日の丸を元にしたパラオの国旗


 ここで私は,右のような問題意識から,日本の教育者に一つの提案をしてみたい.それは,ちょっと切り口を変えた「日の丸指導」の方法の提案である.
 最近私は,上着の内ポケットに小さな旗をしのばせていることが多い.その旗とは,太平洋に浮かぶ小さな島国であるパラオ共和国の国旗である.2年前,パラオを訪問したとき,空港のお土産やさんで買い求めたものだ.その旗というのが,日の丸にそっくりなのだ.ただし,日の丸と違って,真ん中のまあるいところは,太陽ではなく満月である.周囲は白地ではなく,青い海の色になっている.
 パラオの国旗は,どうして日の丸とデザインが似ているのか.それには深いわけがある.パラオはドイツの植民地だったが,第一次大戦下,この地域の戦争でドイツに勝った日本は,戦後,国際連盟からパラオを含むミクロネシア地域を委任統治することを求められた.日本はたくさんの移民をこの地に送り,産業,教育,文化の発展に大きな功績を残した.第二次世界大戦後,この地域を占領したアメリカは,日本文化の影響を徹底的に破壊した.南洋神社は取りつぶされた.校庭の二宮金次郎の銅像は引きずり降ろされた.
 しかし,パラオ人は,心の中では勤勉の精神を教えてくれた日本人を敬い,日本統治時代を懐かしんでいる.その証拠にパラオ人の8割は,その姓名のどちらかに,日本式の名前を付けているといわれる.私がお目にかかったれっきとしたパラオ人の上院議員のなかに,ウメタロウさんという方がいる.私は最初,この名前を,姓名の「名」のほう,つまりファースト・ネームだろうと思っていた.実際は,この方はスティーブ・ウメタロウさんという.ウメタロウは,この方の「姓」だったのである.おそらく,身近にウメタロウという名前の尊敬すべき日本人がいたに違いない.
 1994年,パラオはアメリカから独立した.独立にあたり国旗を制定することになり,国民の間から一般公募した結果,日の丸をもじった今のデザインに決まったというわけである.ただし,パラオの国旗の満月は,日の丸の旗の太陽とは違って,中心から少しズレている.日本に失礼だからと,わざと中心をはずしたのだそうだ.これはパラオの人たちの慎み深い態度をよく表している.
 パラオの国旗は,日の丸は侵略のシンボルなどではないこと,かつて日本の統治下にあった国で,日本の日の丸を模した国旗がつくられるほど,戦前の日本と日本人はアジアの人たちから尊敬されていたことを教える実物教材である.
 私の話を聞いて下さった山口県のある県議の方から,パラオの旗を入手したいというご希望が寄せられた.これをヒントに得て,私たち自由主義史観研究会では,パラオの国旗を普及する活動に取り組むことにした.パラオ大使館のご協力を得て,次の要領でおわけするので,関心のある方はお申し込みいただきたい.

九九九注:自由主義史観研究会の住所と電話番号が書いてあるが,省略する.


引用集にもどる もどる