社会構築主義に基づく『組織変革の論理』
わが国に特有の理論構築に向けて

jinjisoshiki

本小論の目的は、アメリカ経営学会組織変革部門における「ORGANIZATIONAL CHANGE AS SHIFTING CONVERSATIONS by Jeffrey D. Ford 1998 Best Paper Award」で紹介されている多くの考え方を基礎として、わが国に特有の、つまり「日本語」としての組織変革の論理を構築することを提唱することである。Ford論文では、組織変革におけるConversationsつまり会話の重要性を認識したうえでの議論を展開しているが、当然、わが国における経営はかなり多くの部分が「日本語」を用いてなされているのであって「日本語」が果たす役割は大きいと考えられる。

組織変革の基本前提

まず、Ford論文で紹介されている組織変革の2つの基本前提について整理しよう。
原文は以下のとおりである。

One approach for understanding organization change is based in a structural-functionalist tradition that there is an underlying, ordered pattern to the nature of reality that is possible to know and represent. In this approach, the job of a change manager is to align the organization with that reality through interventions. An alternative approach is based in a constructivist tradition in which the reality we know is interpreted, constructed, or enacted through social interactions (Berger & Luckmann, 1966). In this view, change managers use interventions not to bring about a greater alignment with a "true" reality, but rather to construct, deconstruct, and reconstruct organizational realities in which people and organizations are more effective in achieving desired outcomes.

つまり、組織変革の論理を組み立てる上での前提となるパラダイムとしては、構造−機能主義という、いわば現在の経営学では主流の考え方と、現実は社会的に作られるという構築主義(社会構成主義)との2つがあることを指摘し、著者は後者に焦点をあてているわけである。

次に、社会構成主義に基づいた理論構築をするさいに押さえておくべき次項として、Ford論文では、2つのリアリティについて言及している。

When we talk about constructed realities, it is important to distinguish between first and second-order realities (Watzlawick, 1990). First-order realities pertain to the physically demonstrable and publicly discernible characteristics, qualities, or attributes of a thing, event, or situation. In other words, first-order realities are composed of data that are accessible through the senses and which are measurable and empirically verifiable, i.e., there is some way to demonstrate their facticity.

Second-order realities are constructed when we attach meaning, significance, and value to the data of first-order realities. Second-order realities are not "in" the situation itself, but are put there by humans (Watzlawick, 1976). And, because it is second-order realities that provide the context for behavior, alterations in second-order realities can lead to fundamental and practical changes in action regardless of what happens to first-order realities. Indeed, constructivism suggests that the unwanted, undesirable consequences of a second-order reality can be replaced by the effects of a different second-order reality which results in more preferable outcomes (Watzlawick, 1990).

First and second-order realities are rarely constructed solely by direct personal experience, but are inherited in the conversational backgrounds in which we are socialized. Both types of reality are the result of communication in which claims and conclusions recursively support and confirm each other. We make an error, however, when we assume that a reasonably working construction (second-order reality) proves that the world really is that way and that we have discovered the vocabulary of the world (Rorty, 1989). When this happens, we treat the second order reality as if it were a first order reality. This error can lead not only to the dismissal of or opposition to alternative constructions, but organizational change efforts that are focused on the wrong reality.

私の解釈では、この2つのリアリティは、本来は分離不可能な単一世界の2つの表象だということである。主客対立および主客同一の議論と似ているところがある。組織変革を論じる場合には、いわゆる客観的な視点、つまり主体ではなく外側から全部を見渡せるような位置から、組織変革についての記述や理論構築を行なうという立場もあるのだが、実は変革の実行者あるいはそのまっただなかにいる多くの参加者が、それぞれ、主体として、主観的な何らかの体験からその意味を読み取りながら、行動しているという現実を無視できないわけである。なぜなら、そのようなプロセスによって生じた行動が、具体的な変革に結びつくからである。そこで、このような「変革における主体の経験」という要素を、それをどう論理構築に盛り込んでいくかというてんで、2つのリアリティの理解が役立つと考えられる。

2つのリアリティの議論は、社会構成主義のエッセンスでもあり、この先に展開される会話の役割に注目する組織変革の論理の土台となるバックグラウンドでもあると考える。

会話

Ford論文で見られる会話の本質とは、以下の文面で表現されている。

What we construct when we construct realities are conversations: conversations become the reality. Our realities live in the words, phrases, and sentences that have been combined to create descriptions, reports, explanations, etc., that in turn create what is described, reported, explained, etc. When we describe, we create what is being described in the description. Whether the characterization is taken for granted or is a basis for argument, we have created the objects and their properties in our conversations. The construction of reality can thus be seen as a recursive process of generating, maintaining, modifying, and deleting conversations, which conversations constitute first- and second-order realities that provide a context for action.

Ford論文は、このような視点に基づき、会話と組織変革についての考察を深めていくわけであるが、このようなパースペクティブを、どうわが国に適用していくかということに関しては「日本語で語られる会話」というものをまず見つめることがスタート地点なのではないだろうかと私は考える。そうでなければ、単にFordを初めとする欧米の、あるいは英語で書かれた社会構築主義をそのまま翻訳あるいは紹介するにすぎない。

つまり、圧倒的に多くの場合に、日本語で行なわれる会話が、わが国における「組織変革」について、どのような意味を提供するのだろうか。そして組織変革を成功させるために、どのような視点なり洞察をもたらすのであろうか。そういうことを突き詰めてこそ、わが国に特有の組織変革の論理を構築できると思うのである。

日本語と外国語は、1対1ではない。外国語に翻訳するとニュアンスが変わってしまうような日本語もあるし、日本語に訳すと変なので、カタカナ表記にしてなんとか本来の意味を維持しようとする外国語もある。語彙の種類や量も異なるし、とにかく日本語と外国語では多くの部分が異なるのである。したがって、単に欧米の研究成果をわが国にそのまま輸入しようとしてもうまくいくわけではなく、やはり日本語で考え、行動している以上、日本語に基づいた「組織変革の論理」を作っていく必要があるのではないか。そしてその変革の論理は、実践者から見ても、不自然さのない、つまり自然に受け入れられるものであるべきだと私は考える。

引用文献

ORGANIZATIONAL CHANGE AS SHIFTING CONVERSATIONS by Jeffrey D. Ford
http://www.aom.pace.edu/odc/newsletters/WIN99.htm#org