E-listBBSSearchRankingWallStreetGo to Top

Profile


富崎 隆

Takashi Tomisaki

       photo by 松本一男

駒澤大学法学部 助教授

      
       生年: 1965年

      
       学歴:  平成元年3月 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
            平成3年3月 慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程修了(法学修士)
        平成7年3月 慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了

      
    職歴:  平成2年4月〜平成4年3月 洗足学園短期大学非常勤講師(米英史)
         平成4年4月〜平成7年3月 常盤大学非常勤講師
                                    (政治過程論、政治組織論、社会調査実習、外書講読)
     平成4年4月〜平成6年3月 日本学術振興会・特別研究員
                               (現代イギリス政治の計量政治学的研究)
     平成5年4月〜平成8年3月 杏林大学非常勤講師(政治学)
     平成6年4月〜平成12年4月 清和大学法学部専任講師
  (政治学入門、政治学、比較政治、政治過程論、基礎演習、研究会)
     平成7年4月〜平成8年3月 神田外語大学外国語学部非常勤講師
                               (英国研究入門、英国史)
     平成7年4月〜平成9年3月 慶應義塾大学通信教育学部非常勤講師(政治学)
     平成8年4月〜平成10年3月 慶應義塾大学法学部非常勤講師(政治学、政治学演習)
     平成8年4月〜平成16年3月 慶応義塾大学理工学部非常勤講師(世界の政治)
     平成9年4月〜平成10年3月 慶応義塾大学法学部非常勤講師(法学情報処理3,4)
      平成12年4月〜平成14年3月 清和大学法学部助教授

                      (政治学入門、政治学、比較政治、政治過程論、基礎演習、研究会)
      平成12年4月〜平成13年3月 神田外語大学外国語学部非常勤講師
                                (英国研究入門、英国史)  
     平成13年4月〜平成15年3月  慶應義塾大学法学部非常勤講師
                                (政治学、政治学演習)
     平成14年4月〜           駒澤大学法学部助教授
                                (政治学、数量政治学、政治心理学、演習、基礎演習、外書講読)
   平成15年4月〜平成15年9月 慶応義塾大学総合政策学部非常勤講師(公共政策B)
     平成15年4月〜平成16年3月 慶応義塾大学法学部非常勤講師(法学情報処理5,6)

      

    所属学会等
        日本政治学会 日本公共選択学会 日本選挙学会 日本比較政治学会 
            American Potifical Science Association

      
    専攻(専門分野):
        数理・計量政治学、政治心理学、比較政治学、現代英国政治研究

      
    著作:
       『政治過程の計量分析』 (共著 小林良彰編著 平成3年11月 芦書房)
    第7章「政治的景気循環の計量分析
     ―イギリスにおける政治的景気循環理論の実証―」                   を担当
        『選挙制度と政治改革』 (共著 堀江湛編著  平成5年9月 芦書房)
         第8章「政党による政治資金の肩代わり
        ―イギリスにおける政治資金の浄化・抑制と民主主義のコスト―」      を担当
        『連立政権の政治学』 
              (共著 堀江湛・政治改革コロキアム編著 平成6年8月 PHP研究所)
         第3章「連立政権の安定性」
         第4章「2大政党による政権交代イギリス」                           を担当
      『国会改革の政治学』  (共著 堀江湛・笠原英彦編著 平成7年6月 PHP研究所)
   第2章「議会における立法過程の制度と実態の比較」                  を担当
      『現代政党の理論』   (共著 白鳥令・砂田一郎編著 平成8年5月 東海大学出版会)
   第3章「政党と政治資金」                           を担当
      『比較政治学と国際政治―現代の政治学3―』(共著 堀江湛編著 平成10年4月 北樹出版)
        「現代のデモクラシーと自由民主主義体制」
        「イギリスの議院内閣制と政党」
        「イギリスの選挙と投票行動」                                  を担当
      『民意・政党・選挙』
         (共著 飯塚繁太郎・片岡寛光・阪上順夫・富田信男編 平成10年11月 新評論)
       第5章「イギリスにおける新しい政党システム
                    ―多数決型デモクラシー下の”ソフト二大政党制”―」    を担当
        『国家のゆくえ―21世紀世界の座標軸―』
           (共著 青木一能・大谷博愛・中邨章編著 平成13年9月 芦書房)
             第1章 「国家の発生と産業化・民主化」を担当                       を担当
    『西欧比較政治』
        (共著 加藤秀治郎編 平成14年10月 一藝社) 
       第1部 西欧各国とEUの政治 第2章「イギリス」
       第2部 西欧政治の基礎    第12章「第三の道」を担当
        『政治学・行政学の基礎知識』
                (共著 堀江 湛編 平成16年4月 一藝社)
        『政治社会学』
                (共著 加藤秀治郎・岩渕美克編 平成16年5月 一藝社)
      
    学術論文など:
        「政治的景気循環の理論と実証―イギリスにおける政治的波乗りを中心に―」

        平成3年3月受理 (慶應義塾大学大学院・修士論文、未発)
  「英国における政治資金浄化・抑制の歴史―試論的モデル化の試み―」
    平成4年5月  『法政論叢』第28巻
  「政治的景気循環理論の系譜―80年代の新理論を中心に―」
    平成6年9月  『清和法学研究』開学記念第1号
 「政治的景気循環の議院内閣制モデル―政府支持の波乗りモデルの提唱―」(研究報告)
    平成5年12月 『公共選択の研究』第22号
 「イギリスの議会と政党制―2大政党制下における議会の機能―」
        平成10年4月   『世界と議会』 第414号
 「中・長期的視点からみたイギリスにおける投票行動―階級・イデオロギー・業績評価―」
        平成11年2月  『選挙研究』 第14号
 「自由民主主義体制の比較枠組み―"多数決型 vs.合意型デモクラシー"比較を中心として―」
        平成11年6月    『清和法学研究』 第6巻1号
 「民主政の型と司法システム」
        平成12年3月    『清和法学研究』 第6巻2号
 「ブレア労働党と社民主義の'第3の道'」

       平成14年10月    『海外事情』 第50巻10号 
 「2001年イギリス総選挙における投票行動―Second Landslideの要因―」

       平成15年2月   『選挙研究』 第18号 
 
    学会報告など:
       「英国における政治資金浄化の歴史」
           単独 平成3年5月 日本法政学会
    「政治的景気循環の議院内閣制モデル―政府支持の波乗りモデルの提唱―」
        単独 平成5年3月 公共選択研究会
    「時系列分析による政治的景気循環の実証分析」
        単独 平成5年5月 日本選挙学会 
    「スペクトル解析について―政治学への応用の可能性―」
        単独 平成7年5月 日本選挙学会
    「英国における資金と得票の関係変化に関する実証分析―政治資金抑制の要因―」
        単独 平成7年6月 慶應法学会
    「シンポジウム・日本政治の公共選択」
        基調報告担当 平成7年6月 公共選択研究会
    「英国における政治的景気循環の時系列分析」
        単独 平成9年9月 日本行動計量学会
    「英国における”政党―社会”関係の変容」
        単独 平成9年10月 日本政治学会
    「自由民主主義体制における政治・行政・司法システムの比較枠組み
       ―“英米法・大陸法”の違いは“民主政の型”と連動しているのか?―」
        単独 平成11年12月 日本法政学会
    「政治的景気循環の比較制度分析―OECD18ヶ国比較―」
           単独 平成12年5月 日本公共選択学会
    「'第3の道'の比較研究―理念・政策・有権者意識―」
             (報告者;住沢博紀・谷藤悦史・池谷知明)
            討論者担当 平成12年10月 日本政治学会
    「争点投票の3つのモデル―'近接性モデル''方向性モデル''統合モデル'の比較分析―」
             (報告者;鬼塚尚子)
            討論者担当 平成13年7月 日本公共選択学会
    「欧米の政党と選挙(比較部会2)」
             (報告者;秋本富雄・前嶋和弘・渡辺容一郎)
            討論者担当 平成14年5月 日本選挙学会
    「高度情報化社会の政策体系と政党のあり方」
             (報告者;木村公勅)
            討論者担当 平成14年7月 日本公共選択学会
  「イギリス2001年下院選挙における投票行動」

         単独 平成15年5月 日本選挙学会
    「議席の世襲と地域財政」
             (報告者;鬼塚尚子)
            討論者担当 平成15年7月 日本公共選択学会

      
    翻訳:
    H.E.Alexander and Rei Shiratori, Comparative Political Finance Among Democracies (Westview,1994)
    共訳;岩崎正洋他訳、『民主主義のコスト―政治資金の国際比較―』(新評論、平成7年11月)

      
    書評:
         井堀利宏・土居丈朗『日本政治の経済分析』 
            (『公共選択の研究』 第31号 平成10年)      

      
 
  時事評論など:
    「ブレア労働党の新しい中道路線―イギリスの新生労働党は保守党ライトか?―」
             平成10年8月  『改革者』 第457号   
     「正念場の民主党―代表選後の課題―」

         平成14年11月  『改革者』 第508号
     「イギリス労働党における改革の理念―'第3の道'理念の可能性と限界―」
         平成15年5月  『改革者』 第514号 
      
  
  担当科目:政治学、数量政治学、政治心理学、演習、基礎演習、外書講読