大東亜戦争という呼称

昭和16年12月10日 大本営政府連絡会議は、「今次戦争ノ呼称並ニ平戦時ノ分界時期ニ附テ」を協議し、
昭和16年12月12日 閣議で以下のとおり正式に決定した。

  1 今次の対米英戦争及今後情勢の推移に伴い生起することあるべき戦争は
支那事変をも含め 大東亜戦争と呼称す
  2 給与、刑法の適用等に関する平時、戦時の分界時期は
昭和16年12月8日 午前1時30分とす
  3 帝国領土(南洋群島委任統治区域を除く)は、差当り戦地と指定することなし
但し、帝国領土に在りては第2号に関する個々の問題に附きその他の状況を考慮し
戦地並みに取扱うものとす

 さらに同日、情報局(今日の内閣官房)より戦争呼称について以下のように発表された。

今次の対米英戦は、支那事変をも含め大東亜戦争と呼称す。
大東亜戦争と呼称するは、大東亜新秩序建設を目的とする戦争なることを意味するものにして
戦争地域を主として大東亜のみに限定する意味にあらず。

ここにある、「支那事変を含め」とは、盧溝橋事件に端を発する支那事変にまで遡って含ませる、というものではない。 昭和16年12月8日からの対支那戦を含ませるという意味である。 (支那事変は『支那戦争』ではなく、日支双方ともに宣戦布告は行っていなかった)


この呼称が決定する審議段階では、各種の案が候補としてのぼった。 海軍側は 『太平洋戦争』 『対米英戦争』 の案であった。さらには『興亜戦争』というのも候補の一つであった。

海軍の主張は
 「今次の戦争は主に対米戦争であり、従って太平洋戦争であり、
 主戦場たる太平洋で決定的に戦い全戦力を傾注しなければならない。」
という従来からの戦争指導上の方針を、戦争名称に端的に表現しようとしたものであった。

結局、大本営・政府連絡会議は、陸軍側の主張する大東亜戦争という戦争名を採用した。
だが、戦争名称に見られる陸海軍の間の戦争指導上の根本的な背馳は、解消されなかったのである。
(これについては別途後述する)

なお、「大東亜戦争」と正式決定される前は「対米英蘭(蒋)戦争」と仮称していた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

昭和20年12月15日附 GHQ覚書に基づき文部次官は、
「大東亜戦争、八紘一宇 等の用語」について禁止令を通達した。
米軍の東京裁判による占領政策の一つである。

GHQからは大東亜戦争に代わる呼称の指示はなく、米側の呼称たる「太平洋戦争」という名称が代わりに普及していった。
それは前述の如く、海軍が本来主張していた名称ということも手伝って、徐々に一般化していったのである。
しかしサンフランシスコ講和条約後は、大東亜戦争という正式呼称が逐次増加している。

欧米諸国では、その呼称もまちまちであるが、一般的には欧州戦線と含めて
第二次世界大戦(World War U)と呼称し、太平洋戦争(Pacific War)を使う傾向も出ている。


大東亜戦争という名称には、
西欧列強のアジア植民地化に対し、アジアの独立国であり唯一の先進国であった日本が、
植民地解放(大東亜共栄圏)の為に戦った という意味が含まれているのである。

戦後誕生の通称名称=太平洋戦争ではなく、
閣議決定の正式名称=大東亜戦争を用いることは、この戦争の目的を理解する上で重要である。