旅順港閉塞作戦の杉野兵曹長 生存の新聞報道

日露戦争時、旅順港閉塞作戦にて戦死した福井丸指揮官・廣瀬武夫中佐と、 行方不明となった指揮官附・杉野孫七兵曹長。
部下の眼前で壮絶な戦死を遂げた軍神廣瀬中佐に対して杉野兵曹長は、日露戦争時から「生存説」が世間の噂としてささやかれていた。
以下は大東亜戦争後、生存説を報道する新聞記事であるが、いずれの記事も記者が直接裏付けをとった内容ではない。

 
 昭和21年12月1日 朝日新聞

 杉野兵曹長は生きている
    近く帰国するという夢のような話

 かつての軍神廣瀬中佐の名とともに、国民学校の教科書に歌に「杉野はいずこ」と全国民に知られた
 杉野兵曹長が生きている。
 信じられない話だが、葫蘆島の近くの錦西収容所から引き揚げて来た人たちによって伝えられている。
 しかも本人は内地に帰ってくるという。

 日露戦争当時、旅順港に広瀬中佐の福井丸と運命をともにしてからすでに40有余年、もし生きているとすれば、
 70を過ぎた老人だが、これを語った人は、去る10月21日佐世保に上陸引き揚げて来た、
 福井県の元軍属・神川房治君で、(中略)
 神川君の語る杉野兵曹長の消息は次のとおりである。

 私は終戦とともにソ連軍、中共八路軍に捕らえられ、さる9月2日 錦西の収容所に入った。
 日本人は2万人くらいいた。帰還の決まったある日、私たちの大隊長・佐久間氏と中隊長・杉山氏が皆を集めて、
 「実に意外な人に会った。驚くべき話で夢のようだが…」と杉野兵曹長の話を伝えた。

 杉野兵曹長(当時一等兵曹)は、旅順港に向かう途中、砲弾のために福井丸のデッキからはねとばされて
 漂流しているうちに、翌日中国人の小舟に救われたが、健康が回復したころには(日露)戦争が終わっていた。
 帰りたくても、内地ではあまりに英雄扱いしているので帰ることもならず、中国人になりきって生活していた。
 時代が変わった今なら帰れると思って出て来たと、寂しく語りながら収容所内の日本人の世話をしていた。
 本人の話では、76歳で頭もはげ、顔も柔和で田舎のおじいさんを思わせたと。

 私たちはそんな馬鹿なことがあるかと信じなかったが、今お会いしてきたという隊長の話ですから、
 夢のように思います。
 なお、神川君の話によると、杉野兵曹長に会った杉山氏の話では、
 すぐ後の船で内地に帰るといっていたとの事で、今ごろどこかに上陸した杉野兵曹長は、
 祖国の変転限りない40年の歴史に眼を見張っているかも知れない。

 信じられません
    驚く杉野兵曹長の実家

 生きていた杉野兵曹長の実家、三重県河芸郡(現・鈴鹿市)に、その長男の元海軍大佐杉野修一氏を訪ねると、
 「そんな馬鹿げたことが」と、まず富美夫人が、頭から受け付けない。
 終戦後わびしい余生を土に生きている修一氏(50)も
 仏壇の上に掲げた護国院釈忠誠勇義居士の法名を見上げながら、
 「信じられませんね。慶応2年12月19日生まれの当時39歳でしたから、もし生きていたら81歳になり、
 76歳という年にも差があり、もし本当とすれば、近頃はやりの『生きていた英霊』ということになりますが、
 それにしては古すぎますよ。なにしろわしの八つの時に死に別れたのですから。
 正直のところ顔も覚えていません。
 すぐ引き取るかって?誰しも子として親の存命を願わない者はありませんがねえ…。どうも実感が出ません。」
 と語尾を濁した。

 
 昭和22年11月10日 大分合同新聞

 シベリア、イマン地区から帰還した元陸軍薬剤大尉深川清氏は、
 旅順港閉塞隊杉野兵曹長の生存について、このほど岐阜で次のとおり語った。

 数千の樺太庁警察官と憲兵は、ゲイ・ペイ・ウーの厳重な監視の下で作業している。
 杉野兵曹長が生存しているという噂は、度々聞かされてきたが、その後ハバロフスクで発行の日本新聞に、
 確実に生存している写真を挙げて、日本人記者との会見記事まで載せていた。
 会見記によると「旅順港口で人事不省に陥っていたが、ロシア人に助けられて近くの島で暮らしていた。
 戦後いったん帰国を決意したが、内地で自分が軍神にされていることを伝え聞き、帰還を断念した。
 年はとったがまだ元気で、日本の移り変わりに驚いている。