ホーム :

第5回 仕訳は原因と結果で考える

前へ 次へ

会計の基本的な仕組み 第5回

はい、第5回です。

では、お約束どおり、仕訳についてお話していきたいと思います。

早速ですが、仕訳のサンプルを書いてみます。


    現金1000円  / 商品売上高1000円

これは、左側が「現金1000円」、右側が「商品売上高1000円」
となっています。

左側に財産を書いた時は、
自分の財産が増加したということを示します。

逆に右側に書いた時は、
自分の財産が減少したということを示します。

すると上の例では、左側に現金1000円とありますから、
要するに、現金という財産が1000円分増えました、
という意味ですね。

つまり、経済的な事実、「結果」を表しているということがご理解
頂けると思います。

これに対して、例の右側は、左側の財産が増加した「理由」を示し
ています。
「何故、現金が増えたか」の答えですね。
それは、「商品を1000円売り上げたから」ということになります。

まとめると、

現金1000円/商品売上高1000円

という仕訳は、

「商品を1000円分売り上げた(理由)結果、
現金という財産が1000円分増えた(結果)。」

ということを意味することになります。

つまり、仕訳の表現は、

結果 ×××円 / 原因 ×××円

という書き方になっているわけです。

どうでしょうか?
ここまで大丈夫ですか?

ここさえしっかりわかっておけば、後になって、
会計というのはとてもシンプルなんだというのがわかってもらえる
と思います。

次回からは引き続いて他の仕訳のサンプルについてご説明していき
たいと思います。
それでは。


会計の基本的な仕組み に戻る