高業績ゼネラルマネージャーの条件

ジョン・コッターの観察(高業績ゼネラルマネージャーが実際していること)

  • 彼らはほとんどの時間を誰かと一緒に過ごしている。1人でいる時間は、在宅で執務をしているとき、出張中の車両の中など、全労働時間の2割以下

  • 彼らは直属の部下以外の多くの人々とも一緒に時間を過ごしている。どんなに些細なことでも、どんなに仕事と直接の関係のない相手であっても、話をしたりする

  • 彼らが扱うトピックは、非常に幅広い。自分の守備範囲の計画、実行、管理、監視などにとどまらず、会社全体のこと、あらゆる業務のこと、ビジネスとは遠いつながりのあることまで話題にする

  • 彼らはとても多くの質問をする。会話の半分は何らかの質問を相手にしている。1日に数百の質問をすることもある

  • 会話中においては、彼らが大きな意思決定をすることはまれである。

  • 彼らの会話のなかには、ユーモアにみちたジョークや、仕事とあまり関係のない話題なども含まれている、部下の趣味のこととか、家族のこととか多岐にわたる

  • 彼らに会いにやってくる人々の中には、ビジネスに直結していないか、あまり重要でない用事でやってくる人が多い。いくら時間の無駄に見えても、きちんと対応する

  • いろいろな人とのやりとりの中では、伝統的・教科書的な命令はしない。

  • 彼らは1日を厳格に予定をたててそれをこなすのではなく、予定をきちんとたてず、その場に応じて対応する

  • 彼らが人々と話す話題は短い時間で終わらせる。同じ話題をながながと続けたりしないで、5分、10分きざみで様々な人と様々なテーマについて議論しあったりする

  • 彼らは誰よりも長時間働く

文献

Kotter, JP 1999. What effective general managers really do. Harvard Business Review, March-April, 1999