アカンタビリティと行動戦術

直観的受容戦術

  • 何らかの意思決定の前に、アカンタビリティの必要性と、聴衆(利害関係者)の期待を知っているときは、直観的に望ましいと思われる意思決定を下すという戦術
  • 聴衆あるいは利害関係者の期待に沿い、彼らにとってもっとも受け入れやすい意思決定を行おうとするモチベーションが高まる
  • このような意思決定や行動は、クリエイティビティやイノベーションを阻害し、通念的、常識的な行動を生じさせる場合が多い

事前自己批判戦術

  • アカンタビリティの認知があるが、行動をする時点で、聴衆や利害関係者の期待がわからないときに起こす行動戦術
  • 自分の行動によって、聴衆や利害関係者がどのような反応をするのかについて、慎重に推測し、様々なケースを予測する
  • 自分の行動が、聴衆や利害関係社の期待を裏切ったときに、もっとも自己防衛を行うことを容易にする選択肢を選ぶ
  • あらかじめ自己について批判的見解を用意し、期待に沿えなかった場合に備える
  • 誰にとっても中立的な行動を誘発する可能性が高い

回顧的理由付け

  • すでにある行動や意思決定に関わっている途中で、アカンタビリティの認知が起こったときの戦術
  • 自分の過去の行動が、聴衆や利害関係者の期待に沿うものであったということをうまく説明する為の理由付けを慎重に考える