弱いつながりの「強さ」

今回は、社会ネットワーク理論では有名な論文である、グラノベッターのThe strength of weak tieを紹介します。弱いつながりというのは、あまり頻繁に連絡をとらない間柄とか、親友ではなくちょっとした知合いとかの意味です。彼の論文が有名である理由は、通常、弱いつながりというのは、社会構造を理解する上で、別に注目するに値しないものであるように思われますが、実は弱いつながりというものが、社会構造において非常に重要な役割を担っているのだということをエレガントに説明しているからです。

何故、弱いつながりが重要なのか。それはまず、例えばある組織におけるサブグループとサブグループを結ぶつながりがあったとすると、たいていそれは弱いつながりである、ということがあげられます。つまり、弱いつながりは、しばしば2つのサブグループをつなぐ重要な役割を担う、という点です。

どういうことかというと、サブグループのAさんと、別のサブグループのBさんになんらかのコンタクトがあることは、両グループ間の情報伝達の重要な橋渡しになっているため、「ブリッジ」と呼ばれます。もしAさんとBさんが強いつながりならば、それはブリッジである可能性は低いです。少しややこしいですが、つまりAさんとBさんが非常に仲良しで、同じサブグループに属するAさんとCさんも非常に仲良しならば、BさんとCさんも仲良しである可能性が非常に高く、もしそうでならば、AさんとBさんのつながりは、2つのサブグループをつなぐブリッジではありません。何故ならBさんとCさんのつながりがあるからです。さらにいうならば、もしAさんとBさんが非常に仲良しであるならば、Aさんの属するグループと、Bさんの属するグループは、2つのサブグループという関係ではなく、1つの大きなグループになっている可能性が高いです。

強いつながりで結ばれたサブグループは、その間しか情報が伝達しません。しかし、弱いつながりでサブグループ間が結ばれていれば、そこを通じて、情報が一気に広がっていくことが考えられます。「業界のうわさ」とかは、弱いつながりを通じて一気に業界全体に広がっていくというわけです。つまり、弱いつながりは、イノベーションの伝播などのように、情報を遠くに遠くに運んでいくのに非常に重要な役割を果たしているのです。

さらに興味深いことは、重要な情報はしばしば、弱いつながりを通じて伝わってくる、ということです。例えば仲の良い友達同士のつながりは、確かに接触頻度は高いですが、たわいもない話をしていたりして、特に重要でない情報を交換している場合が多いですが、弱いつながりの場合、そもそもあまり頻繁に連絡を取り合わない間柄が連絡を取り合うということは、それは重要な情報を伝えたいからだとも解釈できるでしょう。

彼の論文の中で紹介されている研究に、転職活動のさい、どこからの情報が決め手になったか、というのを研究した事例があり、調査の結果、親しい友人からの情報よりも、普段あまり連絡を取り合わないような知合いからの情報が決め手になる場合が多い、という結果がでました。これも、弱いつながりが実はより重要である、という一つの実証結果であります。これをさらに深めるならば、弱いつながりをたくさん持っている人(例えばちょっとした知合いが多い人)は、強いつながりしかない人(仲良しグループで常に活動している人)よりも、転職などがしやすいということも言えるでしょう。

彼の「弱いつながりの強さ」というパラドクシカルな理論を契機に、似たような理論が発展し、バートという研究者は、どうすればもっとも効果的・効率的なネットワーク作りができるか、という「ネットワーク手術(どこのつながりを切って、どこのつながりを強化すると、理想的なネットワークが構築できるというような話)」まで発展させました。彼の理論はまた後程紹介します。