パラダイム

Paradigm

パラダイムとは何か

科学哲学者トーマス・クーンは、有名な著書「科学革命の構造」の中で、パラダイムという概念を紹介し、パラダイムが科学の発展に大きな影響を与えていることを指摘した。

パラダイムとは、研究者の間で共有される世界に関する仮定や前提、考え方である。パラダイムは、歴史上大きな研究の成果や理論の出現(例:ニュートン力学)に機を発し、後続の研究者が、そのフレームワークに基づいた後続研究を行っていくことによって、強固になっていく。

パラダイムは、教科書に載るような代表的な理論的フレームワークである。教科書に載るような代表的なフレームワークは、長期間に渡って変わらない。つまり、パラダイムは簡単には変化しないものである。

ノーマル・サイエンス

多くの科学者によって認められたパラダイムに沿った形で行なわれる科学的な研究を、トーマス・クーンは、ノーマルサイエンスと呼んだ。ノーマル・サイエンスは、支配的なパラダイムに乗っ取った理論を洗練していくプロセスである。パラダイムに沿った理論を、何度も何度も、経験的事象と整合性が取れているか、科学的な検証を行う。そして、検証の結果によっては微妙に調整したり、改善したりして、理論をより精緻なものにしていく。ただし、その理論の大きな前提、基礎となっているフレームワーク、つまりパラダイムは変化しないわけである。トーマス・クーンは、このノーマル・サイエンスを、パズル解きのプロセスであるとたとえた。

アノマリー

ノーマル・サイエンスのプロセスで、何度も何度もパラダイムに基づいた理論が検証されていくうちに、どうしても既存のパラダイム、そしてそれに基づいた理論では説明できない事象、あるいは理論と整合性が取れない現象が発見されるようになる。こういった現象をアノマリーと呼ぶ。既存のパラダイムの範囲内で、このアノマリーを説明しようとする努力が繰り返されるが、パラダイムが変わらなければ、アノマリーはおそらく解決されないだろうという展開にまで徐々に研究が進んでいく。

新しいパラダイムの出現

既存の支配的なパラダイムに基づいたノーマル・サイエンスが継続する中、ごくわずかな研究者の間で、既存のパラダイムとは異なる新しい世界の考え方、前提、仮定などを基にした研究が行われるようになる。それは、既存のパラダイムとはライバル関係にあるパラダイムとなるが、ごく少数の研究者によって確立されていくので、最初は多くの研究者に認識されない。また、既存の支配的なパラダイムは、多くの研究者にそのパラダイムに従うような力を働かせる。それが大きな研究者コミュニティーとなっていくため、そのコミュニティーに属する研究者は、既存のパラダイムがもっとも適切であり、その他のものは亜流であるというバイアスを持つようになる為、新しいパラダイムが浸透するには時間がかかる

パラダイム変換

既存の支配的パラダイムに対するライバルとしての新しいパラダイムは、徐々に研究者の目に留まるようになり、研究も多くなされるようになる。そして、そのパラダイムに基づいた研究により、新たな経験的な証拠が蓄積されていく。そして新しいパラダイムが、従来のパラダイムでは解決できなかったアノマリーをうまく説明できたり、かつ別の経験的証拠の蓄積によって、従来のパラダイムよりも優れたものであるという認識が広まることによって、既存のパラダイムが放棄され、新しいものに置き換わるというプロセスが生じる。これが、パラダイム変革である。

再び、ノーマル・サイエンスへ

新しいパラダイムが多くの研究者に認められるようになると、今度は、そのパラダイムが支配的なものとして科学者のコミュニティーに君臨する。そして、そのパラダイムに基づく理論が生み出され、それらが実証研究の対象になることになって、洗練されていく、つまり、先ほど述べたノーマル・サイエンスが始まり、新しいパラダイムが、教科書に載るような代表的なフレームワークとなり、長いノーマル・サイエンスが始まる。