公平な採用・昇進・昇格システムのフレームワーク

Gilliland Model

プロセスの公式な構造における公平性

  • 採用・昇進・昇格は仕事の内容と関連した基準でなされている
  • 候補者、応募者が自分の持っている能力を占めることができるチャンスを与えている
  • 一度悪い結果(不採用など)となっても、もう一度考慮されるチャンスが与えられている
  • プロセスそのものに一貫性がある、筋が通っている
 

対人的やりとりの公平性

  • 採用・昇進・昇格の査定担当者の対人能力が優れている
  • 相互コミュニケーションが行われている
  • 候補者、応募者への質問事項が適切である
  • 組織や仕事に関する情報をしっかりと候補者、応募者に伝える
 

十分な説明

  • 候補者、応募者へのフィードバックによる説明
  • プロセスそのものについての総合的な情報提供
  • 誠実な対応