信頼と個人差

人を信頼しやすい性格、人を信頼しにくい性格

  • 人を信頼しやすい性格の者同士の関係、あるいは集団には、信頼関係が成り立ちやすくなる
  • 人を信頼しにくい性格の者同士の関係、あるいは集団では、信頼関係が成り立ちにくくなる
  • 人に対して、全体的にポジティブな印象を持ちやすい性格、逆に人に対して、常にネガティブな印象を持ちやすい性格と、信頼に関する個人差となんらかの関係がありそうである

信頼されやすい性格、信頼されにくい性格

  • 人から信頼されやすい性格の人物同士の関係、あるいは集団においては、信頼関係が成り立ちやすくなる
  • 人から信頼されにくい性格の人物同士の関係、あるいは集団においては、信頼関係が成り立ちにくくなる

信頼に関する個人差から導かれる示唆

  • 信頼は、どのようなタイプの人間の関係であっても、同じような度合いで成り立つものではない
  • 信頼関係を重要視し、信頼関係を醸成しようとする際に、個人差の考慮、個人差に基づいた人選やリクルーティングも考慮する必要がある