九九九のホームページ


日教組先生の偏向授業


九九九 現役高校生yさんよりのメール.まず,プリントをFAXでいただきました.FAXの内容は,後日UPします.同和教育というより,偏向歴史教育といった内容で,なぜ,これが「同和教育」と結びつくんじゃーーーっといった内容です.ちなみに,この資料は今年,1999年10月に配られたものです.
 
平成11年11月30日の産経新聞(地方版)に下記に関する記事が載っておりました.yaさんに資料提供していただきました.感謝しつつこちらに載せていただきます.ただし,地域が特定されてしまう内容につきましては,伏せて掲載します.

以下に,『従軍慰安婦問題』と題されたプリントのタイトルおよび内容の抜粋を掲げておく.

 日本国民は、恒久の平和を念願し、・・・平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われわれの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、 平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しよう と努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。(省略のしかた,原文のまま:九九九)

 この平和主義を基調とする日本国憲法が制定されるまでには,「15年戦争」という,大きな犠牲を払わなければなりませんでした.日本のファシズムの狂気のもとで,多数のアジア人の血が流され,命が奪われたことを,私たちは忘れてはなりません.
 旧西ドイツ大統領ワイツゼッカーは1985年,「過去を忘れるものは未来に盲目になる」と演説し,ナチス支配を許したドイツ国民の責任の自覚を説きました.
 最近クローズアップされている「従軍慰安婦問題」は,日本の戦争責任がアジアの隣人から改めて問われている問題です.私たち日本人にとって,いまわしい過去の歴史ですが,「未来に盲目にならないためにも」,その真相を正しく学び,国際社会で通用する歴史認識と人権感覚を身につける必要があるように思います.(下線,原文のまま:九九九)

1.従軍慰安婦って何(18歳未満はクリックしてはいけません(笑))(12月23日コメント追加)
2.差別と戦争と人間(12月25日コメント追加)
3.南京大虐殺事件(12月26日コメント追加)
4.軍直営慰安所の開設(1月3日コメント追加)
5.慰安婦狩り(18歳未満はクリックしてはいけません)(1月18日コメント追加)
6.7.省略(すみません)
おわりに(2月5日)
産経新聞の記事
フォロー授業について(2月16日)
その後(4月10日)

今日はそのプリントを使った同和学習があった。
その様子を報告したいと思う。

まず最初にそのプリントが配られ、みんな黙って読んだ。
プリントを見てみると朝日新聞からの記事であることが判った。「ああ、また左よりの文章かよ」と思いつつ目を通した。見ての通り、偏った文章で
南京大虐殺やら、三光作戦やら、あったのかどうかよく判らないようなことがあたかも事実であるようにかかれている。ほんと下らないと思いました。
目を通し終わったあと一人一人感想を述べた。その感想とはこのようなものだ。

男子A「
こんなに酷いことをした日本の戦争責任を謝罪し、今からでもその罪滅ぼしをしていくべきだ。

女子B「
申し訳ないことをした。外国のみなさんにどう謝ってよいのか・・・

男子C「
なんでこんな事をしたんだ。全く当時の政府は何を考えていたんだ

女子D「・・・・・(あまりのショックに無言)」

男子E「
当時の政策は恐ろしいと思う。

女子F「
このころは女性が男性より下に見られている、今なら考えられない、それに許せない。

男子G「
こんなこと今まで知らなかった。なんで日本政府は公表しないのか、資料が少ないのをいいことに事実を認めない、日本はおかしい。

女子H「
気持ち悪い

等々、
誰一人この記事を疑う者はなかった。そしてついに僕の順番になった。本当は「こんな事実かどうかも分からないようなことを鵜呑みにするのはどうであろうか、そもそも戦争反対を訴えるのであれば、このような全体主義的な授業はすべきでないと思う。」と言いたかった。しかし、そう言えば大批判をされ、間違いなく職員室へ行くことになる、そこで仕方なく「戦争の異常性は恐ろしい。」とだけ答えた。

その後、先生がこの記事に関しての話をし(この話は割愛)、最後に感想文を書きなさいと言った。ここでチャイムが終わりを告げた。
休み時間、私は仲のよい友達を呼びだし
「今の授業をどう思う?」と訪ねた。すると「良かったんじゃないかな。」と答えるではないか、それからの会話はこうである。

私「けどあんな事は本当にあったかどうか分からないんだよ。」

友「
あったに決まってるじゃん。沢山の資料があるんだから。

私「けど、それと同じくらいなかったっていう資料もあるよ。」

友「どっちが正しいかなんて分かりきってる。」

私「そんなこというけど南京大虐殺なんか証拠がないで有名だよ。」

友「だから、それが証拠隠滅なんだって!」

私「そんなことなんで分かる?」

友「
はっきり言わせてもらうけど俺は日本が嫌いだ、俺が日本人に生まれてきたことも嫌なんだ!

私「なんで嫌い?今の授業で嫌いになった?」

友「そんなんじゃない、
あんな事ぐらい前から知っていただから嫌なんだ。日本なんて大嫌い!

これ以上、私は問いかける気にならなかった。
こりゃダメだと思ったから。
この後、感想文を書かなければいけなかったのだが、病院へ行くといって早退してきた。もう付き合ってられないと思ったから。
そしてここでこうしてメールを書いている。
しかし、明日までに感想文を提出しなければならない。まあ全体主義への皮肉をそれとなく書いて終わるつもりだけど。「あんたらのやっていることには付き合ってられない」なんて書くと後でどうなるか分からず怖いから。
みんな洗脳されてるし、教室にはジュパンスがある。最悪である。
これで今日のところは終わります。疲れてきた。
是非、返事を聞かせて下さい。まってます。

 後日感想と偏向資料の要約をUPする.正常な高校生をここまで追いつめる偏向授業の実態がある.九九九.
                   


日教組を観察する