金融業界の変革を加速する人材フロー

不良債権問題、ビッグバン、銀行破綻など、まだまだ問題が多いわが国の金融業界であるが、人材のフローに関しては、だんだんと金融業界の変革に向けた流れが確立されつつあるようだ。

良質な人材の貯蔵庫としての役割を担ってきた大手金融機関

都銀、長信銀をはじめとする日本の大手金融機関は、長年にわたって、常に学生の間でも就職人気企業の上位にランクインされつづけてきた。これは何を意味するかというと、就職人気企業であるために、良質な人材を採用できる機会が、他業界に比べて相当恵まれていた、ということである。人気企業であればそもそも応募者が多く、その中には当然良質な人材が多く含まれ、その中から好ましい人材を選ぶことができるので、知名度のない中小企業などよりも圧倒的な採用力を誇ってきたことになる。つまり、学生の就職マーケットの中でもトップクラスの良質な人材を確保し、企業内の若年層人材の市場価値は非常に高いものを維持してきたことになる。

大手金融機関の場合、全国各地に拠点を持つような巨大な企業であるため、入社した人材にとって、転職という選択肢は例外中の例外であった。転職をしなくても、全国各地、様々な部門への異動の可能性があり、実際、数年に一度は異動の命を受けることがなかばきまりとなっていた。したがって、大手金融機関は、長年にわたって、非常にポテンシャルの高い良質人材を自社内に囲い込む、いわゆる人材貯蔵庫としての役割を果たしてきたといえる。しかしながら、規制をはじめとする様々な理由により、日本の金融業界が深刻な状態に陥ったことは周知の事実である。

金融業界の変革に向けたビジネスの動き

金融業界の変革については、まだまだ難しい問題が残っていよう。しかし、いろいろな面で、変革を加速する動きがでてきている。

その1つは、欧米の外資系金融機関の日本への進出である。インベストメントバンクをはじめとする外資系金融は、海外で鍛えられた高度な金融テクノロジーや技術を持っており、デリバティブ、トレーディングなどのマーケット系や証券化、M&Aなどの分野のスペシャリティとテクノロジーに力を入れ、ゼネラリスト志向の強かった日本の金融機関の弱点をうまく補う形で、日本市場で活躍しつつある。

また、IT化が今後の金融変革の大きな鍵を握るが、外資系を中心とするIT系のコンサルティングファームやITベンダー企業各社も、金融機関向けの専門部署を設置し、金融機関に向けた情報化のコンサルティングサービスやシステムインテグレーション支援などに力を入れてきている。つまり、従来、日本の金融機関が不得手としてきた分野に、外資や他業界からの企業参入が起こって、より金融業界自体が変化を起こしつつあるというわけだ。

ゼネラリスト志向を保ってきた国内金融機関は、むしろ自社内で金融テクノロジーの高度化や専門化、情報化を推進するよりも、すでにノウハウや実績のある外部のコンサルティングファームやベンダーに支援してもらったほうが、より効率的に変革ができる。また外資系金融と提携することも、苦労して自社で技術を磨く必要がなく相手の技術を利用させてもらうという点から好ましい。もともと多くの顧客基盤を持っているのだから、顧客基盤の一部を提供するかわりに、相手の技術を使わせてもらう、という協力関係だ。そのような経緯もあって、多くのプレイヤーにとって、金融業界を変革するための活躍の場がひろがってきている。

金融変革を機能させる業界内人材フロー

様々なプレイヤーが他国や他業種から参加することにより、金融業界の建て直しを図るにしても、優秀な人材がいないことにははじまらない。しかし、冒頭で述べたように、大手金融機関をはじめとして、実は金融業界には非常に良質な人材の蓄積があったために、この蓄積された人材が必要な場所にうまく流れだしたことが、金融業界変革を加速する原動力になっているのである。

どのような流れかというと、まず挙げられる例が、大手金融機関でたまたま専門的な部署に長年とどまっていたプロフェッショナル型人材が、外資系金融・証券に移籍することによって、自分の能力を顕在化する機会を得たということである。眠っていた才能がついに花開くことによって、わが国の金融業界のプロフェッショナル部分の活性化に寄与しつつある。同様に、金融テクノロジーの素養のある人材が次々と邦銀その他の金融機関から、専門特化型外資系金融や金融技術を専門とするコンサルティングファームに移ることによって、日本の金融業界全体のテクノロジーの発展に寄与しだしてきている。

情報技術を推し進めるIT系コンサルティング・ファームやITベンダーにも、良質な人材が伝統的金融機関から移動しつつある。いくらITとはいえ、金融業界の職務経験と知識は必須であるため、大手金融機関等で経験を積んだ良質な人材が参加することによって、より高度かつハイクオリティなコンサルティングサービスなり、IT化支援サービスが実現可能になる。

良質な人材プールがあってこそ変革が成功する

つまり、もともと良質な人材プールとしての国内大手金融機関が存在していたために、金融変革の担い手となるべく外資系金融、コンサルティングファーム、その他の専門化集団が、労せずしてポテンシャル、経験ともにある優秀な人材を獲得できている、というわけである。この流れが定着することによって、金融業界全体としては、より高度なスキル、技術の蓄積が進み、システム自体も高度化・効率化され、これまで旧態依然としていた金融の仕組みが大きく変わることになろう。

今後、金融業界へどんどん進出していこうと考えている他業種企業にとって、のどから手がでるほど欲しい良質かつ経験のある人材が、いまでもなお、大手金融機関にはごろごろ転がっていると言える。今後は、ネット専門銀行や、コンビニなど他業種からの金融参入も活発化してくることから、ますます伝統的人材貯蔵庫から様々なところへの人材供給が進み、変革の担い手としての彼らが活躍する場が増えそうである。