軍 属

陸海軍文官・同待遇者・宣誓して陸海軍の勤務に服する雇員等の民間人の総称。

 具体的には

 ・政務次官・参与官
 ・書記官
 ・技師・技手
 ・通訳官
 ・理事官・理事生
 ・司政長官・司政官
 ・法務官

のちに各部将校として軍属から軍人となったものも含む。

飛行場設営隊員(土木作業員)、女性タイピスト、司令部契約の調理師・理髪師、野戦郵便局員なども軍属である。その数は、昭和20年に陸軍軍人約300万人に対して、軍属は8万余にのぼった。

 
軍隊符号

 軍隊内部で使用された略号・記号で今日の自衛隊でもその多くが使用されている。
 アルファベットまたは図形化した記号に大別される。

   陸軍 例

  HA  方面軍
  B  旅団
  I  歩兵(聯隊)
  TK  戦車(聯隊)
  FD  飛行師団
  ▲  兵站地区司令部

 
   海軍 例

  GF  聯合艦隊
  KEg  海上護衛隊
  CA  重巡洋艦
  SB  潜水部隊
  fg  航空隊
  Bg  特別根拠地隊

 
軍 票

Military Currency/軍用手票の略 占領地で軍が使用する手形(紙幣)を指す。
日清・日露の戦役から使用されており、大東亜戦争中は開戦前から出征部隊は携行する軍票を準備していた。

昭和18年の大蔵省通達により、外貨軍票はそのまま南方開発金庫券に切り替えられた。軍票の価値を維持するため内地よりその裏付けの物資・貴金属を充当し軍票の回収をはかることとされたが、戦局の悪化により軍票の乱発を招く一方、裏付け物資の輸送が困難となりインフレを招き、物々交換−ヤミ取引を増大させ、その結果、占領地行政の困難に直結した。

 
軍 令

軍隊統帥上の命令。狭義においては、明治40年9月12日附 軍令第1号による規定を示す。

軍令○号 公示すべき軍令の中で、陸海軍共通な事項に関するものの発布に使用する発簡区分
軍令陸乙○号 陸軍の秘密事項、即ち平時編成・諸勤務令等の発布に関する発簡区分
軍令陸/海○号 公示すべき軍令中、陸軍だけに関するものは軍令陸○号を
海軍だけに関するものは軍令海○号の区別を行った
軍令陸甲○号 陸軍の軍事機密事項中、動員計画・戦時編成等の発布の発簡区分

このほか、陸海軍大臣の部内命令の一つとして達○号というのがある。部内一般に配布し効力は陸海軍全般に及ぶが、特に秘密を要さず官報には記載されなかった。

陸軍は海軍に比べ軍令の範囲を広くとる運用を見せた。軍令陸甲、陸乙に相当する海軍軍令は、「内令」によって海軍部内に伝達していた。