講演執筆冒頭テンプレート

講演や執筆における冒頭つまり出だしの文句は、日本経済や企業経営全般などに関するマクロな話題、一般的によく言われており、疑問を挟む余地が少ない論点、聴衆や読者がニュースや新聞で聞きなれているあるいは読み慣れている、馴染みのあるワードやフレーズを用いるのがよい。そうすることによって、より発表者や講演執筆内容への親しみを増加させる効果がある。

大まかな説明の後に、私たちが身近で接する具体的な数値(例、最近の株価の話題など)を手短かに紹介することによって、さらに話題への親近感や、発表者の見識についての信頼感が増すことにつながる。

 

日本の経済

  • バブル崩壊後、長きに渡った平成不況も、ようやく底を脱しつつある。
  • 景気はようやく底を打ったかに思えるが、今後もまだ厳しい状況が続くと予想される

 

企業経営への試練

  • グローバル競争の激化、技術革新の進展、顧客の要求の高度化によって、これまで以上に企業は生存競争の試練に立たされている
  • わが国の多くの企業が、度重なる業績不振に苦しんできているが・・・

 

時代の変化への言及

  • 時代はついに21世紀に突入したが、インターネットの発達、グローバル化の進展、激動する国際関係など、今、世界は急速に変化していると思われる。

 

具体的な数値やケース

  • 例:日経平均株価(為替相場)は現在○○あたりで推移しているが・・・
  • 最近のニュースとしては「○○○」というものがあるが・・・
  • 失業率は○○パーセントに達し・・・
  • わが国の実質経済成長率は、○○○というようになっているが・・・