大森前陸幕長が不評であったため、それに対比されて人気は高かった。

陸大恩賜軍刀にもかかわらず誰からも愛される人物で、同期・後輩からの支援も高かったという。

任期は1年で同期の吉江誠一に譲った後、統幕議長になったが、
これも陸士同期である空自の牟田弘国にゆずって1年余で退官した。