総会宣言・・・組合活動にご理解を

組合員様


MKさんより:これは「教育を正す掲示板」で投稿されていたものです。何のつもりか(単なるいたずらでどこかのHPからコピーしてきたのかも知れないので)わかりませんが、余りにも現実認識のなさと知性の低さが感じられる宣言文なので思わず送ってしまいました。
 あえて論評いたしませんので、どうぞ、遊んじゃってください。

総会宣言

 先月、自民党主導の連立政権は、自らの経済政策への国民の不満と失態を繰り返す森首相の下では、7月の参議院選挙を闘えないと見るや、国民の目を欺くため、森を切り捨て、小泉を政権の座に据えた。経済不況や生活不安にあえぐ国民に対して、変革を強力にアピールする小泉内閣は、今のところ、国民から高い支持を得てはいる。
 しかし、いくら目先を変えてみたところで、この内閣が自民党を中心とする連立政権であることに変わりはなく、社会経済政策において、真に国民が望む改革を行うことはできないであろう。
 また、小泉首相は、靖国神社公式参拝や集団的自衛権の行使を公言してはばからないなど、その言動からは、民主主義や平和主義を踏みにじらんとする、非常に反動的な政治姿勢が伺われる。この政権が、7月の参議院選挙に勝利することになれば、憲法や教育基本法の改悪をもさらに強引に推し進めてくることであろう。今後、私たちは、この政権の動向を注視し、その政治反動と厳しく対峙していかなければならない。
 子どもたちは、今、「いじめ」や「不登校」などに苦しんでいる。こうした問題の大きな要因をなしているのは、これまでの文部行政によってもたらされた受験体制とそれに伴う過度の画一的・競争的価値観である。私たちは、「いじめ」や「不登校」などを緊急教育課題として、その解決に向けて全力で取り組まねばならない。そのためにも「競争」から「共生」へ向けた教育の転換と学校五日制を見越した取り組み、現場の「多忙化解消」の取り組みを早急に進めなければならない。ゆとりをもって子どもたちとふれあう中で、子どもたちの生きる力と個性を伸長させ、「教育改革」をさらに前進させていかなければならない。
 私たちを取り巻く状況は年々厳しさを増してきている。だからこそ、一人でも多くの仲間を増やし、闘う体制を作りあげていかなければならない。そして、より粘り強くしたたかに闘わねばならない。
 平和と民主主義を守り、政治の反動化、軍国主義に反対すると共に、さらに政治の革新をも勝ち取らなければならない。そのためにも、7月の参議院選挙において組織内候補である「○○○○」と「○○○○」の必勝を期さなければならない。
 私たちは、さらに団結し、徹底して闘い抜くことをここに宣言する。

二〇〇一年 五月 ○日
  二〇〇一年度○教組○○支部定期総会

九九九より:モロ,選挙運動ですね.これは.ただし,これを読んでおられる方に注意していただきたいのは,日教組や全教の総会はこれが普通です.いいですか.これが普通なんです.この文を提供されて方は,本当に総会に出かけてきて,この文を入手されたのだと思います.
 このあと,拳を突き上げ,シュプレッヒコールか何かを全体で言って,総会は終了します.
 この投稿をされた方に是非是非お願い.組合の会計決算報告を入手してほしい.


以前のMKさんからのメール
引用集にもどる