アカンタビリティと心理メカニズム

アカンタビリティの心理状態

  • 自分の行動が監視されているという意識
  • 自分以外の人々に自分の行動が評価されるという意識
  • 自分の行動の他人による評価の結果に基づき、重要な賞罰が下されるという意識
  • 自分の行動に対する外部からのプレッシャー
 

アカンタビリティの心理を引き起こすシステム

  • 法律、ルール、規制、規則などによる行動期待
  • 行動のパフォーマンスが評価される方法、どのように評価されるかがどのような行動が求められているかの推測につながる
  • 社会的コントロール(監督者の存在、監視システム、期待される行動の何らかの形での通知、通達)
 

アカンタビリティの心理メカニズム

  • アカンタビリティで期待される行動を把握する
  • 期待される行動と自分の行動の比較を行い、そのズレを認識し、ズレがなくなるように行動を修正する
  • 明確な水準、明確な行動のアセスメント、水準に対する合意、行動に関する正確なフィードバック、が自己コントロール的行動を助ける
 

アカンタビリティによって導かれる結果

  • アカンタビリティの度合い(明確なアカンタビリティ、曖昧なアカンタビリティ)が、政治的な行動や影響力行使の行動の出現に影響する
  • アカンタビリティは、人々の分析的、熟考的な行動につながる、軽はずみに行動をする可能性が低まる
  • アカンタビリティは、倫理的なジレンマを解決する可能性が高い
  • 組織全体として、よくない打撃を被るような結果が少なくなる