ホーム :

第9回 その他の仕訳パターン

前へ 次へ

会計の基本的な仕組み 第9回

はい、第9回です。

前回の宿題にした、

現金 1000円 / 普通預金 1000円

の読み方ですが、おわかりでしょうか?

最後に示したように、原因・結果で考えてみると、

この仕訳は、実はどちらも原因であり、どちらも結果なのですね。

「普通預金が1000円減ったから、現金が1000円増えた」

または

「現金が増えたから、普通預金は1000円減った」

どちらも表現できます。

この仕訳自体は、預金の引出しを意味していますが、このように、

財産 / 財産

という仕訳もありえるのです。

で、実は、

債務 / 財産

とか、

財産 / 債務

債務 / 債務

とかいう仕訳もありえますが、これも同様です。

例を示しておきましょう。

1) 普通預金 1000円 / 銀行借入金 1000円

銀行から1000円借りて、普通預金が1000円増えた。

これは、財産 / 債務 系ですね。

2) 買掛金 1000円 / 現金 1000円

買掛金という債務を現金という財産で弁済した。

これが、債務 / 財産 系ですね。

3) 買掛金 1000円 / 支払手形 1000円

これは少々難しいかもしれません。

手形というのは、要は流通する貸付(借入)証書のようなもので、
日本企業の多くが使っているものなのですが、

「買掛金という債務が、支払手形という別の債務に形を変えた」

という意味で、債務 / 債務 系と言えます。

なぜ、手形で支払うのかと言いますと、
@もらった手形(受取手形と言います)を、銀行で買い取ってもら
ったり(割引と言います。詳しい話は別の機会に)、
A他の業者への支払に使える(裏書譲渡と言います。これもまた詳
しくは別の機会に説明します。)できて、
資金繰り上便利だからなんですね。

ちょっと長くなりましたけど、これで大体仕訳のパターンは説明が
終わりました。
1つだけ例外がありますが、それはまた少し話を進めてからにしま
す。

次回からは、このようにして仕訳を作成した後どう使うのかをお話
していきます。

では。


会計の基本的な仕組み に戻る