プロフェッショナルとは

思索的にプロフェッショナルとは何かを定義してもあまり意味がなかろう。それよりもむしろ、現実の世界でプロフェッショナルというのがどのようにとられているのか、現実の人々はプロフェッショナルの定義としてどう考えているのかを知ることが興味深い。インターネットで検索した一例を挙げてみよう。

プロフェッショナルとは、ある分野において、社内はもちろん、広く社外でも第一線で通用する専門知識、実務能力を持ち、自らその分野で価値を生み出すための戦略や方策を立案し、実践できる人材を指します。当該分野における深い知識、豊富な経験が要求されることは言うまでもありません。また、関連する資格を取得し、客観的にもプロとして認められることも必要です。
http://fhs-les.ivp.co.jp/osakagas/education/port.html

プロフェッショナルとは、自らの果たすべき役割を全うすることのできる能力を備えた人間のこと。
http://www.mof.go.jp/saiyou/honsyo/senpaim.htm

プロフェッショナルとは、どんな環境に置かれたとしても、自ら思え、判断し、その判断に対して独立した個人として責任を持ち、説明ができる人間であり、その集合体です。この組織に一歩足を踏み込むと、行動を縛る規則の少なさや、型破りともいえる仲間たちの大胆な言動に驚かれるかもしれません。「こうしなければならない」というルールが少ないこと。それは個々人が自律的でアカウンタビリティを持つプロフェッショナルであることの責任の対価としての証です。
http://www.mckinsey.co.jp/overview/o011.html

このように企業活動を行う上で、様々な機能が必要となりますが、自分が強みを発揮できる部分に特化し、そこでは絶対に負けない力をつける必要があります。それがプロフェッショナルです。プロフェッショナルとは、自分の価値をどんどん希少価値にすることです。代わりのきかない存在になることで、社会人経験3年でもコンサルティング会社の副社長というポジションを手に入れることができたと考えています。
http://business.rakuten.co.jp/expertColumn/makita/01_14.cfm

プロフェッショナルとは、
1. 基本の積み重ねこそが、創造力の源泉であることを知っている。
2. 自負心をもって挑戦し、持続する意思で志を結実させる。
3. 自らの役割を自ら創造し、結果に対して自己責任を果たす。
4. 生む知恵と捨てる勇気をもって、革新を成し遂げる。
5. 後継者を育てることで、自らを成長させる。
6. どんな人にもフェアに接し、法と理にもとづいて行動する。
7. いかなる局面でも、仲間とともにエンジョイする心をもつ。
http://www.gsi.co.jp/company/rinen.html

プロフェッショナル:専門的であること。職業として行うさま。もう一つプロ:あるものごとを、生計の手段として行う人。自分の職業であるとの強い自覚をもってそれにうちこむ人。くろうと。この反対語にアマチュアという言葉があるアマチュア:職業としてではなく、趣味として、物事を行なう人。愛好者。しろうと。生計の手段と考えた場合はほとんどの職業の人がプロフェッショナルなのだ。
http://www.cm-japan.net/20000516.html

プロフェッショナルとはプロフェス=信仰を告白する語源。信仰を告白して宗教団体に加入することから進んで倫理を守り品位を損なわないことを宣誓しそれを前提として自治的職業団体に加入するものがプロフェッショナルであると云う。西欧では聖職者、弁護士、医師が「古典的プロフェッション」として認められてきた。わが国では大正の初期以来、私たち先輩の永年の努力にもかかわらず建築家プロフェッションを規定する法律はまだない。
http://www.cosmos.ne.jp/jia-oki/okishibu/rondan1.html

プロフェッショナルとは、信頼できる高い知識と能力、強い責任感の持ち主のこと
http://www.mgc.co.jp/company/philos/action.shtml

プロフェッショナルとは、
「私はプロです」と自信を持って言える人のこと

つまり、「プロ意識」を持った人のこと。プロ意識は人から教えてもらえるものではないと思います。だとすると、「プロとは何か」と問い続けることが出発点になります。そして、そう問い続けることは決して時間の無駄にはならないでしょう。
今回は、「プロとは何だろうか?」という問いに対しての、私がみつけたいくつかの答えを紹介することにしましょう。
自分流であること
プロである以上、自分のスタイルを持っていなければ本物ではないと思います。自分流の考え方や仕事の進め方、ほかの誰も持っていない独自の技術やテイストといったものです。自分独自のものをひとつも持っていない人の代わりはいくらでもいるのです。
機械化できないということ
自分の技術が近い将来機械でもできるようになるとしたら、その技術の持ち主は近いうちに不要になります。幸運なことに、ソフトウェア開発という技術はどうやっても機械化できそうにありません。ラッキー!
向上すること
コンピューター業界はものすごいスピードで変化しています。その変化に伴って、新しく覚えなければならないことはどんどん増えています。そんな中でもし学習をやめてしまったとしたらどうなるでしょうか?世の中にある覚えるべき知識の総量は増加し続けるのですから、自分の知識を増やす努力をやめた瞬間からどんどん無知になっていくはずです(自分の知識が減らないとしてもです!)。
ですから、プロは常に向上し続けなければなりません。これは「向上心」とは違います。向上心があっても向上できるとは限りませんから。必要なのは、本当に向上し続けることです。
成功に導くこと
「できるかどうかわからないけど、とにかくやってみよう」とか、「自分がどこまでできるのか、試しにやってみよう」などという考え方をするのはプロではありません。たとえどんなに困難な状況におかれていたとしても、「絶対に成功する方法をみつけよう」と考えるべきです。ソフトウェア開発プロジェクトは、成功すべくして成功するのであり、失敗すべくして失敗するのです。ですから必ず成功に導くためのプランが必要です。どうしても成功までのプランがたてられないような仕事は引き受けてはいけません(どうせ失敗する仕事を逃したところで、惜しくないでしょう!?)。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~gkimoto/j/beyondthecode/topics/ch04_pro1.html

真のプロフェッショナルとは,高度な専門性を備えると同時に,深い教養と豊かな人間性を備えた人間でなければなりません。

プロフェッショナルとは、なんらかの技能によって収入を得ている人のことである。
http://home4.highway.ne.jp/hiyuki0/wos/ranbun082.html

企業内で仕事のプロフェッショナルとは、どういうふうに定義したらいいだろうか。一つの答えは、以下の三つができることだ。
 第一に、これからどういうふうにその職場を持っていくかというビジョンを提示できる。第二に、価値を生む企画が作れ、それを社内で実現することができる。三番目に、その分野でのスキルでは会社の中でベストスリーに入るという専門性である。
http://www.toshiken.com/head/data/2001/047.html

プロフェッショナルとは自分の力を信じ、そのための努力を続けること。換言すれば、自分の仕事に夢と誇りを持ち続けることが出来るかどうかということではないかと思うのです。
http://homepage1.nifty.com/imabari/annai.htm

プロフェッショナルというのはビジネス界では、金が稼げる者というような印象の使われ方が多いようですが、プロフェッショナルとは、Profess(神の意を宣言する)という語源から生まれているといわれるように、大切なものは大切なのであり、間違っているものは間違っているのであり、人から見られていようがいまいが頑張るときは頑張る人のことをいうのです。比喩的ですが、神の意を受けて純粋に働けば、また収入も入ってくるのです。
http://www.jmac.co.jp/chiso/mail/0029.html

組織内プロフェッショナルは,積極的に職務の専門性を高め,国際競争力を向上させるとの組織の要請を満たし,個人の能力,活力,独創性の最大限の発揮を行なう。プロフェッショナルとの呼称は,医師・弁護士などプロフェッショナルの高度な専門性に比肩しうることや,社会的に認定される存在となることを期待して用いたものである。
http://www.igss.ynu.ac.jp/thesis/17.htm

「プロフェッショナル」には、高い専門性はもちろんのこと、メンバーのモチベーションを高める媒介役となるリーダーの要素をも含んでいる。「プロフェッショナル」と「スペシャリスト」のコンセプトの相違は、およそ次の3点に要約できよう。
第1に、成果に重点を置くかどうかという点である。プロフェッショナルはある特定分野における高度な専門技術・能力を、事業成果に直接結びつけることが期待される。そのような成果を出すためには、高い仕事意欲やビジョン、洞察力なども持ち合わせていなければならない。一方、スペシャリストの場合、彼らの専門性は特定分野の研究など、短期間における成果の発揮が認識しにくいのが特徴である。すなわち、研究や技術開発など、個人の専門性自体が高く評価されるためである。 
第2に、プロフェッショナルとは、ただ1つの分野における専門知識だけでなく、他分野や同業他社など広範囲な情報にも精通していなければならない。1つの分野における専門性が極めて高いスペシャリストと比較して、プロフェッショナルの場合、より大きなビジョンから決断を下す。それと同時に、その決断に関する情報に精通している必要がある。つまり経営管理能力が大きく問われるのである。
第3に、プロフェッショナルの場合、ヒューマン・スキルが高く、人間関係に精通していることがリーダーとしての条件となる。確固たるビジョンを持ち、メンバーの能力を見極めつつ、目標を達成するためのチームワークを上手にリードしていく。成果をあげるために、自身の専門性に頼るばかりではなく、メンバーの能力を上手に活用して相乗効果をもたらすことが求められている。 
http://www.jmam.co.jp/hrd/keyconcept/kc3_1.html