生徒の就職悩んで?
 松阪商高の校長自殺

平成12年12月16日 東京朝刊


 15日午前7時20分ごろ、三重県伊勢市二俣、県立松阪商業高校校長、永井久男さん(60)が、自宅庭の植木で電気コードを巻き首をつって死亡しているのを妻(57)が見つけた。

 伊勢署によると、遺書はなかったという。3年生の生徒274人のうち10人以上の就職が決まっておらず、「不況で進路が思わしくない」と悩んでいる様子だったという。

九九九:確かに,変な記事である.10人程度の就職が決まらず,校長が自殺したら全国で,何人自殺していることやら・・・続きはこちら.


 もどる