教育出版『小学国語2上』(昭和55年)
◎ものがたり ぞうの ようすや,かかりの 人たちの 気もちを 考えながら よみましょう.

かわいそうな ぞう

土家 由岐雄


 上野の どうぶつえんは,さくらの 花ざかりです.
 風に ちる 花.お日さまに かがやいて いる 花.その 下に,どっと 人が おしよせて,どうぶつえんは こみあって います.
 さきほどから,長い はなで ラッパを ふきならし,まるたわたりの げいとうを つづけて いる ぞうの おりの 前も,うごけない ほどの 人だかりです.
 その にぎやかな 広場から,少し はなれた ところに,一つの 石の おはかが あります.気の つく 人は あまり ありませんが,どうぶつえんで しんだ どうぶつたちを おまつりした おはかです.いつも,あたたかそうに,お日さまの 光を あびて います.
 ある 日,どうぶつえんの 人が,その 石の おはかを しみじみと なでながら,わたくしに,かなしい ぞうの お話を きかせて くれました.

 今,どうぶつえんには,三頭の ぞうが います.ずっと 前にも,やはり 三頭の ぞうが いました.名前を,ジョン,トンキー,ワンリーと いいました.
 その ころ,日本は,アメリカと せんそうを して いました.せんそうが だんだん はげしく なって,東京の 町には,朝も ばんも,ばくだんが 雨のように おとされました.
 その ばくだんが,もしも,どうぶつえんに おちたら,どう なる ことでしょう.
 おりが こわされて,おそろしい どうぶつたちが 町へ あばれ出たら,たいへんな ことに なります.それで,ぐんたいの めいれいで,ライオンも,とらも,ひょうも,くまも,だいじゃも,どくやくを のませて ころしたのです.
 いよいよ,三頭の ぞうも ころされる ことに なりました.
 まず,ジョンから はじめる ことに なりました.
 ジョンは,じゃがいもが 大すきでした.ですから,どくやくを 入れた じゃがいもを,ふつうの じゃがいもに まぜて,食べさせました.けれども,りこうな ジョンは,どくやくの 入った じゃがいもを,長い はなで,口まで もって いくのですが,すぐに,ポンポンと,なげかえして しまうのです.
 しかたなく,どくやくを ちゅうしゃする ことに なりました.
 馬に つかう,とても 大きな ちゅうしゃの どうぐが したくされました.
 ところが,ぞうの 体は,たいへん かわが あつくて,太い はりは,どれも ポキポキと おれて しまうのです.しかたなく,食べるものを 一つも やらずに いますと,かわいそうに,ジョンは 十七日めに しにました.
 つづいて,トンキーと ワンリーの 番です.この 二頭は,いつも,かわいい 目を じっと みはった,心のやさしい ぞうでした.
 わたしたちは,この 二頭を なんとか して たすけたいので,遠い 仙台の どうぶつえんへ おくろうと 考えました.
 けれども,仙台にも ばくだんが おとされて,町に ぞうが あばれ出たら,どう なる ことでしょう.そこで,やはり,上野の どうぶつえんで ころす ことに なりました.
 毎日,えさを やらない 日が つづきました.トンキーも,ワンリーも,だんだん やせほそって,元気が なくなって いきました.
 そのうちに,げっそりと やせこけた かおに,あの 小さな 目が,ゴムまりのように,ぐっと とび出して きました.耳ばかりが 大きく 見える,かなしい すがたに かわりました.
 今まで,どの ぞうも,自分の 子どものように かわいがって きた ぞうがかりの 人は,
「ああ,かわいそうに.かわいそうに.」
と,おりの 前を 行ったり きたり して,うろうろするばかりでした.
 ある 日,トンキーと ワンリーが,ひょろひょろと体を おこして,ぞうがかりの 前に すすみ出て きました.
 おたがいに,ぐったりとした 体を せなかで もたれあって,げいとうを はじめたのです.
 後ろ足で 立ち上がりました.前足を 上げて おりまげました.はなを 高く 高く 上げて,ばんざいを しました.
 しなびきった 体じゅうの 力を ふりしぼって,よろけながら いっしょうけんめいです.げいとうを すれば,もとのように えさが もらえると おもったのでしょう.
 ぞうがかりの 人は,もう がまん できません.
「ああ,ワンリーや.トンキーや.」
と,なき声を あげて,えさの ある こやへ とびこみました.走って,水を はこんで きました.えさを かかえて きて,ぞうの 足もとへ ぶちまけました.
「さあ,食べろ,食べろ.のんで くれ,のんで おくれ.」
と,ぞうの 足に だきすがりました.
 わたしたちは,みんな だまって,見ない ふりを して いました.
 えんちょうさんも くちびるを かみしめて,じっと,つくえの 上ばかり 見つめて いました.
 ぞうに えさを やっては いけないのです.水を のませては ならないのです.けれども,こうして,1日でも 長く 生かして おけば,せんそうも おわって,たすかるのでは ないかと どの 人も 心の 中で,かみさまに いのって いました.
 けれども,トンキーも,ワンリーも,ついに うごけなくなって しまいました.じっと 体を よこに した まま,ますます うつくしく すんで くる 目で,どうぶつえんの 空に ながれる 雲を 見つめて いるのが,やっとでした.
 こう なると,ぞうがかりの 人は,もう むねが はりさけるほど つらく なって,ぞうを 見に 行く 元気が ありません.ほかの 人たちも,くるしく なって,ぞうの おりから 遠く はなれて いました.
 ついに,ワンリーも トンキーも しにました.どちらも,てつの おりに もたれ,はなを 長く のばして,ばんざいの げいとうを した まま,しんで しまいました.
「ぞうが しんだあ.ぞうが しんだあ.」
ぞうがかりの 人が さけびながら,じむしょに とびこんで きました.げんこつで つくえを たたいて,なきふしました.
 わたしたちは,ぞうの おりに かけつけました.どっと おりの 中へ ころがりこんで,やせた ぞうの 体に すがりつきました.ぞうの 頭を ゆすぶりました.足を,はなを なで回しました.
 みんな,おいおいと 声を あげて,なきだしました.その 上を,またも ばくだんを つんだ てきの ひこうきが,ごうごうと 東京の 空に せめよせて きました.
 どの 人も,ぞうに だきついた まま,
「せんそうを やめろ.」
「せんそうを やめて くれ.やめて くれえ.」
と,心の 中で さけびました.
 あとで しらべますと,たらいぐらいも ある 大きな いぶくろには,ひとしずくの 水さえも 入って いなかったのです.
 その 三頭の ぞうも,今は,この おはかの 下に しずかに ねむって いるのです.

 どうぶつえんの 人は,目を うるませて,話しおわりました.そして,ふぶきのように,さくらの 花びらが ちりかかって くる 石の おはかを,じっと 見つめて なでて いました.

てびき
○ つぎの とき,どうぶつえんの 人たちは,どんな 気もちだったでしょう.
(1)トンキーと ワンリーが,よろけながら げいとうを はじめた とき.
(2)ぞうがかりの 人が えさを やるのを,見て 見ない ふりを して いた とき.
(3)ついに,ワンリーも トンキーも しんで しまった とき.
(4)ばくだんを つんだ てきの ひこうきを 見上げた とき.
※ 『かわいそうな ぞう』は,本当に あった できごとを もとに して 書かれた お話です.


関連記事

【紙上追体験 あの戦争】(90) 戦争は動物たちにも非情
上野動物園のライオン処分 「戦意高揚目的」と説明 市民団体の戦争展


引用集