戦略スキルをもったHRM部門は企業業績を高めるか

Huselid et al. (1997)の研究

Huselidらは、HRM部門の持っているスキルを、テクニカルスキルと戦略スキルとにわけて、それぞれが企業業績その他の指標にどういった影響を与えているのかを、約300社の企業からのデータによって分析した。

  • テクニカルスキル(リクルーティング、選別、パフォーマンス測定、トレーニング、報酬システムなどの知識)
  • 戦略スキル(企業の経営方針とマッチした人材方針の策定およびHRMの仕組みの導入に関するスキル)

研究の結果、テクニカルスキル、戦略スキルの両方とも、企業業績を高める効果があると考えられるが、テクニカルスキルが与える効果がはっきりとしなかった一方で、戦略スキルが企業業績に影響を与える効果が確認された。

Huselid, M. A., Jackson, S. E., & Schuler, R. S. (1997). Technical and strategic human resource management effectiveness as Determinants of firm performance. Academy of Management Journal, 40 (1) 171-188.