■三重タイムズ5月19日号1面トップ記事

●不明確な久保教授解任理由
問題多い勝田鈴鹿国際大学長の言い分
「慎重さ欠く」発言なし 人権センター批判は正当な提言


 月刊誌「諸君!」6月号に、鈴鹿国際大学の勝田吉太郎学長が「大学の名誉のために一言」と題して執筆。久保憲一教授問題に言及した。1月17日付で、久保教授の教授職解任を行って以来、大学側は沈黙を守り続けてきた。津地方裁判所での審尋においては、久保教授側の主張に満足な反論さえ出来ないでいるという。本紙では「諸君!」での勝田学長の言い分にあまりにも問題点が多く、このまま見過ごすことは、久保教授の名誉と本紙の社会的信用を危うくすると判断。改めて、久保教授問題の検証を行った。(編集長・北本 豊)。

 学校法人享栄学園(名古屋市・堀敬文理事長)は1月17日付で、久保憲一鈴鹿国際大学教授の教授職を解任し、学園本部付事務職員とした。
 その理由としては、「平成11年11月5日の三重タイムズ紙面で、鈴鹿国際大学教授の肩書において行った発言。これまでの講義方法等(東条英機に関する映画の鑑賞を強要するかのような指導等)。公的機関である三重県人権センターに対する誹謗ともとられかねない発言などが、学園の名誉と品位を害し、生徒・学生の募集に悪影響を及ぼし、関係諸機関との信頼関係を著しく失墜させるものであった」としている。
 今回「諸君!」6月号の中で、勝田学長はこれまでも「久保先生を庇ってきた」という。口さがない連中の「久保先生は右寄りすぎる。大東亜戦争聖戦論者だ」などの噂も耳にしたが、「あえて久保先生を庇ってきた」という。
 そして、「ついに久保先生を庇いきれない事態が発生した。それが三重タイムズに載ったインタビュー記事である。三重県立の人権センター批判の一文がどうみても、人権同和問題の重要性に関して鈍感かつ著しく慎重さを欠いたものと映じたからである」と述べている。
 さらに、「教授会は久保教授の学問・思想を裁くのでは断じてない。ただ、同氏の人権問題に対する慎重さを欠いた言辞が惹起(じゃっき)すべき結果に、同氏は責任を感じて貰いたい」としている。
 勝田学長が「庇いきれない」とした、人権センターについての久保教授発言(本紙11年11月5日号のインタビュー記事)は次の通り。
「市民活動家の山野世志満さんらと行きましたが、想像以上にひどいものでした。人権センターといってもほとんどが部落問題で占められている。あとの2割ほどが反日、自虐史ですね。どういう子どもや日本人を育てようとしているのかと疑問を感じるような施設です。このセンターで真面目に勉強する子どもがいたら、将来が本当に心配になります。このような施設を公費で建設したこと自体疑問ですね」。
 勝田学長は久保教授のこの発言を「人権問題に対する慎重さを欠いた」ものだとし、
「折しも近隣の高校(複数)でここ1、2年の間に教員の差別発言がひきがねとなり、少なからぬ混乱が発生していた。どうして久保先生はこういう状況のなかでこんな発言をしたのか。同僚の大半が困惑したのも自然の成り行きというもの」としている。
 しかし「諸君!」に掲載された勝田学長の主張には、いくつかの見過ごせない重要な問題がある。
 先ず久保教授解任の理由について、勝田学長は、久保教授が三重県人権センターを批判し「庇いきれなくなった」からだとしている。その中で、「人権問題に対する慎重さを欠いた言辞が惹起すべき結果に、同氏は責任を感じて貰いたい」としているが、具体的になにに対して「責任」を感じて貰いたいというのか、明かではない。
 久保教授の発言(人権センター批判)に対して、本紙には“激励”や“賛同”の声は寄せられたが、抗議や苦情はまったくなかった。久保教授にも抗議などはなかった。
 つまり社会的にはなんの問題やトラブルも起こらなかったという事実がある。
「近隣高校の教員の差別発言で混乱が発生していた。こういう状況のなかで、どうしてこんな発言をしたのか。同僚の大半が困惑した」と勝田学長は、久保教授を責めるかのように論じている。
 本紙には「同僚の大半が困惑した」という情報は伝わっていないが、困惑したのであれば、具体的にどのように困惑したのか。困惑するような圧力でもあったのか。明確に指摘すべきだと思う。
 久保教授は、どこかの高校の教員のように差別発言をしたのではなく、県立の人権センターのあり方について客観的に問題を提起したわけで、勝田学長の主張(こういう状況でこんな発言・・・)は、人権センターの問題をタブー視するものといえる。もっというなら、どういう状況なら勝田学長は人権センター批判を認めるというのか。
 久保教授は人権センターの問題について、これまで平成11年8月と11月の2回、関係者数人と人権センターを訪れ、馬場所長らと話し合っている。久保教授の人権センター批判は、勝田学長が問題とした「本紙インタビュー」が初めてではない。
 本紙8月20日号で久保教授(当時は助教授)は、「人権センターになっていない。実態は同和解放センターだ。もっと人権全般についての啓発をしてほしい」「戦争の扱いが偏向している。蔵書や展示に日本軍や日本人の加害ばかりが目立つ。日本人が受けた被害についてまったく触れられていない。戦争は最大の人権侵害であり、一方が絶対に正しく、一方が悪いというものではない。事実は事実としてバランスの取れた啓発をしてほしい」と要望している。
 これに対して馬場所長は「人権センターは誕生してまだ3年目だ。これまでの長い同和行政の流れがある。そのため同和関係の図書やビデオなどが多い。今後、内容を整理するなかで検討したい」などとコメントした。
 同12月3日号では、主に反日自虐史観に基づく展示などが話し合われ、久保教授は「バランスをとってほしい。明らかに間違っている資料や写真、展示内容は撤去してほしい。必要以上に自虐的なものはセンターとしても考えてほしい」などと語った。
 久保教授の発言の論旨が一貫していることは、これで明らかだといえる。それとも勝田学長は久保教授の“思想・信条”をこれまで知らなかったというのか。
 勝田学長は「(教員適格性審査委員会は)むろん、三重県の人権センターのありのままの姿をも観察した。人権センターについての評論は必ずしも事実と合致しない。随分荒っぽいセンター批判であるという指摘も出た」と書いている。
 勝田学長は久保教授が行った人権センター批判で、「事実と合致」しない部分があるという。事実でない部分があるのなら、具体的に指摘すべきだと思う。 久保教授の身分について、勝田学長は「給与は払っている。いわんや解雇したりしたわけではない」と言い切っているが、このような認識はどこから出てくるのか。本紙4月14日号に掲載したように、享栄学園側は久保教授側の反論を受けて、2度にわたって辞令を撤回している。
 現在、久保教授は教授職に復帰しているが、それまでは教授職を解任され、学園本部付事務職員になったり、事務職員兼教授などの辞令が出されていた。
 教授を辞めて事務職員になれということは、法律論の以前の問題として、どれだけ久保教授のプライドを傷つけ、精神をズタズタにしたか。勝田学長は「給与は払っている。解雇してない」という前に、なぜ久保教授を解任したのか。真の理由を述べるべきだと思う。
 現在、津地方裁判所で審尋(非公開)が行われている。久保教授側は、教授に戻してなぜ講義や教授会への出席を認めないのか、と享栄学園や大学側に反論しているという。
 久保教授は教授職を解任されるまでの勝田学長や大学当局、享栄学園側とのやり取りを録音テープやメモで残している。本裁判になればこれらが証拠として公開されることは間違いない。真相はいずれ明らかにされる。


■三重タイムズ5月19日号4面記事「読者の声」

●正直な学者はイジメられる
 日本には昔から騙したり嘘をついたりする動物に、タヌキとキツネがいる。今回の久保教授の事件は、その双方から騙されイジメられている感を抱かせる。つまり一方では、立場的に権威をもって堂々と解任したことであり、もう一方ではその背後でずる賢く圧力をかけ、自分達の非を隠し世間を騙していることである。
 「正直者はバカを見る」という言葉は、無力な庶民に対する哀歌のはずであるが、いまは「正直な学者は、イジメられる」時代なのか。いやはや世の中も変わったものだ。 東京都

●三重県の偏向教育明らかに
 「諸君!」6月号に載せられた勝田吉太郎鈴鹿国際大学学長の文章は、大学人としての矜持をかなぐり捨てて、新設間もない大学経営を守ろうと苦渋に満ちたものと拝察しました。三重県の偏向教育を進めてきた行政と三教組の恐るべき実態を逆に勝田先生は明らかにされました。
 明治15年以来、「皇国の道義を講じ、皇国の文学を修める―」ことをもって建学の精神としてきた皇學館大学ですら、松浦先生や新田先生の言論活動に対し、陰湿な介入があると聞いています。神宮皇學館時代から優れた教育者を輩出し、学風を慕ってこの大学に学んだ人も多いと思います。いまこそ三重県の教育界のために言挙げすべきではないかと思います。久保先生、松浦先生、新田先生ばかりを働かしてはいけません。 神戸市

■三重タイムズ5月12日号4面記事「読者の声」

●久保教授の姿勢を支持
 鈴鹿国際大学の久保憲一先生の件はこれまで内容がよく分かりませんでしたが、月刊「正論」はじめ、幾つかの論文で漸く理解が出来ました。まことに不可解極まる言論弾圧事件ですが、それ以上に国家解体を目論む反日勢力の陰湿な策謀だと思います。
 久保先生の断固たる姿勢を全面的に支持いたします。私の名前をご自由にお使い頂いて結構です。ご健闘をお祈り申し上げます。拓殖大学総長 小田村四郎

●改善必要な三重の公教育
 毎週楽しみに三重タイムズの記事を拝読させて頂いています。特に三重県の反日自虐史観に基づいた公教育は正す必要があります。子どもたちが一番尊敬し、誇りに思っている父母や祖父母を侵略者だ、殺戮者だ、恥さらしだと、公教育の場で洗脳していく。そして子どもたちは心に大きな傷を受けたまま成長していきます。
 いま子どもたちや青少年に悪影響が出てきています。自分を大切に出来ない人間が、どうして他人を大切に出来るでしょう。先人たちの否定は自分自身の否定にほかなりません。父母を愛し、故郷や祖国の文化・歴史を誇ることは、人としてごく当然なことだと思います。
 日教組主導の公教育は日本民族としてのアイデンティティを喪失させ、民族精神を踏みにじるものだと思います。このような異常事態を改善しようと、訴えられている貴社の信念ある報道精神に心より感謝します。また貴社の「市民文化大学」は、自虐史観の呪縛から私たちを解放してくれるものと感謝しています。 津市 (学生)

九九九より:Sさんいつもありがとうございます.今日(5月21日)の伊勢新聞朝刊に,高校中退者の増加に関する記事が載っていました.記事では,高校で縛りすぎるのが悪いように書かれていましたが,原因はそんなところにあるのではありません.駅にたむろしている高校生の,だらしない格好を見れば,高校でいかに「縛りつけていないか」わかると思います.子どもたちは,ピアスをして,ミニスカ,ガングロで,(これは,テレビの影響か?)「私たちは学校に縛り付けられている」と主張しているのです.
 そう.自由に,自分のやりたいように,行動していてなお,「縛り付けられている」という不満を持っているのです.もはや,「あなた達は不自由だ」「不自由だ」と誰かが頭の中に刷り込んでいるとしか言いようがありません.さて,誰が刷り込んだのでしょうか.
 もっとも,高校中退増加の原因の一つが日教組教育であることは間違いのない事実ですが,それがすべてというわけではありません.たくさんの原因の複合作用だと思います.


もどる