採用面接における政治行動

採用面接における政治行動の影響

  • 採用面接における政治行動は、採用の意思決定に影響を受ける(例:身なり、容姿とジョブ・オファー)
  • 採用面接の政治行動は、積極的戦術・戦略および受け身的戦術・戦略がある

応募者のとる戦術と採用結果

  • 積極的に自己を強調する戦術のほうが、受け身的に面接官に併せる(迎合的)戦術よりも、よい評価を得ることができる(社内の人事考課の場合はむしろ逆)
  • スマイル、アイ・コンタクトなどは有効な面接戦術
  • 「わざとらしい」効果:戦術の使用頻度、度合いが強すぎると、逆効果がある(評価が低まる)
  • 戦術と採用関係評価については、あるポイントまでは戦術が評価にプラスに働き、そのポイントを超えると評価が下がる
  • 面接官が、事前にトレーニングを受けている場合(選考基準などの徹底)、応募者の政治的戦術の効果は薄くなる

面接官の政治行動

  • 面接官は、自分と特徴が似た人物、意見が一致する人物についての評価を高くつける(会社としての基準からの乖離の可能性)
  • 自分の徒党を社内で増やすための政治的意図が多少含まれる

フィット感の重要性

  • 採用面接では、フィット感が重要な役割を果たす
  • 応募者にとって、面接者とのフィット感、企業文化とのフィット感を高める戦術は、一般的に効果がある
  • アイ・コンタクト、相づち、スマイルなどが、面接者と応募者のフィット感、親密感、あるいは企業理念や文化とのフィット感を高めるように働くとき、ポイント(応募者の能力評価など)が高くなる