書店の労組、全国書店労働者労働組合連絡協議会(略称:書店労協)のホームページです。

書店労協HPタイトルイメージ

書店労協ニュース|更新日:2009年2月28日

弘栄堂書店労組争議解決お礼!

 昨年6月19日、親会社(財)鉄道弘済会は、理事会において、全額出資子会社・(株)弘栄堂書店の閉鎖・解散を決定した。6月27日‘08夏一時金要求の団体交渉後に弘栄堂書店社長から「親会社が、平成21年度に『公益財団法人』認可申請をするために、本年12月31日をもって会社解散・閉鎖をすることになりました」との通知を受けた。もともと天下りを規制するために平成8年の閣議決定に基づいた公益法人改革法「公益財団法人設立許可及び監督基準」によると、財団の原則株式の保有が禁止され、その法律の施行が昨年12月1日であった(ただし、移行期間は平成25年まで)。

 この会社閉鎖によって、高齢化した社員10数名と高齢者継続雇用の嘱託と多くの長期臨時労働者は、巷に放り出されることになった。

 闘いの基調は、「『公益財団法人』認可申請による、子会社の切捨てを許さず、親会社の雇用責任を果たさせ、生活を保障させる」であった。

 要求の骨子は(1)親会社に雇用を希望する者には無条件の雇用保障、(2)止むを得ず退職する者には得べかりし賃金、(3)会社解散に伴う退職金の上積み。

 団交における闘いは膠着し、親会社・鉄道弘済会には団交拒否、弘栄堂書店には、支配介入で不当労働行為救済を都労委に申立、本年2月4日の弘済会前の緊急抗議情宣行動などを闘い、先般2月23日、社員への得べかりし賃金は獲得できなかったが、組合員1名の本年4月1日付け親会社雇用を認めさせ、長期臨時労働者三名への若干の退職金の加算をもって和解解決した。組合結成以来35年にして初めて親会社との直接団体交渉を実現したが、会社回答が満足できるものでなかったにせよ、組合員全員12名が揃って、この峠を越えてさらに闘うためには、当該の全体の力不足は否めず、これまでの成果を、現在の組合全体の力量に見合ったものとして、闘争終結の決断をした。これまでの、皆さんの御支援に感謝する次第です。本当にありがとう!(文責・大井)

(2009年2月27日、弘栄堂書店労働組合)

→書店労協ニュースのバックナンバーを見る

CONTENTS
■書店労協とは?
■参加組合紹介
全国一般旭屋書店労組
全国一般大阪府本部旭屋書店支部
全国一般栄松堂書店労組
全国一般弘栄堂書店労組
全国一般書泉労組
・出版労連新文化通信労組
個人加盟
■労働条件比較表
参加単組の労働条件(各年の要求・妥結結果)を一覧表にまとめたものです。
■駆け込み寺_労働相談
書店労協では、労働相談に応じています。可能な限り、誠意を持って相談に応対したいと考えています。どうぞ、よろしくお願いします。
■リンク集
書店労協オススメの関連サイトの紹介です。

URL変更のお知らせ
Yahoo!ジオシティーズの都合により、書店労協のホームページアドレス(URL)が変更になりました。従来のURLでも表示されますが、適宜お気に入り、ブックマークなどの変更をお願いします。新URLは下記の通りです。

http://www.geocities.jp/bsworker_union/


Counter
※公開日(2002年6月3日)よりカウント開始

このホームページに関するお問い合わせは、下記の書店労協事務局までメールでお願いします。
bsworker_union@yahoo.co.jp
(C)全国書店労働者労働組合連絡協議会(書店労協)2002-2009