ゲインシェアリング

ゲインシェアリング

  • ユニット全体のパフォーマンスの改善に対する成果報酬(ペイ・フォー・パフォーマンス)
  • スキャンロンプラン(労働コスト削減による生産性向上に報いる)
  • ラッカープラン(付加価値指標の向上の実現に対して報いる)
  • インプロシェア(単位当たり標準作業時間の短縮に報いる)

ゲインシェアリングが用いられる理由

  • 個人型からチーム型への仕事の変化
  • 個人型のペイ・フォー・パフォーマンスの効果が出ない
  • トップ・マネジメントの了解とコミットメントを得やすい
  • ゲインシェアリングの方法について、過去の経験の蓄積がある
  • いくつかの計算式を選べるため柔軟性がある
  • 従業員参加型の経営につながる

ゲインシェアリングが効果を上げる理由、条件

  • 従業員の経営への参加意識を高めることにより、労使間関係を向上させるとともに、個人個人のモチベーションを高める
  • 従業員の生産性向上努力と、その結果としての報酬という道筋を明確に示すことにより、従業員のモチベーションを高める
  • ゲインシェアリングが従業員のニーズ(金銭ニーズ等)に合っていることが必要である
  • 成果報酬のペイアウトのタイミング、結果のフィードバックなどを適切なものにすることにより効果が高まる
  • 社会的ジレンマ(フリーライディング、社会的手抜き)などを防ぐための施策(参加の要請、コミュニケーションの充実、相互モニタリング)の工夫が必要
  • ゲインシェアリングの仕組みを、従業員が公平であると納得できるかたちで設計する
  • 組織の文化、従業員の参加意識、マネジメント能力、公平なシステムなど、複数の要因がマッチしたときにゲインシェアリングの効果が出る
  • ゲインシェアリングだけでなく、他の人事諸施策との整合性や戦略との連携も必要である
  • 生産性向上と報酬のリンクは、従業員と経営の利害を一致させる働きがあるため、直接的な管理、監視の負担を軽減する、経営からの監視ではなく、従業員同士の自己監視に発展する
  • 生産性向上が可能かどうかなどの認識により、従業員の行動が変わる(リスク回避的あるいはリスク先好的)可能性もある