできなくなります。こんな人々の言ってることなどほっときましょう。私たちはもっと人の尺度でものを考えていきましょう。


トップページへボタン リストへ戻る ページ冒頭へ Eメールボタン