信頼と取引コスト

信頼と取引コストの関係

  • 信頼関係は、取引きの際にかかるコスト(相手と交渉するために必要な手間など)を下げる効果がある
  • 信頼関係が形成されておらず、相手のことを良く知らない段階では、相手に関する様々な情報を収集したり、取引きのための交渉をする手間とコストがかかる

信頼と短絡的社会意思決定

  • 短絡的意思決定とは、何かを決めなければならないときに、簡単なルールによって決めることで、複雑な論理的思考や代替案の吟味などを伴わない
  • 短絡的意思決定が、常に適切な意思決定であるならば、短絡的意思決定を多用することは、物事を遂行する効率性と効果性を高め、取引コストを削減させる
  • 相手を信頼することにより、相手の将来の行動を仮定して、短絡的な意思決定をすすめることが可能(信頼していなければ、相手が裏切る可能性を、意思決定の際に含めて考えなければならないため、より吟味に時間がかかる)