富士山山頂麻雀の模様PART2



山頂位戦結果




山頂、雲をバックに3人
山頂

これも落下しそうな写真。
実はかなり下に向けて撮っている。
右から、平向・石田・元木。
これはだいぶ楽しそうな顔をしている。













長浦山頂にて
山頂

これも下を向いて撮影。
雲をバックにくつろぐ長浦。
長浦も山頂に到着してから
随分と元気が出てきた。
麻雀は元気がなかったが。

















山頂麻雀開始!
10合目麻雀

山頂麻雀がいよいよ開始。
空気が薄い。
正面が平向、以下元木・石田・長浦。
この直後、やはり撮影者兼抜け番の石坂が
眠ってしまった。
平向がチョンボした半荘だ。














通行止め?ふざけんな
看板

遭難未遂の後、ようやく辿り着いた
登山道の入り口。
来るときにこの看板を見て、
入れないなんてウソつき看板だ
などとバカにしていたのがウソのように
非常にありがたい看板となった。
遭難中の写真は撮影している余裕がなかったので勘弁。
午前0時頃の写真。
下山するのに通常3時間のところ
何と7時間近くもかかった計算になる。













遭難しそう??
遭難?

遭難しそうだ、ということを
気づく前の一枚。
先頭を行く石坂。
前方には暗くて広い部分があるのだが、
これに向かって一直線だ!
何となく疲れている感じがする写真だ。























富士山でチョンボの画像

石坂浩孝君コーナー

富士山麻雀写真その1

軍吾債券掲示板(感想もどうぞ)

メールで感想を

平向君と愉快な仲間たちホームページへ