1999年 金沢合宿報告


まちづくりフォーラムでは、1998年のアメリカ合宿の成果を受けてCBO=Community Based Organizationの日本的あり方を探る視察旅行をおこないました。

視察対象地、金沢市は江戸時代は加賀100万石といわれ、現在は内発的発展を体言する文化自治を持った地域です。一見保守的な地区ですが、実は福祉や政策の面では先進的な試みをいち早く行ない、また政策が地域に浸透する実績を残しつつあります。

日本的CBOの成功事例を求めて、石川県を対象におこなった2泊3日の合宿報告をどうぞご覧ください。

金沢合宿報告書
一向一揆と文化の街 金沢 (山崎)
「地図を片手にどこへでも」 −金沢は混ぜご飯だった−(中村)
善隣館を検討する意義と課題に関する私見(早川)
第三善隣館を訪問して(近藤)
金沢市 景観保全への取り組みと職人技の継承(山崎)
梅本先生講演会「知識創造自治体」(池谷)


現代都市政策研究会のホームページに戻る

まちづくりフォーラムのIndexに戻る