なおちゃんの雑記帳


	

2007.3.11.(日)
久しぶりの更新になります。あまり更新せずに放っておくと削除されそうなので。。。 昨年3月〜今年2月までを纏めると、けっこう実りが多かった気がします。 特にここ暫くは、石油の鞘があまり動かず、その代わり穀物の鞘が動くので久しぶりに 穀物メインのポジションを取ったりしております。かつては順鞘縮小狙いが主体でしたが、 2005年くらいからはファンドが東京市場で大きなポジションを取るようになってきた為、 最近は期先買い期中売り、というポジションを多めに取るようになっています。 2006.3.11.(土)
久しぶりの更新になります。12月は凄かった。久々に見た期近主導の爆上げ。かつては ガソリンの5月や大豆でよく見られた極端な逆鞘ですが、灯油がここまで逆鞘になるとは。 半信半疑な気分で灯油買いガソ売り、灯油期近買い期中売りをけっこう仕掛け、過去最大の 利益を計上しました。しかしながら全部途中で降りてしまいました。例えばガソ2月売り 灯油2月買いは12/2に5630円でエントリーして12/7に8230円で降り、12/14に8380円で 再エントリーして12/16に10500円で降り、そこからのキチガイ拡大は見ているだけでした。 でも5000円幅取れたので、これだけでたった2組で100万円ゲットできて嬉しかった。 年明けには当限、2番限はさておき、3番限以降の灯油は緩むであろうと思い、12月の 最後の最後にガソ買い灯油売りを大量に仕込んで年を越しましたが、年明け二日間で いきなり100万円吹き飛ばす羽目に....というわけで1月前半はずーっとマイナスでしたが、 最終的にはこのマイナスは取り戻して浮いて終われた。2月も無事に浮いて終わった。 2月は休みを取って福岡経由、石垣島経由で、西表島にいった。沖縄に行くのは何度目か、 たぶん3回目か4回目だと思うけど、何度行ってもよいところだと思う。 しかし最近の鞘は過去のレンジだけを根拠に張ると死んでしまうね。しかし「過去の レンジを根拠に張っている人が踏んだり投げたりするポイント」までは順張りで狙えば けっこうな値幅が取れるのかもしれない。かつてはひたすら逆張りで仕込んでいたが、 最近は追っかけで玉を入れたりするようになった。しかしその結果12月末に仕込んで 年明けの振り落としでヤラレてしまったのだが。(ガソ灯油の鞘は、年末にガソ買い 灯油売りの流れになったと思ったが、年明けにいきなり急激に2000円ほど縮んだため ここで半分損切りを余儀なくされた。沢山仕込んであったため。本来は仕込みチャンス だったんだよなあ。何度チャートを見てもくやしい。すげえ損した気分になる) そういえば海外取引を再開しました。今は小麦とコーンの異銘柄・鞘トラレ中....(涙) 2005.12.4.(日)
11/20の時点で11月は実質マイナス200万と書きましたが、灯油買いガソ売りと灯油異限月が うまく行って僅か7営業日で損が約170万減って結局マイナス37万円で済みました。よくぞ ここまで損を減らせたもんだ。超ラッキー!!最近、売買が荒くなってしまったなあ。 うまく行ったからいいようなものの、逆に行くと大変なことになっていたんだろうね。 注目は灯油とガソリンの期近。JOF価格はTOCOMの当限を超えてしまったので、まだしばらくは 灯油期近は強そうな感じがする。金曜日に灯油2月3月買い、ガソ2月3月売りを今更ながら 仕込み直した。2月の鞘は広がりすぎみたいな気がするのだけど、ファンダメンタル的には、 このように張るのが有利そうな感じがする。500円でもいいのでサクっと利食いたいな。 久しぶりにコーヒーを仕込んである。アラビカ売りロブスタ買いを11組。アラビカが崩れて きたのを確認してから仕込んだので仕掛けコストは悪いのだが、逆張りで仕込むというスタイル よりは実は安全なのかもしれないなあ、と最近ちょっと思うようになった。NYコーヒーと ロンドンコーヒーのチャートを見るとロンドンのほうが形が良い(若干上昇トレンド)ので、 東京市場でも1000円以上抜けるんじゃないかと期待してる。しかし多分来週早々に利食う予定。 2005.11.20.(日)
久しぶりの更新になります。8月は苦労したが確定利益22万で終わりました。多少の値洗い損を 9月に持ち越し、9月はマイナス24万でした。10月はクラックの損切りでマイナス40万。 11月は現時点でクラックの損切りで確定損マイナス128万ですが値洗い真っ赤玉が残って いるので実質マイナス200万強と言ったところです。最近は先物探花に日記みたいなものを 書いているので更新が面倒くさくなってこちらは放置状態でした。10月下旬〜11月頭にかけての クラックスプレッドの大縮小局面で拡大に大きく張り、資金的にかなりの重傷を負いました。 1〜7月くらいまで調子良く400万くらい浮いていたので、その利益を最大許容損失と考え、 バカスカと逆張りナンピン攻撃を仕掛けたのですが、思ったより押しが深く、利益の大半を失い ました。1000万勝とうとして逆張り攻撃をかけたのが愚かだったようですが、まあ、仕方ない。 自分の未熟さを思い知らされたという感じ。つい2ヶ月前には税金の心配をしていたのにねえ。 ずいぶん高い授業料になりましたが、命には別状ないので、淡々と取り戻すだけだな。あーあ... 新車買えたなあ、と何度も思ってしまうが、仮に買っても新車は買わないんだけどね。 大きく負けたときは物に換算して落ち込んだり給与所得何か月分失ったとか考えてしまう。 2005.8.8.(月)
今日はそろばんの日らしいです。なぜかというと「パチ、パチ」ということらしい。 7月は最終週にクラック拡大とガソリン売り灯油買いをほとんど利食って、けっきょく、 給与所得以上は取れてヨカッタ、という感じ。8月に入ってからは相変わらずクラック 拡大をしぶとく狙っていたんだが買った限月が最も割安そうな中部ガソリン中限だった為、 クラックはなかなか拡大しないので嫌になって半分くらい損切った。ガソリンの順鞘縮小 狙いも仕込みが早すぎ、4組仕込んで2組損切って、今日再度仕込んで現在3組になって いる。2月売り11月買いは危なそうなので、2月売り12月買いにしてある。2月売り 1月買いをシコタマ仕込んで1〜2ヶ月くらい相場を見ない、という手のほうがいいかも。 しかしこれだけ上昇しているのに、本格的な「踏み」が見られない気がする。これは踏み エネルギーの源泉である大衆投機家の割合が減ったからか、あるいはみんな買ってるの? 今月の損切り額は既に35万くらいになっている。値洗いも悪い。やっぱ8月は相場に 手を出しちゃだめだったな。7月最終週が調子良かったせいで、盆休み前に一稼ぎして、 盆休みはグリーン車で移動しようなんて考えていたせいだな。守備を大切にしたいね。 2005.7.17.(日)
しばらく更新サボってましたが、まだ飛んでいません。6月は製品買い原油売りを 幾つか利食い、ガソ期先売り期中買いを損切りし(順鞘になる前)、アラビカ売り ロブスタ買いをこまめに仕掛けてこまめに利食ったりして、給与所得以上は取れて ヨカッタ、という感じ。6月末には先物探花のオフ会で成田から飛行機で九州まで 行って楽しかった。思えば先物やってる人と生トークしたのは初めてなんだよね。 6月には個人的にいろいろイベントがあったんだが、結局、ガーン!!な結末に。 7月に入って引越ししたり、第一種衛生管理者試験を受験したりしたので、重いもの を運んで腰が痛くなるし、自由時間が全然なくてすげえストレス溜まっている感じ。 引越しして通信速度が早くなったので(今まではずーっとエアエッジだった)、 トレードがすごくやりやすい環境になった。しかし平日休みの日にデイトレやったら 今月のプラス(15万くらいだけどね)を全部飛ばしてしまった。というわけで、 やっぱりデイトレはオレには向かない。オフ会のときに「もう少しリスクを取る トレードをしたらどうか」と、ある方に言われたんだけど、それは最近強く感じて いること。6月は証拠金は100〜200万しか使ってないからなあ。でも、 リスクを多めに取ると、チキンなので、不安でしょうがなくなるんだよね。 例えば4月はリスクを多めに取って石油の鞘取りを同時に10組くらい仕込んで いて、140万くらい勝ったんだけど、毎日の値洗いの変動はけっこうきつい ものがある。10組仕込んで逆に1000円動くとマイナス100万だからなあ。 今は製品買い原油売りを4組仕込んである。このまま本当に下げトレンドに突入 してしまうとけっこうやられる可能性があるんだがガソ期近はあまり下がらんだろ。 2005.5.22.(日)
灯油とガソリンのどっちかを買ってどっちかを売ろうと思っていたんだが、方向性が よく分からなかった。8月限でガソ買い灯油売りを1組仕掛けていたが、これは試し玉 的な感覚で入れた玉で損切り。ガソ期近はもうちょっとがんばると思ったんだが無理に 高値維持されていたから崩落はやむを得なかったのかもしれない。ガソ逆鞘拡大狙い を5/6,9で合計5組仕込んだのだが、嫌な予感して全玉撤退。僅か5000円の損失で逃げ ることができた。よかった〜。5/9に乗せなければ利食えたんだがまあ仕方あるまい。 製品買い原油売りは全部で3組仕掛けた(灯油2枚買いガソリン1枚買い原油3枚売り)。 週末であることと納会を控えており、大きく逆行する可能性もあるため金曜日に全部利 食った。ちょっと後悔しているが来週再度仕込みチャンスは来るだろうと期待してる。 WTI原油は在庫増で期近がディスカウントされ順鞘になっているが期先限月は下げ止まった 印象を受ける。一方、中東産原油はなぜか堅調だなあ。やっぱりもっと上がるんだろうな。 先月調子良かったんで今月はやられるやられる〜と警戒しているがプラスで終わる見込み。 2005.5.8.(日)
4/15に灯油買いガソ売りを1組仕込んで様子を見ていたが、その後、4/22までかけて徐々に ポジションを増やしていった。一時200円幅くらいの利が乗っていたんだが、イヤーな予感 が走ったので4/26に全部落としてしまった。約100円幅の損切り。当初のもくろみでは、 もっと早く500円幅以上抜けると思っていたのだが。時間のストップを適用した、というか 連休中もやもやするよりマシだと思ったので。どっちに動くか分からないのでどっちか に動き出すのを待ってからエントリーしようと思う。8月限でガソ買い灯油売りを1組だけ 仕込んで様子を見ることにした。連休中はNYMEXが大幅下落した。ポジションはほとんど無い ので下がっても上がってもどっちでもいいのだが4/26に建てた中部の買い玉を4/27に食って おいてよかったなあ。中部と言ってもSLを2連続×2枚食らうとショックなので。 昨日はガソ11月−ガソ8月を仕込んでみたが思ったより期近のリバウンドが小さい気が する。そろそろ一旦逆鞘が拡大してもいいと思うのだけどどうなるか。深追いする気はないが 拡大しはじめたら乗せるし、逆行したらちょっとだけ我慢してから損切るつもりでいる。 世間は連休だったんだけどずーっと仕事だった。製造業なのに毎年この時期は仕事である。 「世間が休日なのに出勤日」の日は労働災害が多いような気がする。多くの従業員は家庭の 都合もあるだろうからこういうときは多少無理がかかるのだろう。災害があるといろいろ 安全対策やらいろいろうるさい仕事が増えてしまうが、安全対策用に潤沢なカネが出るかと いうと別問題。だから対策が後回しになるんだよ。結局、安全確保より利益優先だもんな。 4月に利食ったカネはかなり散財した。パソコンを新しくしたり、後輩連れて飲みに行ったり。 その反動というか報いというか、今月はきっと負けるだろうなあ。ポジションは軽めにしよう。 2005.4.17.(日)
3/28-4/1に期先で灯油買いガソ売りを6組仕掛けホールド中、と先週書きましたが月曜日に 運良くストップが外れたので全玉速攻で利食いした。平均約1200円幅抜いて+75万ほどに。 アラロブ売り指数買いは値幅制限の違いを反映し、一見、ウハウハの値洗いだったが指数の 仕切注文がサッパリ入らず値洗いは露と消えたかと思ったが金曜の寄付で全部落して利益を 確定できた。先週は新たに灯油売りガソ買いとガソ期中買い期先売りを仕込んだのだが、 金曜日に全部落してしまった。3日間で20万ほど抜けたのだがガソ異限月は勿体無かったか? NY市場は当分調整局面だと思うのだが急落したかと思えば急騰するし、相変わらずガソリンは 当限<2番限のままなので、期近期中買い期先売りを放置するのはあまり得策ではないような 気がするのだがどうなるんだろうか。ガソリンの対日輸出プレミアムは拡大しているようだが 一方でNaphtha-Dubaiを見るとじわじわ縮小傾向のような感じであり、差し引きすると期近は これ以上強くならないのでは、と思う。ジェット燃料はまだ高値にあり日本からJet燃料は 沢山輸出しているようだ。とすると灯油とガソリンはどっちが強いかな?JOFの買い気配値 推移を比較するとガソリンの2番限は無理矢理上げているゆえに当限<2番限という鞘に なっているのではないかと思われる。とすると今から仕込むならガソ買い灯油売りを乗せる よりも、灯油買いガソ売りのチャンスをしばし待つほうが相対的に良さそうな気がする。 今月の月間収益は相場を始めてから初めて100万を超えた。まぐれに違いない。しかしプラス マイナスのブレが大きくなっており実力と比べて明らかにリスクをとりすぎている。3月の 大損切り分は余裕で埋まった。確定した利益で買い物したり、旨いものでも食べておくかな。 2005.4.10.(日)
中部灯油の買い玉は約4000円幅抜いて利食いました。3/28-4/1に期先で灯油買いガソ売り を6組仕掛けホールド中。9月限同士の仕掛け(2100の鞘で仕掛けたやつ)は、利食いました。 期先の鞘は反転しても不思議ではないなあ。月曜日にストップが外れたら利食うかもしれない。 自分としてはニヤニヤしてしまうほどの値洗いになっているけど、減り始めると早いからな。 今、迷っているのはガソリンの期近期中買い期先売りを仕込むかどうか。金曜日は終日SL予想 で中部ガソ当限を寄りで売り引けで落したのだが、妙な強さを感じた。先のほうは全然出来て ないのに東京ガソ6月限はSLを外れている。またRIMのニュースを見たらガソリンの対日輸出 プレミアムが急拡大だそうだ。輸入採算は49000円台だが、JOFの買い気配値推移を見ると、 せいぜい45000円台まで。一方、先物市場を見ると東京ガソ5月限は49950円で、中部ガソ 5月限は47370円であり、当限より2番限のほうが高い。これを見るとちょっと期近、期中は 買い辛いような気がするんだが、このまましばらく下げ局面が続きそうなので、期近、期中が 下げ渋るという形で逆鞘が拡大するのではなかろうか。しかし、7月売り4月買いでひどい目に 遭ったトラウマでビビリ気味。どうするか迷う。多分、1枚か2枚でやって見ると思う。 2005.4.2.(土)
面倒くさくて更新さぼってましたが、まだ飛んでません。NOB spreadは一旦損切ったあと、 大きく下げた日の翌日に仕掛け直してじわじわ利が乗っていたが雇用統計が出た瞬間に再度 大きく逆行してしまい嫌になって撤退しました。もし放置すれば数日で戻したのだが、 ちょっと枚数が多かったので尻尾巻いて逃げてしまいました。国内市場のほうは灯油異限月 5月−8月はとっくに全部落とした。5枚ずつの仕掛けで逆行してかなりヤバかったのだが、 運良くスリッページのせいでナイスな価格で仕切ることができ全部でたった13000円の 損切り。ラッキーだった。15万円やられたーと思って泣く泣く落ち注文入れたので。 東京ガソリンの4、5月買い7、8月売りは結局、大損切りするはめになりました。今年は 1月と2月半ばまでは調子が良かったので、リスク管理が甘くなってしまった。利息付き で相場に返すはめに。サルファフリーでガソリンは大逆鞘になる可能性が高い!と勝手に 信じていたけど、今回のような相場では期先の勢いのほうが強いためになかなか逆鞘が 拡大しない。例年のシーズナルではこの時期は逆鞘拡大狙いがセオリーなのだが、今年は どうやら違うようだ。ガソリンと灯油の鞘も今年は例年と違う変な動きをしている。灯油 の期近が異様に強い。縮んだら5、6月でガソリン買い灯油売りを仕込む予定だったが、 見送ることにした。ファンドだか何か知らないけど日本市場で大きいポジションを取る 場合には、必然的に取り組みの大きい期先で仕掛ける必要がある。大口プレーヤーの建玉 制限を考えると、異限月のスプレッドは実質的にほとんど仕掛けられず、ガソリンと灯油 のスプレッドか、または海外市場と組み合わせたスプレッドがメインだと推定できる。 だから東京では売っていても、おそらく海外では買っていたり、その逆もあるだろう。 NYMEXの原油価格を見ていると超期先価格が上昇しているのが気になる。これまでの上げ 相場では数年先の限月の価格は、期近が暴騰してもあまり反応していなかったが、今回の 相場では数年先の限月の価格が50ドルくらいまで上昇している。天井圏では逆鞘が拡大 すると仮定すると、NYMEXは短期的に65ドルくらいまで騰がっても不思議ではなさそう。 また昨年秋と違うところはもう一つ。Dubai原油も一緒に上がっていること。昨年秋は、 NYMEXとDubaiの価格差が18ドルまで広がったが、今回は8〜9ドルくらいの差を維持。 かと言って、今さら、買う勇気はございません。片張りは中部灯油1枚だけ買ってます。 2005.2.19.(土)
2月の前半は日本市場はなぜか調子良かったがCBTで仕掛けていたT-bond売り/T-note売りは 遂に気分的に耐え切れなくなり全部損切った。90年から今までT-bondがここまでT-noteに対し プレミアムになったことはなかったのだが。過去の最大のサヤにとらわれて損切りが遅れた。 しかしこれは本当によくあることなのだが、損切ってしばらくして反転したので損切りした あたりのサヤで再エントリーした。最初からこうすれば苦しむことはなかったなあ。T-bond のサポート割れで乗せることにしよう。債券のスプレッドは順張りのほうがリスクが低そうだ。 日本市場のほうは1月の終わり頃に仕掛けたガソリン7月売り4月買いを平均1000円 抜いて手仕舞ったのが大きかった。8月発会直後に、ガソリン8月売り5月買いを損切った のだが、結局放っておくべきだったなあ。発会時より遥かに不利なサヤで再エントリーして 利食えたのでまあいいけど。7月−4月は利食った後に再度エントリーし、滅茶苦茶な逆鞘 になるまで放っておこうと思ったら思い切り逆行してしまった。逆鞘が本鞘であると信じて いるのであまり心配はしていない。むしろ増し玉チャンスが到来したと見ている。 ガソリンは逆鞘拡大期待だが、灯油の先のほうは順鞘が拡大すると勝手予想。過去の価格を 見ると必ずしも順鞘ではないが今年の8月限は買い限月に違いないと勝手にかんがえている。 というわけで灯油は5月−8月を仕掛けている。あと1000円くらい拡大して欲しいなあ。 コーヒーが凄いことになっている。NYコーヒーのヒストリカルチャートを見るとそろそろ 大爆発の年が来てもいいのでは、という気がする。NYコーヒーは過去に1ヶ月で100セント くらい上昇した実例がある。しかし東京はまだ順鞘だなあ。かと言って、97年に苦しんだ ようにアラビカ売りロブスタ買いをまだ仕掛ける気はしない。まだ上値ありそう。だから コーヒーはアラ売りロブ売り指数買いをチマチマ仕掛けるだけ。これならリスク小さい。 2005.1.30.(日)
今月は前半はけっこう調子が良かったんだけどガソリン8月発会の日に6月買い8月売りを 寄り付きで仕掛けて、思ったよりかなり不利なサヤで約定して損切りしたり、そのままデイ トレやって傷口広げたりして後半はろくな目に遭ってない。4月買い7月売り一旦利食って 再度まあまあの鞘で仕掛け直しできてよかった。金曜日に乗せて平均値は悪化したけども。 クラックは拡大狙いを再度仕込むチャンスを待っていたのだが木、金と急拡大してしまった ので何もできず。金曜は原油に逆行して上がっていたので期先は一旦少し縮むかもなあ。 米国30年債は相変わらず高値をウロウロ。NOBスプレッドを増し玉するとヤラレそうな 予感がしたので、下落予想でPUTを買ってみた。やられ中のスプレッドのプロテクトなら CALLなんだけどトレンドに逆らって下落予想中。日銀がドル買い円売りして手に入れた ドルで米国債を買っているとどこかに書いてあった。だからNOBスプレッドがこんな変な プライスを維持しているのか??資金がヤバイので少し追加した。こういうのは良くないが。 2005.1.22.(土)
 新年おめでとうございます。(いまさら遅いかな) 越年玉としてガソリンの5月6月を買って3月を売っていた。狙いは4月限から受け渡し 供用品がサルファフリーになることから、2月とか3月は相対的にかなり売り込まれる だろうというところ。そう思って仕掛けたのは12月半ば頃だが、どうも期近が思惑より も堅調だった。で、いろいろ調べてみるとガソリンの原料にもなっているナフサが比較的 堅調であることが気になった。しかも国産ナフサ価格は3ヶ月毎の固定価格らしく、それも 輸入通関価格の平均値を用いるらしい。ということはガソリンを作りすぎて投売りしなく ても、石化用原料としてナフサを作るだろう。とすればガソリン期近の下値はかなり限ら れる可能性がある、と考えてしまった。というわけで、年明け早々、ほぼトントンで全玉 仕切ってしまい、その後の順鞘拡大を口をあけて眺めていた。あー、勿体ない。しかも よく考えてみると日本国内で石油の輸入品が多く扱われているのは名古屋地区じゃないか。 とすれば、サルファ濃度の高い輸入ガソリンが在庫処分されるというストーリーを信じる のなら中部ガソリンの2月3月売り5月6月買いあたりを仕掛けるのが最も正しい戦略 だったな、と今頃気付いた。いまさら気付いても遅いけどね。  まあしかし、ガソ異限月を仕切ったあとはクラックスプレッドを仕込み、1000円幅 取れた。あと1日放っておけば2000円幅だったのだが。クラックは動きはじめると、 けっこう大きな値幅で動くためハラハラしてしまう。仕掛けた時点では2000円幅くらい 取れる可能性が大きいと思っていたのだが、なかなか利を伸ばすのは難しいね。半分食って 半分ホールドという手も考えたんだけどハラハラ度合いが強かったので全部食ってしまった。  現在残っているポジションは灯油4月5月売りガソ5月買いと、ガソ7月売り4月5月買い。 灯油とガソリンの鞘は既に随分大きく開いているため、一旦縮小すると見ていたのだが、 年末の下落時にも鞘はあまり動かなかったので、そのまま拡大するんじゃないかと思って 少しずつ増し玉をしている。ポジションを増やすと逆に動きそうな予感がしてくるなあ。  海外市場ではT-bond売りT-note買いを仕掛けて放っておいたのだが、ピンチになっている。 このスプレッドは通称、NOBスプレッドと呼ばれており、ちゃんと書くとNotes over Bonds. つまり通常状態ではT-note(米国10年債)は、T-bond(米国30年債)よりも債券価格が上に ある(「over」と表現されている)。スプレッドなのに追証2回くらいかかってるんじゃないか。 しかしExcelで作った1990年から今までの鞘のチャートを見ると、このような逆鞘状態は そんなに長く続くことはない。というわけで資金が続く限り増玉してゆく予定。  しかし金利の世界も奥が深いからなあ。日本市場が滅茶苦茶売り込まれていたとき、日本円 を借りると金利が貰えたことがあった(ネガティブインタレスト)。また、米国では長期金利と 短期金利が長期間に渡って逆転していた時期もあるらしい。NOB spreadは基本的にはイールド カーブがどう変わるかという賭けにすぎないので「行き過ぎ」のときに吹き飛ぶかもしれんな。 2004.12.30.(木)
更新をサボっていたら今年もあと僅かになってしまった。あんまり反省したくないのだが、 少し振り返ってみるとしよう。まず1〜3月は何があったか。大豆異限月の逆鞘拡大に 張ってけっこうやられてる。4〜6月は。。福岡コーンと東京コーンの期中同士で仕掛け、 どんどん残存期間が短くなってきたので損切りしてる。あまり記憶にないがゴムvs指数 を仕掛けて利食った形跡がある。石油は2つまたぎをよく仕掛けてこまめに食っている。 7〜9月は。。。。8月にパソコンをトリプルディスプレーにして盆休みにデイトレード ざんまい。今年の収益を大幅に悪化させる一番の原因は盆休みの火遊びだったなあ。 クラックは8/11に縮小に張って8/20に損切りしている。振り返ると愚の骨頂という感じ。 10〜12月は。。灯油の逆鞘縮小局面で仕掛けていってなかなか逆鞘が拡大せず、玉 を減らした途端に拡大して悔しかったなあ。あとは軽油の異限月を2組仕掛けて、スリッ ページ分で往復で15万くらい損したのが腹立たしい。もう軽油は6番限しかやらん。 年越しポジションはガソリンの異限月の順鞘拡大狙い。なかなか広がらないおかげで、 税金対策をやりやすかった。値洗マイナス玉を寄付で落ち&新規とするだけでいいから。 自分の損失のパターンを見てみると、[a]間違った思い込みで損切りを遅らせた(大豆異限月 の逆鞘拡大狙い)、[b]マイナー市場の期近、期中ポジションで残存期間が少ないので損切り した(福岡コーン、東京軽油)、[c]根拠なきデイトレード(盆休みの火遊び)、[d]資金の割に 建て過ぎて逆張り途上で尻尾を巻いて撤退(クラック、Live Cattle、T-bond vs T-note)。 自分は進歩しているのだろうか?毎年考えるテーマであるが少しは進歩してると信じたいね。 競馬も今年はダメだったなあ。去年の宝塚でヒシミラクルのおかげでおいしい思いをして 以来、万馬券があたった記憶が無い。有馬もかすりもせず。あんな堅い有馬なんか認め ないぞ。東京大章典は3連複で勝負したが消した人気馬が1着に来てしまったので紙屑に。 競馬は小遣い銭しか賭けないが毎回、来る見込みの薄い穴馬ばかりに賭けていると、 塵も積もれば山となっている気がする。怖くて競馬の収支は付けることができない。 かつて1回だけ付けていたことがあるがマイナスになった途端に記録を破り捨てた気がする。 ぜんぜん関係ないが先週、パン教室に行って食パンを作った。手でこねて作るのだが、 こねていると粘度が変化してくるのが分かるし、発酵させてふくらむ様子も面白い。 2004.12.4.(土)
NY原油の動きにはビックリである。戻り売りをすると担がれそうな雰囲気を醸し出しつつ、 暴落してしまうという動き。東京市場は制限値幅が狭いため木金とストップ安に張り付き。 幸い鞘取玉しかないので冷汗タラーリということにはなっていない。買い玉をちょっとだけ 落としてみようと試みたが当然、1枚も約定しませんでした。しかし最近はすぐ臨増がかかる ので証拠金がキビシイ。海外市場のようにSPANマージン制度を導入してくれたらもっと 沢山建玉できるのになあ。まあしかしそのおかげで吹き飛ばずに生き残っているのかもな。 T-bond売りT-note買いを1組仕掛けていたが12月限のFirst Notice Dayが近づいてきたので 渋々3月限にロールオーバーした。しかし実質的には12月限の建玉を落とすと同時に3月限で 仕掛け直すことと等価であり、損切り直後に隣の限月で仕掛け直して手数料分余計に損した というわけである。いずれにしても増玉予定だったのでロールオーバーした3分後に新規で T-bond売りT-note買いを1組増玉してみた。そしたらたまたま鞘が都合よく動きあっという 間に12月限の損失を埋め合わせる利が乗った。米国債券は高値圏で持ち合っているような感じ なので利益が出ている前に全部利食ってしまった。昨日、米国雇用統計か何かが出た後は、 鞘がめちゃめちゃ逆行している。利食って正解だったな。また仕掛け直すチャンスが来るぞ。 現在、海外取引用に使っている取引ソフトがお馬鹿さんでスプレッドの証拠金をまともに認識 できない。そのため実際には建玉余力がバッチリあるのにあたかも満玉張っているかのごとく なってしまい、建玉余力が著しく制約されている。このソフトのバカっぷりはもっと凄い。 「新規と落ち」が認識できないのである。例えば総資金が3000ドルのとき、T-bondとT-note のスプレッドを仕掛けている場合、本来の証拠金は約900ドルに過ぎないのだが、ソフトが バカなので約2900ドルの証拠金が必要であると間違って認識した状態になっている。この ため、このポジションを解消する注文もできないというわけ。こういう場合はメールで注文を 出すのだが、不便で仕方がない。文句言って3ヶ月経過しているけど、まだ修正されていない。 (注:海外市場は新規と仕切の区別はなく、また両建て不可。そういう意味では「新規と落ち」 は日本市場の取引ソフト上での扱いとは異なる。だからといって仕方ないとは言えないが) この前、初めて築地に行った。午後から仕事で浜松町に行く出張があったんだけど、早めに 行って寿司を食うことにした。ナマモノは基本的に苦手なんだけど、超うまかった。店の名前 は魚河岸鮨文。創業150年だそうな。特上で2625円でした。安い。しかし後日、同じ 店に徹夜麻雀明けに3人で行って(一人は負けまくったので行かなかった)、腹一杯食べたら 22000円かかった。魚を指差して「コレ何?」「黒ムツです」「じゃあそれちょうだい」 という感じで注文したんだけど、けっこう値が張るやつを知らずに頼んでしまった気がする。 天然の鯛、ヒラメあたりが怪しいと思ってる。ちなみにマイベストはとろける穴子でした。 2004.11.13.(土)
とっくの昔にNON大一般大の鞘取りは仕切ってしまったが今頃になって急速に縮んでいる。 石油で苦しんでいるときに仕掛けコストが悪い玉を放置する余裕がなかったので、僅かな 利益または損切りしてしまったのだが今にして思えばやっぱりじっくり行くべきだったか。 クラックスプレッドは一時かなりの水準まで開いていた。縮み始めたら追っかけで仕掛け ようと思っていたが、結局、ビビって1枚も仕掛けられませんでした。クラックとは関係 ないけどFeeder CattleとLive Cattleの鞘もクラックとそっくりな形(歴史上最大の開きと なっていて、そろそろ縮小だろと思って仕掛けると担がれそうな形)をしていた。これは この前1組仕掛けたのだがFeeder Cattleが高値を超えた翌日に損切ってしまった。ご想像 の通り、その直後にFeeder CattleとLive Cattleの鞘は急激に縮小している。クラックも 牛も縮小を取り逃したので、悔しいというか、自分の腕の悪さを嘆くというか。ウキィー! 石油が下落すれば灯油の逆鞘は今よりも拡大するだろうと思っていたが、なかなか広がら ない。先週木、金でようやく拡大してくれたが、ずいぶん前から逆鞘拡大狙いポジション を仕掛けており、12月限が当限になってしまった頃にガソリン当限よりも相対的に弱い と感じたので当限がらみのポジションは全部切ってしまった(約100円幅の損切り)。しかし それを合図にしたかのように逆鞘が拡大してきたので、ブルーな気分だなー。。。。 しかしまだ3月売り1月買いを3組持っているので少しは小遣い稼ぎできると期待しよう。 ガソ5月買い3月売りを短期で150円ほど抜こうと思い3組仕掛けていた。前引けで100 円強取れそうだったので後場寄りで仕切り注文出したら400円ほど滑って−300円の損 切りになった日があった(11/5)。同じ日、軽油は板が激薄ということは分かっていたが、 3月売り5月買いを後場寄りで成り行きで仕掛けたら、500円幅くらい滑った。利益目標 が数百円幅なのにこんなに滑ったら最初から損切り確定じゃんか。あー、超ブルーだわ。 最近、特別気配のせいで場中に注文を出し辛い。もともと昼間は仕事しているので相場を 見ている暇はほとんどないが、10時と15時にコーヒーを飲むときにコッソリiモードで 相場チェックをして注文を出すことがある。特別気配が出ると成行でも約定に時間がかかる 上、かなり滑る。このため最近は前寄りか後場寄りに注文を出しているが、上で書いたように ほとんどの場合、思ったよりかなり不利な価格で約定している。ガソ5月買い灯油5月売り を仕掛けているけど、このときも前引けと後場寄りで300円くらい飛んだ記憶がある。 寄り付く前に基準値を見ればいいのかも知れないけどそんな時間はないので仕方ないか。 今日は何もせず、ぼーっとして過ごそうと思っていたが、毎朝海外市場の終値を見るのが 習慣化しているせいか早く目がさめてしまう。昨日の夜はシェーキーズでピザをたらふく 食ったのに今朝も朝っぱらからピザを食べ、そのあと洗車したりCD聴いたりしている。 ところでノートPCが壊れた(実は、何ヶ月か前の話だが)。モバイル用に1年半前に 購入したリブレットなのだが、ぜんぜん使っていなかったせいか、立ち上がらなくなって しまった。どっかのボタンを押しながら起動すると自動修復するはずだが、だめだった。 腹立つなー。寝ながら遊んだり、モバイルするために買ったんだけど結局、トータルで 20〜30時間しか使ってないと思う。いまからPCデポに行って怒鳴ってみるか。 ちなみに故障が判明した数ヶ月前の時点では1年間の保証期限を僅かに超えていた。 2004.10.24.(日)
国会図書館のHPで検索したところ「燃料油脂新聞」の原紙、縮刷版ともに置いてある ことが分かったので久々に行ってみた。探し物は新館の4Fにあった。古い縮刷版は 書架に置いてあり自由に閲覧することができたのだが、ここ2年分くらいは窓口で請求 しないと閲覧できなかった。今月分の一般紙はA2版?の大きいファイルに綴じてあり、 好き勝手に閲覧できるのだが「燃料油脂新聞」の原紙は窓口で請求しないと見ることが できなかった。土曜日の国会図書館は混雑しているため資料の請求をしてから閲覧できる まで30分くらい待たされることが多いのだが、新聞の閲覧コーナーはあまり混雑して おらず、10分弱で手元に届いた。この新聞は初めて見たのだが、さすが業界紙という 感じ。見出しが「灯・軽油の値上げ確実」とか、「灯油在庫360万klに増加」とか、 おお!という感じの見出しである。日刊紙なので当然、バージ市場、ローリー市場、 JOX、シンガポール市場、中東、IPE、NYMEX等の価格データが毎日掲載され ていると信じていたのだが、驚くべきことに、掲載されていませんでした。週に1回 くらいちょこっと掲載される程度。これは大きなマイナスポイントだと感じた。 しかし毎日読めば業界の状況とか考え方が理解できそう。新聞、とってみようかなー。 現物、先物、先渡し価格がちゃんと掲載されるなら迷わず購読するのになあ。 ところで気になる記事はコピーしてきた。A2版1枚あたり210円。オイ、高すぎ! 新聞を読むのはすぐ嫌になり、結局、9月分と10月分の見出しをざっとみて、気になる 記事を熟読し、必要な箇所は著作権法上許可される範囲でコピーした。っていうか、 コピー前に著作権のチェックを受けるため片っ端からコピーすることは不可能です。 で、その後は渋谷センター街の多国籍料理屋でビール飲みながらエスニックな料理を 食べた。渋谷は2年ぶりくらいに行ったのだが相変わらず人が多くて嫌になる。 また最近、コギャルが着ぐるみを着るのが流行っているらしいが本当にいた! 帰り道、山手線がしばらく止まった。ヤバイ最終に間に合わない!と思ったが間に合った。 常磐線の最終も30分くらい止まった。おかげで帰ったのは深夜になってしまった。 先週はポジションはあまり変わらず。3月に仕掛けたNON大売り一般大買いを損切り。 これは12月限のポジションで、仕掛け時に飛んで3500円くらいの鞘での仕掛け。 他限月同士は縮んでいるのに12月限だけしぶといので面倒くさくなって切ってしまった。 石油のほうは灯油12月1月買い2月3月4月売り、ガソ4月買いのままになっている。 サヤ取りなのに値洗いが毎日数万〜30万くらい動く。それでもハラハラしてしまう。 2004.10.17.(日)
しばらく更新しなかったが、石油で大損して吹き飛んだからではありません。 geoのHPがyahooに移行にするためにいろいろ手続きがあって面倒くさくて放置してた。 関東地方に台風が直撃した週末は風邪をひいて寝ていた。週末なのにコンビニと ラーメン屋くらいしか行っておらずあとはほとんど寝ていた灰色の週末であった。 16日の土曜日は都立図書館へ。図書館は公園内にあるのだが公園の池で釣りをして いる人が数人いた。公園の魚って釣っていいのか?キャッチ&リリースだろうけど。 都立図書館では「燃料油脂新聞」を読む予定だったのだが、ガーン!なことに、 この新聞は置いてありませんでした。業界紙もある程度置いてあるからきっと 置いてあるだろと甘い考えだったなあ。日経新聞の10/15号には原油の油種間の 価格差拡大の記事が出ていて、「まだ軽質原油を買うほうが割に合う。軽重格差 は今後も広がる」と書いてあった。業界紙を読めば、もっと詳しい解説記事が 見つかるのではなかろうかと思ったのだが、とんだ無駄足であった。 石油には痛い目に遭わされているが、ガソの異限月は現物が弱いからあっさり踏み、 灯油の異限月は現物が強いから踏まずに耐えている。その他4月限のガソ買い灯油 売りを仕掛けている。幸い、製品売り原油買いは仕掛けていないので生きている。 今日は名古屋の友人がいきなり電話かけてきたので、急遽、東京駅で待ち合わせ、 しゃぶしゃぶを食べた。「おごれ!」と迫ったがダメだった。割り勘になった。 2004.10.3.(日)
ガソリンが順鞘になり、灯油の逆鞘が縮んだのでガソリンの順鞘縮小狙いと、灯油の 逆鞘拡大狙いを仕掛けた。察しの通り曲がっております。仕掛けが早すぎたなあ。 ガソ4月買い灯油4月売りも仕掛けている。異限月より、こっちのほうがハラハラ度 が少ない。しかし臨時増しのせいで資金が足りなくなってきた。だいたいサヤトリ 1組で40万円も必要なんておかしいぜ!SPANマージンにしてくれ!!!! miniDowとminiSPのサヤトリは損切った。株が妙に強い。G7で「節約しましょう」って 決まったのが強材料なのだろうか? Feeder Cattle売り Live Cattle買いを仕掛けた。 仕掛け時に200ドルほど損なプライスで約定。現在、その分だけマイナスになっている。 スプリンターズSで勝負した。不良馬場の前残り予想は正しかったが馬券は紙くずに。 2004.9.25.(土)
石油のポジションが0だったのは一瞬だけだった。ガソリンの逆鞘縮小狙いと、 ガソ買い原油売りを9/14に仕掛けた。NY原油終値が高かった日の朝の寄付で仕掛けたら 思ったよりかなり不利な鞘で約定した。一部損切ったがトータルではうまく利益になった。 NY原油は急激に再度上昇を始めた。そのおかげで4月限がプレミアム付きで発会した。 だからと言ってすごく有利なポジションが取れたわけではないのだが。売り込まれていた 灯油3月限がSH連発している。一方で灯油期近は伸び悩んでおり逆鞘が縮小している。 というわけでそろそろ灯油12、1月買い3、4月売りを仕込み始めたいところだな。 NON大と一般大のサヤトリは当限、12月限、6月限、8月限を仕掛けていたが、このうち 6月限、8月限の仕掛けを全部利食った。利益は数百円幅だった。証拠金余力は石油に突っ 込む予定だ。当限のみ拡大狙いだが、これまで散々損切ったため当限は1組しか残って いない。9/24に一般大当限を売ろうとしたがSLの抽選に通らず増し玉できなかった。 海外市場で久しぶりに仕掛けた。Misized Dow買い、E-mini S&P売りを1組だけ。 そのほか小麦vsコーン、Feeder Cattle vs Live Cattle あたりに注目している。 2004.9.12.(日)
先週は一般大当限を絡めた仕掛けを幾つか仕掛け、結局、すぐに損切りするはめになった。 今、ちょっと計算してみたら20万以上損切りしている。石油を利食ってもさっぱり金が 増えないと思っていたが、おのれ、大豆当限め〜。もう近づくのはやめておくか。 石油のほうは9/8にガソ−原油を1組乗せて、翌9/9に残り1組も含めて全部利食った。 これで石油のポジションは完全に0になった。今から新規で仕掛けて美味しそうな サヤトリは何だろうか。いろいろ考えているが見当たらない。ガソの逆鞘はこれ以上 広がるのかもしれないが既に十分拡大しているし、灯油とガソの鞘も十分拡大している。 昨日は久しぶりに東京都立図書館へ。恵比寿で地下鉄に乗り換えて広尾で降り、公園を 横切って図書館へ向かった。近所の図書館で用を済ませられればラクなのだが古い日経 新聞縮刷版が置いてないので片道2時間半かかるのに遠征。この公園は場所柄か豊かで 幸福そうな子連れ外国人が多かった。ただし子連れ狼はいなかった。図書館に入ると 金属製の入館カードを渡される。なぜ金属製なのか理由はわからないが、かさばって 邪魔なことこの上ない。これをポケットに押し込み雑誌閲覧コーナーへ足早に歩く。 そして重くて重くて仕方が無い日経新聞縮刷版を2〜3冊ずつどっこいしょと運び、 ガソリン、灯油、軽油の現物価格をメモった。しかし日次データをメモるほど元気は ないので1ヶ月毎のデータをメモった。以前取得したデータの続きを取得しただけ。 日経新聞の現物価格欄は少し進歩していた。以前はガソリンはローリー価格しか掲載 されていなかったが2004年に入ってからは、バージ価格も掲載され始めたようだ。 なぜこんなことをしたかというと、灯油と軽油の価格差のデータが少なかったため。 石油のサヤトリのチャンスを増やすべく、軽油のデータを集めているところなのだ。 しかし東工の軽油は出来高が少なすぎる。もっと流動性が出て欲しいものである。 2004.9.6.(月)
石油のポジションはほとんど仕切った。ガソ異限月4組、製品−原油を2組利食った。 製品売り原油買いのポジションはしばらく放置しようかと思ったのだが、なんかイヤーな 予感がしてきたので一旦ポジションを減らすことにした。まだ1組残っているが。 大豆のほうは曲がり中。一般大当限がなかなかしぶとい。その割に12月限、2月限はろくに 追随しないためNON大12月2月売り一般大12月2月買いでご馳走様となるわけでもない。 NON大異限月はとっくに利食った。平均2000円幅取ったが7組しか仕掛けていないので たいした利益ではなかった。こんなにあっさり縮むなら30発くらい入れておけばなー。 週末に大阪に行って友達と飲んだ。旨いラーメン屋があるというので連れて行ってもらった。 店の名前は忘れたがけっこう旨かった。たこ焼きも食べた。ラーメン+たこ焼きのせいで 腹がいっぱいになった。東京に戻る途中、名古屋で途中下車して台湾ラーメンを食べに 行った。ひつまぶしと山本屋の味噌煮込みも食べたいのだがあいにくそんなにキャパは無い。 日曜は美容院で髪を切ったあと雀荘へ直行。1万円勝つ予定だったが逆に1万ヤラレタ。 RIMのマーケットニュースを購読することにした。輸入採算とスポット価格と当限価格を 比較するため。ニュースは加工しにくい形状になっておりエクセルに日付順に並べるのに 苦労したが、とりあえず輸入採算だけは1月半ば以降のデータはまとまった。それ以前は 残念ながらデータが無い。期近のポジションを増やす際、現物市場の動向をある程度理解 しておいたほうが安心して玉を建てることができるのではないかと思うのだが、現物価格と 当限価格差を見ると2000円や3000円は平気で乖離するのであくまでも参考だろうな。 海外市場は何もせず。カンザス小麦とシカゴ小麦のさやが再度拡大してきた。Live Cattle は期先売り期近買いを仕掛けたくなるようなサヤの形だが、下落する可能性が高いような 気がするため期近買いを仕掛けるべきではないと思い、結局仕掛けていない。大豆とか、 コーンの異限月をCBOTで仕掛けるという手もあるが曲がるときは日本市場での仕掛けも 同時に曲がりそうなので今のところ仕掛ける予定はない。株価指数のほうはE-mini NASDAQ 買いE-mini S&P売りを仕掛けるチャンスを待っているのだが、ハイテク株買いは時期尚早? 2004.8.29.(日)
先週の金曜日に石油のポジションを整理した途端にNY原油が大きく下落した。やはり、というか なんというか。まあ仕方なかろう。ガソリン異限月の逆鞘が拡大してホッとしている。 しかし仕掛けた鞘が悪い、2月売り12月買いのポジションなので大儲けしたわけでなく、 ようやく利益を生み始めたという感じか。逆鞘拡大が一段落するのは日数を数えると来週半ば くらいだろうか。火曜日くらいに仕切ってポジションを軽くしたいところだがどうなるか。 製品と原油の鞘がまだまだ大きいと思ったのでガソ3月売り原油1月買いを1発入れてみた。 NON大の旧穀(10月限)と新穀の鞘が縮み始めたような感じだったので追っかけで仕掛けてみた ところ、すごい勢いで縮んでしまった。金曜日だけで4月-10月の鞘が1400円も縮んでしまった。 逆鞘まではいかないと思うので適当に仕切る予定。それよりもNON大一般大の鞘取りに注目して いる。10月限のみ拡大狙いを仕掛け、12月以降は縮小狙いを仕掛けている。10月限同士の鞘は 微妙な値になっている。縮んでもおかしくないし拡大してもおかしくない。12,2,6で縮小狙い を全部で6組ほど持っていて、石油のポジションと合わせると自分にとってはポジションが大き すぎてハラハラする。10月が大きく拡大すると12月、2月もいっしょに拡大して苦しくなるので 10月限は保険みたいな感じ。どっちかというと拡大するのではないかと思っているのだが。 海外市場は特に何もせず。Feeder CattleとLive Cattleの鞘が少し縮んだが、依然として鞘が 史上最高値付近にある。Feeder Cattleが下げトレンドに入ったのを確認してから、鞘の戻りで Feeder Cattle売りLive Cattle買いを仕掛けて半年放置したいなあと、現時点では考えている。 E-mini NASDAQとE-mini S&Pの鞘(2枚対1枚)も、そろそろ反転しそうな感じ。原油の戻り局面で 株価指数が再度少し下落したときにE-mini NASDAQ買いE-mini S&Pをエントリーしようかなあと ぼんやり考えているが、前回2000ドルくらいやられたので安易には仕掛けないかもしれない。 2004.8.22.(日)
パソコンをトリプルディスプレーにしてみた。友人がスロットで1ヶ月で50万くらい勝ち、 その勝利金の一部で激速パソコンを組み立てるというので秋葉原までノコノコついて行ったときに、 せっかくここまで来たんだからと思って液晶ディスプレーとMatroxのビデオカードを購入。 ディスプレーの配置が難しいので18000円もするアームも購入した。というわけで、 液晶ディスプレーが3台並んだデイトレに最適なマシンになりました。これで勝つぞ。 8/2にデイトレで25万円勝ったため、ひょっとしたらオレはもっと勝てるんじゃないかと バカみたく舞い上がった状態で盆休みはデイトレに明け暮れた。結果は8月前半のプラス (35万くらい)を全部吹き飛ばし、さらにマイナスに落ち込み、残玉の値洗いも真っ赤になった。 このままではヤバイと思い石油のポジションをかなり整理し、現在は灯油2月売り原油1月買い を1組と、ガソ2月売りガソ12月買いを4組になっている。ガソリンの逆鞘が予想よりも 縮んだので、苦しい仕掛けとなっている。来週は更に損切りを余儀なくされるかもしれない。 大豆のサヤが動いている。異限月のサヤがけっこう開いている。8/3,5に仕掛けたNON大の旧穀 買い、新穀売り(20-20)は8/9に全部損切りした。かなりやられた。一般大の旧穀は南米産が 供用可能なので捨て場としてどこまで下がるか分からないが、NON大の旧穀は米国産のみなので 一般大旧穀に引きずられて下げた分は、どこかで反動高すると思っていたが意外に弱かった。 8/18に10月じゃなくて12月を買って6月を売ってみた。そしたらあっという間に縮んでしまった。 石油で損切りの嵐の最中だったのでちょっと早いがありがたくご馳走様。しかしNON大の旧穀と 新穀のサヤが開いたままである。縮むと思うのだけどなあ。3枚くらい仕掛けてみようかな。 NON大と一般大の鞘も再度拡大している。2月限同士と6月限同士で新規で仕掛けてみた。 しかし3月に仕掛けた12月限同士のポジションが何故かまだ放置されており、ここ数日で 一気に拡大してしまったので再度値洗いが最悪になってしまった。縮んだときに損切りして おけばよかったなー。一般大の12月限は米国産大豆の新穀だけでなく、今春収穫された南米産 大豆も供用できると思うので、NON大と一般大の鞘は意外に広がる可能性がある。しかしその 場合は10月限同士の鞘も広がる筈。10月限同士で拡大狙いを仕込むかどうか思案中である。 海外市場はWheat-Cornを利食い。もう少し取れそうな気がしたが周期がけっこう長くイラついて きたので利食ってしまった。いくら取ったかもう忘れたが400ドルくらいだったような気がする。 Live Cattleの異限月を仕掛けたが、Feeder Cattleと比べて期近の勢いが弱く、順鞘がなかなか 縮小しないため損切りしてしまった。500ドルくらいのマイナス。Notes over Bondsは、かなり 縮んでしまった。もっと縮むか再度大きく開くまでは眺めるだけか。株価指数は原油高のせいで 弱弱しい。原油が下がって株価指数が再度大きく上昇してから仕掛けを考えてみようと思う。 台湾の株を買おうと思いアイザワ証券に口座開設依頼書を出した。世界的にハイテク株が急落 したために台湾のハイテク企業の株も下落している。これは狙い目だな、と思っていた。 しかし狙っていた株は口座を開く前に急上昇。数日間で3割も上昇してしまった。残念だなー。 2004.8.8.(日)
東京灯油12月と2月の逆鞘が急激に縮んでしまったため値洗いが減ってしまった。 -1500円くらいで仕掛けたものと、追っかけで-1900円くらいで仕掛けたものがあったが、 更に縮むと苦しくなるので一旦半分落とすことにした。というわけで灯油2月-12月を 2組利食って、ガソ12月−灯油12月を2組利食った。苦労の割にたった17万の利益。 灯油2月売り原油12月買いの値洗いは悪いがまだ耐える。増し玉はしない予定。 福岡コーンと東京コーンの鞘は値洗いがマシになる方向に動いていたが、終値ベースで 逆行した日の翌日の朝に成行で損切り。2組で合計10万円もやられてしまった。 この前の損切りで9万円やられたので、糞コーンで19万円やられた。そのおかげで せっかく石油でゲットした利益が削られてしまった。仕掛けが早すぎたせいだな。 東京NON大の旧穀買い新穀売りを仕掛けた。一般大は南米産が供用可能なので今から 旧穀を買うのはヤバイだろうけどNON大は売られ過ぎた反動で一旦ぎゅる、と上がると 予想したんだけど今のところやられてる。20枚-20枚も仕掛けてしまった。ちょっと反省。 E-mini NASDAQ買い、E-mini S&P売りのサヤトリを放置していたら大変なことになっていたが ようやく損切りして約2000ドルやられた。コーンvs小麦は値洗いが多分100ドルくらいプラス。 Live Cattleのサヤトリを仕掛けた。2005年2月売り2004年10月買いで、目標利益は500ドル。 カンザス小麦とシカゴ小麦の鞘の縮小狙いを狙っていたが、2週間ぶりに鞘グラフを更新したら 縮んでしまった。鞘が数セント戻ったら仕掛けてみたい。30年債と10年債の鞘も動いてるなあ。 昨日はサマーソニック2004に行って来た。Greendayの時に前から3列目くらいにいたため、 圧死するかと思ったが、ここまで接近できたからヨシとしよう。2年くらい前は幕張で、 後ろのブロックだったんで全然見えなかったからなあ。久しぶりの来日だったが相変わらず 良かった。早くニューアルバム出してほしいな。まだ耳鳴りしてる。身体じゅう痛い。 2004.8.2.(月)
先週末の時点での石油のポジションは、灯油2月を5枚売り、灯油12月を3枚買い、 原油12月を2枚買い、というふうになっていた。まだまだ上昇するなら異限月は逆鞘が 拡大して灯油vs原油のポジションがヘッジでき、下落するなら期先のほうが大きく崩れ、 逆鞘が拡大し、なおかつ灯油と原油の鞘が縮むことを期待してこの仕掛けにしてみた。 本日の灯油期先のストップ安で一気に値洗いが向上した。この流れが続くといいなー。 また今日は仕事が休みだったので灯油のデイトレをやってみた。ほとんどまっすぐ落ちた のだが、途中でこまめに売り玉を利食ったので取りこぼし多い。でも25万円勝ったイェイ。 引け近くでガソ12月売り、灯油12月買いを仕掛けた。しかし明日から制限値幅が灯油の ほうが広くなるんだよなー。ストップ安になると制限値幅の差額分だけ損しそうだな。 福岡コーンと東京コーンは、まだ2組残っているが因果玉のままになっている。再拡大 するようなら深追いせずに損切りしたほうがよさそうだな。3月に仕掛けたNON大売り 一般大買いが2組残っている。いい加減利食いたいなあ。当限になる前に仕切りたい。 海外市場は曲がったままだが、そろそろ反転して欲しいなあ。今日は国内資金を一部取り 崩して近所のUFJ銀行で海外口座に送金依頼した。いつもながら無事に届くか心配だ。 週末に台湾に行ってきた。食い物は美味かったがけっこう暑かった。って言っても東京と あまり変わらない感じ。地下鉄は約50円〜80円くらいだが、タクシーは台北市内を かなりの距離走ってもせいぜい500円程度なので、タクシーを沢山利用した。とても 運転が荒い。実際に見ないと信じられないと思うけど、片側2車線で中央分離帯の無い 道で、いきなりUターンしたりするし、制限速度なんか全然守らないし、爆走している スクーターの群れのギリギリ数センチ横をかっとばす。そこら辺で売ってるジュースが やけに美味そうだったが、私は海外でほとんど必ず腹を壊すのでコンビニのジュースで 我慢した。日本のファミリーマートは、台湾では「全家便利商店」となっていた。 2004.7.25.(日)
E-mini NASDAQ買い、E-mini S&P売りのサヤトリを放置していたら大変なことに。仕事を終えて 夜、家に戻ってE-miniの価格を見ているとNQが反発していて、流れが変わった!と思って、 翌朝、終値を見ると滅茶苦茶売り叩かれて思い切りマイ転していたりするので何度も一喜一憂。 コーンvs小麦は一進一退という感じ。コーンがじわじわ下がるが小麦はあまり動かずじわじわ マイナスが増えていくような感じ。しかし値動きの相関はけっこう大きく株価指数のサヤトリ よりはハラハラしない。E-mini NASDAQとE-mini S&Pのサヤトリは証拠金が1100ドルだけど、 東京市場の銘柄で考えるとガソリンvs原油のサヤトリを2組くらい仕掛けているような感じか。 日本市場のポジションはここんところ軽めになっている。しかし福岡コーンvs東京コーンが 思い切り曲がっており、どこまでも追いかけるのはやめて、1組損切り。900円幅やられた。 残玉は2組あり、これも900円幅くらいマイナスなので切るべきか。そろそろ縮むと思うが 増玉して更に1000円逆に動くとかなりキツイので2組のまま放置しようと思っている。下手だ。 7/12に仕掛けた灯油売り原油買いは利食える局面があったが1000円くらい取ろうと思っていた為 利食わなかった。そしたら予想に反して灯油が強かったので損切り。100円幅くらいのマイナス。 しかし製品は強いなあ。金曜日の寄付で再度灯油売り原油買いを仕掛けてしまったが、ちょっと 早すぎたか。期先同士でそろそろあんなに開いているので一旦縮むことを期待。1000円幅くらい 担がれるかもしれないので不安だが、どうなるか。まあなるようになるでしょう。。。。 大豆は旧穀が滅茶苦茶売り叩かれている。一般大豆はブラジル産も供用可能だが、NON大の場合は 米国産大豆のみだろうから、当限はさておきNON大10月限と新穀の鞘は反転しそうな気がするのだが。 しかし、この逆鞘縮小を取った人って沢山いるんでしょうね。こういうのが取れたらいいのにな。 NON大と一般大の鞘は、あんまり動かないなあ。12月限で3月に仕掛けたポジションだけが残っている。 これは2組だけだが、一般大の値洗いが約マイナス100万円、NON大の値洗いが約プラス100万円。 かなりの勝負をしているように見えて、これらを合計した値洗いは数万円のマイナス。目障り なので早く決済したいなあ。もし2005年の銘柄だったら税金対策に使えるけど12月限だからな。 ゴムvs指数は縮んできましたね。とっくに利食ってしまってちょっと残念。また開いてください。 2004.7.13.(火)
株価指数のサヤトリを開始した。E-mini NASDAQは倍率20倍、E-mini S&Pは倍率50倍なので、 2枚vs1枚で1組となる。必要証拠金は1組あたりたった1100ドル。ちなみにサヤの動きは 一日100ドルくらいから大きくて1000ドルくらい。つまりタイミングが悪いと、 証拠金が1日で全額吹き飛ぶくらい。初戦は日ばかりサヤトリで約520ドル勝った。 NOB spread (Notes over Bonds)は利食ってしまった。初戦の利益は約400ドルだった。 CBOTでコーン12月限買い、小麦12月限売りを仕掛けた。現在、股裂き中。早すぎたかもしれない。 先週末にE-mini NASDAQ買い、E-mini S&P売りを仕掛けていたが昨日のハイテク株急落のため 値洗いが悪化してしまった。サヤのリズムだけを見るとそろそろ反転しそうなので放置する。 ゴムvs指数のサヤトリ全玉(と言っても2組だけだが)利食った。約11万円の利益。 NON大売り一般大買いの期先のポジション2組は約900円幅で利食い約8万円の利益。 昨日は灯油とガソリンのサヤトリを全部(と言っても3組だけだが)を利食って約10万円。 1〜2月で大豆の異限月で吹き飛ばした分も含めてようやくプラス浮上だ。長かったな〜。 ついでに昨日の寄付で灯油1月売り原油12月買いを新規で仕掛けた。目標1000円幅だな。 福岡コーンと東京コーンのポジションはずーっと放置。そのうち利食えるだろう。 2004.7.4.(日)
大豆はかなり下落しているけどNON大と一般大のサヤはあまり縮まない。なんでかなー。 なかなか大きく利食うチャンスが来ない。数百円幅狙いで細かく仕掛けることにしよう。 旧穀のポジションを0にして期先で2組縮小狙いを仕掛けた。平均鞘コストは5000円。 福岡コーンと東京コーンは一旦縮むそぶりを見せて再度サヤが拡大している。罠かも しれないと思って3組だけにしておいてよかった。もうちょっと逆行したら増玉しよう。 灯油11月買い、9月売りの順鞘拡大狙いのサヤトリが1組あった。スリッページのせいで 仕掛けコスト1450円の最悪だったポジションだが150円幅ほどで損切りできた。 ガソリンの業転価格が高止まりしているので9月買い11月売りを1組だけ仕掛けた。 ガソリン売り灯油買いは全部で3組だが11月限のポジションのせいでまだマイナス。 ゴムvs指数で増玉。11月限同士で平均コストは16で2組。もうちょっと縮んで欲しいな。 CBOTで10year T-Note売り、T-Bond買いを1組。値洗いは+500USDくらい。必要証拠金は約800USD。 Live Cattleの異限月は鞘の周期が読み辛いので見てるだけ。Feeder CattleとLive Cattleの 異銘柄間の鞘は狂牛病のNewsをきっかけに縮小開始か?しかしFCは歴史的な高値にあるため、 まだどうなるかわからん。危険なので仕掛けは全面見送り中。Eurodollarの逆鞘は縮小傾向 だと思う。仕掛けてみようかどうか思案中だが、うねりが小さいので結局仕掛けていない。 1990年以降のCBOTのコーンと小麦の異銘柄の同限月の鞘グラフを描いた。けっこう美味しそう。 2004.6.27.(日)
今日は宝塚記念だなあ。去年は20万くらい勝って豪遊したのだが今年も勝てますように。 今のところダイタクバートラム、サイレントディールあたりを狙っている。今から予想じゃ。 金曜日はNON大が暴落納会し、NON大の旧穀が急落し値洗い爆伸(というほどでもないが)したが、 終値を見てみれば建玉すべての値洗いは数万円の悪化。ぬかよろこびであった。なんか嫌な 予感がするので旧穀がらみのポジションは少しずつ減らしてゆくかもしれない。一部利食える ものがあるからそれを落としてゴムvs指数にシフトしていくかもしれない。すでにゴムvs指数 は1組仕掛けて1.5ポイントくらい曲がっている。先のほうで増玉してゆくつもり。一気に 仕掛けるとスリッページ食らいそうなので少しずつ増玉だな。月曜寄付はすべりそうな予感。 福岡コーン売り東京コーン買いは2005年1月&3月買い、2005年2月売りとなっている。しかし 福岡は取組が薄いので、あんまり建玉を増やすと危ないのだろうなあ。縮み始めたような感じ だが罠の予感がして乗せる気がしない。3組だけなので勝っても負けても小遣い銭だが。 石油関係は放置。仕掛けコストの悪かった灯油異限月(9月-11月)は損切りせざるを得ないかも。 ガソ−灯油の11月と12月の仕掛けも今のところ芳しくない。しばらく様子見にする。ガソ 異限月は再度、逆鞘が拡大するんじゃないかと思うのだがフェイントかもしれんなあ。迷う。 Live Cattleの異限月は鞘の周期が短くなってきた感じ。仕掛け辛く見送っている。Feeder CattleとLive Cattleの異銘柄間の鞘は狂ったように拡大中。危険なので仕掛けは全面見送り中。 Eurodollarの逆鞘は縮小傾向か。仕掛けてみようかどうか思案中。やらないと慣れないからな。 2004.6.20.(日)
東京アラビカ売り東京ロブスタ買いを1組だけ仕掛けていたが、NYが80セントを超えて 上伸するとヤバそうなことと、アラビカが同鞘化しそうな感じだったので増玉せずに放置 していた。で、仕掛けコストが悪かったのでちょっとマイナスで仕切ってしまった。 灯油11月買いガソリン11月売りは完全に曲がっているが1組だけなので放ってある。 で、12月限のほうで1組増玉してみた。ガソリンの逆鞘が再度拡大するのではと思うが ちょっと怖くて仕掛けられない感じ。中部で1発だけやってみようかと考えている。 東京一般大の当限は納会前日に大幅下落したため、旧穀が余ってるのかと思って8月売り 2月買いを仕掛けたら暴騰納会したのでたった1日で酷い目に遭った。ちくしょう。 NON大売り一般大買いのポジションはなかなか縮まないため半分に縮小した。どうせなら ちびちび利食っておけばよかった。仕掛けコストの悪い10月、12月同士のポジション ばかり残っているので値洗いを見ると最悪である。もう3ヶ月くらい放置してるけど。 久しぶりに東京コーンと福岡コーンのサヤトリを仕掛けた。現在200円くらい曲がり中。 TSRとゴム指数がもうちょっと開いたら仕掛けたい。ゴムvs指数ももうちょっと開け! Live CattleとFeeder Cattleの鞘グラフを描いている。倍率が違うので面倒くさい。 倍率を合わせようかと思ったが丸代金の差を見ることにした。Feeder Cattleのほうが 出来高が小さいのだが限月が多い。このため例えばFeeder Cattle3月限に対しては、 Live Cattle4月限を対応させた。もちろん2月限を対応させてもいいけども。 KCBTとCBTの小麦の鞘グラフは1990〜2004年まで完成。チャンスが来たら仕掛けてみたい。 EurodollarのYearly Spreadも検討中。何枚かサヤグラフを描いてみたが結局、理由は 知らんがサヤは波打つ。というわけで海外市場はいろんなサヤがあってチャンス満載。 2004.6.13.(日)
ガソリンは眺めるだけになってしまった。逆鞘が縮小しはじめたが、追っかけで仕掛けると 逆行しそうな気がして怖くて近寄れない。先のほうなら大丈夫だろうと思って仕掛けた、 11月限の灯油買いガソリン売りは完全に曲がっているし。タイミングが悪すぎたな。 灯油異限月の11月買い9月売りも曲がったまま。さすがに逆鞘にはならないと思うが。 一般大で旧穀の10月買い、新穀の4月売りを仕掛けていたが、鞘のリバウンドは予想より 小さそうな気がしたので利食ってしまった。NON大で仕掛ければ良かったのかもしれないが、 倍率が低く相対的に手数料が高いのでどうしても敬遠してしまう。NON大と一般大の鞘は、 縮むどころか拡大しそうな感じでちょっとヤバイかも。全体的に価格が下がった割に縮ま ないので嫌な予感はしていたのだが。振り落とすような動きをしてから縮小だろうか。 ゴムvs指数を1組だけ仕掛けた。コーンの異限月も1組だけ仕掛けた。いずれも速攻で 利食ってしまった。大豆のポジションのせいで資金に余裕がないので、本当なら1組だけ でなくてもっと仕掛けて、しかももう少しホールドしたいのだが。大体において、曲がり 始めるとすべての玉が一斉に曲がり始め、急激に苦しくなるので現在メインの大豆の建玉 以外は、少数枚しか仕掛けられない。しかもメインの玉が曲がりそうな予感が。。。。 Live Cattleの逆鞘拡大の勢いが弱弱しいので利食ってしまった。当初、信じられないくらい 不利な価格で約定し、頭にきたのだが、翌日訂正版のステートメントが来ました。利益は 600ドル強で、含み益をほとんど実現益に転換できた。KCBTとCBTの小麦の鞘グラフを 描き始めた。2000年〜2004年まで終わったが、さすがにたった4年分の過去データだけを もとに仕掛けるのは怖いので1990年〜1999年もデータ整理中。「異常な年」のデータを 最低1回以上眺めておかないと過去の値柄にとらわれて爆死してしまうため。NY灯油の データ整理もやっているがまだ途中。同時にいろいろやっていて全部中途半端になってる。 2004.6.6.(日)
ガソリンの期近は凄いなあ。こういう期近の暴騰局面で買い玉を持っていることができたら どんなにおいしい思いをできるのだろう、と思ってもなかなか期近を触るのは怖いのだ。 ガソリンの4番限と5番限の逆鞘が2000円も開いたので、1組だけ逆鞘縮小狙いを仕掛け 速攻で利食った。灯油の異限月は一瞬400〜500円幅の利が乗っていたが、結局のところ 最初に仕掛けた2組はたった100円幅くらいの利益で仕切ってしまった。金曜に鞘が縮んだ ので再度1組入れた。追っかけて仕掛けたやつが500円くらい引かされているのが気になるが まあ1組だから大丈夫だろう。金曜日には灯油11月買いガソリン11月売りを仕掛けた。 NON大売り一般大買いのポジションはなかなか利食えず、また増し玉してしまった。現在は、 NON大40枚売り、一般大8枚買いになっている。サヤが1000円動くと40万円動くので、サヤの ギザギザで値洗いが10万とか20万動く。もう慣れてしまったが逆行したときはやはり気分が 悪くなる。東京大豆は旧穀が滅茶苦茶売り込まれ、新穀との鞘が急激に縮んだのでリバウンド 狙いで旧穀買い新穀売りを仕掛けた。シカゴ大豆の7月限、8月限、9月限、11月限の終値は、 839、805、731、698セントとなっており、縮小したと言ってもまだまだかなりの 逆鞘だし、シカゴ大豆の鞘も反転しそうな感じ。フェイントかもしれないけれどもね。 ゴムvs指数は、期近同士では少し縮小が始まったが期先同士では15くらい開いたままだ。 久しぶりに仕掛けようかなあ、と思うけどスリッページを1〜2ポイント食らうと、それだけ で苦しくなるのでちょっと躊躇している。3回くらいに分けて仕掛ければ良いのだが、沢山 張ると曲がりそうな気がするので、単発で1組仕掛けて数万円狙いにしておこうかな。 東京コーンの異限月も順鞘が開いてきた。当限が弱いけど、2005年5月限と2004年11月限で、 900円弱開いているのでそろそろ仕掛け頃だろうか。東京コーンvs福岡コーンも動いているなあ。 ゴムもコーンも新規で仕掛けたいし、大豆異限月を乗せたいけど、資金には限りがあるので どうしようか迷う。去年の年末頃にもいくつか候補があったが、結局、大豆の限月の勝算が 高いと思いこれだけを沢山張って、1〜2月に大損切りするはめになったから、全部をチョビ チョビッと仕掛けよう。しかし一番おいしそうなところに厚く張って大きく勝ちたいなあ。 Live Cattleは逆鞘が拡大中だが、どうも思ったより勢いが無い。逆行し始めそうな予感が。 日本市場の場帳は価格をコピー&ペーストしてExcelに書き込んでいる。海外市場の場帳は、 barchart.comからダウンロードしたものをExcelのオートフィルタ機能で抽出し、コピー& ペーストしている。日本市場はまだ我慢できるのだが、海外市場は米国市場すべての価格 データが入ったファイルだし限月が記号になっていて一目では分からないため面倒くさい。 またオプションのインプライドボラティリティを計算するためのファイルと、各限月の4本 値が入ったファイルと、鞘グラフのファイルに分かれているため、手作業でやるとかなりの 時間がかかってしまう。したがって「仕掛け時」が近いときを除き、1週間とか2週間毎に まとめて処理している。というか海外市場では銘柄が多いのでチャンスはほとんど無限にある ため、何回も「仕掛け時」を見逃している。というわけで作業をなんとか半自動にできない だろうか。そう思ってExcel VBAの本を紀伊国屋Bookwebで5冊発注した。先週届いたのだけど サッパリわからん。よって読む気がしない。使用するファイルが複数に分かれていて、 しかもそれぞれ別々のフォルダにあり、また限月がさまざまだし、銘柄によって「データ系列」 が1列多かったり。プログラムが得意な人にとってはさほど難しくないのだろうが、私が 最後に書いたプログラムは、競馬の馬連オッズから、各々の馬に賭けられた金額の割合を逆算し、 それを単勝オッズと比較することにより、過剰投票された馬を抽出するというもの。これは PC9801上でN88BASICで書いたものである。さすがにN88BASICとVisual Basicは全然違うなあ。 ところでMoore Research Centerというところから過去の海外市場のサヤ変化を研究したレポート を購入した。今までは自分でサヤグラフを書いていたが「過去のデータから判断して、サヤの動き が分かりやすく、利益が確保しやすいもの」をあらかじめ知っておいたほうがデータ整理がラクに なるので。購入したものは「Historical Live Cattle/Feeder Cattle Report 2004」と、 「Historical Grains Report」と、「Historical Interest Rates Report」の3つ。送料込みで 337USD。自分でやる手間と比較したら安いなあ。これはすぐモトが取れるだろうと思う。 Interest Ratesのスプレッドは「イールドカーブ」とか、ちゃんとした金融理論を理解してないと 意味が無いと勝手に思っていたが、金利が上がるか下がるかなんて誰も分からないし、マクロ経済 にリンクして動くなら、一旦動き始めたら順張りで取りやすいはずなので研究してみることにする。 穀物に関してはカンザス小麦と、CBOT小麦の鞘取りをやってみたくなった。いろいろ調べてみた ところ、カンザス小麦のほうがタンパク質が多くCBOT小麦より品質が高いらしい。つまり通常、 カンザス小麦のほうが上鞘にあるわけだ。これは東京市場で似た例を探すとNON大と一般大の鞘関係 に似ている。だから異限月の仕掛けよりも理屈を付けて仕掛けやすいのではなかろうか。 2004.5.30.(日)
ガソリン期近の暴騰は止まらず。すごい動きだ。こうなってしまうとヤバくてもはや近寄れない。 灯油の異限月を仕掛けてみた。9月売り11月買いを2組入れた。すぐに利が乗ったので1組 乗せたところスリッページ食らってかなり不利なサヤで約定した。欲張るとこれだ。。。 ガソリンの10月11月のサヤを見ると4番限5番限のわりに逆鞘幅が大きすぎるので、金曜日 のストップ安のときに10月売り注文を出した。もし成立したら11月を買うつもりだったが、 注文を出してから1時間くらいたっても成立しなかったので今回は見送った。月曜日に再度狙っ てみようかと思うが寄付で少し縮んでしまうかもしれない。2000円幅あるのなら仕掛けたいが。 NON大売り一般大買いのポジションは、なかなか利が乗らない。ときどき20万くらい利が乗るが、 サヤがギザギザになっているだけで利食うタイミングとは思えず、結局、利食わずに放置。 アラビカ売りロブスタ買いのポジションも放置。あと1000円くらい広がったらと思っていたが NYコーヒーが高値を更新しているじゃん。石油のおかげで東京アラビカは人気化していないが、 もし人気化すると東京市場も暴れん坊になるかも。というわけで安易な増玉はしないようにしよう。 久々にLive Cattleでサヤトリを仕掛けた。12月売り、8月買い。穀物がこれだけ下落しているのに、 昨年12月の狂牛病騒ぎで暴落した限月が暴落前の高値をあっさり超えて上昇しているので、 例年のシーズナルな傾向に逆行して逆鞘が急拡大するんじゃないかと考えてみた。どうなるか。 寄付前に成行注文を出したが、東京市場と違って、寄付は1本値では無いようだ。やはり不利な サヤで約定してしまった。しかし1枚ずつの仕掛けで600ドルくらいのプラス値洗いになってる。 ゴムは今年は1回しか仕掛けていないし相性が悪いのであまり見ていないけど、ゴムvs指数のサヤは きれいな波を描いているし、あれだけあった順鞘もほとんどなくなっている。かなり稼いだ方が いるのではないかと思う。漫然とサヤグラフを描くだけではだめで真剣に見なければいかんなあ。 2004.5.23.(日)
先週は石油の鞘が急変動した。ガソリン9月11月売り、原油8月10月買いを仕掛けていたが、 全玉損切りした。11月−10月のほうは放置しておいても大丈夫かもしれないが、あまり良い ポジションではなさそうになってきたので一緒に切った。ガソリン異限月は再度逆鞘が拡大して きた。11月売り9月買いを2つ仕掛けておいたので損切りポジションと相殺する形で落とした。 合計して約10万円のマイナス。異限月を仕掛けておいたおかげで随分助かった。しかし鞘の変動 が急すぎる。期近3本は、大口の売り方プレーヤーの踏み上げなんだろうか。理由はわからんが、 期近に近寄るのはしばらくやめておこう。買った瞬間に下がるような予感がして今更、買えない。 異限月の逆鞘は、もうしばらく拡大する可能性が高いが、ある日、突然急反転する予感がする。 NON大売り一般大買いのポジションは、一般大の下落のほうが大きかったため値洗いが悪化した。 しかし鞘のグラフを見る限りは誤差の範囲なので気にせずにポジション放置。増し玉したいけど 逆行したときに心理的に耐えられないような気がするので、7組のまま放置しておくことにした。 コーン異限月はポジションは持っていないが、この前の逆行時に全玉切って正解だったなあ。 期近がだらりとなった順鞘なので、順鞘縮小ポジションは取り辛い。一方で拡大狙いは苦手だ。 アラビカ売りロブスタ買いのポジションも放置。あと1000円くらい広がったら増玉予定。 金、土で半荘30回くらい麻雀を打った。そのせいで体調がおかしい。今日は早く寝よう。 2004.5.16.(日)
今週は海外市場はやらなかった。海外市場でのサヤトリのデータ整理をずっとさぼっていたので、 再びデータ整理を始めた。とりあえず灯油異限月のデータ整理をやっている。最初は金融商品の Spreadを調べようと思い、NOBとかTEDとかMOB spreadを調べていたのだが、どこかのページで 灯油のSeasonal Spreadが紹介されていたので、自分でデータ整理することにした。というか、 ずっと前から自分でデータ整理するつもりだったのを思い出したという理由が一番なのだが。 But土日も仕事していたせいでろくにデータ整理できなかった。データ整理もある意味仕事だが。 Spreadのチャートは海外サイトで販売されている。こういうチャートを買うという手もあるが、 やはり自分でExcelで作ったチャートのほうが見やすい。2つの原資産価格を終値で折れ線に、 サヤを棒グラフに、というのは自分の中で一番見やすいチャートなので、自分で描くしかない。 生データ(4本値)はbarchartからダウンロードできるが加工が必要なのでちょっと面倒くさい。 NON大vs一般大の当限同士のサヤトリは3営業日で利食った。2組で約7万円の利益。今月は これだけになりそうな気がするなあ。12月、2月のNON大売り一般大買いのポジションは、 相変わらず。早く縮んでくれー。そして縮んだら、また広がってくれー。とにかく動け〜。 ガソリン11月売り、原油10月買いを新規で仕掛けた。ガソリン9月売り原油8月買いは 仕掛けてから2ヶ月くらいになるが一向に利食えず。現在の大逆鞘でこのポジションは不利 だと思うのだが、値段が上がる割に鞘の広がりが少ないので、ガソリンの期中、期先の上値は、 あと少しで、そろそろ反転するのではないかと思って放置している。ガソリン異限月は、 再度逆鞘が拡大し始めるのだろうか。11月売り8月9月買いあたりを仕掛けようかなあ。 2004.5.9.(日)
連休前にポジションを減らそうと思い、灯油の異限月と灯油vsガソリンのポジションを利食った。 って言ってもほとんどトントンだったんだけども。コーン異限月は急に逆行したので仕切ってしまった。 腹立たしいことに少し損切りになってしまった。こんなことなら全玉利食っておけばよかったよ。 その他のポジションは放置。NON大vs一般大のサヤがなかなか動かない。まあそんなに早く動くものでも ないのだが。当限同士のサヤが逆鞘になったので順鞘化狙いで仕掛けたところ予想通りスリッページを 食らってしまった。1000円くらいの順鞘になったら利食う予定だが、このままだったりして。。 ゴールデンウィークにパソコンに詳しい友達を無理矢理つき合せて秋葉原に行った。512MBのメモリー と120GBのハードディスクと静音ファンと静音電源と8倍速DVD−Rドライブ等を購入して、 組み立てとセットアップを手伝ってもらった。狙っていた液晶ディスプレーは残念ながら売り切れだった ため近所の電気屋で購入した。で、現在は相場用パソコンに2台の液晶ディスプレーを繋げて、左に注文 画面、右にQUOTE画面&チャート画面というようになっている。けっこうかっこいい。気に入った。 海外市場での通貨先物だが、ここんところ曲がりまくりである。やっぱりある程度、仕掛けと仕切りの 基準を自分なりに定義しなければならないのだろうなあ。CMEでTime&Salesデータは販売されているけど、 1銘柄1年で400ドルくらいのようだ(Globex2 Japanese Yenの場合)。しかしプログラミングの腕が 無いので、「攻略できそうなパターン」を抽出することができない。どうするか考え中。とりあえずは 国内のさやとりで種銭を増やしてから考えよう。海外市場で遊んで資金を溶かすのはもうやめときたい。 2004.4.25.(日)
今週は久々に利食いが多かった。関西NON大売り東京NON大買いのサヤトリ2組を利食った。平均2700円幅 取れたからヨシとしよう。もうちょっと仕掛けておけば良かったけど関西市場なので少しでも仕方ないか。 東京コーンの異限月は2組利食った。逆鞘になった次の節で切ったら、やはりスリッページを食らった。 1つまたぎだが450円幅取れたからヨシとしよう。まだ2組残っているので逆鞘になったら利食うつもり。 ガソ灯油の9月限同士のサヤトリも利食った。灯油異限月も利食った。少し利食いが早すぎるかもしれないが、 東京NON大売り一般大買いのポジションが35枚売り7枚買いになっており、サヤが1000円動くと値洗いが 35万も動くため、すべてのポジションが一斉に曲がり始めるとちょっと精神的に保たないかもしれないと 思い腹8分で利食えるやつは利食っている。早く縮んで欲しいナア。逆に動いたらどうすっかな。うーむ。 最近、GLOBEXで通貨先物を毎晩やって遊んでいる。数日連続100〜200ドル勝って喜んでいたが、 やっぱりやられるときは500ドルくらいやられてしまう。損切りするのは仕方ないとしても、その日の うちに取り返したくなってしまい、適当にエントリーして、余計傷口を広げるという感じかな。 損切りのルールをもうちょっと考えてみるか。1日200ドル負けたら、もうその日はやらないとか。 今日は東京ビッグサイトの東京国際ブックフェア2004に行ってきた。パンの書籍が4割引で買えた ので、リンダラリーの定価28000円の本を買ってしまった。ちょっと高い気もするが原書も200 ドルくらいなので、日本語版が特別高いというわけではない。本は重いのでこの1冊で我慢しました。 ゴムvs指数、TSRvsゴム指数も地味ながらサヤが動いている。TSRのほうは連続限月になったので、 サヤトリがやりやすくなるのではないか。取引開始以来の同限月同士のサヤグラフを見ていると、 けっこう取れそうな気がする。アラビカvsロブスタもけっこう動いているが最近はご無沙汰してる。 2004.4.18.(日)
今週は穀物の乱高下が激しかった。ストップ高とストップ安の嵐。サヤトリを増玉しようと思ったけど 片方しか成立しないとヤバイので何もしていない。今週やったことは中部軽油−中部灯油を利食ったくらいで いいことも悪いこともなかった。どうせなら東京市場で仕掛ければ良かったが、約1万円取れたからヨシとしよう。 灯油の業転価格が下落傾向にあるが異限月のサヤのリズムだけを見ると9,10月vs6,7月のサヤは縮み始めた ような気がする。一旦手仕舞うか放置するか悩む。放置しておいてもし縮んだら拡大狙い増し玉としようか。 最近、株が元気だが、職場で「株なんて、どれ買ってもみんな上がるよ」と先輩に言われたので、「でも金が ないので買えない」と答えておいた。本当は「株はレバレッジが少ないし、限月が無いからつまらん」という 理由だが。また「原油、穀物、非鉄金属、貴金属全部上がるのでそっちを買ったほうがいい」とも言えなかった。 日本市場では昼間は仕事のせいで相場を見れないので、ポジションは基本的にサヤトリだけであるが、 帰宅後はGLOBEXで遊ぶ日が多くなった。まだ慣れないので「希望を持って」損切りを遅らせてしまう傾向 がある。どこで損切りするか決めてエントリーすれば、窓を開けて急変動しない限り、ほどほどの損に 抑えることができるのだが、評価損を実現損にして再度出直すのは難しい。画面にはGLOBEXの Japanese Yen,Euro-FX,British Pound,Swiss Francを表示させているが、基本的にポンドとかフランは ユーロの動きに追随しており、またユーロがドルに対し売られても円はユーロに必ずしも追随しないことが 多いことなどが分かってきた。ドルが買われれば、ユーロも円も下がると思っていたが、 そういうこともあるけど、そうならないときもあるという感じ。当たり前か。東京ガソリンではデイトレなら 10円で手抜けするし、異限月、異銘柄スプレッドに転化できる多彩性があるが、手抜けするためには約2.5tick (約28ドル)取る必要があるので、10tick取っても1/4が手数料になってしまう。このため欲張って20tickとか 30tickを狙っていたら、反転して損切りになったことも何度かある。難しいなあ。最近の目標は1日10tick 抜きで、もし取れたら、欲張らず取引をやめて寝てしまうこと。運がいいと数分でハイ、オシマイとなる。 毎日10tick抜ければ、1年勝ち続ければ1万ドル以上になる筈だ。実際は時々大きくやられたり、エントリー できない日があってダメなんだろうけど。Sugar#11 のCALLは買値の3.75倍で全部利食い転売しました。 2004.4.11.(日)
穀物は相変わらず強いなあ。東京コーンは、まだ順鞘が広がるのだろうか。一つまたぎにしておいて 正解だったかな。もう少し広がったら増し玉してみたい。資金効率は良くないがまあいいでしょう。 東京NON大売り一般大買いのポジションは、なかなか利食えず。やはり過去の実績から期近で仕掛ける のが正解なのでしょうか。なぜわざわざ期先で仕掛けたのかというと2002年11〜12月頃にNON大と 一般大の当限同士のサヤが8000〜10000円くらいまで急激に広がったことがあり、同じようなワナが あるのではないかと警戒をしているのです。しかしこれはなにか理由があるはずだと思い調べてみた。 「アメリカ大豆協会週報 November 25 2002」によると、「中国農務省は、海外企業は原産国発行の有効な 書類を提出しなければならないとするサーキュラー222を厳格に実施するとも述べ、大豆が米国産であれば、 輸出業者は大豆が非GMO製品であるという旨の米政府発行の有効な書類を提出しなければならない」という ニュースがあった。これを受けて中国向けに輸出可能な、ちゃんと分別流通されたという証明書付きの NONGMO大豆の需要がタイトになったというわけだな。これは中国内での大豆農家を保護するためと いうような話がどこかに書かれていたような気がするがソースは忘れた。中国ではGMO大豆を輸入する 場合は中国農務省から安全証明書を入手しなければならないようだが、この証明書の入手がいろいろ時間 がかかるらしい。というわけで最近のニュースから勝手な予想をすると、今年2004年4〜5月頃に2002年と 同じ状況(GMO大豆輸入が一時的にストップ、NONGMOだけ輸入する)が生ずる可能性があるのではないか。 そういえば関西NON大売り東京NON大買いポジションを先限で2組仕掛けていたら、利益が乗って来た。 しかし関西大豆は相変わらず変な動きをしている。あと1000円くらい取りたいところである。 ガソリン売り原油買いポジションは牛丼4杯分のミニ損切り後、縮小してきた。あー10万取り損ねた。 まだ1組残っているけどこちらは仕掛けコストが悪いのでまだマイナス。しかしそろそろ反転しそうな 予感がする。ガソ売り灯油買いも早めに仕掛けたポジションが足を引っ張っていてトータルではまだ マイナスだと思う。これはしばらく放っておく。灯油9月10月買い7月売りもまだ放置だな。 CSCEのSugar#11は急落したけど再度上昇してきた。しかし前回の高値を抜けれるかどうか。抜けられ ないのならCALLはまた下がってしまいそうだ。しかし抜ければ超おいしい。どうしよう半分食うか。 最近、帰宅後にGlobexでEuroとかJYをトレードしている。これまでは5分足を見ながらサポートライン で買い、ちょっと上で売るという感じだったが、先週はサポート割れしたら順張りでエントリーする という方法を試してみた。通貨は慣性がついた方向にしばらく動くので、数ティック抜きならけっこう 勝率が高い。しかし一取引単位が12万5000ユーロとか1250万円分の通貨なので急変すると 1000ドルくらい吹き飛ばすのだろうなあ。以前、ストップリミット注文を入れておいたら「ヒゲ」で かなり不利な価格で約定したので、最近はストップリミットの損切り注文は入れず手動でやってる。 2004.4.4.(日)
昨日は近所の公園の桜の木の下で昼間から酒盛りをやったので頭が痛くしかも気分も悪い。 滅法酒が強いK君に、みんなで日本酒をガブガブ飲ませて潰すことに初めて成功した。 東京コーンで2005年3月売り2004年11月買いを4組仕掛けた。スリッページを150円食らった ので仕掛けた日の終値で早くも値洗いマイナス6万円になった。くそー。まあ放っておけば、 逆鞘になるだろうと勝手に期待しておく。もし順鞘が広がったらガシガシ増玉してゆく予定。 あと2000〜3000円くらいコーンが急騰して順鞘が広がってくれたら増玉したいな。 ガソリン9月売り原油8月買いを3組仕掛けていたが、ガソリンは寄付で大幅下落しても 大引けまでには値を戻すことが多く、買い意欲がまだ衰えていないような印象を受けたので 2組損切りして牛丼4杯分くらいのマイナス。2組で一時10万円くらいマイナスだったから、 まあまあの損切りだろう。まだ1組残っているがこれは当分放置する。11000円超えから 縮小狙いで増玉をしてゆくつもり。灯油vsガソリンは2組になっている。9月10月を1枚 ずつ買って7月を2枚売り。そのうち灯油の6月7月あたりがじわじわ下がって順鞘が 今よりも拡大するだろうと期待。そういえば灯油9月買いガソリン9月売りが2組あった。 1組目の仕掛けが早すぎたので合計するとまだマイナスになっている。NY原油は少し下落 したけどPUTはまだ買値付近をウロウロしている。一旦30ドルくらいまで急落してくれる と嬉しいのだけど急落するような理由はあまり思いつかない。IVがまだ低水準であることと、 満期日までまだかなりありセータはあまり気にならないので、しばらく放置しておこう。 NON大売り一般大買いは12月限同士が4組、2月限同士が1組になった。12月限同士の最初の 2組の仕掛けコストが悪いがまあそのうち利食えるだろ。大豆は値動き荒いのでコワイね。 関西NON大売り東京NON大買いは2月限同士で1組仕掛けてみた。1000円毎くらいに増玉 しようと思っていたがこのまま縮んでしまうかもしれない。まあどっちでもいいや。 CSCE Sugar#11は一旦暴落したが少し値を戻した。価格水準は下がったがIVが上昇したおかげで CALL買玉は買値の2倍以上の価格を維持している。半分転売すればノーコストの仕掛けに転化 できるがこのままポジションを維持してみるか。Live Cattleは82CALL買い86&90CALL売りだった のだが満期日直前に原市場が80付近をウロウロしており、82CALLを転売するか、満期日まで 粘って82越えに期待するか迷ったが前者を選択した。結果的に82を越えずに満期を迎えた。 結局このレシオスプレッドの収益は手数料込みで170ドルほどのマイナス。まあまあ楽しめた。 久しぶりにGlobexでJapanese Yenをトレードしてみた。今回はなんと23tickゲットできた。 9647で買い、9630で損切りしようと思っていたんだけど一時9635くらいまで下がってきたので 損切り注文の指値を入れてクリックする準備をしていたら急反転し9670を越える水準に。 9700を目指すかもしれないと思ったが利食えることに感謝し9670で転売し利益確定。 EURO-FXの6月限の1.3700CALLはそろそろセータが効いてくるので完全に紙屑になる前に 転売した。11tickで買い6tickで転売したので−12.5USD×5tick×3枚−手数料のマイナス。 2004.3.27.(土)
福岡コーンは期近2本が異常にディスカウントされており、これ以上の深追いは危険と判断し 完全に撤退した。東京コーンの先売り期中買いは、そろそろ仕掛けたいと思っているのだが、 損切りが続いているため自分の判断に自信が持てない。日柄的にそろそろかと思っているが。 福岡vs東京コーンのサヤも開いてきた。先2本だけでじっくり仕掛けてみたいと思っている。 NON大と一般大のサヤは当面は旧穀のポジションを取るのはやめて新穀だけにしようと思う。 12月同士で2組仕掛けていたが仕掛けが早すぎて1800円も逆行してきたため、更に2組 仕掛けてみた。仕掛け時に前日終値比で300円幅くらい損したが気にしないことにしよう。 平均仕掛けコストは4340円になった。早く2000円くらい縮んでほしいな〜。 関西NON大と東京NON大のサヤが開いてきた。はっきり言って関西NON大の値動きは滅茶苦茶 である。シカゴ大豆が暴落して東京NON大がストップ安なのに関西はストップ高だったりする。 先3本の標準品は東京NON大と同じなので裁定が働くのなら5000円もサヤが開くことはありえない と思うのだがインチキだから仕方ないか。3000円程度の売り上がり覚悟で期先で1組ずつ行こう。 石油のスプレッドは合計5組のままである。サヤが200円動くと損益が10万円動く。慣れて きたと言っても心臓に悪い。片張りで10枚単位で張る人は鋼鉄の神経を持っているのだろう。 NY原油がようやく少し下がったが、NY原油のWeeklyとかMonthlyチャートを見ると、 まだまだ長期トレンドは上という感じがする。ドルが減価していることを考えると40ドル という値位置はあながち馬鹿げた高値ではないのかもしれない。20tickで買ったCLオプションは 15tickくらいまで下がっていたが今回の原油の下落で一時20tickまで復活した。金曜日の引けでは 18まで下がってしまったが、まあそのうち調整局面で3ドルくらい下がってImplied Volatilityが 上昇したときに少し利食えるか、手数料損くらいで抜けれるだろ。9月限だからまだ時間あるし。 そういえば中部軽油9月売り中部灯油9月買いも仕掛けているが1組だけなので、他のポジション のほうが気になっているので損益はあまり関係ない。東京で仕掛ければよかったなあ。 CSCEのSuger#11のコールは買値の3倍くらいになり、これはひょっとして大儲けできるかもと 思っていたら先週、木、金の2日間で一気に原市場が20%くらい下落してしまった。ひどい。 Implied Volatilityが上昇しているためたぶんトントンくらいで仕切れると思うがひどすぎるよう。 東京粗糖は月曜もストップ安だろうなあ。ひょっとしたら火曜日もストップ安だろうなあ。 Euro-FXのコールは紙屑同然になってしまった。もし先週末の終値で転売すると150ドルくらい 戻ってくるが、最近は乱高下が激しいので300ポイントくらい原市場が戻るのを期待して放置。 Live Cattleのスプレッドは一時利益になっていたが欲張って放っておいたら下落してしまい、 今はほとんど無価値になってしまった。200ドルのリスクで1000ドルを狙ったスプレッド だったので仕方ないか。82CALLだけ転売して数十ドルだけでも取り返すかどうか思案中。 2004.3.20.(土)
先週は春休みを取って香港旅行してきた。ホテルの手配等が面倒くさかったのでHISのツアーを 利用した。3泊4日でホテル代、空港利用税等込みで45000円くらい。北海道とか沖縄に行くより 安いのではないか。こんなので利益が出るのだろうかと心配になってしまう。 目の前で捌く北京ダックは絶品であった。1匹を3人で食べたので量が多すぎて、うぷっ、という 感じだった。フカヒレも旨かったなー。しかし一番旨かったのは四川料理屋でたべた回鍋肉だな。 日本で食べると単なるキャベツと豚肉の甘ったるい味噌炒めという感じだが、全然別物だった。 麻婆豆腐も旨かったなあ。食い過ぎて翌朝大変だったが。飲茶屋で食べたカニシューマイも旨かった。 旅立つ前に、福岡コーンの順鞘が広がったのでちょっと早い気がしたけど期先売り期中売り5組の 注文を出しておいた。帰国してみるとスリッページを200円ほど食らい、しかも予想通り仕掛けが 早すぎて因果玉になっていた。東京市場でも1月売り7月買いを1組だけ損切りせず残しておいたが、 それも見事な曲がりっぷり。だから帰国するとすぐに7割方損切り。福岡で2組だけ残してみた。 19日になると福岡の仕掛けが更に曲がって来た。1300円超えたら増し玉しようと思っていたので たった1組増し玉してみた。次は1600〜1800円くらいで3組くらい増し玉してみる予定。 東京コーンは3番限6番限同士で1000円くらいから再エントリーしようと思っている。 NON大売り一般大買いのポジションは一旦縮小した。NON大10月の動きがおかしい気がした。他の 限月が前日比マイナスの節に、10月限だけ400円高だったりして妙に強い。もし自分でスクイズする ならNON大の10月にすると思う。4月、6月同士のNON大一般大のサヤは十分縮んでいるので、 同じように縮む可能性は高いのだが、それを逆手に取って7000円くらいまで担がれるような 予感がする。根拠は無いので杞憂かもしれないのだが。というわけで現在は12月限のポジション だけです。2月、4月でもう少し開いたら増玉しようと思っている。2組仕掛けると倍率は100倍 だけど大豆のサヤは大きく動くため、ガソリンvs原油等の石油スプレッドよりも遙かにコワイ。 石油のスプレッドは合計5組になってしまった。ガソvs原油を3組と、ガソ9月売り灯油9月買いを2組。 ちょっと仕掛けすぎかもしれない、ドキドキしてる。原油期先とガソ期先のサヤは11000円に抵抗ラインが ある感じ。期先同士でここまで開くことは少ない。しかしあと1000円くらい広がるかもしれないなあ。 ガソ9月−灯油9月のサヤも頭打ちか。サヤがブレークする方向は灯油のほうが高くなる方向だと信じて いるが、ガソvs灯油の期近同士、期中同士を見ているとまだ逆行するかも。ここからの増玉は10月限で。 中部ガソリン当限売り中部灯油当限買いのポジションを仕掛けていたのだが2万円くらいの利益で終わった。 しかし予想に反しガソリンが強かった。さっき気づいたのだが、灯油の当限が業転価格に近づくために 値上がりするだろうという予想だったら、灯油当限を買うだけかもしくは、当限買い+3番or4番限売り という仕掛けにしておけば良かった。そうすればガソリンの動向にやきもきせず、もっと美味しかった。 NY原油は歴史的な高値圏にあるのにもかかわらずImplied Volatilityはかなりの低水準にある。ということは 数ドルくらいドドドと下がるとIVは急上昇する筈である。というわけで9月限25ドルプットを5枚買って みた。現在は40ドルを目指す値位置にあるけどなんでもいいから一旦ほどほどに下落すればIVが上昇して 利食いできるチャンスがあるだろうという狙い。プレミアムが半額になったら転売&損切り予定。 Live Cattleは下落を始めてしまった。アメリカの一部の民間業者が日本向けの牛肉を全頭検査するという 方法で日本向け輸出を再開する方向らしい。このニュースが出た後にもし暴騰したらコールを売り抜けよう と思ったのだが材料が一般化すると利食い売りが出るようで下落してしまった。あと2週間弱で満期日 なのでものすごい勢いでタイムディケイしている。レシオスプレッドなので満期日まで放置しても最大で 200ドルくらいの損失になるのでもう少し放置してみようかどうか迷っています。どうしようかな。 CSCEのSugar#11のCALLを2枚ほど買って放置していたが知らない間にプレミアムが2.5倍くらいになっている。 と言ってもFAR OUTなのでたいしたプレミアムではないが。もし今、転売すると200ドルくらい儲かる。 円が下落したときJapanese Yen のCALLを何度か指値したが、結局、1枚も買えなかった。もし指値が 通っていたら多分3000ドルくらい儲かっていたんだろうなー。もう少し甘い指値にしておけば。。 代わりにEuro FXのFAR OUTのCALLを3枚買ってみた。権利行使価格は1.3700なので滅茶苦茶遠い。 1.2700くらいまで急上昇したら転売しようと思っているが、既にIVが高いときに買ったから多分損になる。 2004.3.7.(日)
NON大売り一般大豆買いのポジションを徐々に増やしている。現在は8月限で1組、10月限で1組、 12月限で3組、2月限で1組の合計6組。4月限のサヤがほぼ同鞘になってきたので少し安心? 異限月なんてやらず最初からこっちを沢山張れば良かったかもしれないが、6000円とか7000円 まで広がる可能性も無いわけではないので結果論かな。早く縮んで欲しい。あと1000円取りたい。 関西NON大売り東京NON大買いのポジションは、たった1組だが3890円幅ゲット。うれしいな。 大豆旧穀買い新穀売りを仕掛けようかどうか迷っているが大逆鞘なので仕掛け辛い。どうしようか。 コーンの異限月は7月9月買い、1月3月売りを合計3組仕掛けていたが大豆と石油のポジションを 増やしたことと、なんとなく嫌な予感がしたため2組損切りした。約2万円のマイナスとなった。 ガソリン売り原油買いはガソリンが2日間連続ストップ高だった日に1組目をエントリーした。 翌日、期待通りガソリンが大幅下落したので1組乗せたところガソリンが急反発したのでその日の うちに乗せ玉を損切り。しかしそのあと海外の原油が高かった日に東京原油の伸びの割に、ガソリン 5月限の伸び方が鈍いと感じたためそろそろ基調変化と見てガソリン売り原油買いを2組乗せた。 ガソリン売り灯油買いの9月限の仕掛けは損切りも視野に入れていたが流れが変わったと感じたので 放置することにした。業転価格の推移とガソリン、灯油の当限価格の推移を比較してみると、 当限ガソリンと当限灯油のサヤはもっと縮むと思う。しかし納会まではまだ時間があるので灯油の 業転価格が大幅下落してゆく可能性もある。したがってとても当限で仕掛ける気にはならない。 毎晩のようにGlobexでEC(ユーロドル)で遊んでいたら、ついに大きくやられた。「大きく」と 言っても最初に200ドルやられ、そのあと取り返そうと思って600ドルやられた程度だけど。 200ドルやられた時点でやめりゃあいいのに、その日のうちに取り返そうとして返り討ちにあう ところがあまりにも愚かしい。以前と比べると「取り返す」という気持ちはだいぶ抑圧できるように なったつもりだったが、やられたあとに全然成長していないことに気づき、ブルーになった。 Live Cattleは再度上昇を始めた。4月限価格は狂牛病による暴落以前の価格帯の下限レベルに近づき つつある。現在のポジションはブル型の変形レシオスプレッドなので価格があと数ポイント騰がる のは大歓迎である。しかしなんでこんなに強いのだろうか。日本への牛肉輸出が止まっているのに これだけ強いということは近いうちに輸入が再開される可能性が高いか又は旺盛な需要があるのか。 まあ単純に穀物飼料が高いからウシの値段も上がっているのかもしれないが。 去年から今年にかけて大豆でおいしい思いをしたり、大損切りを余儀なくされたり、いろいろあった。 つーわけでちょっと勉強しようと思い書籍を購入した。1冊目は「遺伝子組換え作物と穀物フード システムの新展開」立川雅司 著、農文協。2冊目は「アメリカの穀物輸出と穀物メジャーの成長」 茅野信行 著、中央大学出版部。3冊目は「ブラジル大豆攻防史」青木公 著、国際協力出版会。 パンの「穀物取引入門」は凄く物足りなく感じたが上記の書籍を読むことによって物足りなさは 解消された。というか多すぎてまだ全部読んでいない。また、googleでいろいろ検索して見ると、 様々な情報が手に入った。英語じゃないとダメかと思ったが日本語でも十分使える情報が多い。 「ブラジルがGMO大豆生産を許可した」という話もあった。これだけの材料から判断すると、 世界のGMO大豆の供給量は増える傾向、NON大は割合としては減る方向となり、NON大と一般大 のサヤは広がるのではないかという気がする。しかし実際には受け渡しされる品物の品位が おそらく低グレードであるがゆえに納会時にはNON大と一般大のサヤは縮むことが多いようだ。 この辺の細かい考察を自分なりにまとめてみたが支離滅裂になったのでまだ記載できません。 2004.2.28.(土)
さっき気づいたのだが、場帳の日付が2003年になっていました。ありゃ。脳味噌とろけてる。 先週は東京NON大売り一般大買いを12月限と2月限で仕掛けました。NON大2月の発会日は全限ストップ高で 当限〜5番限の買い注文が入らない人が代替限月として2月限を買っていたせいで2月限が12月限に比べ割高に なっていた。12月の買い注文を30枚出し、もし成立したら2月を売ろうとしたがヤッパリだめだった。 しかし倍率50倍の一般大2月の買い注文は1枚だけ成立したため倍率10倍のNON大2月を5枚売り。 コーンは7月9月買い1月3月売りを合計3組ほど仕掛けてた。逆鞘拡大狙いなので大豆と同じ目に遭わない ように深追いしないよう気を付けたい。今回は旧穀買い新穀売りだからこの前やられた大豆異限月よりリスクは 小さいと思っている。しかしCZ4(シカゴコーン2004年12月限)を見ると、期近限月に比べて逆鞘幅が小さい。 よくわからないけど大豆とは状況が全然違うのだろうなあ。失敗したかもしれないと心配になってきた。 灯油9月買いガソリン9月売りを仕掛けてみたが、灯油が急落しさっそく曲がっている。5月限あたりで、 ガソリン買い灯油売りを仕掛けてホールドすべきだったなあ、と今年も反省。過去のサヤを見ると9月限は ガソリンが灯油に対し大きく上サヤになることは少ない。しかし2000年まで遡ると4000円くらい 上サヤになっている。さすがにあと2000円幅売り上がる気はしないが、私と同じような仕掛けをした 人が一斉に踏む日が増玉最適日だろうか?でも危ないから一旦損切って、10月限あたりで再エントリー しようと今は思っている。しかし来週になると気が変わるかもしれない。どうしようかな。 ガソリンvs灯油よりもガソリンvs原油のほうが好きなのでガソリンがあと2000〜4000円くらい上がって、 原油とガソリンのサヤがあと1000円くらい広がったら期先でガソリン売り原油買いを仕掛けてみたい。 枚数は少な目、損切り幅は広め、増し玉はゆっくりで最大5組くらいまで仕掛けて、数十万円狙いで。 先週はGlobexでEC(ユーロドル)、JY(ドル円)で何回かトレードした。そのうち大きくやられると思って いるけど、なぜかほとんど負けない。しかしせいぜい5〜10ティック抜くだけなので1回あたりの 利益は50〜100ドルくらいである。仕掛けてから利食うまでの時間は早くて数分〜1時間くらい。 50ドルでも100回勝てば5000ドルになるのでバカにせず地道にやっていこうかなと思う。 でも100回勝つ前に急変動に巻き込まれて一気に2000ドルくらいやられ「もうやらん!」とか 言い出すのだろうなあ。特にユーロは仕組まれている!と叫びたくなるような動きをすることがある。 5分足を見ていて一気に50ティック上がったと思ったら100ティック下まで落ちていたりする。 2004.2.15.(日)
現在のサヤトリのポジションは関西NON大売り東京NON大買いを1組仕掛けているだけとなっている。 異限月の仕掛けは、一旦逆鞘が1000円くらい縮んだら、大豆12月売り6月買いか、2005年2月売り 2004年8月買いあたりを仕掛けようかと思っている。97年と同じパターンならこれでいけるはずだ。 97年はシカゴ大豆の旧穀と新穀のサヤが2/10頃から一気に約160セントの逆鞘まで急拡大している。 一方今年は12月頭にはすでに約100セントの逆鞘になっており、現在までの最大逆鞘幅は約140セント。 旧穀8月限の高値は97年は約850セント、今年は今のところ約800セント。東京大豆12月−6月の 逆鞘幅は97年は約−500円から約−12000円。今年は約−3000円から約−6000円。 つまり逆鞘幅がもっと広がる可能性は十分であると考えられる。でもなあ97年と比べると10月−4月の 逆鞘拡大量が少なすぎる。だからこの前のポジションで大負けしたんだけど。何も考えず期中6月8月あたりを 成り行き買いして放っておくのがいいかもしれない。だが先物価格が急激に3000円下落してもサヤの変動は おそらく1000〜1500円程度となりボラティリティを下げる効果があるのは確かなので片張りはしない。 灯油の業転価格は約31000円のようだが東京灯油当限は28690円。業転価格が先物価格にサヤ寄せするのか、 それとも逆か。取組は見てもわからないけど岡地の灯油当限の取組(2/12)を見ると知らないあいだに、 他店と比べて最大の買い店になっている。どうなるんだろうか。やっぱり上がるのか? 灯油とガソリンの5月とか6月同士のサヤは、例年はガソリンのほうがガンガン上がってかなりのサヤに なっている。しかしいまから順張りで拡大を狙う気はしない。一旦1000円か1500円縮んで欲しいな。 ガソリンの異限月は8月買い5月売りを仕掛けようかと思ったがどうも5月限は売り辛い。だから見るだけ。 ガソリンの3、4、5月は順鞘になっており、しかも業転価格も灯油と比べて弱い。しかしやっぱり怖いわ。 Globexで何回かEUROとJYをトレードしてみた。1ティックで12.5USDで、手数料が往復で約28USDなので、 2ティックしか取れないと3ドルくらいのマイナスになる。だから5〜10ティックを狙って何回かトレード してみた。5分足を見ながらイントラデイチャート中でなんとなくサポートされているラインで買い、即座に 数ティック上に売り指値するという方法。取れるときは簡単に取れるのだが、ずーっと価格を見ていると、 まったく突然に50ティックくらい値段が吹き飛ぶことがあった。幸いこういうのには巻き込まれていないが、 巻き込まれたら1枚でも数百ドルくらい一気にやられるのは間違いない。ストップリミット注文も出せるように なっているけども、こういう急変動のときにストップリミットで損切り注文が成立するのかどうか不明。 JYのImplied Volatilityが低水準になってきた。Barchartで表示されていた売り気配値にぶつける形で買い注文を 入れたが注文が成立しなかった。残念。仮に注文ができた場合でもコンファームがあまりにも遅すぎるので、 はっきり言って腹が立ってくる。この買いが成立したら、こっちを売ろうとか思っていても1時間経ってから 「成立しました」ってなってももう価格が変わっているからなあ。もっと早くなってほしいなあ。 シカゴダイレクトからお知らせが来た。SIMEXの日経225とか、EUREXのDAXとか、米国以外の市場でも 注文が出せるようになるらしい。これは朗報だぞ。しかし日経225が開いている時間はオシゴトなので、 日本時間で夕方から開くDAXができたらいいなあ。DAXは完全電子市場らしいので約定連絡も早い筈だ。 過去データの安価な入手方法、安価なリアルタイム情報アクセス方法を探しているところです。 2004.2.8.(日)
自分のサヤ取りの損切り規定はあまり厳密ではないが、思ったより長期戦になったら切ったほうがいい、 というルールをすっかり忘れていた。というわけで大豆異限月を全部切った。泣きたいくらいやられた。 ポジションが軽くなったので気分爽快だ。意地張らずにさっさと切ってしまえばよかったと思う。 しかし切った後、逆鞘が急拡大したらかなり悔しいと思うので、できればそうならないで欲しいな。 何故か知らないがガソリン5月限が最も強いので5月を買って7月を売っておいたら、利益が乗った ので利食った。またガソリンが何故か灯油よりも大きく下落した日、ガソリンのリバウンドがあると 思い、ガソ5月買い灯油4月売りを仕掛け翌日利食った。機会見て再度同じポジションを取る予定。 CSCEのSugar#11のCALLを2枚ほど買ってみた。どうみてもだらだらと下げているのだが、長期の オプションなので権利行使価格まで価格が届かなくともボラティリティが上昇しさえすれば良い。 無価値になる可能性が高いがこういう宝くじみたいなポジションもいい。放っておくだけだから。 Live Cattleはここんところ下げている。2月限は満期日を迎えた。狂牛病ショックで損切りした PUT売玉をもし放置していたらそうなったか。→プレミアム丸取りで満期日を迎えることができた筈。 まったくいい経験したもんだ。市場参加者の恐怖感に過大な値段が付いていたことがよく分かる。 4月限のPUTはまだボラティリティが高い。一番アウトの権利行使価格の58PUTのIVは2/6現在 で38%。売り頃だと思うが、もし売りを仕掛けたとして受け取りプレミアム120ドルに対し、 手数料が30ドルくらいかかる。かと言って62とか64PUTにすると今度はデルタが大きく なってくるため一時的にせよ、思ったより下がった場合にポジションを維持しづらくなる。 GlobexでJapanese Yenをトレードしてみた。電子取引なので東京ガソリンを取引しているのと 差がなくスムーズ。シカゴで取引しているとは思えないほどスピーディな取引ができた。取引 サイズは1250万円で証拠金は多分3000ドルくらい(1枚単位での超短期売買なので気にしてない)。 丸代金比較で東京ガソリン4枚分くらいか。東京ガソリンの期先と比べるとbid/askが広い時がある。 ガソリンの期先のbid/askは1〜2ticksだが(10〜20円)、Globex JYは狭いときで1〜2tick、広いときで 10tickくらい開いていた。だから注文は気配値を見ながら全部指値で行った。barchartのCMEの 1分Snapshotというやつを使っているけどもGlobexに限っては1分じゃなくてもっと更新が早いよう である。完全なリアルかどうかは分からないが。指値なので指値ピッタリの価格で成立すると 思っていたら必ずしもそうではなかった。3〜4tick有利に成立したことが2度もあった。1tickで、 12.5USDなのでデカイ。誰かが成り行きで注文したのだろう。緊急の損切りの場合を除き、 気配値見ながら指値というのがお勧めだと思います。JYよりEuroのほうが値動きが激しいと感じた。 2004.2.1.(日)
シカゴ大豆が30セント安で引けた日の東京大豆はさすがに終日ストップ安かなあと思っていたら、 ほとんど下がらなった。日本と海外は必ずしも同じ動きをするわけではないが、東京大豆は 当分下げたくないらしい。というわけでこのままNON大は逆鞘が拡大しないような可能性も 十分考えられる。一般大の10月−4月は逆鞘が拡大したけれどNON大のほうはあまり変化なし。 というわけで間違いを徐々に渋々認め、ポジションを更に減らして現在は20-20となってる。 年末年始で頭の中で候補に上がった仕掛けは、NON大異限月(8月10月売り2月4月買い)、 NON大売り一般大買い、コーンの先売り期中買い、といったところだが沢山仕掛けたNON大 異限月だけ思惑通りになっておらず、ため息が出てしまう。欲張らずにいろいろな仕掛けを ちょこっとずつにしておけばよかったなあ。今年は取れそうなときに思い切り張ってみようと 欲張ったのがいけなかったか。欲望ってのはまったくもって転落への第一歩だなあ。 ガソリンと灯油の鞘が縮んだら、ガソ買い灯油売りを仕掛けようと思って狙っていたのに、 急激に拡大してしまった。追っかけで取れるかもしれないがきっと罠に違いないので、 再度縮小するまで2週間くらい待とう。このまま拡大してしまうと悔しいだろうなあ。 ガソリンと原油の鞘が(なるべく期先同士で)、びよーんと急激に開くのをずーっと待って いるけど、なかなかそういう状況にならない。期中とか期近ではそれなりに動いているけど。 Live Cattleは放置。2月限のプットが無事に満期を迎え無価値になって欲しいナ。 あとはできれば理由は何でもいいけど10ポイントほど爆上げして欲しいなあ。 以前、Opportunities in optionsでオプションのボラティリティチャートが見れたので、 チャートが新しくなっていないだろうかと思って見てみたら、無くなっていた。 しかし無料レポートが見れるようになっていた。無料と言っても内容は非常にためになる。 説明付きでタイムリーなオプション戦略が載っている。David L.Caplanが創設しただけあるね。 IV Chartは結局、暇を見て自分で作っている。穀物とか牛をやるなら原市場の動き、サヤの動き、 限月間のIVの動きを分析する必要があるため。生データはbarchartからダウンロードしている。 過去データが少ないので「いつも素晴らしいサービスに感謝しております。しかしながら一点 だけ不満な点があります。それは過去データが乏しいことです」といった内容を稚拙な英文に 直しメールしてみたが返事無し。しかし知らない間に先物価格の過去データは増えていました。 でも残念なことにオプションデータは増えていなかった。これは容量の問題があるので仕方ない かもしれない。ネット上で有料で過去オプション約定データを入手できないかどうか探してみた けど見つからなかった。過去の大相場時(主に大豆やコーン)のデータを見たいのだけど。 休みを取って香港あたりに遊びに行こうと計画していたが、狂牛病の次は鳥インフルエンザが 蔓延しているせいで危なくてアジアに行くのはやめておこう。でも損切りだらけで予算が無い。 2004.1.25.(日)
懸案のNON大豆は45000円の壁を上方ブレークしそうでしない。サヤはほぼゼロ付近でウロウロ。 45-45ではさすがに自分にとってはポジションが大きすぎるため、異限月の仕掛けはそのまま 放置してNON大15枚売り一般大3枚買いの仕掛けを若干の損で仕切った。そしたらこちらは仕切後に サヤが縮小し異限月のほうはサヤがやや不利に動いた。あーすべて曲がってる。今度は異限月を1/3 切って30-30にしてみた。これでもまだ大きすぎる気がするが気分的にはかなり楽になった。 曲がっているけどいまだに逆鞘は拡大すると信じているので全部損切る気はしない。根拠を問われる と困るのだけど直近の安値である12/25を起点に10月限が4000円も上昇して逆鞘が2000円も縮小 したわけだから必ず修正が入ると思う。でも相場に絶対は無いから全部損切りする可能性も十分ある。 ガソのポジションは7月売り5月買いを一旦利食った。ガソ売り原油買いはなかなか縮小しないし、 ポジションがだんだん期近に近づいてきたので全部損切り。タイミングみて期先で再エントリー。 ガソリン原油の拡大仕掛けは今まで1回しか取ったことがない。どうも拡大狙いは苦手だ。 縮小狙いは何度もやられているのだが時々かなりおいしい思いができるのでやめられない。 損切り規定をもう少し厳格化すれば利益を伸ばせると思う。今年はサヤ拡大も狙ってみるか。 Live Cattleの中心限月の2月限は年末の狂牛病ショックで大幅下落したリバウンドで2〜3日間 ストップ高になっていた。オプションの満期日までは2週間くらい。今度こそプレミアム丸取りだ。 日本がアメリカから牛肉を輸入するようになるのはいつになるのか。珍しく日本の対応は強気だ。 しかし外圧に弱い日本は結局向こうの案に譲歩し輸入再開すると予想している。Live Cattleの 4月限の90CALLを売っているが、突然輸入再開になってコールのボラティリティが急上昇すると 嫌だなと思い、82CALLを買い86CALLを売りCALLのレシオスプレッドにポジションを変形して みた。残念ながら差し引き受け取りプレミアムで仕掛けることができなかったため、価格が 下がると損失が発生する。ただし損失額は一定で約200ドル。価格が上昇した場合は82.5を越えると 1ポイント毎に400ドル利益が発生し最大利益は約1400ドル。更に爆上げした場合には93.5を越えると 損失が発生するが今は75くらいだからまず大丈夫だろう。つーわけで2月に輸入再開されないかなー。 2004.1.17.(土)
ガソリンと原油のサヤトリはずーっと値洗い真っ赤のまま放置してあるのだが、今週は一層 傷口が広がったようだ。ガソリン期近の強さが不気味である。異限月を仕切ったのがまだ悔しい。 Live Cattleでやられて以来、狂牛病関係のニュースが気になる。日本の牛肉はほとんどがアメリカ 産とは知らなかった。オーストラリアとか南米とか、いろんなところからバランスよく輸入している と思っていた。近所の吉野屋に行ったら閉まっていた。仕方なくスキ屋に行ったけど不味かった。 0.50で売ったPUTは昨日の終値は0.025になっていた。ちなみに損切りした66PUTもほとんど無価値に なっており、パニック売り時に持ちこたえられる証拠金があれば損失は僅か(75PUT売りの損失) で済んだようだ。今更こんなことを言っても仕方ないけど資金は多いほうがいいということ。 今の一番の悩みのタネはやはりNON大豆異限月サヤトリである。10倍だけどポジションが45-45に なっているためサヤが1000円動くと損益が45万円動く。今は値洗いが真っ赤になってしまった。 東京NON大の期先が強い。強い理由はもちろんシカゴ大豆が再度上伸を始めたことが大きい。 2chとかいろいろ見ていると「中国は旧穀の買い付けはやめて新穀に切り替えた」などという 噂話などが出てきており本当か嘘か分からないけど不安になってきてしまうなあ。 ところで日本の大豆輸入国はアメリカ以外の主な国はブラジルである。通関統計を見ようとして いろいろネットで情報を集めていたんだけど日本は大豆の十数パーセントをブラジルから輸入 しているそうだ。もうちょっと多いと思っていたが思ったより少ないんだね。 「穀物のことを知ろう」をよく読むと、ブラジル産大豆はNON大として輸出されているけど 実質はGMO大も混ざっているからもし検査で混入が実際に検出されると大変なことになるだろう というようなことが書かれていた。また中国はいまのところ安全性の観点からNON大を輸入する というようなことが書かれていた。このことから考えて中国の輸入が大豆高騰の一番の原因 なのだからGMO大豆よりもNON大豆のほうが一層需要が逼迫するだろうと推定できる。 南米産大豆は日本国内では全大豆輸入量の1/7以下であり、しかもGMO混入リスクがある。 だから商社はNON大としては信頼性の高い米国産のみを集中的に扱っているのではないか。 よって需給逼迫時に南米産大豆が出回ることによる逆鞘化は、一般大豆の期先のみに作用し、 NON大に対してはあまり関係ないのではないか。自分のポジションに不利な材料だなあ。 12月限以降は来年度の米国産大豆が出回るので12月限が一番安くなっているのは理解できるが。 次に相場の「人気」についてちょっと考えてみたい。東京一般大と東京NON大を比較すると、 後者のほうが圧倒的に出来高が多い。手数料が高いNON大のほうが出来高が多い理由が理解 できないなあ。外務員が一般委託者に手数料を高いほうを勧めているからだろうか。それとも 倍率が小さいので小資金で取引できる参加者が沢山いるのだろうか。中部の石油銘柄も出来高 が多いけど同じ理由だろうか。それはさておき一般に出来高が多いほうが一般市場参加者の 「人気」がサヤを動かす要因になると考えられる。NON大のほうが出来高が遙かに大きいので 期先を買っている一般参加者も多くなっていると思う。これにより逆鞘が急激に縮小している というふうに考えられる。私がポジションを作ったときにはNON大と南米産大豆の関係に ついては深く考えておらず、そろそろ人気が一旦剥げて逆鞘拡大するだろうと思っていた。 しかしいろいろ考えると人気もクソもなくこのまま順鞘化する可能性もないわけじゃないな。 あー不安だ。上と同様の理由(南米産大豆の輸入はNON大の価格圧迫要因にはならないという 推定)によりNON大と一般大のサヤは、大きく開く可能性もあるなあ。理由はどうでもいいから NON大の逆サヤが拡大し、NON大と一般大のサヤが縮小することを毎日お祈りしています。 2004.1.11.(日)
ガソリンの異限月の順鞘がなかなか縮小しなかったので、もし今から逆行するとヤバイなと思って マイナスで仕切ってしまった。するとそれを合図にしたように一気に順鞘が縮小を始めた。あーあ。 去年の秋頃に仕掛けたガソリン売り原油買いをよく見るとかなりやられている。やられたら適当に 増玉しようと思っていたんだけど、大豆の建玉がけっこう多いためこれ以上リスクを増やせない。ヤバ。 Live Cattle暴落後、懲りずにPUTとCALLを売ってみた。LCJ4のFAR OUTのCALL(暴落前の値段から 見てもかなり上の権利行使価格)のIVも高くなっていたので迷わず1枚売り。どう考えても狂牛病 騒ぎが出てくる前の値段を超えるとは思えないし、約20ポイントも上なので95%は大丈夫だろ。 中国の影響で需給がタイトになりシカゴ大豆が800セントまで上昇している。東穀6月限以降は 米国産大豆に加え南米産大豆が供用可能になるため、NON大とGMO大を区別せずに考えてもよいと 仮定した場合、2月4月と比べ6〜10月限のほうが下鞘になる筈だと考えてる。だけどまた シカゴ大豆の大きな逆鞘はいまはかなり解消されており小康状態を保っているような感じ。 「遺伝子組み換え食品のすべて」野辺名豊著、PHP研究所を見ると、米国の大手穀物メジャーでは 分別流通をしているそうである。しかし検査にかかる費用は日本側が負担しているらしい。 「穀物のことを知ろう」江藤隆司著、商品市況研究所の97ページに、ブラジルではGMO大豆は 禁止されているけど、実際には農家が栽培しているようなことが書かれている。 しかし実質的に南米産大豆がNONGMO大豆とGMO大豆が分別流通されていないと仮定した 場合には、一般大豆では上記のように、期近に比べ期先が下鞘になるけどもNONGMOに関しては 南米産大豆がどうなってるかよくわからんので期先ほど下鞘になるとは言えないのではないか、 と不安になってきた。また、このような場合にはNON大と一般大のサヤが、かなり大きく開く 可能性があると考えられる。無限には広がらないだろうけども。。。。。。。。。 しかしブラジルの法律でGMOが禁じられているのだから、ブラジル産大豆は実質は多少嘘が あっても全量NONGMOということになっているのだから、日本側では全量NONGMO大豆で あるものとして扱っているのではないか。日本ではEUと比較するとGMO混入に対する基準が 甘いため、少し混ざっていてもNONGMOとして扱うことができる為である。 ということは東穀のNON大も一般大も南米産が出回る6月限以降は2〜4月限より下鞘に なるはずだと一応、自分的には納得しておくことにしよう。今、NON大の期近買い、 期先売りを私にとってはかなりきく仕掛けている(35枚−35枚)。またNON大売り 一般大買いも仕掛けてる。ポジション大きいと悪い予想ばかりしてしまう。逆鞘拡大しろ!!! 2004.1.1.(木)
新年おめでとうございます。今年こそ税金の心配ができるくらい大幅プラスになりたい。。。。。 12月後半は石油のポジションはほとんど放置したままであった。ガソリンの順鞘が拡大しているが、 業転価格の弱さを見る限り、期近買い期先売りをこれ以上増やす気にはならない。7月発会後に、 7月売り5月買いを仕掛けようと思っていたが6月よりかなり下鞘で発会したため、まだ仕掛けて いない。急な上昇局面で発会してくれるのを望んでいたがなかなか思い通りにはなりませんね。 大豆の逆鞘が縮小してきたので、一般大8月売り当限買いを1組、NON大で8月10月売り2月4月買いを 分割仕掛けで計22組仕掛けた。「22組」も仕掛けられるのは倍率10倍だから。はやく東京ガソリン などを10枚単位で売買できる資金量&腕になりたいと思っているけど道はまだまだ険しいな。 東京コーンは3月5月買い、9月1月売りを1組ずつ仕掛けたけど、鞘の形状がちょっとヤな感じ。 もっと逆鞘が縮んだら厚めに張る予定である。その時期は1/10前後になるのではなかろうか。 しかし大豆のほうが原市場の変動量、サヤの動きから判断して、取れそうな気がする。更に 増し玉するとしたら大豆のほうにしようっと。NON大と一般大のサヤも開いている。7000円まで 覚悟して期先で徹底的に売り上がる予定。おっと、そんな資金あるのか?うーん、なさそう。 Live Cattleの逆鞘拡大狙いサヤトリは、期近が意外と弱かったので損切りした。またプット売りは プレミアムが8割方剥げており利食ってもよいレベルになっていたが放っておいたところ、突然、 米国で狂牛病が発生というニュースが流れた。Live Cattleの値幅制限はたった1.5なのだが、 値幅制限を越える下落分だけプットのボラティリティが一気に上昇し、信じられないことに、 120%くらいになってしまった。プレミアムから逆算すると原市場は90から一気に72まで約18 下落したのと同じようになってしまった。ドル資金が全額吹き飛んだ状態になったため、放って おけばボラティリティレベルが落ち着くだろうと思っていたのにもかかわらず、即座に損切り 注文を出さざるを得なかった。このため損切り額確定後には、予想通り、足が出た。仕方ないか。 資金が残っていればボラティリティ売りのレシオスプレッドなどを仕掛けるチャンスだったのだが、 資金が吹き飛んだ後だったし、はっきり言って動揺していたので、いまさら強がっても無駄かな。 というわけで不足分を海外送金しなければならなくなった。ガーン。ガソリン5月売り3月買いを 損切りし一般大豆のサヤ取りを利食いして浮いた証拠金を即座に引き出してUFJ銀行で送金した。 市場からのクリスマスプレゼントは狂牛病による牛の暴落で海外資金が全額吹き飛んだことでした。 有馬記念は◎チャクラ、○アクティブバイオであり、3連複をがんじがらめに買った。どちらかが 3着以内に来れば万馬券ゲット!!の予定だったが、言うまでもないことだが、どちらも来なかった。 有馬がダメでも東京大賞典があるさ。翌日も適当な穴馬をチョイスし3連複で軽めに流したところ、 言うまでもないことだが、かすりもしなかった。あー、今年の年末はついてねえと言いながら、 雀荘へGO。結果は言うまでもないので、これ以上書かない。ただ悔しさだけが残ったのであった。 12/31に友人が名古屋の「台湾ラーメン」を食いたいと言いだし、即座に同意して名古屋までドライブ。 候補は4店あった。「ゆきちゃんラーメン」「本山台湾ラーメン」「味仙」「墓場の中にある名も無き 屋台のラーメン屋」である。ゆきちゃんラーメンはかつては屋台だったのだが現在は店舗を構えており、 下調べによると昼間は14時までやっているらしい。13:30頃ついたけどやってなかった。 他のラーメン屋も軒並み閉まっていた。というわけで高速代、ガソリン代が無駄になり空しかったなあ。 2003.12.14.(日)
土曜日に「東京で合コンがある」と誘われてノコノコついて行ったら、場所は立川だった。 おかげで飲んだ後は帰れなくなり、「ネムール」という変な名のビジネスホテルに宿泊した。 翌朝、近くの雀荘で学生相手にお子さまレート0.3で数時間打ち3000円ほどやられた。 そのあとは競輪場行きのバスには乗らず、WINSに行って馬券を買い、名前は忘れたけど 友達いわく「超うまい」ラーメン屋に行ったのだが「お昼の麺はなくなりました」とのことで 食べることはできなった。帰りの中央線で競馬新聞見てこの馬は来ないなどと話していたら、 となりのおっちゃんがラジオで中継を聞いていて「オイこの馬が来たみたいだぞ」と言われた。 おっちゃんのメモを盗み見したら、全然人気の無い馬を軸にしておりかなり共感を覚えた。 ガソリンの期先(または5月限)が3万円台に乗せ、なおかつ順鞘幅が今よりも一層広がるのを 待っているが、なかなかそういう状況にはならない。5月売り3月買いを仕掛けているけど、 残存期間が短くなってきているのがちょっと気になる。自分の腕を考えると、基本的に当限とか 2番限とかのポジションは持ちたくないので。増玉するとしても7月限発会後になると思う。 東京大豆はようやく逆鞘が縮小傾向にある。しかしこの前みたいに大きく逆鞘が縮まる前に、 再度拡大しはじめるのではないかと考えている。根拠はナシ。なんとなくそう感じる。 一般大豆で8月限と2月限の逆鞘幅が1500円以下になったらエントリー予定。 NON大豆売り一般大豆買いもすでに仕掛けてしまったが、こちらはそのうち増し玉予定。 NON大豆と一般大豆は、例えば前場1節はNON大だけというように、商いの時間がずれて いるのでちょっと仕掛けづらい。一般大豆は後場3節がなく後場2節で終わりだし。。。 東京コーンも逆鞘が縮小傾向にある。大豆と似てる。これもそのうち逆鞘拡大狙いで行く。 久しぶりにLive Cattleを仕掛けた。6月売り2月買い。土曜日の朝、終値見たらさっそく 逆行していた。ちょっとエントリー早すぎたかなあ。また授業料を払うはめになるのか。 グローバリーのホームトレードのシステムが変わった。前より使いにくい。JAVAか何かの ソフトをインストールしないと使えなかったのだが、このインストールによりbarchartの リアルタイムが動かなくなり、シカゴダイレクトの取引ソフトLEO4が動かなくなった。 いろいろ設定をいじったらどうにか動くようになったが、余計な苦労をさせられて憤慨中。 2003.12.7.(日)
東京NON大豆の仕掛けを利食った。結局、急拡大後、すぐに利食ってしまった。おいしいところは だいたい取れたのではないかと思うけど、このまま逆鞘がガイーンと広がると悔しいだろうなー。 今後の希望は再度逆鞘が一旦、縮小し再度逆鞘拡大というパターン。そうなると嬉しいな。 CBOTの大豆は凄い逆鞘だったがここしばらくの調整局面で随分逆鞘が縮小した。CBOT大豆のサヤ グラフを見る限り、しばらくは調整局面が続くような気がする。つまり900セントを目指すことは ないのではないかと考えている。つーわけでCBOT大豆のコール売りのタイミングを図っている。 権利行使価格940あたりを2〜3枚売り、ヘッジで860あたりを1枚買ってみようかと思ってる。 東京大豆のオプションの原資産は流動性があるのは(ないけど。。)期近のみであり、為替もCBOTも 関係なく締め上げられる可能性があるためコールを売る気はしない。売るならCBOTで売ろうと思う。 11月末のコーン異限月のサヤトリは結局3組仕掛け、すぐに逆鞘が急拡大したので速攻で利食った。 拡大しはじめてからの日数を考えるともうちょっと広がりそうな予感がしたんだけど、東京NON大の 逆鞘拡大と同時にサヤが動き始め、値洗いの変化が急激すぎて精神安定上、よろしくなかったので、 東京NON大とコーンは一括手仕舞いしてしまった。おかげで今はポジションが随分減り気が楽だ。 穀物のほうは調子が良かったけど灯油4月売り1月買いのポジションでひどい目に遭った。仕掛けた日に いきなり400円やられたのだけど、この時点で大幅逆行する可能性が予想できたはずだ。下手くそ。 Live Cattleのコールは損切りした。100で売って210で損切り。100は価格に換算すると400USD。つまり 440ドルやられた。損切りした日には原資産が大幅下落しており放っておいても大丈夫そうだったのだが、 「売り値の倍になったら無条件で損切り」すると決めておいたので、損切りすることにした。結果的には 現在価値は120付近なので、放っておいたほうがお得だったようだ。しかし原資産のチャートを見ると、 押し目の価格がどんどん吊り上がってきており、素人目に見ても上昇トレンドにある。だから今度は 押し目でコールを買ってみるつもりだ。skewを見ると何故かわからないけどコールのImplied Volatilityの ほうが低い。当業者がカバードコールでもやってるんだろうか?一方、プットのImplied Volatilityのほうは かなり高くなっている。株価指数オプションのskewのようだ。市場毎のskewをよく調べるのは大切だね。 ところでそもそも権利行使価格98を売ったのは、いま使っている取引ソフト(LEO4)が3桁の行使価格を 入力できないためである。本当はもっとデルタの低い104あたりを売りたかった。そうすればずーっと 放置できたのになあ。シカゴダイレクトになんとかしてよと言ったら、別の取引ソフトがあるとのこと。 しかしLEO4のインストールでも苦労したため別のソフトはまだ試していない。気が向いたら移行する。 阪神ジュベナイルF的中。ヤマニンが3頭出しだったので小銭を賭けたら当たった。ラッキーな7万勝ち。 2003.11.29.(土)
先週はマイルCSを的中。武豊を軸にすることは滅多にないのだが単勝と馬連の馬券売り上げのバランス が異常だったのでインサイダー票が少なくとも数百万円入っていると推定されたため軸にした。連単は はずしたが馬連はゲット。たった1000円だけど。。。3連複は買わなかったけど3着に逃げ粘った ギャラントアローはけっこう狙っていた馬なのでもし買っていたら当たっていただろうなあ。 コーン売り75指数買いは2組残っていたが1組は石油の小幅利食いポジション整理と共に損切りした。 差し引きチョビッとマイナスの損切り。最後の1組は75指数の買い玉を先に利食い、コーン9月売り を残したままコーン3月買いを仕掛けて異限月のポジションへ変更。同じ日に9月売り3月買いを追加 で2組仕掛け合計3組の逆鞘拡大狙いの異限月サヤトリのポジションになった。またコールは期近の 上げでプレミアムが復活したので適当に仕切った。ろくに価格見ないで指値出したので勿体無い値段で 約定してしまったが、負け戦の傷口保護用だったので別にいいや。手数料プラスアルファのマイナス。 コーンの異限月のポジションはあっという間に利が乗った。超ラッキー〜。逆鞘拡大はおいしいなあ。 東京NON大はなかなか逆鞘が拡大しないので、もう仕切ってしまおうかなどと考えていたが、 金曜日に突如逆鞘が拡大した。どこまで広がるか楽しみ。でも我慢できず利食ってしまいそう。 枚数は3組増玉し、20-20になっている。しかし倍率10倍なので手数料が高いのが不満である。 石油のポジションはほったらかしだったのだが灯油4月売り1月買いがとんでもないことになってる。 ダメそうだから鞘がちょっと戻したら損切りしようと思っていたが底無し沼のように逆行中。 やっぱりダメだと思ったらすぐ切らないとろくな目に遭わない。逆鞘拡大狙いはおいしくないなあ。 Live Cattleはコールのプレミアムが売値付近まで下がって来たので手抜けするあたりで仕切ろうかと 思っていたら原市場が反転しまたヤバそうな状態になってきた。プット売りのほうは7割方価値を 失っているのでそっちを利食って行使価格を変えて売り直ししようかと考えているが、最近、 市場開始は日本時間24時05分で夜更かしすると翌日眠くて仕方ないので結局ほったらかし。 やはりいろんな行使価格でポジション変更するためには気配値をみながらそれに指し値で ぶつける形にしないと、ろくでもないプレミアムで売買するはめになってしまうからなあ。 まだ騰勢が残っている以上、わざわざコールを売ってデルタニュートラルもどきにしなくても 押し目でプット売りするだけで十分だった、と今更ながら気づいた。ま、勉強代だからいいや。 2003.11.16.(日)
昨日、台湾料理屋で飯食った後の会計のときにガムをもらった。「当たり」の紙が入っていたので店に もどってガムをもう1個貰った。なんとこのガムも「当たり」だった。こんなとこで運の無駄遣い。 ガムはさておきゴムは凄いことになっているのは周知の通り。近寄らなくて正解であった。 東京一般大豆の異限月の鞘取りは2635円幅ゲットして利食った。大豆のサヤトリでは、 私自身では最大の利食い幅となった。たった1週間のポジションなのに超ラッキー。 あ、嘘。過去の記録みたら30倍の頃だけど関西大豆の異限月で3540円幅取ってる。 でもこの頃は損切りができず、中部と関西の異市場で6350円幅やられたりしている。 NONGMOのほうもちょこまかと仕掛け現在17枚売り17枚買いとなっている。しかし なかなか逆鞘が広がらない。一般大豆の1/5の倍率なので爆死はしないと思うけど。。 東京コーン売り福岡コーン買いを利食って、コーン売り75指数買いを1組損切りした。 だいたい利益と損失は相殺でき、一応、少し利食いになった。しかし2組残っており、 値洗いは相変わらずである。コールの時間価値が残っている間に転売しなければ。 石油のほうは製品の期先が堅調なのでなんか嫌な予感がしてストラドルのポジションを減らした。 9/16に仕掛けたガソリン売り原油買いを損切りし、10/27に仕掛けた灯油4月売りガソリン5月売り 原油2枚買いを利食ってトータルでマイナス2万円くらいの損切りになった。被害が少なくうまく ポジションを減らせてよかった。しかしガソリン5月と3月の順鞘幅が大きくなってきたので、 縮み狙いで3組仕掛けてしまった。今更だけどちょっと仕掛けが早すぎた。また灯油4月売り1月 買いを仕掛けたが、期近が弱含んできたのではっきり言って失敗だと思う。様子を見て損切りかな。 Live Cattleは、夜10時頃寝て目覚ましを午前1時くらいに仕掛けておき、起きて原市場価格を見て、 まあまあ妥当な価格で損切り注文の指値を出してから寝た。しかし翌朝の清算値を見ると私の指値から 2ティックのところになっており注文は成立しなかった。まあしかし原市場価格が権利行使価格から 遠ざかったのでその後は損切りせず放置したままになっている。結局、損切りせずに済んでしまった。 ポジションはデルタニュートラルになっておらず、特に上方向に動いた場合にデルタがどんどん 不利になる。しかしプットを売り増ししてデルタのバランスを整えるのは現時点で気が進まない。 2003.11.8.(土)
ゴムは凄い動きだ。上がるのか下がるのかさっぱり分からない。近寄らないようにしよう。 穀物も今年は良く動いている。東京コーン売り関西75指数は値洗いが真っ赤になっている。 どんどん増し玉しようかと思ったが、嫌な予感がしたので増し玉せずコールを買ってヘッジ。 期近が18000円を超えたあたりでコールを転売し、コーン売り75指数買いを増し玉予定。 この時点で最初の仕掛けは真っ赤だが、コールで半分くらい補填されているというのが皮算用。 このまま下落した場合にはコーン売り75指数買いは、仕掛けコストが悪いので若干損切り、 または運が良ければ少し利食いになり、コールは損切りになると思う。どっちでもいいや。 追っかけで東京コーン売り福岡コーン買いを仕掛けたが、シカゴ急落の翌朝仕掛けたこともあり、 スリッページを400円くらいくらったため仕掛けコストが悪い。気にしないことにする。 大豆の棒上げも一服し、逆鞘が縮まったのを見計らって東京大豆0408売り0402買いを仕掛けた。 今後、逆鞘が再度拡大すると予想している。できれば誰かがスクイズしてくれると嬉しい。 こっちはラッキーなスリッページを1000円幅ほど頂き、何故か値洗いが早くも+10万円。 もし順鞘になったらどうするか?考えてない。逆鞘拡大以外のシナリオは考えていない。 ガソリン5月売り3月買いを2組利食った。利食い幅は400円。ガソリン4月売り2月買い を利食った。利食い幅は600円。灯油3月売り1月買い2組利食った。利食い幅560円。 ガソリン売り原油買いは仕掛けコスト悪いのでここ数日で値洗いがマシになってきたけど、 まだ全然ダメだ。じわじわとサヤが拡大する過程で1組、また1組と仕掛け4組も仕掛けて しまった。さらに灯油4月売り原油買いも仕掛けている。製品vs原油は逆行するとかなり、 キビシイので早く思い通りになれ!と根拠無き希望を胸にポジション維持している。幸い、 少しサヤが縮み始めホッとしてる。最近建てた玉は少し利が乗っている。1000円取りたいな。 ガソリンの順鞘拡大が止まって期近が再び強くなってくる前にポジションを減らすつもり。 ガソリンの順鞘がもうチョイ広がったら5月売り3月買いを再度仕掛ける予定である。 Live Cattleは気が向くと寝る前に指し値をしている。10月の終わり頃?から市場が開く時間が 1時間遅くなったので、市場が開く前に寝てしまうことが多いため。久々に指し値がヒットし、 Live Cattleのコールの売りポジションを持った。原市場は前回の高値を簡単にはブレイクしない だろうからまあ大丈夫だろうと甘く考えていたが、あっさりブレークしてるじゃん。ヤレヤレ。 また損切りすることになりそうです。多分400〜500ドルくらいの損切りになる見込み。 権利行使価格が近すぎたせいだな。PUTはじゅうぶん遠くを売ったけどコールは近すぎでした。 2003.10.26.(日)
なんかゴムが凄いことになっている。月曜日はどうなるんだろうか。怖くて近寄れないよ。 ゴムと指数の鞘を見るとストップ幅の差のために、けっこう鞘が開いている。しかし指数が 抽選だからそう簡単には仕掛けることができないだろうなあ。つーわけで仕掛けず見るだけ。 東京コーンを売り、関西75指数を買いを仕掛けている。仕掛けた後、シカゴコーンが窓を 空けて上昇を始めた。これは長期戦になるかもしれないな。今のところどんどん増玉予定。 東京と福岡の鞘も再度拡大中である。これももうちょっと開いたら期先同士で長期戦で行こう。 石油のポジションは灯油1月買い3月売り、ガソ4月5月売り2月3月買い、ガソ期先2本売り 原油期先買い。灯油とガソリンの異限月の仕掛けはプラスになっているが、灯油の期近がガイーン と上がるのを期待してもうちょっと維持しようか、それとも利食って旨いもの食うか思案中。 まさに今、灯油4月売り原油買いを仕掛けようかどうか迷っている。うーむ、仕掛けるかな。 Live Cattleはコールを売ってデルタニュートラルスプレッドポジションを作ろうとしているが、 一旦、市場が下がったこともありコールは出来高が多くなく、その上、価格が高いほどIVが低く なっている。デルタが0.10以下のFAR OUTの行使価格なので当然流動性も無い。だから毎日の ように指値をしているがなかなか出来ない。オプションセミナーでJYオプションの注文も何日も できないことがありますという話があったけど、まあ、そういうものなんでしょう。 2003.10.19.(日)
朝ジーンズをはいたら、何かがもぞもぞと動く。悲鳴をあげたらなんとゴキブリが出てきた。 石油のポジションは10万円くらいプラスになっていたので放置しておいたらなんと値洗いが ほとんどなくなってしまった。もっと取れると思っていたのに。来週の動向によっては損切りも 視野に入れる必要があるが、こういうパターンは気分が悪い。欲張らずに利食えばよかったなあ。 Japanese YenのNaked Writingは、まだ私には荷が重いことを重々理解できたので、当分は手を 出さないつもりだ。。。。と言いながら再度急騰したらCallでRatio Spreadを仕掛けたいと思う。 Live Cattleの10月限は数日間ストップ高していたが、ついに証拠金が3倍くらいになり、 値幅制限が広がって急落した。12月限オプションのIVはATMでなんと45%付近まで上昇した日もあり、 絶好の売場かもと思いつつ怖くて手が出せなかった。もし売っていたらとっくに利食いできたが、 期近のスクイズ?は一体どうなるかわからないので、手を出さなくて正解だったと思う。 原市場が急落する可能性もあるがFAR OTM PUTのIVが異常に高くなっており売り頃になっている。 JYのCALL売りで爆死したけど懲りずにLCG4の66PUTを3枚売ってみた。ATMから18ポイントも 下なのでさすがに大丈夫だと思うが、サポートラインを破って直滑降した場合にはヤバイかも。 念のためOTM PUTを1枚買ってRatio Spreadにしようと思ったのに入ると思った指値が入らず、 Short PUTのみのポジションになってしまっている。まあいいや、しばらく放っておけば。 2003.10.5.(日)
Japanese Yenは介入だか何だか知らんが110円をなかなか越えられないようだ(越えて欲しくないが)。 JYX9500CALLは、最もボラティリティの高い日に切ったような感じである。本当はああいう日に FAR OUTを激高のボラで売れればラッキーという感じで仕掛けるべきなのかもしれないな。 現在のポジションは石油関係のみ。ガソ4月売り2月買い1組、灯油3月売り1月買い2組、 ガソ3月4月売り原油2月3月買い各1組という感じ。久しぶりに値洗いがプラスになって嬉しい。 NY原油が再び30ドル台に乗ったけどポジションはサヤトリのみなので嬉しくも悲しくもない。 シカゴ大豆はかなり大きく動いているのだが、東京大豆の動きは乏しい。何年か前のように鞘が バシバシ動いてくれると楽しめるのだけど、鞘が大きく動いてくれないと仕掛ける気にならない。 Live CattleはFAR OUTのPUTのIVがかなり高くなっているので少し下がったらPUTを売ろうと思って いるのだが、サッパリ下がる気配が無い。だまってコールを1枚買っておけば一番良かったかも。 もの凄い勢いで暴騰したけど、同じ勢いで下げる可能性は高くないと仮定するとFAR OUTのプットを バシバシ売れば90%勝てると思っている。しかしJY CALLで痛い目に遭ったので躊躇している。 プレミアムを100ドル貰っても手数料が25ドルくらいかかるので馬鹿らしい。かと言って、 プレミアムを200ドル以上貰える権利行使価格だと急落した場合に不安が残る。うーん難しい。 差し引き受け取りプレミアムでレシオスプレッドを仕掛けることができればおいしいのだけど。 2003.9.28.(日)
東京コーン売り福岡コーン買い1組は利食ってしまった。もうちょっと取れそうな気もするけど、 今月のマイナスをちょっと減らしたいことと、こんなにあっさり縮んだのでご馳走様ということで。。 JYの9500コールは、111円くらいまで円が急騰したため、びびって決済してしまいました。500ドル くらいやられた。ストライクまであと5円あるけど、こんなに簡単に急騰されるとさすがに怖い。 やられた後、泣きながら過去IVを逆算しチャートを書いてみたが、馬鹿な時に売ったもんだなと思う。 過去のIVの入手方法としては(1)ボラティリティチャートブックを買う、(2)データサービス会社を利用する、 (3)自分で計算する、の3つの方法がある。ずーっと(1)にチャレンジしているがいつも品切れになっていて、 ようやく注文できたと思えば品物が送られてこない。これまでに3回くらい注文しているが一向に届かない。 データサービス会社はちょっと高すぎ。単に過去10年分のATMのIVだけが欲しいだけなのでちょっとコスト 的に難しい。OptionVueを使いたいなあと思ったけど最初に1000ドルくらいかかり毎週のデータ更新料も必要。 というわけでbarchart(200ドル/年)のサービスからダウンロードしたデータを自分で加工してIVを算出している。 超面倒くさい。しかしおかげで、まだまだ稚拙であるが、いろいろなExcelのテクニックが身に付いたと思う。 ところでhttp://www.oio.comで、過去5年分くらいのIVチャートが無料で見られることが分かった。 gif形式なので、数値データは見えないがJYとLCは印刷して部屋の壁に張っておくことにした。 現在のポジションは灯油3月売り1月買いを2組と、ガソリン売り原油買い1組になっている。灯油の異限月は 増玉したい気がするが、もっと縮んでもおかしくないので増玉を躊躇している。ガソリンと原油の値鞘は、 もう少し開きそうでなかなか開かない。ガソ4月と原油3月(まだ発会してないが)の鞘がもうちょっと 開いたら増玉してみようと思う。あ、そういえばガソリン4月売り2月買いも1組仕掛けているなあ。 2003.9.21.(日)
東京アラビカコーヒーが急騰したときビビッて売り玉を踏んでしまった。ところがまさにそこが目先の 天井だったらしく前場2節以降はどんどん値段が下がる下がる。その後、仕掛け直して、多少は取り返した ものの、結局のところアラビカと指数のサヤトリ2組でだいたい10万円くらいの損失となった。 踏まずに放っておけば利食いできたわけであり計画の甘さを痛感。今月は今年2度目のマイナス月だな。 今回の損切りで以下の点が調査不足ということを感じた。(1)東京アラビカがかなり急騰した場合、 東京アラビカと関西コーヒー指数のサヤがどの程度まで開くかということを調べていない。関西コーヒー 指数は東京市場の期近限月の約定値を使って理論値を計算する。「期近限月から計算」というと期先は 関係なさそうだけど実際に期先の指数値を計算すると、実際の約定値と大きくずれることは少ない。 したがって例えば1999年頃、つまり東京アラビカが現在の2倍の水準だったときの東京アラビカと 関西コーヒー指数のサヤの近似値を計算することができるというわけである。実際にちょろっと 計算してみたところ40万円くらい開いていた時期があるようである。 次に(2)東京アラビカはかなりニューヨークコーヒーの写真相場に近いと思うけど、実際は急騰・急落の タイミングがずれることってどれくらいあるんだろうか?今回の私の損切りを行ったのはNYコーヒーが 4セント高で引けたすぐあとの前場1節。前述したように前場1節が高値となりその後は東京アラビカは 急落している。なぜ踏んだかというと前日か前々日か忘れたけどNYは1.5セントくらいなのに東京は 400円くらい騰がっていたため「東京市場はもっと上がりたがっている」と感じたため。 次に(3)NYコーヒーが過去に急騰したときはNY市場は逆鞘だったのだろうか?ということ。7〜9月の Live Cattleの暴騰では順鞘から急速に逆鞘転換している。コーヒーでも同じなのか。順鞘での上昇は だましのことが多いのか、かならずしもそうではないのか。こんなことすらも調べてないんだよな。 東京コーン売り福岡コーン買いは少し値洗いがプラスになってきた。もうちょっと取れそうだけど、 あんまり待つのは辛いのでほどほどで利食ってしまおう。なんて書くと逆行しそうだけども。 ついに通貨のトレードを体験したよ。CMEのJapanese Yenのコール(11月限、権利行使価格9500)を プレミアム10(125ドル)で売ってみた。9500というのは1ドル105.26円くらいとなり、 かなり遠くの行使価格なんですが思いっきりトレンドに逆行しているので1ドル110円になったら、 損切りかな。。。。。。JYの先物そのものもトレードしてみました。1枚あたり1250万円分の通貨なので、 けっこう取引サイズがでかい。新高値を取ったら逆指値で買おうかと思っていたんだけど、新高値を取った あとに追っかけで買ってみたところするすると下落し、あっというまに25ティック(312.5ドル)やられて 損切りするはめに。Live Cattleと違い注文出してからコンファームが来るまで10〜15秒くらいで速い。 コールを売り、さらにJYで損したあとから思ったことだが、やっぱり闇雲に仕掛けるとろくなことがない。 コールもおそらく損切りすることになるでしょう。まあしかし権利行使価格に近づいてゆくときの恐怖感 と建玉のバランスを体験するためには必要な授業料ではなかろうか、と言って自分を正当化しております。 Live Cattleは狂ったように暴騰していましたが、どうやら調整に入ったようです。IVは20%程度あり、 単なる押し目ではないと感じたらコールとプットを売ってデルタニュートラルな仕掛けを作ろうと思う。 損すると調査しなきゃ、という動機付けになるが、できれば1円も損したくないものである。 2003.9.7.(日)
海外市場では期近の取組が多いが、Live Cattleはおそらく限月によっていろいろ違いがあるのか、 先のほうでもけっこう取組がある。例えば2003年10月限は出来高が10000枚、取組高が55000枚くらい。 2003年12月限は出来高が5000枚くらい、取組高が35000枚くらい。2004年2月限は出来高が2500枚、 取組高が20000枚くらい。つまり東京原油よりも遙かに流動性があるのである。マイナーな市場 というイメージがあるLive Cattleであるがなかなか大きい市場だったんだ、実は。 日本市場でのポジションは灯油3月売り1月買いを1組と、ガソ3月売り原油2月買いを1組と、 アラビカ売り指数買いを2組と、東京コーン売り福岡コーン買いを1組と、ゴム売り指数買いを1組。 アラビカと指数の仕掛けは特に何も考えず仕掛けたのだけど、よーく見るとアラビカ異限月の鞘が 縮んで来ている。つまり意外に期近が強い。なんかヤーな予感がするなあ。もし逆鞘化しそうなら、 撤退の予定。コーンは福岡が妙に安い。安易に異市場の仕掛けを作ってしまったがじわじわと やられそうな予感がする。じわじわやられるときは撤退が遅くなりがちなので気をつけたいところ。 ゴムはどうなるんだろうか。後から仕掛けたほうを先に利食ってしまったから残っているポジションは 12月限の仕掛けなので、もう一山くると時間的にまずいかもしれない。同時に仕切れば良かったな。 2003.8.30.(土)
Live Cattleが逆鞘になってきたのに放置しておいたら股裂き状態になり、ひどい目に遭った。 そろそろ調整に入ると思って何気なく売ったコールも火あぶり地獄となって損切り。 なんだかんだで2000ドルくらいやられガーンという感じ。やはり研究不足だったなあ。 というわけで海外市場であっても逆鞘の期近を売るとろくなことがないということが判明しました。 むしろ最も取組の多い期近が強いということは、日本市場の期近の強さよりも強いと考えるのが自然か? 日本市場での仕掛けは今月はたいしたものが無い。7/17に仕掛けたガソリン異限月は、片方が2番限に なってしまったので損切りで7000円ほどの損。8/6に仕掛けたアラビカ売り指数買いは、 なかなか利が乗らなかったが1万円くらい値洗いプラスだったので仕切注文を出したら、少し スリッページがあってたった2480円の利益。一方、8/13に仕掛けたゴム売り指数買いは、 たまたま有利なスリッページがあったので6万円の利益。というわけで日本市場は今月5万円くらいプラス。 盆休みにAmazon.comでいろいろ本を注文した。William F. Engの Options Trading Strategies That Work は入手できないと思っていたがAmzon提携の古本屋に1冊だけあったので定価の倍くらいの値段で購入。 古本だけど新品同様だった。中身はまだあまり読んでいないがLive CattleとLive hogのサヤトリを、 オプションで仕掛ける話などがあり、オプションと先物の融合作戦として使えると思った。しかし、 自分で考えていた戦略と大体同じなんだけども。。Jack D. Schwagerの A Complete Guide to the Future Marketsも古本で購入。これはSpreadのページとOptionのページを寝ながら眺めただけ。 分厚い本なので読みにくい。しかし初心者には読み切れないほどのボリューム。700ページ以上。 barchartからダウンロードしたオプション価格表から、毎日のオプションの権利行使価格毎の場帳及び Skewが限月毎に一目で分かるグラフを作成するツールを作った。作ったって言ってもエクセル上で、 適当ににょろにょろやるだけで全自動で計算してくれるわけではない。半分は手作業である。 手始めにLive CattleのSkewを研究中。OTMのPUTのIVが異常に高いと思っていたが、実は良くある 現象だということも分かった。またリアルタイムで見ているとザラバのIVなど語っても仕方がない 状態である。原市場が乱高下しているのにOTMの行使価格のプレミアムのbid/askがサッパリ動かない ことがしばしばある。「高めに指値しておいて(個人投資家の)カモが釣れればヨシ」というような印象。 2003.8.4.(月)
今日は久々にガソリンがストップ高だった。しかし石油のポジションは現在なし。このまま順調に 上昇すれば、盆休み頃にガソリンの期先売り期中買いの異限月仕掛けのチャンスが来そうだ。 ガソリン原油のサヤも、期先同士で10000円くらい開いてくれないと仕掛けづらいところ。 最近、夜な夜なCMEのLCを見ているせいで超眠い毎日である。ここんところ爆上げしているので そろそろ調整が入ると思っているんだけどなかなか下がらない。PUTのIVはかなり高くなっており、 とりあえずLCV3の71-PUTを0.70で1枚買い、67-PUTを0.425で1枚売った。実際に下がって来たら、 PUTをもう1枚売り増ししてPUTレシオスプレッドにするつもりである。CALLのIVはPUTと比べて ずいぶん低いことからも、LCの期近の上値余地は少ないと思うのだけど、どうなることやら。 barchartで値段がチカチカ動くのを見ていると、どうしても仕掛けたくなってしまう。ややリスクが 大きい仕掛けであるが再度LCJ4買いLCZ3売りを仕掛けてみた。ちょっとアグレッシブにLCG4買い、 LCV3売りも仕掛けてみた。ところが今のところまさに股裂き状態になっており値洗いが1000ドル くらいマイナスになっている。LCの値幅制限は1.5ポイントで、これは600ドルに相当する。 つまりやられたときのインパンクトは、東京ガソリンとだいたい同じくらいでけっこう痛い。 取引ソフト上ではSpread注文が出せるのだが注文方法が良くわからない。「side」という項目があるけど、 どっちを選べばいいのか分からない。シカゴダイレクトに問い合わせたが良くわからなかった。 だから最近のSpread注文はすべて成行注文としている。barchartでbid/askを見ながらタイミングを見て。 東京アラビカ買い関西コーヒー指数売りの仕掛けは、今日まで我慢できずとっくに利食ってしまった。 利益は約23000円。今日まで我慢できれば目標の5万円取れたのになあ。残念。もうちょっと開いたら 今度は縮小を仕掛けたいと思っているが、売ると暴騰しそうな悪い予感がしてしまう。 ゴムは悪い予感が当たりそうな気がする。期近がじわじわ上がりゴムvs指数の期先同士のがだんだん 期近に近づいてゆく。一方、サヤは全然縮まらないとか。増玉は期先のみに入れる予定だ。 2003.7.21.(月)
ついに海外市場デビュー!取引ソフトをLIVE設定にしてもらってすぐに我慢できなくなって 注文を出してしまった。最初の注文はLCJ4(CMEの生牛2004年4月限)を指値7585で買い1枚。 barchartのCME 1-minute snapshotを見ながらbid/askの真ん中辺での指値。取引ソフト上を 見ていると、まるで電子市場にアクセスしているかのごとく見えたので、すぐに反応があるかと 思ったが何の変化もない。ちゃんと注文できたのか?不安だ。まあそのうち成立するだろうと思い、 今度はLCZ3を成り行きで1枚売り。こっちは何十秒後かに画面にfilledと表示された。(注文成立) しかし相変わらずLCJ4の指値注文は反応が無い。barchartを見る限り約定している筈だが。。。 まあいいやキャンセルして成り行きで出してみよう。今度は成り行きで1枚買い注文を出した。 しかしだんだんそのうち不安になってきたのでシカゴダイレクトに国際電話をかけてみたところ、 CMEのLIve Cattleはピットで取引されており、ピットから注文成立の連絡がくるまで時間がかかる らしい。なかなか連絡が来ない場合は催促する必要すらあるらしい。またピットから連絡が来たら、 今度はあっちのパソコンに手入力するらしい。そしてこの段階で初めてオレのパソコン画面に その結果が反映されるということのようだ。で、結局のところLCJ4のキャンセルは間に合わず、 成立してしまったらしい。期先のウシの片張りポジションを持つ気などないので、すぐにLCZ3を 成り行きで売り、スプレッドポジションとした。スプレッドの場合、まともな指値をすれば、 ちゃんとスプレッド注文でも大丈夫とのことだったが、今回は1時間かかってポジションを作った。 その日の終値を見ると値洗いが280ドルのプラス、必要証拠金額は全部で810ドルらしい。 日本市場のほうはガソ売り原油買い2組を僅かな利食い。2万円くらいの利益となり、この前の 損切り分を少し埋めた。どうもサヤが広がるか縮まるか方向性が見えないので、どっちかに大きく 動いてからエントリーしようと思う。とりあえずガソの期先を売り、期中を買っておいた。 何故か知らないがアラビカが急落したので、アラビカ2枚買いコーヒー指数1枚売りを仕掛けた。 アラビカが少し戻したのでちょっとだけ値洗いプラスになった。5万円くらい取りたいなあ。 ゴムvsゴム指数は放置したまま。どっちかと言えば拡大して欲しい。増し玉したいから。 縮んでくれてもいいけど。一番嫌なのは、このまま全然動かないこと。そして建玉が期中 になった頃にじわじわ逆行し始め、損切りせざるを得ないこと。そうならないことを願う。 2003.7.13.(日)
海外先物口座は、まだ取引ソフトをLIVE設定にしていないので注文はできない。 LCの順鞘縮小の仕掛けをやろうと思っていたがもたもたしてるうちに縮んでしまった。 リアルタイム情報をどうするか思案中。barchartのリアルタイムサービスを利用したいけど、 Level One Plus Serviceで月30ドルかかり、CMEの取引所利用料が月50ドルもかかる。 One Minute Realtime Snapshotの場合CMEは月10ドルなのだが、これってオプションも 見れるのかなあ。。こっちの1分遅れの場合でも30+10=40ドル/月もかかるなあ。 最初は1枚からやるので月に40ドルもかかるとちょっときつい。既に過去データと日々の 終値のダウンロード用に年200ドル払ってるので、これと合わせると結構な額となる。 かと言って最初から2枚とか3枚とか多く張るとガイーンとやられそうな気がする。 ガソ買い原油売りは400円くらいの利が乗っていたのに放っておいたら200円ほどの損切り になってしまった。損切りした直後にドテンして一瞬200円ほど利が乗ったが今はトントン。 往復ビンタを食らいそうな予感がする。明日はどうなるんだろ。楽しみというより不安だ。 4月の終わり頃に仕掛けた灯油11月買い9月売りは、サッパリ利が乗らないので260円損切り。 久しぶりにゴムを仕掛けた。ゴム12月を2枚売り指数12月を1枚買い。大きく逆行するような 予感がしてきた。ゴムは難しい。場節ごとにけっこう値が飛ぶせいだろうか。それなら、 数回に分けて玉を入れれば良いのだろうけど、そんなに一杯仕掛けるのは怖い気がする。 アラビカ2枚買い、コーヒー指数売りを仕掛けた。ほんの僅かに利が乗った時、嫌な予感が したので利食いしたら、金曜日にアラビカが大幅下落。間一髪で利食いできた。一気に サヤが縮んだら再度アラビカ買い、コーヒー指数売りを仕掛けようと思っている。 2003.6.29.(日)
久しぶりにシカゴダイレクトのHPを見たらリニューアルされてた。書類の書き方も丁寧に解説 されていたので、これを参考にして速攻で書き上げ速攻でFAXして、あっさり口座開設できた。 口座ができたので近所の常陽銀行で泥棒みたいな悪レートで円をドルに替えて送金した。 無事に届くか不安だったけど何事もなく届いた。いろいろ心配したのがばかみたいだった。 口座もできたしお金も送ったけども今度は取引に必要な注文ソフトがうまく動かない。 いろいろやってようやく動くようになった。自分でレジストリをいじるのがすごく嫌だったな。 ガソリンvs原油はようやくサヤが拡大してきた。6月は収益ゼロだったので、少し利食おうと 思って利食ってしまった。同時に粗糖の損切りも行ったのでプラス7万円ほどになった。 仕切った直後に仕切ってしまったことを後悔し、すぐに似たような仕掛けを再度作った。 どこまで拡大するか分からないけどガソリンはもう少し上がるような気がする。根拠無し。 どこでドテンするかが問題。いつも早すぎて苦しめられるから注意しなきゃな。 一気に期先同士で10000円くらいまでサヤが広がってくれると楽なんだけど。 週末にまとめてデータ整理していたらゴムのサヤが縮んでいるじゃん。期先でもう少し広がったら 仕掛けようと思っていたのになあ。1組くらい仕掛けておけばよかったなあ。 宝塚はヒシミラクルを軸に勝負した。理由は前売りオッズを見たら、ヒシミラクルの単勝が 異常に売れていたため。馬連オッズから推定して12倍付近になる筈なのに土曜日の16時時点において ヒシミラクルの単勝がたった4倍になっていた。おおざっぱに見てインサイダーが500万円ほど 張っている可能性が高いと判断。インサイダーが勝てばオレも勝ち、というスタンスで勝負。 馬連、連単、3連複の全部取って20万円の儲け。イェーイ、こんなに勝ったの初めてじゃ。 インサイダーは単勝だけで数千万円の払い戻しと推定される。そういえば以前、JCか何かで 香港あたりの馬が勝ったとき、その馬のオーナーは「ビルが建つほど」馬券で儲けたらしい。 2003.6.15.(日)
live cattleのspreadグラフが10年分完成。しかしまだ海外先物口座は開設していない。 さっきW8BENを記入した。しかしその他の書類はまた後で書くつもり。 ガソリンvs原油のサヤトリはずーっと放置してある。なかなか広がらない。 粗糖は週末にサヤグラフを描いてみたが、これはまずいね。仕切って逆をやるか。 2003.6.8.(日)
NY原油が抵抗線の30ドルを越えたので、また大相場になるかもしれないと期待している。 しかしガソリンの期先はなかなか伸びない。ガソリン−原油のサヤも7000円付近であまり動かず。 ゴムは変な動きをしている。アブナイから近寄らないようにしようと思いつつ、チョットだけやってみたい。 粗糖は曲がったままになっている。こりゃあ早めに損切りしたほうが良いかもしれない。 安田記念は◎アグネスデジタルだった。いつもは連単、連複で総流しをかけるのだが、今回は 3連複で1000倍台を中心に攻めたため沢山買ったのにたった100円分しか当たらなかった。 素直に連単、連複で勝負すりゃあ20万くらい勝てたはずなのに、プラス200円だった。 2003.6.1.(日)
灯油の異限月の仕掛けはまだ1組残っているがマイナス1〜2万円の値洗いをちょろちょろしている。 ガソリン買い原油売りはなんだかんだで現在2組仕掛けている。NY原油が30ドルをガイーンと越えて くれればきっとガソリンの騰勢が強まり利益を生んでくれるものだと期待しているが、どうなるか。 超久々に粗糖を仕掛けた。今回は関西粗糖などといったものには目もくれず東京粗糖の逆鞘拡大狙い。 しかし別にあまり期待しているわけではなく退屈なので仕掛けたという感じ。当限が安納会したのが嫌だが。 海外先物口座の入出金用に東京三菱に口座を開いた。しかしまだ1円も入っていない。もうちょっと円高に なったら何十万円かをドルにしてみようと思う。しかしスプレッドが往復2円もあるのが気になるが。 ところで海外先物口座はまだ開いていない。書類が全部英語なので苦労している。細かい字句は読む気が しないが太字で書かれている重要なところは理解しておきたいと思い、辞書を片手に読んでいるが挫折中。 水曜日にZEPP TOKYOで行われたAVRIL LAVIGNEのライブに行って来た。EMINEMは4万人も入っていたので あまり前のほうに行けなかったが、今回はAVRILまで5メートルくらいまで接近できた。超可愛かった。 平日に仕事を途中で投げ出して明るいうちからビールで乾杯&ほろ酔いでライブってのは最高だなあ。 昨日は安めのキャバクラで飲み、そのあとは麻雀を打ち国士無双をあがった。今はダービーの予想中。 ここんとこダービーは当たってない。フサイチコンコルドが勝った年とボールドエンペラーの万馬券の時以来、 当たってない。今年も難解で全然勝てる気がしないが穴狙いで果敢に攻めて爆勝か撃沈の見込み。 2003.5.25.(日)
灯油異限月は全部で3組仕掛けていたが、期近の玉が当限になる直前に1組仕切った。また思ったより時間が かかっているので、ほぼ同時にもう1組も仕切った。幸い、両方合わせて1万円くらいの利益になった。 しかし一時は7〜8万円の値洗いになっていたわけで損した気分だ。欲張ったせいかなあ。 ガソリンと原油の期先同士のサヤは、縮む余地が少なそうに見える。そこで1組だけ拡大狙いを仕掛けてみたのだが、 仕掛けた日の昼に見たら早速1万円ほど利が乗っていたので利食ってしまった。今月は2万円の利益になった。しょぼい。 NYが下がった翌朝の寄付で再度、期先ガソリン買い、期先の原油売りを仕掛けようと思っている。 土曜日に幕張メッセで行われたEMINEMのライブに行ってきた。思ったより会場が大きく新聞によると4万人ほど 入っていたらしい。予習が足りなかったので知らない曲が多かったけれども、雰囲気はとても楽しかった。 すげえ怖そうな屈強なガードマンがうようよしていたがサンスポによると暴動鎮圧用の米国兵とのこと。 今週の競馬は言うまでもないのだが、全部紙屑になった。友達に「競馬やめな」とよく言われる。 しかし射幸心を発散するために競馬は必要だ。そのかわりに相場は堅実にやっていきたいと思う。 EMINEMのチケットをはじめとし、Yahooオークションを活用するようになった。ずっと前から探していた本を 入手することができた。「ザ・ハウス・オブ・ノムラ」という野村証券がどのように巨大になったかを綴った本と、 「現代人気職業三十一の金持ビンボー人の表層と構造〜金魂巻(きんこんかん)」というふざけた本。 後者の本はマンガみたいな本だが社会構造の分析は素晴らしいと思う。20年も前の本なので 現代風にアレンジして再販してもらいたいものである。 2003.5.17.(土)
灯油の異限月の仕掛けは利食う前にまたマイナスサイドに沈んでしまった。欲張らず利食えば良かったなあ。 今月はいまのところ、これだ!という仕掛けチャンスがなくつまらん。4月が美味しかったから仕方ないか。 Traders Libraryに注文したOption Volatility Chartは結局届かなかった。代金はクレジット会社から 返還されたけど、手に入らないとなると余計に欲しくなってくる。 連休のPCの修理中に腰をひねって腰痛がひどくなった。連休明け1週間くらいはとても辛かった。 まだ直らない。毎朝毎晩バンテリンをぬっているのだが1時間くらいはスースーして気持ちいいが、 昼間の仕事中はちょっとかがむだけでかなり辛い。というわけでLive Cattleのデータ整理は全然進まない。 2003.5.5.(月)
今年のゴールデンウィークは3,4,5以外は仕事だったこともあり、部屋にこもってデータ整理などをしていた。 海外市場でサヤトリをやるためにLive Cattleのサヤグラフを作っていたとき、上書き保存しようとしたら PCのハードディスク(HDD)からイヤな音が。。。PCがそのまま固まってしまったがどうにか再起動に成功 したのでCD-Rにデータをバックアップしようと思ったが書き込み中に再度PCがフリーズしてしまった。 その後はSafe modeで1,2回だけ立ち上がっただけで起動すらできない。こりゃまずい。PCに詳しい友人を 呼び出してちょっとみてもらったところ、こりゃあ物理的に壊れていますねえ、とのこと。おそらく起動に 必要な箇所が壊れているので他のドライブで起動すればデータだけ取り出すことは可能かもしれないとの アドバイスをもらった。仕方ないのですぐさま新しいHDDを買ってきてWIN98をインストールし新しいHDDを 起動ディスクとし壊れたHDDからのデータ救出を試みた。編集中だったLive Cattleのデータは何故か死んで おらず、代わりに大豆のデータが死んでしまっていた。ガーンだなあ。ここんところ全然バックアップを 取っていないぞ。しかし最近の収益源である石油関係のサヤグラフは無事だったのでよかったよかった。 オプションのデータ整理も進めている。barchartでLive Cattleのオプションの出来高を見てみると結構出来高が 多いようである。むしろJapanese Yenよりも多そうだ。またSkewを見ると権利行使価格によってかなり Implied Volatilityが異なっておりJYオプションではチャンスが少なそうなVolatility Spreadも楽しめそうだ。 まだちらっと見ただけなので実際はやってみないとなんとも言えないけれどね。ところでLC(Live Cattle)の サヤの動きはあまり大きくはないが年に数回以上はチャンスがありそうな感じ。欲張って過去データを 1990年まで遡ったためサヤグラフを描くのがけっこう大変だ。かなり前からLCのデータ整理をしているが、 昔描いたものは横軸が日付、縦軸がサヤのみで、原資産との動きがわからないものだったので、最近の 私の標準的なグラフである、原資産併記型のグラフに変更をしている。これが結構面倒くさいんだな。 天皇賞(春)は、穴狙いで勝負したが私の本命馬は馬群に沈んだのですべて紙屑になった。1着馬が完全無印なので 仕方ないけど。サッカーボーイ産駒が芝2500m以上に出走し、かつ、人気がある場合には1円も買う気がしない のでもう1回馬券を買えと言われても多分、あの馬を買うことはないだろうなあ。ったく、なんで来るんだよ。 2003.4.27.(日)
灯油の異限月のサヤはあんまり動かない。先週末は値洗いがプラスだったのでちょっとにっこりしていたが、 今はマイナスになってしまい残念。サヤが100円や200円動いて一喜一憂するほうがおかしいのだが、 3組仕掛けていると振幅は数万円に及ぶので「利食って旨いもの食えばヨカッタ」とか考えてしまう。 現在のポジションは灯油の7、8、9月を1枚ずつ売り、10月を2枚、11月を1枚買いになっている。 Yahooオークションをやろうと思い2ヶ月くらい前にジャパンネットバンクで口座を開いた。またYahooから 毎月料金が300円くらい引き落とされるようになった。しかしなんにも落札したことがないので試しに 安いものを1つ落札してみようと思い入札してみた。入札したものはUSEDの安いTシャツで誰一人として 入札しておらず残り2時間になっていたもの。半日ほどして結果を見てみると私より100円高い値段を付けた 人がいたため落札できなかった。残念だなあ。相場関係ではどんなものがあるかいろいろ見てみると高価なパンの 書籍が何冊かあった。リンダの短期売買の本が出ていたので狙っていたんだけど結局かなり値段が上がっていた。 最近、「タートルズの秘密」を寝る前に読んでいる。しかし重い本なので寝ながら読むのには適していない。 内容は一言で言うとトレンドについてゆくということなんだけど、途中での損切りの多さを考えると実行するには かなり固い意志がないとできないと思う。また多くの市場を手がける必要があるので私には実行できそうもない。 しかし「損切りが多い」ということは「だましのブレークアウト」が多いということなので、これを利用して オプション売りを仕掛けると面白そう。但しこれはオプションのセミナーでちらっと出た話で私のアイデアではない。 本当のブレークアウトの場合、爆死してしまうので損切りポイントは定める必要があるけども仕掛けるのはOTM 同士のクレジットスプレッドにすれば損失限定で勝率8割くらいでプレミアムを取れるのではないかと期待している。 期待している、と言いながらまだオプション売買をする環境は揃っていない。とりあえず海外と日本の資金授受の 窓口を作るために東京三菱のメールオーダーで口座開設申込書を送った。円高のときにドル転して海外先物口座を 開こうと思っている。狙っている銘柄は以前から書いているようにJapanese Yenのオプションだ。最近、多くの 会社が為替証拠金取引をやっているが、価格変動そのものを狙ったポジションはスワップが貰えても難しいと思う。 スワップが貰えるからと言って無限にナンピンするわけにはゆくまい。CMEの通貨オプションは個人投資家が 多いようだとどこかに書かれていた。企業の場合は銀行と相対で為替予約をするわけでCMEで売買するわけ ではないだろうからその通りだと思う。個人投資家が多いのならオプション売りに妙味ありというわけか。 しかしbarchart.comでJYオプションの出来高を見ていると、あまり出来高は多くない。むしろEURO-FXのほうが 出来高が多いようなので、こちらのほうもIVデータ整理をしなければならないなあ。あー面倒くせえ。 部屋で寝ながらリブレットにエアーエッジを差し込んでネットをやろうと思ったのだが、私の住処は茨城のため、 電波が弱くどうも具合が悪い。メインのパソコンも実はエアエッジでこちらはエアエッジをUSB接続するための アダプタを介して接続しており、このアダプタの位置を微妙に調整することによって使用している。つまり部屋 の中で電波が強い場所を探し、そこにアダプタを置いているわけである。エアエッジは何MHzか知らないけど、 800MHzか1.5GHzのどちらかだと思うので高々数十センチ動かせばそれなりにマシな場所が見つかる。 リブレット+エアーエッジでの問題はもう一つある。エアーエッジはリブレットの左側面に差すのだが、 アンテナが左手にぶつかって超邪魔なのである。というわけでリブレットにエアーエッジを差すときは、 結局USBのアダプタを介してつないでいる。アダプタは電波が強くなる場所に置いている。 2003.4.20.(日)
灯油7売り原油6買いは仕切ってしまった。期先同士、期近同士のサヤを見ると、思ったほど 縮みそうになさそうな気がしたので。800円幅くらい取れたからよしとしよう。 灯油の先物と中物のサヤは、そろそろ拡大するんじゃないかと思っているがなかなか広がらない。 灯油10買い8売りに加え、灯油10買い7売りを仕掛けてみた。金曜日の終値時点では200円 くらい利が乗っているが数百円以上抜きたいところ。灯油のシンポが楽しみ。安発会して欲しいな。 ガソリンの異限月は、逆鞘が一気に縮んだら逆鞘拡大狙いを仕掛けようと思っているけど、 思ったようには動かない。この鞘の値位置では拡大するのか縮むのかわからんので仕掛けづらい。 Traders Libraryに注文したOption Volatility Chartはまだ届かない。そろそろ文句を言おうと 思っているが、まてよ、ひょっとしたら「船便」で発送した後かもしれない、と思いもう少し待つ。 もうすぐ皐月賞が始まる。今回は非常に難解だ。テイエムリキサンから連単総流し(ウラ・オモテ)。 遂にノートPCを購入した。結局リブレットにした。kakaku.comで108000円くらいが最安値だったが、 近所のPC DEPOTでは109800円だったので迷わず購入した。CPUがクルーソーなのでスピードが遅い ことは分かっていたが確かに動きが重い。しかし持ち歩いて使うのがメインならこんなものだろう。 デスクトップとLAN接続し、デスクトップPCのCDドライブから、Excel等をインストールした。 LAN接続は初体験だったのでけっこう苦労した。ExcelとInternet Explorerとエアーエッジがあれば、 出先で先物の場帳を見れるし、オプション分析ができるし、先物の注文ができるし、競馬でPAT投票 できるし、ネットバンキングができる。これは便利。一番のメリットは寝ながらできること。 2003.4.13.(日)
ポジションが軽いのでつまらん。昨年と比べると図太くなってしまったため東京の石油市場 のサヤトリ2組では刺激が足りない。刺激を求めるためにやっているわけではないけれど、 結局は刺激を求めているのかもしれない。基本的に射幸心は競馬とか麻雀で発散させることに している。なぜならこっちなら負けても破産することはない。1万円とか2万円で済むから。 今は灯油10買い8売りと、灯油7売り原油6買いが残っているだけ。後者は若干利が乗っている ので何度利食おうと思ったことか。しかし灯油7は崩れるときは大きく崩れると思っているから 仕切るのは勿体なさそうだと思っている。一旦利食ってサヤが戻ったら売るという手もあるが 一気に崩れた場合に後悔しそうなので悩むところ。一旦利食って直ちに同じポジションを 仕掛けるという手があるが帳尻金が増えて嬉しいけれど結局は執行コストの無駄になるだけ。 Traders Libraryに注文したOption Volatility Chartはまだ届かない。返信メールを見ると 「You have not yet been charged for this item.」と書かれているのだが、どうみても 99ドル分カード会社から請求が来ているんですけど。もうしばらく待って再度文句メールを送ろ。 今日は桜花賞だった。いつものように爆弾馬を選び出し100円〜500円攻撃を仕掛けたが 撃沈してしまった。それなりに荒れたけど完全に抜け目で決着したので全部紙屑に。 ゴム−指数のサヤを見ると期先同士のサヤがキレイに縮小している。この前、損切りした組み合わせも、 放置しておけば2ポイントくらい取れたなあ。ちょっと悔しい気分だが仕方ない。なるべく気にしない。 昨日はパン主催のオプションセミナーに行ってきた。初心者向きの説明が多く、途中で居眠りしてしまい、 ふと気づいて前を見ると講師の方と目が合った(気がする)。ゴメンナサイ。前日夜中まで麻雀打って いたことと、新宿までは遠いので朝起きたのが早かったんです。初心者向けであったけども、私も 初心者であることは疑いようのない事実であり、まったく見落としていたようなことを気づかせてくれた こともあり、それなりに収穫はあったと思う。「当日限りにパンの本を割り引きで売ります」という のに乗せられて2冊も本を買ってしまった。ラリーの本とタートルズの本。パンの本はどれも高いけど 本代くらいはすぐに取り返すことができるだろう。私が相場を張る基本スタンスはサヤトリだけど、 サヤトリ以外の知識は眺めるだけでもいいから増やしておきたい。かなり前、ある人に「必要なものに 対価を払うのは当然だ」というようなことを言われたことがあることと、仕事上必要な専門書をケチって 買わなかったら絶版になってしまったりしてかなり困ったことから、本代はなるべく節約しない。 学生の頃も競馬で勝つと専門書を買ったりしたなあ。今でも使っているその本を見るたびに 「あ、菊花賞だ」などと思ったりする。しかし専門書でも1万円を超えるとさすがに躊躇してしまう。 ガソリンオプションが上場されたら、サヤトリと組み合わせて今よりも面白い戦略が組める。 以前、ニフティのFECOというところで小豆のサヤトリで「春の天井圏の定石」という話があって これは「サヤが縮むか、または上げ相場に乗る、のどっちかがうまくいく仕掛け」の話だった。 オプションを使うとこれに似たような仕掛けが作れるはず。つまり収益を生むための値動きの パターンが増えるということだ。例えばガソリン売り原油買いのポジションにおいて、利益を 生むためには1)ガソリンと原油が下がりガソリンのほうが大きく下がる。2)ガソリンと 原油が上がり原油のほうが大きく上がる、3)ガソリンが下がり原油は下がらない、の3 パターンが考えられる。しかしポジション作成時にガソリンのOTMコールを買っておけば、 4)ガソリンと原油が大きく上がったがサヤは縮むどころか拡大してしまった、という場合 においても損失をヘッジできるだけでなく収益を得る可能性すらある。特に私の場合は、 仕掛けの第1弾が早すぎることが多いため、これまでは逆行に苦しんでいて怖くて増し玉でき なかった局面において余裕で増し玉を仕掛けることができるようになると期待できる。 しかしガソリンオプションの権利行使価格の間隔、ATM中心に上下何本か、流動性はあるか、 ボラティリティは?など、上場されてみないことにはどうなるかわからない。 2003.4.5.(土)
ガソリン売り原油買いのサヤトリは全部利食った。1組あたり1500円以上取りたかったが 仕掛けコストが悪いものもあるのでプラスのうちに利食おうと思って仕切ってしまった。 平均すると1000円ずつくらいだからまあよしとしよう。利食い千人力。 今年は調子がいいなあ。あまりの嬉しさに友達4人連れて焼肉屋で豪遊。上ロース旨かったなあ。 ゴムの仕掛けはこのままゆっくりじわじわ逆行するような予感がしたので損切り。ギリギリ手数料 が抜けると思ったんだけど0.05ポイントと手数料分のマイナスになってしまった。 灯油の仕掛けはそのまま残してある。灯油の6、7月限あたりは崩れ始めればかなり下がると 予想しているので灯油売り原油買いで1500〜2000円は取りたいところだが、1000円 取れたら利食ってしまうかもしれない。灯油10月買い8月売りは値洗いはあまり変化せず。 Traders Libraryに注文したOption Volatility Chartはまだ届かない。半分あきらめている。 あと1ヶ月経っても届かない場合は再度文句のメールを送ってみよう。最近、英語の能力が 低下しているのを感じる。簡単な英文もろくに書けなくなってきた。時制の一致など、文法も だんだんめちゃくちゃになってきているのを感じる。やばいなあ。勉強しなければ。。。 昨日は朝まで麻雀を打った。麻雀の打ち方にはその人の本性が現れるという。昨日あがった手は 「北」単騎待ちとか、スジひっかけとか曲がった待ちが多かった。昨日の最高手はリーチ国士無双。 そんな状態でほぼ一人勝ちだったので、みんなムキになって朝まで打つはめになったのだが、 生活パターンが崩れてしまいなんか具合悪い感じだ。 ガソリンのおかげでノートPC購入資金ができた。さっき電気屋で下見してきたんだけど、 うーんやっぱりリブレットかなあ。普段はDo夢っていうショップブランドのアスロン1.3GHZ マシンを使っているけどもデスクトップなので「寝ながらパソコン」ができない。ノート PCがあれば「寝ながらデータ整理とインターネット」ができるし、出張にも持っていける。 ところでエアーエッジに対抗してドコモからモバイルの64kの定額制がスタートした。 エアーエッジを導入後、プロバイダー代を節約するために@ニフティを解約してdionに加入したり、 いろんなところに登録してあるメールアドレスを全部ニフテイからdionに変更したので、 今さらドコモに乗り換えるのは面倒くさい。接続スピードと価格面では、ドコモのほうが 優位にあるので悩むところだ。しかしサービスがはじまったばかりなので安定性がどうなのか を調査する必要がある。エアーエッジは時々繋がらないことがあるので注文を出したいときに このようなことがあると問題だ。一応バックアップ用としてpeopleの完全従量制も併用している。 いざとなればこっちにダイアルアップすればいい。これにプラスして先物の注文には、 iモードも使えるので注文ができない事態はかなり減ると思うが。 2003.3.29.(土)
暴落前に灯油異限月とガソ原油1組を利食った。暴落後のポジションは値洗いが恐ろしく 大きく変動し一喜一憂していたが、昨日の日中は一旦値洗いマイナスに戻るなど、 不安を感じさせる値動きであった。欲張って利食いしなかったのが悔やまれる。 現在のポジションは3/16から下記のように変化。一部利食い&一部新規建玉。 (1)20030224 東京ガ039-東京原037 8710 > 1-1 (2)20030226 東京ガ039-東京原038 9390 > 1-1 (3)20030310 東京ガ037-東京原036 11060 > 1-1 (4)20030318 東京ゴム038-大阪ゴム指数 12.25 > 2-1 (5)20030325 東京灯037-東京原036 7280 > 1-1 (6)20030328 東京灯0310-東京灯038 1540 < 1-1 ゴムを仕掛けてしまったが、なんか嫌な動きなので仕切ろうか思案中である。 ガソ原油は1組あたり1000円は楽に取れるつもりで仕掛けているけども 逆に1000円くらい楽に逆行することも十分ありえるためなかなか難しい。 Traders Libraryに注文したOption Volatility Chartはまだ届かないが、やはり 料金はチャージされていた。文句のメールを送ったところ入荷待ちとのこと。しかし不安だなあ。 木曜日は珍しく仕事で横浜に出張した。速攻で仕事を片づけた後は茅場町の千代田書店で 相場関係の本を立ち読みして、その後はタクシー拾って東京工業品取引所に向かった。 タクシーの運ちゃんは道に迷ってしまったので人形町の交差点でおろしてもらった後、 30分以上さまよって自力で発見した。以前、東京穀物商品取引所に行ったときは、 取引所の人がいろいろ雑談につきあってくれたので面白かったんだけど、 今回はガラス越しにコンピュータを眺めるだけでつまらなかった。 丁度ゴムの立ち会いが終わったときに見学に行ったので残念ながらセリは見れなかった。 2003.3.16.(日)
現在のポジションは下記の通りで2月末頃の仕掛けが早すぎ。 (1)20030224 東京ガ039-東京原037 8710 > 1-1 (2)20030225 東京灯039-036 1000 < 1-1 (3)20030226 東京ガ039-東京原038 9390 > 1-1 (4)20030310 東京ガ037-東京原036 11060 > 1-1 (5)20030311 東京ガ039-東京原038 10300 > 1-1 仕掛け(1)と(3)のせいで3/11は値洗いが最悪だったが、どうやら爆死せずに済んだようだ。 まだ値洗いプラスになっているのは(2)と(5)だけなので油断はできないのだが。 東1局でマンガンをあがってよろこんでいたら東2局で親ッパネに振り込んだけども 南2局でハネ満をツモった感じだろう。金曜日はガソリンは当限以外ストップ安だったが、 原油のほうが値幅制限が大きいため値洗いは悪化した。しかし全然出来高の伴わない ストップ安だったことから売りニーズが消化しきれておらず月曜日もきっと安いと思う。 原油も一緒に大きく下がるようだとダメなんだけども。あんまり期待すると裏切られるか。 Traders Libraryに注文したOption Volatility Chartはまだ届かない。そろそろクレジット カードの請求書が来るのでTraders Libraryからの請求の有無を調べてみようと思う。 ところでbarchartの"Advanced Commodities Service"(月額20ドル、1年契約で200ドル)に いきなりログインできなくなった。どうやら前回契約から1年が経過したようだ。最近、 メールアドレスを変更したため、barchartからの更新しますか?を尋ねるメールが 読めなかったのだろう。早速、メールを送ってログインできるようにしてもらった。 CMEでJYオプションをやろうと思っていろいろ調べたりしている。barchartにもリアルタイム ストリーミングクォートというサービスがあるが、これは"Advanced Commodities Service" とは異なるサービスであり、別料金となっている。JYオプションをリアルタイムで見る為には どうやら月額30ドルのレベルONEプラスに加入し、しかも取引所利用税が月額50ドルかかる ようだ。かつては個人レベルでリアルタイム情報を入手するのは莫大なカネがかかったわけだけど 今は安いなあ。でもね、やっぱり月に30ドル+50ドルの80ドルは私には高すぎだ。 オプションでコンスタントに利益を上げる腕が身につけば安いものなんだろうけど。 燃料電池タイプのノートPCについて、テレビでたまたま特集を組んでいたのを見た。 どうやら東芝より前にNECが発表していたようだ。テレビに映った東芝のPCは、 たぶんリブレットだと思うんだけど燃料電池がバカでかく、お話にならないと感じた。 燃料電池及び現行製品の2次電池における、単位質量あたりの究極エネルギー密度と、 単位体積あたりの究極エネルギー密度を発表してもらいたいものだ。燃料電池のほうが エネルギー密度が高くできるんじゃないかと思っていたんだけど違うのだろうか? 2003.3.9.(日)
ガソリンの期近がとても強い。ガソリン8月売り5月買いを途中で降りてしまったのが かなり悔しい。現在のポジションは一旦7万円ほどの値洗いプラスになったのだが、 20万円くらいは取れると思っていたので放置しておいたところ、いつのまにか 値洗いがマイナスになってしまった。東1局でマンガンをあがってよろこんでいたら 東2局で親ッパネに振り込んだような感じかな。ガソリン9月と原油の8月のサヤが もう少し開いたら増し玉をする予定だが、来週はどっちにいくかなあ。 Traders Libraryに注文したOption Volatility Chartはまだ届かない。 注文したときの記録を調べてみると、発送方法の欄にチェックを入れ忘れたようだ。 このため1.最も遅い(安い)郵便で発送された、2.処理されていない、 3.もともと在庫がなく発送できない、4.その他、の理由によりまだ届かないのであろう。 そのうちクレジットカードの請求書が来るので、もし料金が引かれていることがわかれば Traders Libraryに問い合わせてみるつもりである。 ところでモバイル用のノートパソコンを購入したいなあと思っていろいろ検討中だ。 最初はシャープのムラマサがいいんじゃないかと思ったけどもいろいろ情報を集めると、 どうも安定性があまり良くないらしい。電気屋で触ってみたところとても薄くて おどろいた。次の候補はパナソニックの999gのレッツノート。5時間駆動できると 書いてある。しかし5時間しか使えないのでは新幹線で東京発大阪行きに乗っている間、 MP3を聞きながらエアーエッジを差してネットをやってると行きはいいけど帰りは 電池切れになってしまいそうだなあ。とりあえず現物を見てみようと思い、 近くの電気屋にお触りに行ったけど置いてなかった。残念。 私は未だにずーっとPC9801でMSDOSver6を使っており、NECは PC9801というイメージが強く、WINDOS用ノートという観点からは、購入 候補にする気はまったく起きない。今はどうなっているかわからないけど、 PC9801用WINDOWSで面倒な思いをしたことがあるのも理由の一つ。 じゃあ富士通のパソコンはどうだろう?以前、実家でFMVを使っていたが、 使い方にも問題があったのだろうが、非常に不安定で使いにくかった。 この頃の思い出のおかげで、FMVシリーズも購入候補からはずれてしまったりする。 ソニーのVAIOはどうか。横長の据え置きタイプのデザインは好きだけど、 モバイル用のパソコンにカメラがついていたりして、私の好みに合わない。 で、結局のところ、むかーしから気にしている東芝のリブレットがいいかなあ、 と思っている。あーどうしよう。ところで先週のNE ONLINEで、東芝が 2004年頃に燃料電池式のノートパソコンを出すようなことが書かれていた。 詳細は不明だが、おそらくメタノールタイプの燃料電池だと思う。だとすると、 電池がなくなってきたら、メタノールを薬局で買ってきてこぽこぽ入れるだけで 良いはずだ。いや、わからんぞ。プリンターのインクのように専用カートリッジ をそれなりの値段で売る、というビジネスモデルのほうがありがちなパターンか。 ちなみに駆動時間は5時間程度になるようなことが書かれていた。1年やそこら で画期的な触媒が開発され、それが商品化される可能性は低いので、一般的な 2次電池(ニッケルカドミウム、ニッケル水素、リチウムイオン等)のように 年々少しずつ能力がアップしてゆくと考えるほうが自然だ。だとすると、1回の メタノールチャージで10時間フル稼働できるような燃料電池タイプのモバイル 機が市場投入されるのは、2007年頃か?そんなに先の話なら、とりあえず 普通のノートパソコンを手に入れたいなあ。 曲がっているポジションが利食えたら再度検討しよう。 2003.3.2.(日)
ポジションは全部0にした。ガソリン5月限が両建てになっていた2組の仕掛けも 全部仕切ってスッキリした。両者の損益は相殺され1万円くらいのマイナスだったが ガソ8月限売り6月限買い、ガソ8月限売り原油7月限買いも仕切ったので合計では 9万円くらいのプラスで終わった。リスクの割に利益が小さかったけど、まあいいや。 ガソ異限月の仕掛けをもうちょっと放置しておけばおいしかったなあ、まだまだだな。 ポジションが0だったのは1分くらいで、すぐさまガソリン9月売り原油7月買いを 仕掛けた。また灯油9月買い6月売り、ガソリン9月売り原油8月買いを仕掛けた。 ガソリンの期近は強いが期先は相対的に弱いので、放っておけば利益になるだろう。 逆行したらめげずに攻める予定。というかそうしないと玉が厚くならないので逆行 して欲しいような気がする。でも逆行すると不安になるのは間違いないのだが。 家で使っているパソコンは、ウイルスのワクチンもファイアウォールも何も施して いなかったのだが、時々ウイルスメールも来ることだし、ガソリン等の取引注文も 出すのでセキュリティ上、問題があった。というわけでウイルスバスターを導入した。 インストールしてウイルスを探してみた。何も検出されず、ほっとした。 Traders LibraryでOption Volatility Chartを注文した。ずーっと品切れのようだったのだが、 注文できる状態になったいたので注文した。このチャートは以前注文したときに届かずに カードに請求だけが来たのでFAXとメールで文句を書いて返金してもらった経緯がある。 注文したのは2/17で、もう2週間弱経過しているが届かないぞ。 Your order will be processed in 24-48 business hours. と書かれたメールが来たが、本当に処理をしているんだろうか? 2003.2.22.(土)
1月に仕掛けた関西NON大豆売りIOM大豆買いは利食えた。それにしても商いが薄い。 商いがもう少し厚ければ玉を増やしてもよかったのだが、あんなに薄いとアブナイので 仕切ることにした。もう損切りでも仕方ないと思っていたが7000円の利益ナリ。 石油のポジションは久々に値洗いがプラスになっている。因果玉は11月に仕掛けた ガソリン5月売り原油4月買い。仕掛けてから一度たりとも値洗いがプラスになった ことはない。このまま5月限が締め上げられていくとヤバイのでそろそろ撤退か? しかし今はガソリン8月限売り5月限買いの異限月を仕掛けているため、爆死する ことはない。今、両方同時に切れば両者の損益はだいたいゼロになるようなので 仕切っても良いのだが欲望と根拠のない希望によりなかなかそうできず。 ガソ8月限売り6月限買いは値洗いプラスになった。ガソ8月限売り原油7月限買いも 値洗いはプラスになっている。やっぱりすべての元凶は11月に仕掛けた因果玉。 「5月限」両建て状態の2組のサヤトリの詳細は下記の通り。 (1)仕掛けコスト9280円の股裂きサヤトリ 20021105 ガソ5月 売 ¥26690 20021105 原油4月 買 ¥17410 (2)仕掛けコスト−1260円の逆鞘拡大狙いサヤトリ 20030131 ガソ5月 買 ¥30580 20030131 ガソ8月 売 ¥29320 なんかゴムが上伸しているなあ。鞘グラフを見るともうすぐ参入チャンスかなと 感じるけども仕掛けるたびにスリッページ食らってグラフ上では利益、実際は 損切りというパターンになっちゃうからどうしようかな。1組だけやってみるか。。 JYオプションの過去IV計算は2002年3月〜12月分まで終わった。 しかしこんなことやっていて本当に役に立つんだろうか?まあ、とりあえず暇を見て 少しずつ進めていこうと思っている。サヤトリに使うツールはだいたい今使っている グラフに落ち着いた。(鞘棒グラフ+鞘構成銘柄の価格折れ線の重ね合わせグラフ) しかしオプション用のツールがなかなか完成しない。普通のIVチャートは横軸を日付、 縦軸をIVとし、必要なら原市場折れ線を重ね書きすればいいと思うのだが、skewを ビジュアルかつ時系列に見るための権利行使価格別のIVチャートとか、カレンダー スプレッドチャンス発見用の異限月IVスプレッドチャートとか、どうすれば 見やすいものができるかどうか思案中である。売買戦略としては、サヤトリと 同じように時々(年数回〜月に1回くらい)仕掛けて、しばらくしたら、オヤオヤ、 儲かっているわ、というような感じを望んでいる。さすがに毎日売買する暇はないので。 Volatility Spreadを仕掛けようと思っているんでけっきょく日本語ではサヤトリですが。 2003.2.8.(土)
ガソリン7月限−4月限の逆鞘拡大を仕掛けようと思っていたら、あっという間に 反転してしまい仕掛けられなかったので、追っかけで8月売り5月買いを仕掛けた。 5月限はなぜか一番高いが、きっと高いなりの内部要因か何かがあるのだろう。 よーく考えるとガソリン5月売り原油4月限の股裂きお守り玉があるので5月限は どうしようもない両建てになっている。まあいいや別の銘柄だと思えば。 ガソリン8月と原油7月が10500円開いたら仕掛けようと思っていた日があったが、 その日は届かなかった。翌日は10700円開いたら仕掛けようと思っていたが、 10500円付近で反転し一気に数百円縮んでしまった。欲張らなければ5万円ゲット だったのになあ。また拡大するような予感がするのでそのときに仕掛ければいいや。 JYオプションのIVをひたすら計算しているのだが、超面倒くさい。 PANのHPで公開されているIV計算シートを貰って来て、関数のみを借用して、 計算させているけどもIVの初期値が不適切な場合、多分ニュートンラフソン法か 2分法か分からないけど、解が見つからなくてエクセルが固まってしまう。 1個だけの場合はセルに###が表示されるだけなんだけど、一気にがーっと計算 させると完全に固まってしまうことがある。だからちょびちょびとやらせてる。 過去データはbarchart.comからダウンロードしている。ただしオプションのデータは 1998年8月以降しかダウンロードできなかった。したがって過去10年のIV分析を やることができない。どうしよう。海外市場でオプションをトレードできるのは いつの日になるんだろう。ところでTOCOMで石油オプションの上場を検討していると どこかに書いてあった。東穀でオプションは失敗しているだけにどういう商品設計に するかが問題だな。日経225OPは素人の私には倍率が高すぎるからミニ版を上場してほしい。 2003.1.25.(土)
風邪ひいてダウン中。かなりよくなったが鼻かんだティッシュが部屋に山盛り。 あぶら関係は少し早めに利食ってしまった。あと1日我慢すれば大分違ったが。。 11/5に仕掛けた股裂きガソ売り原油買いはお守りになってます。 関西NON大豆の期先を2枚売りIOMを1枚買ってますがなかなか縮まず。 つーわけで風邪で死にそうだがポジションは軽い。本業はやばい。納期が。。。 最近、CMEのJAPNESE YENオプションの過去のインプライドボラティリティ を計算していますが、PUTとCALLのIVが驚くほど一致している。ボラティリティ スプレッドのチャンスは思ったより少ないかもしれない。まだちょっとしか やってないのでなんとも言えないんだけども。 ところでこの前、都立図書館で手写しした価格を今頃掲載します。 Excel等にコピー&ペーストして加工してご使用下さい。 ***************************************************************** 原油(東京、現物、FOB、1バレル、ドル) 製品(東京、現物、業者間転売、ガソリンはローリー物油槽所渡し、 他はバージ物精油所渡し、軽油は軽油取引税抜き、1キロリットル、千円) となっていますが、小数点入れるの面倒くさいので灯油、軽油は100円単位 になっています。つまり277は27700円。 原油はセント単位で、1015は10ドル15セント。 日本経済新聞朝刊より手写ししたものです。手写しなのでおかしいところも あるかもしれないが相場を張るのに必要な大雑把な季節変動はこれで分かる(ホント?)。 毎月1日の価格。つまり2日の新聞で前日の値を読み取った。 1日が休日等の場合は2、3、4日へずれる。 例えば1月の場合は1/4とか1/5の値になってる。 左からガソリン、灯油、軽油、ドバイ原油、ブレント原油です。 なお2001年1月以降はブレント原油価格が掲載されなくなったようです。 例:1996年1月の場合 ガソリン76000-77000円、灯油28000-29500円、軽油25500-26500円、 ドバイ原油17.40-17.50ドル、ブレント原油18.60-18.65ドル。 199601 76 77 280 295 255 265 1740 1750 1860 1865 199602 75.5 76.5 295 305 260 270 1535 1545 1615 1620 199603 75.5 76 295 305 260 270 1635 1645 1775 1785 199604 75.5 76.5 290 300 265 275 1740 1750 1930 1940 199605 81 81.5 290 300 275 285 1700 1710 1885 1895 199606 80.5 81.5 265 275 280 290 1665 1675 1780 1790 199607 80 81 260 270 275 280 1730 1740 1880 1890 199608 80 81 265 270 260 265 1740 1750 1880 1890 199609 81 82 270 275 260 265 1960 1970 2190 2200 199610 81 82 270 275 260 265 2075 2085 2330 2335 199611 81.5 82 275 285 260 270 2040 2048 2260 2265 199612 82 83 295 305 280 290 2095 2105 2358 2362 199701 81.5 82.5 300 310 290 300 2230 2240 2440 2445 199702 81 82 290 295 280 285 2055 2065 2320 2330 199703 80 81 288 290 278 280 1722 1732 1915 1923 199704 80 80.5 280 285 270 275 1765 1775 1860 1870 199705 80 80.5 268 272 268 270 1745 1755 1820 1830 199706 79.5 80.5 258 262 258 262 1885 1895 1930 1940 199707 79 80 254 256 254 256 1760 1770 1860 1870 199708 78.5 79 245 250 245 250 1790 1800 1918 1928 199709 78 78.5 235 240 235 240 1770 1780 1830 1840 199710 77 78 220 225 220 225 1860 1870 1989 1999 199711 76.5 77.5 215 220 215 220 1899 1909 1951 1961 199712 76.5 77.5 224 226 220 222 1799 1805 1903 1911 199801 76 76.5 226 229 220 224 1458 1468 1604 1614 199802 75.5 76.5 218 222 215 220 1364 1374 1583 1593 199803 75 75.5 210 215 200 205 1179 1185 1375 1385 199804 73.5 74 195 200 185 190 1195 1205 1390 1395 199805 73 73.5 190 195 180 185 1285 1295 1425 1430 199806 72 72.5 190 195 180 185 1280 1290 1445 1450 199807 72 72.5 180 185 170 180 1165 1175 1215 1220 199808 73 74 175 185 170 180 1280 1290 1270 1275 199809 73 74 175 185 165 175 1235 1245 1220 1225 199810 72.5 73.5 170 180 165 175 1430 1440 1475 1480 199811 72 73 178 188 165 175 1270 1280 1245 1255 199812 72.5 73.5 178 188 170 180 975 985 980 990 199901 72.5 73.5 180 190 175 185 1055 1065 1095 1105 199902 72.5 73.5 180 190 175 185 1100 1110 1150 1160 199903 72 73 180 190 175 185 1010 1020 1045 1050 199904 71.5 72.5 175 185 170 180 1420 1430 1500 1510 199905 71.5 72.5 170 180 170 180 1660 1670 1710 1720 199906 72 73 185 195 180 190 1460 1470 1490 1500 199907 74 75 185 195 185 195 1650 1660 1745 1755 199908 76 77 190 200 195 205 1830 1840 1950 1960 199909 77 78 215 225 215 225 2065 2075 2145 2155 199910 79 80 230 240 230 240 2255 2265 2400 2410 199911 80 81 250 260 245 255 2115 2125 2160 2170 199912 80 81 250 260 245 255 2240 2250 2505 2515 200001 79.5 80.5 240 250 235 245 2270 2280 2515 2525 200002 79 80 240 250 235 245 2395 2405 2675 2685 200003 78 79 250 260 230 240 2540 2550 2900 2920 200004 79 79.5 275 285 250 260 2395 2405 2480 2490 200005 82 82.5 270 280 265 275 2255 2265 2400 2410 200006 82 82.5 255 265 255 260 2560 2570 2845 2855 200007 82 82.5 250 255 255 260 2765 2775 3215 3225 200008 82.5 83 255 260 255 260 2400 2410 2640 2650 200009 84 84.5 275 280 270 275 2905 2915 3145 3155 200010 85 85.5 300 305 280 285 2825 2835 2945 2955 200011 86.5 87.5 320 330 290 295 3060 3070 3095 3105 200012 86.5 87.5 335 340 295 305 2760 2770 3270 3280 200101 84.5 85.5 315 325 285 290 2155 2165 200102 82 82.5 320 325 265 270 2325 2335 200103 81 82 325 335 260 270 2300 2310 200104 81.5 82.5 300 310 255 265 2275 2285 200105 82.5 83.5 260 265 250 260 2480 2490 200106 83.5 84.5 260 265 250 260 2755 2765 200107 83.5 84.5 260 270 260 268 2475 2485 200108 83 84 265 275 270 280 2315 2325 200109 82 83 267 277 275 285 2450 2460 200110 81.5 82.5 272.5 282.5 265 275 2145 2155 200111 80.25 80.75 267 277 257 267 1845 1855 200112 77 78 247 257 245 255 1810 1820 200201 76.5 77.5 247 257 250 260 1990 2000 200202 76.75 77.75 247.5 257.5 250 260 1840 1850 200203 77 78 205 215 243 253 2020 2030 200204 80 81 210 220 255 265 2435 2445 200205 85.5 86 240 250 265 270 2540 2550 200206 82 83 230 240 260 270 2350 2360 200207 81.5 83 240 250 240 260 2435 2445 200208 81 82 250 265 245 255 2435 2445 200209 82.5 83.5 265 275 255 265 2635 2645 200210 82 83.5 280 295 275 290 2735 2745 200211 81 82 295 305 290 300 2370 2380 200212 80.5 81.5 325 330 300 310 2390 2400 2003.1.11.(土)
ガソリンの順鞘が遂に縮小してきたぞ。ガソリンと原油の鞘も縮小してきたぞ。 ついこの前まで値洗い真っ赤で月給以上が吹き飛んだ状態でブルーな気分だったが、 値洗いがプラスになるやいなや、ヤレヤレでほとんど利食ってしまいました。 10日の朝、NY原油の終値が1ドル以上上がっていたので逆行すると思ったのだが、 思いの外ガソリンが弱かった。流れが変わったカモ、と思ったけどもヤレヤレ感に 耐えきれず前場で仕切ってしまった。引けまで粘れは利益は倍増だったのだが、 あとのまつりであった。あれだけおおきなリスクを取っておきながら利食い失敗。 今残っている玉は、仕掛けコストの悪いガソ売り原油買いを2組。これは利を伸ばしたい。 仮に再度逆行したら期先の限月で攻める予定。 競馬の調子もいい。1/5は友達と中山競馬場へ。正月競馬は荒れやすいので大好きだ。 2レースで30万馬券が出たがきわどくかすった(ハズレ)。 7レースあたりの10万馬券もかすった(ハズレ)。 メインの中山金杯は500倍を的中。しかしたった100円なので2レースからの ハズレ馬券の山の損失をすべて埋め2万円ほどの浮きとなった。 今日の厳選レースは中山7レースのサラ500万クラスのダート1200m。このレースは 山田厩舎がなんと3頭出ししており、その中の1頭の単勝売り上げに異常が見られたため 軸馬とした。いつものように100円だけだが今年2本目の万馬券を的中させることができた。 2003.1.4.(土)
新年おめでとうございます。今年はバリバリ儲かりますように。。。 ガソリン異限月、ガソ売り原油買いのどちらのポジションも曲がったまま越年。 東京市場が閉まった後もNY市場は開いておりNY原油と為替が動くのをみながら 一喜一憂していたのだけど、まあ、なるようになってくれ。(サヤ縮んでくれ) ガソリンと灯油のサヤは実は12月半ば以降は見ていなかったのだがしらぬまに 広がっているな。あと1000円開いたら期先同士で縮小を仕掛けようかな。 ガソリン灯油では痛い目に遭っているが期先同士でドローダウン多めに考慮して 仕掛ければ吹き飛ぶことはあるまい。 年末は中央道と名神を経由して大阪までドライブ。道頓堀でたこ焼きを食べたり、 オムライス発祥の店「北極星」(だったかな?)でオムライスを食べたりした。 その後は名古屋で台湾ラーメンという辛いラーメン(激旨!!)を食べたり、 ひつまぶし(うなぎ料理)を食べた。味噌カツの店はせっかく行ったのに 閉まっていたので食べれなかった。残念である。 年始は実家に帰って高校のクラス会に行った。かつてのクラスメートがなんと M商事でディーラーになっていた。LMEで取引しているとのこと。いくら 吹き飛ばしたか聞いたら「オレはちゃんと勝っているぞ」だと。 その後、麻雀で搾り取られたため高速道路を使わずに関東へ戻ることにした。 しかし下道もかなり渋滞しており酷い目に遭った。1号を走っていたら箱根が 凍結しているらしいので246号へ迂回したがこっちも雪が残っていた。アブナイ。 かなりダラダラ走っていたが途中でマンガ喫茶を発見したのが運のつき。 ちょっと休憩のつもりだったが長居してしまった。おかげで途中から高速を 使うはめになった。しかし首都高速は怖かったなあ。結局1700キロくらい くるまで走ったのでなんかひじょうに疲れた。朝からユンケル飲んでしまった。 2002.12.8.(日)
ガソリン異限月の鞘がなかなか縮まらない。6月と3月の鞘が1000円超えたら もう1丁仕掛けようと思っていたところ12/2の終値で1110円まで開いたので、 我慢できずに12/3の昼間にザラバで注文を入れたのだが更に広がってしまった。 ワーストケースシナリオとしては2000円まで開くことを想定しているが、 2000円までなら心理的には辛いものの資金的には吹き飛ぶことはない。 しかし平均仕掛けコストが900円であり、しかも2組も仕掛けているので、 2000円まで行ったらもう2発くらい仕掛けたいところであるが、うーん、 心理的に耐えられないかもしれない。というのはガソ売り原油買いを2組持っており、 こちらも曲がっているからである。こちらは原油4月5月買いのガソ5月6月売り。 ガソの異限月が逆行するときには、こっちの仕掛けも逆行するのは間違いない。 欲張ってポジションを膨らませてしまったのが悔やまれる。いつも仕掛けが早すぎる。 使用証拠金はガソ異限月が2組だから10.5×2×2=42万円。 ガソvs原油が2組だから(10.5+13)×2=47万円。合計で89万円。 現在の値洗いはマイナス20万円くらいなので今と同じくらい逆行すると追証がかかる。 満玉張っているわけではないから計算上は資金は十分耐えられるが途中で投げてしまいそうだ。 しかしながらガソ異限月の期先絡めた2つまたぎで2000円開くことがあれば、 これは投げるときではなく攻めるとき。こんなチャンスはあまりない。 同じく期先ガソvs期先原油で仮に12000円開いたらこれも大チャンス、と思う。 しかしガソリンの期近の弱さがいやな感じだな。 あぶらはおいといて、アラビカ買いコーヒー指数売りは、ずーっとマイナスが続いている。 金曜日のNYコーヒーの終値を見ると3.8セント暴落している。しかも為替も少し円高に 振れているから、アラビカはストップ安、指数もストップ安で値洗いマイナスが 拡大しそうだ。負のボーナスだなあ。下手くそ。ヒストリカルなグラフを見ると アラビカは大暴騰寸前って感じがするんだけどな。オプションがあればいいのに。 もしオプションがあったらアラビカ買い+指数売り+アラビカOTM-PUTプット買い。 →アラビカ暴騰時:サヤトリが利益、オプションは無価値に。 →アラビカ暴落時:サヤトリはマイナスだがオプションでヘッジされる。 まあ、ないものねだりしても仕方ないけどさ。以前、東穀取に遊びに行ったとき、 「コーヒーのオプションも検討中である」なんて言っていたのに、没になったか。。 土曜日に超久々にラーメン博物館に行ってきた。職場の後輩たちが全店舗制覇するとか 言っていたのでつきあうことにした。ちゃんとした一人前は量が多すぎるので、 食べるのは、どの店にも置いてある「ミニラーメン」にした。 私は3杯食べたところで気分が悪くなり退散。後輩達は結局6杯食べたそうだ。 まあミニラーメンなので無理すれば食べられるのだがラーメンは当分いいや。 2002.12.1.(日)
もう12月かあ。月日の流れるのは早いものだ。 ガソ発会日に6月売り3月買いを仕掛けたのだが、いやーな感じの順鞘が続き、 しばらく順鞘が縮小する気配はないな。しかしいずれは縮小すると思われるので なるべく期先の限月を使って順鞘縮小を狙った仕掛けをしようと思っている。 ガソ売り原油買いは、もし期近同士で仕掛けていればかなりおいしかったのだが、 期先同士で仕掛けたためにほとんどサヤは変化せず。こういう展開はある程度予想 できたのだが、期先のほうがリスクが少ないと考えての仕掛けなので仕方あるまい。 それにしても期近とくらべてサヤ変動分が少ないので1組仕切って3万円の小遣いゲット。 再度タイミングを見計らって期先で増し玉する予定である。 コーヒーはアラビカが跳ねれば面白いポジションなのだが、ロブスタが思いの外強く、 値洗いは若干のマイナスを維持したままである。あまり気分がよろしくないが、 もう少し逆行したら、ロブ売りアラ買いをしかけようかどうか思案中。 そんなわけで現在のポジションは、ガソ売り原油買いを1組と、ガソ異限月を1組と、 アラ買いコーヒー指数売りを1組の3つのみ。今年は去年よりも体感速度の大きい ポジションを取る練習をしたんだけど、いい練習になったと思う。 東京市場でガソリンを仕掛けてもさほど動揺しない程度、面の皮が厚くなった。 ジャパンカップは穴馬を数頭選んで馬連、3連複で100円ずつ攻めたところ、 両方とも万馬券を的中してラッキーな気分である。久しぶりに当たったなあ。 Far OTMのオプション買いみたいな買い方しかしないので滅多に当たらない。 先週はミーハーなことに、ドラゴンアッシュのライブに行ってきたぞ。 発売開始2分後にチケットぴあに電話がつながったのにもかかわらず土曜日のチケットは 売り切れで日曜日しか取れなかったんだけど、ツアーファイナルだったのでよかった。 ジャパンカップの万馬券、ライブ、というふうにいろいろあった翌日は、 職場でパラジウムを使った水素純化装置がぶっこわれてしまい、大変困っている。 装置の修理にはカネと時間がかかるため、その穴埋めのため12月半ば〜下旬は 地獄になりそうだ。。。あぁぁぁぁ!!!!!!!!今のうちに遊んでおこう。 2002.11.17.(日)
関西NON大豆買いIOM売りを1組だけ持っていたのだが、昼間に値洗いを見たら、 すこーしプラスだったので仕切ってしまった。同様にしてコーン売り関西穀物指数買い も1組だけ持っていたが、これも一緒に仕切ってしまった。前者は1ヶ月、後者は2ヶ月 もポジションを抱えていたわけだが利益は全部で6000円くらい。プラスだからいいや。 ガソリンと原油のサヤはどこまで広がるか分からないけど、あと1000円広がるまで 待てず、また仕掛けてしまった。これで全部で2組、仕掛けコストは9280円、9640円。 また1000円くらい逆行しそうな気がするなあ。やだなあ。 ガソリンと灯油の先限同士のサヤに注目しているが、どうもこのサヤ値位置では仕掛け辛い。 一旦、500円くらいまで急激に縮小してくれたら、拡大狙いを仕掛けるのだが。 ガソリン異限月は6月限発会に期待したい。6月限発会日にだけ円安・NY高になって、大幅に 高寄りしてくれたらいいなあ、4月限発会のときみたく。。。 灯油異限月はもうちょっと逆鞘が縮小してから、逆鞘拡大狙いを仕掛けようと思っていたのに、 再度逆鞘が拡大傾向か。いまさら追っかける気がしないので様子見。 コーヒーを久しぶりに仕掛けた。アラビカ9月2枚買い、コーヒー指数9月1枚売り。 仕掛けコストは丸代金ベースで112000円。幸い、先週末にNYコーヒーが上がったことだし、 以外と簡単に利食えるかもしれないな。 マイルCSは、嵐の予感がしたので万馬券を中心に攻めたのだが、抜け目で決着。 くそー、あの3000倍が取れればなあ。。。。 2002.11.10.(日)
ガソリンの異限月は、逆鞘になるまで待てず、全部利食ってしまった。利食い祝いに友達を連れて、 ガソリン記念と称し、好き放題に焼き肉を食べてちょっとハッピーだったが、その後の麻雀で しこたま負け「焼き肉をご馳走してくれた上、小遣い貰って悪いねえ、今日は**君がストップ安 ですな、ゲヘヘ」と言われかなり悔しい気分である。焼き肉代返せ!! 今日は万馬券にいくばくかのカネを張ったが、またまた紙屑。 ガソリンと原油の鞘が開いてきた。期近同士(ガソ12月、原油11月)の鞘が6000円を割った けども、なんかヤな予感がしたので見送ったら、8000円まで広がってしまった。今さら拡大 狙いを仕掛ける気がしないので、期先で、ガソ5月売り原油4月買いを仕掛けてみた。 1000円逆行するたびに分割で攻める予定。ただし2回まで。その前に縮小してくれ。 先限同士では、拡大すると見せかけて実はフェイント攻撃で10000円弱でうだうだ粘った挙げ句、 鞘は縮まる、というのが私の希望的観測。根拠は特に無し。サヤの値頃です。 ガソリンと灯油のサヤは期先同士を見ると、2500円も開いている。昔の私だったら、 「こんなに開いているから縮むに違いない」とか言って仕掛けるところであるが、 2000年8月限で3日間ほどで2000円幅やられ、踏み退いたその日にサヤ反転した経験から、 そんなに簡単には仕掛けてやらん。少なくとも4000円以上開くまで待つ。 2002.10.27.(日)
天皇賞は嵐の予感がしたのでサンライズペガサス、トウホウシデン、ツルマルボーイの3頭ボックスを 軸に100円総流し攻撃を仕掛けた。が、サンライズがかろうじて3着になっただけですべて紙屑になった。 ガソリン5月発会日の昼頃に5月限が4月限より若干上鞘だったので後場寄りで5月売り2月買いを 仕掛けた。3月と4月の鞘よりも4月と5月の鞘のほうが小さいのであまり取れないかもしれないと 思ったがその日の内に多少の利が乗った。少しうれしいな。発会時に仕掛ければもっと良かったが。 現在のポジションは上記のほか、東京ガソリン4月売り2月買いを1組と、中部ガソリンの異限月を 3つほど、あとはコーン売り関西指数買いを1つ。中部灯油異限月の仕掛け2組は利食って約4万円の利益。 ガソリンの順鞘はもっと早く縮むと思っていたんだけど、少し縮んだだけでなかなか逆鞘にならない。 ゴムが再度上昇し始めたようだが、ゴムと指数の鞘が急激に広がってからエントリーしようと思う。 2002.10.20.(日)
菊花賞で大穴狙いをしたのだが当たらなかった。穴を狙ったのに外れると非常に悔しい。 ガソリンは明日月曜日に5月限が発会する。4月限に対してどれくらい上鞘になるのか楽しみ。 4月限発会時は他限月がストップ高だったこともあり発会日の終値はかなり割高だったが、 5月はどうなるだろうか。週末のNY原油は少し安く引けたのであまり期待できないかな。 東京コーン売り福岡コーン買いは、予想よりも時間がかかったことと、手数料が抜ける レベルまできたので仕切ってしまった。利益は数千円。かな〜り放っておいたわりに利益が小さい。 2002.10.13.(日)
ガソリンの順鞘が少し縮んでしまった。今度はちゃんと増し玉するぜと思って待ちかまえていたのに このまま縮んでしまうのか?縮むならもっと縮んでくれ。広がるならもっと広がってくれ。 期先でガソ売り原油買いを仕掛けようかどうか躊躇していたら縮んでしまった。 ガソの曲がりのせいで決断力が鈍った感じ。あーもったいねー。10000円も開いていたのに。。 ゴムvs指数は当分仕掛けないとか言いながら気になる。このままずるずる鞘すべりする長い下げ相場か? 東京コーン売り関西指数買い、東京コーン売り福岡コーン買いは、まだ玉あり。さっさと切りたい。 アラビカvsロブスタは逆鞘に行かず、順鞘幅を期先で3000円幅くらいまで戻した。 仕掛けるとしたらアラビカ売りロブスタ買いか?でもまだ早すぎかもしれない。 私の住処の電話回線はダイヤルアップ接続で24000bpsくらいの速度しか出ない(交換機の関係)。 あまりにも遅いのでイライラする。このためインターネットオプションで画像の表示をオフ設定にしている。 ときどきオン設定でいつも見ているHPなどを見てみるとこんな壁紙だったのね、などど思う。 友達がKDDIのエッジを導入したのだが、USBアダプタを使えばふつうのデスクトップパソコンでも 使えるらしいということがわかった。そこで私もエッジを導入することにした。ちなみにノートパソコン は持っていないのでモバイルはまだできない。ガソリンで儲けていいノートPCを買いたいな。 海外では燃料電池タイプのノートパソコン試作機ができているらしい。国内でもそのうち燃料電池 タイプの小型ノートパソコンが出ると思うのだが私の知る限り、そういう話はまだ聞かない。 燃料電池なら10時間くらい連続稼働できるので出張時とか旅行時に便利になると思う。 買うとしたら燃料電池タイプしかありえない!と思う。だから早く販売されないだろうか。 話が飛躍してしまった。エッジは月額約5000円で32kパケット通信がつなぎ放題になる。 オプションとして追加で3500円払うと128kパケットになるらしい。友達が128k契約にしたのだが、 上りと下りで速度が違うため、ネットワークゲーム対戦をすると止まってしまう、と文句を 言っていた。その挙げ句、KDDIに電話してアンテナの数が少ないせいで速度が出ないのでは ないか?と言っていた。実際その通りアンテナは近隣に1本しかなかったそうだ。 私の場合は画像等の重いファイルの転送はあまりやらないので、32kの契約にした。 しかしやっぱり遅いなあ。。。24Hつなぎ放題だけどもやはり遅すぎ。画像表示OFF。 2002.10.5.(土)
ガソリンの順鞘がもっと大きくなったら増玉しようと思っているのになかなか鞘は広がらない。 3月限と4月限だけが持ち上がっている形をしているので2月買い4月売りを増し玉したいが、 なんか罠みたいな気がするんだよなあ。4月限ってなんであんなに上鞘なんだろう。 しかし我慢できず増し玉。ただし中部ガソリンで1枚ずつなので気休め程度の増し玉。 灯油のほうは逆鞘の縮小が止まったように見えたので中部灯油で200304-200301を2組仕掛けた。 ゴム相場は終わってしまったのか、それとも深い押し目なのか分からない。 しかし期近が弱いからもう終わってしまったのかもしれない。鞘が急変動するようなときは、 ストップで指数の注文が入らなかったり、翌朝の寄付で仕掛けるとスリッページが大きいし、 鞘の大きなうねりを取るときは周期が長いのでやりにくい感じ。性格に合わないかんじ。 東京コーン売り関西指数買い、東京コーン売り福岡コーン買いは、最近、仕掛けコストのあたり をうろうろしているが、再度逆行するような予感がする。証拠金の無駄遣いをしているような感じ。 2002.9.29.(日)
ガソリン200302売り200211買いは、200211が当限になってしまったことと、流れ的に 逆向きになりそうな感じがしたので損切ることにした。 7〜9月のあぶら系スプレッドの全成績は下記の通り、概ね「損大利小」。 原油200212−ガソ200301 1組目 利食い(\+107,320) 東京ガソ 200302-200211 1組目 損切り(\ -52,680) 東京ガソ 200302-200211 2組目 損切り(\ -47,680) 東京灯油 200302-200301 1組目 利食い(\ +11,320) 東京灯油 200302-200301 1組目 利食い(\ +36,320) 中部灯油 200303-200212 1組目 利食い(\ +8,120) 中部灯油 200303-200212 2組目 利食い(\ +11,320) あぶら系スプレッドの最大ドローダウンは\-343,000で、これは、 ガソリン200302売り200211買い2組が一番逆行していたとき。 このとき全玉がサヤトリにもかかわらず追証がかかり増し玉するのが怖かった。 現在のポジションは東京ガソ200304-200302を1組と、中部ガソ200304-200302を2組で、 順鞘幅は知れていると思うので逆行したら今度は分割で攻めまっせ〜! 関西粗糖売り東京粗糖買いは、金曜日の昼頃に値洗いを見たら少しプラスだったので 後場2節に成り行きで仕切った。ご想像の通り猛烈なスリッページを食らい、 見事損切りとなりました。仕掛け時、仕切時のスリッページともにほぼストップ幅ずつ。 グラフの上では利益、実際は損切り。バイカイで値付けしてくれえ。。。。 2002.9.22.(日)
ガソリンは円安とかNYMEXの上げに対して鈍感になって来た気がする。だから期先のほうが 期近、期中よりも大きく上げる可能性より、期先のほうが期中よりも大きく崩れる可能性のほうが 高くなってきたような気がする。しかしガソリン異限月は半分損切りしてしまったし、灯油の異限月も 一旦仕切ってしまったので勿体無いことをしたかもしれない。一時は死刑執行前夜のような状況 だったガソリン200302売り200211買いは、このまま逆鞘が拡大すれば利食えるかもしれないな。 仕掛けるのが2週間くらい遅ければハラハラすることなくおいしい思いをできたのにな。 コーンのポジションは東京売り福岡買いを1組と、東京売り関西穀物指数買いを1組。どうやら ようやく流れが変わった気がする。これの仕掛けも1週間くらい遅ければよかったな。 しかしまだ値洗いはマイナスである。途中で増玉すれば利食えるレベルになっているが、 単発で仕掛けて数万円の小遣いをゲットする作戦だったので、増玉はしなかった。 石油もコーンも、資金管理を十分考慮して最初から2分割乃至3分割で仕掛ければ、 大きな利益になっていたわけなので、今後はもっと計画的に仕掛けようと思う。 関西NON大豆買いIOM大豆売りの200306の仕掛けと、関西NON大豆売りIOM大豆買い200306の仕掛けを 同時に利食った。利益は全部で25000円くらいでゴミみたいな仕掛けだが、1万円だって100回積もれば 100万円になるわけで(100回は難しいが)、だから謙虚に小さな利益も喜ぶこととしよう。 関西大豆は去年よりも一層板が薄く、また、鞘の動きが小さいか、または異常に大きいので仕掛け辛い。 今年は資金の一部を海外シフトしてCMEのJYオプションをやろうと思っていたのだが、サヤトリでの 損切りが多いし、不況で給料もボーナスも減ってしまったので、おあづけ状態になりそうだ。 TGEのオプションの出来高は3年くらい前と比べても更に減っており、危なくて取引できない。 昨日はリーチ一発国士無双をあがった。4枚目の北待ち。 2002.9.16.(月)
お盆頃に仕掛けたガソリンの異限月ではずいぶん苦しめられた。仕掛けのタイミングが 全然ダメだった。うまく仕掛ければ1月以来のおいしい仕掛けになった筈で、悔しいな。 順鞘の最大付近で増し玉できなかったのはビビってしまったことともあるが、資金配分が 甘かったせいもあるので単純に腕の問題だなあ。あーあーあー。2組の仕掛けだったが 1組は順鞘が縮小した後に灯油の利食い、ゴムvs指数の損切りとまとめて損切った。 このゴムvs指数は、これまた盆休みに昼間から相場を見ながら仕掛けた因果玉で、仕掛けた 瞬間に損が確定したようなヘッポコサヤトリだった。 ガソ半分損切り+灯油利食い+ゴムvs指数損切り=−7万円であった。マイナスだけど、 これだけで抑えられたのであれば、ラッキーだったと言えよう。 一時、追証がかかったくらいだから。サヤトリで追証かかるなんてなんて下手なんだろう。 ガソリンの異限月はまだ半分残してある。このまま逆鞘に戻りそうな気がしたので、 全部切らずに残したのだがどうなるか。仮に逆行しても今度は増玉で対処するつもり。 コーンの仕掛けはやはりというべきか、さっそく逆行している。しかしシカゴコーンが 週末暴落したことだし、流れは変わってくるだろうと楽観して当面は放置。 昨日、友達がスロット(なんとかゴッドというギャンブル性の高い機種らしい)で 1万枚(20万円だそうだ。。すげえ)ほど出したので豪華な夕食をゴチになった。 そのあとそいつと麻雀打ったら案の定、バカヅキ状態で、こてんぱんにヤラレタ。 2002.9.6.(金)
ガソリン買い原油売りはほどほどの利益を確保した。盆休みにザラバ見ながら利食った後、 ガソリンの期先を売り期中を買ったのだが仕掛けタイミングが早すぎたので、その後かなり 苦しむことになった。全部で2組仕掛けて平均コストが−400円くらいなのに順鞘の 1000円以上まで拡大してしまったので「ガーン!」であった。最大2組、ただし、 恐怖を感じない状態なら3組までと決めていたのだが2組で1500円逆行すりゃあ、 けっこうな恐怖になりますね。というわけで「追証かかっても知らんぷりして放置する」 という戦略を選択しました。その後、鞘は縮小しましたが、今日から再度拡大か? NYMEX原油の夜間取引を見たらかなり騰がってる。とりあえず損切りして、 タイミング見て再度エントリーするのが正解かなあ。。。でも多分、放置。 ゴムと指数の鞘は、場節毎にけっこう大きく動くため、ほとんど単発で仕掛ける私に とっては仕掛けコストが悪くなることが多い。現在持っているポジションは、 思ったより3ポイント以上悪いコストになった、ゴム1月売り指数1月買い。 確か仕掛けコストは約6ポイント。超最悪、絶対ダメじゃん。もうゴムはやめようかなあ。 とりあえず放っておき、タイミングを見ながら損切りするか、または損切りする前に、 15ポイントくらいまで広がってしまったらもう一段仕掛けようと思う。 先週から今週にかけて福岡コーンが一気に下落したので、福岡コーンと東京コーンの 鞘が一気に縮まった。怪しい市場にかかわるとろくなことはないのだが、ついつい、 仕掛けてしまいました、福岡買い、東京売りを。目標500円幅、損切り規定は未定。 ずーっと抱えているゴミポジションの関西粗糖売り東京粗糖買いを仕切りたいのだが、 最近忙しいので指値で関西を仕切ってから東京を仕切るという芸当をする余裕がない。 なりゆき注文で酷い目に遭ったので(売り1枚出したらストッピ安!)、早く撤退したい。 盆休みはほとんどどこにも行かず(雀荘のみ)、CMEのJapanese YenのImplied Volatilityの 計算と、Volatility Spreadのシュミレーション、競馬の電話投票、TOCOMのザラバで 値動きを見る、というようなことで終わってしまった。 オプションの教科書にバックスプレッドが載っていることがある。全然メリットが無い戦略 だと思っていたのだが、これは価格変動から利益を得ることばかりを考えているからであって Volatilityの不均衡を取るという観点からは比較的低リスクな戦略なんだなあ、などという ことがわかりました。というふうに、まったくリフレッシュできず肩こりがひどく辛い。 先週は先物のポジションは放っておいて2泊3日で台湾に行き、足ツボマッサージと整体を やってもらった。ショウロンポウも食べてきた。旨かった。 遊んでばかりいるせいで仕事の納期に追われている。来週は辛いなあ〜。 2002.8.10.(土)
現在のポジションは、ガソリン買い原油売りと、ガソリンの異限月(期先売り)と、 ゴム売り指数買い。ほかにもゴミポジションあり。 あまり鞘が動かないのでちょっと退屈気味。大豆がもっと動いて欲しいな。 2002.7.19.(金)
ゴム−指数の残玉をようやく利食った。利食ったというよりは、 利益の状態で退散したというのが正解か。昼間に相場を見ている余裕は無いので 基本的に前場1節か、昼飯時に前場の引け値を見て後場の1節に注文を出すのだけど、 他の銘柄だったら前日の夜に成り行き注文出して放っておくのに比べて手間かかりすぎ。 他の仕掛けはガソリン買い原油売りを1枚ずつと、大豆関係のショボイ鞘取りを少々。 無理に仕掛けるとろくなことにならないのでチャンスを待とうと思う。 2002.6.30.(土)
ゴム−指数の終値だけの鞘グラフを見ると、凄く儲かるような気がするが、 実際は仕掛け時及び仕切時のスリッページが無視できないほど大きく、 利益を得るのは難しい。11月限で終値で約13ポイント開いたので 翌日仕掛けたら3ポイントもスリッページを食らった。 結局、値洗いだけがマイナスとプラスの間を大きく動き、 あまり気分が良くないので2組仕掛けたうちの一つを昨日仕切ってしまった。 小豆の11月売り、8月買いを仕掛けている。当初はどうせ今年もちょっとしか 鞘が動かんだろと思って200円幅ずつナンピン(1組ずつ)していった。 仕掛けコストは700円、900円、1150円、1600円くらいだったが、 「さや取り掲示板」でのみんなの話から判断して、これはどう見ても負け戦だな、 と思い昨日の後場2節でほとんど仕切った。6月はゴム、原油、粗糖等のミニ サヤトリで10万円くらいの利益があったのだが、くそー、全部飛ばしちゃったよ。 もう少し様子見て仕掛け時を探ってみたい。拡大狙いは苦手なのでやらない。 関西粗糖と東京粗糖の鞘を見ると時々数百円以上開くことがある。関西は出来高が 超少ないが、どっちみちバイカイで成立するだろと思って注文出したら、 おそらくオレの注文のせいで(たった1枚売りなんだけども)ストップ安! 出来高2枚でした。東穀オプション市場みたいだ。 ヤッパリ、こんな市場に注文出しちゃだめだな。。。。。 東京コーンも少し順鞘が開いてきた。もう少し開いたら仕掛けてみよう。 2002.6.16.(日)
ゴム9月の仕掛けはわずかではあるが無事に利食えた(約3万円の利益)。 ガソリン買い原油売りを期先で仕掛けているがサヤがほとんど動かず。 仕掛けコストは悪くなかったので値洗いはずーっと僅かにプラスである。 中部灯油12月買い、9月売りを2組ずつ2回仕掛け、合計4つ仕掛けた。 仕掛けコストは1700円くらい。まあまあというところか。まだ利益にはならず。 関西粗糖売り東京粗糖買いを仕掛けた。相変わらず出来高が超少ない。節ごとに値段が 全然違ったりする。2組仕掛けた。平均仕掛けコストは600円くらい。 1万円くらい儲かるとうれしいがスリッページが大なのでほとんど運まかせである。 なんと初めて小豆を仕掛けた。新穀の11月売り8月買い。さっそく200円ほど 逆行したので明日ナンピンする予定。東京ゴム11月売り指数11月買いも仕掛けた。 分割で建玉したが1ポイントほどのスリッページで仕掛けコストは10.1くらい。 14ポイントでナンピン予定。そこまで広がる可能性はさほどないと思うが。 久しぶりに横浜中華街に行った。3000円のコースを食べたが満腹になってしまった。 ご飯物がコースに含まれていなかったのでチャーハンを追加オーダーしたのだが、 けっきょく全部食べれなかった。十分多かった。 浜崎あゆみの横浜アリーナのコンサートに行った。アリーナの最前列だったのだが、 アリーナ席の前にはセンター席という席があり、つまりアリーナ席は「最善の席」では なかったため、あゆはまるで豆粒のようであった。コンサートはだめだな。 やっぱりライブのほうがいいね。 さっきまで友達と麻雀を打っていた。負けていたので差しウマを倍にしてもらったのだが、 傷口を広げただけであった。暇つぶしだったのに1万円もやられた〜。晩飯をゴチさせた。 2002.5.25.(土)
東京コーン200303売り、200209買いはなかなかサヤが縮まらないし、 さやすべりしているようなので損切りした。手数料込みでマイナス7000円。 東京原油200210売り、東京ガソリン200211買いは仕掛けがかなり早すぎたので、 ほとんど利益無し。ナンピンすれば取れたと思うけど、仕掛けコストが6620円だったので 5300円以下でナンピンしようと思っていた。(自分の相場ノートにそう書いてある) 中部灯油200210買い、200207売りは値飛びで仕掛けコストが悪かったが(2830円)、 利が乗ったので仕切ったらまたもや不利な値段で約定し手数料損となってしまった。 東京市場で短期決戦で仕掛ければ取れたなあ、と思うけどまあ仕方ない。 自信度低かったから中部で仕掛けたわけなので。 大豆ミール売り、大豆買い(IOM1枚+NON2枚、東京市場)は、超小さな利益。 というわけで今年は1月の最初だけ調子が良かったけどその後はあまりぱっとしない。 現在残っているポジションは東京ゴム9月売り、大阪ゴム指数9月買いのみ。 ボラティリティが低下しているのでそろそろ、だら〜とゆっくりサヤが縮み始めるのでは なかろうかと期待している。10月限か11月限で乗せ(orナンピン)しようと思う。 2002.5.6.(月)
連休中は買い物で東京に行って帰りにフリー雀荘で打ち、少し財布を軽くしたくらいで、 あとはExcelでデータ整理したり読書して過ごした。懸案事項であった東穀オプションの 過去IVを計算する方法を遂にあみだした(というほどでもないが)。かといって全自動化 したわけではなく、新しく覚えた機能(オートフィルタ、関数をいくつか)を使って、 いままでデータを手で拾っていたものをフィルタとLOOKUP関数で拾えるようになった だけで基本的に手作業であるが。この方法により一つの限月の過去IVは5分か10分の作業で 求めることができるようになった。さっそく現在マーケットメイクされている中心限月である 2002年9月限のIVチャートを作成してみた(5月からは当限になるのでマーケットメイクされない)。 形の上では先物が発会するとすぐにそれに対応するオプションが発会するわけだが、 こんなに先の限月はマーケットメーカーの値付け義務がなく、かといって一般投機家が ひしめきあっているわけでもなく、つまり閑散としていてまったく出来高が無い。 したがって実際に取引されていない時期のIVはIVとしての意味をなさないかもしれない。 期近でさえも出来高が少ないし、清算方法がおかしく(帳入れ価格にはskewが反映されない)、 流動性がない、ということを考えると東穀オプションは、取引銘柄としては不適当だというのが 一般的見解であろう。しかし1枚35000円の証拠金で遊べることができるのは 東穀オプションだけしかない。今年こそはデルタニュートラルの練習をしようと思う。 ところでシカゴコーンのIVは6月限が22%、7月限が24%であった。 東穀コーン9月限のIVはコールが20.7%、プットが17.7%であった。(5/2現在) 海外のオプション市場は取引単位が大きいからお金がいっぱいないと練習できない、 と漠然と思っていたのだが、最近いろいろ本を読んで調べてみると必ずしもそうでは なさそうである。「オプション売買の実践」の中でCMEのJY(日本円)オプションの話が 出てくるのだが、1000〜1500ドルあればできるらしい。ということは5000ドルくらい あれば小さなポジションで練習ができるだろう。海外市場の一番の障壁は「資金」と 「言葉」なのだが、日本語の使えるブローカーで小資金でできるとならば躊躇する理由 は無いな。しかし過去データの分析をしなければ市場に参入することはできないので まずは過去データ分析だなあ。さっそくbarchartでデータをダウンロードしてIVの計算を してみたのだが、IV計算に使う金利をどうしたら良いのだろう。良くわからんけど、 barchartのIV計算結果を見ると、Tビル3ヶ月物の金利と大体同じだったので、それを 採用することにした。金利を変えるとOTM価格がけっこう動くが、時系列で見るべきは ATMのIVなので金利が少しくらいずれていても何の問題もなさそうだが。 米国金利って高いというイメージがあったけども、4/19現在の短期金利は1.70%だった。 barchartの過去データ(先物及びオプション約定値)と、米国金利の表と、オプション満期日 がわかれば、Excelを使って過去IVの算出が可能である。上に書いたように、連休中に Excelスキルが僅かながらパワーアップしたのでちょっと時間はかかるが、地道に自分で 計算しようと思っていたのだが、barchartの過去データは先物はけっこう前まであるが、 オプションは1年分くらいしかなかった。つまり過去数年のIVを求めるという当初の目的は 達成することができないことが明らかになった。以前、ボラティリティチャートを買おうと したら品切れだったし、過去IVが入手できる情報会社の会費は高いので、困った限り。。 サヤトリのほうは特にトピック無し。コーヒーの期近が激弱で思いっきりサヤすべっている のでコーヒー指数異限月は損切りすべきかどうか迷っている。あーっ、逆やっとけ。 CSCEのアラビカが45セントくらいまで下がって、アラビカと指数のサヤが先物で 25万円以下まで縮んだら拡大狙いを仕掛けよう、という計画は変わらず。 25万円はちょっと仕掛けが早いな。20万円くらいにしとくか。 関西NON&IOMは一番期先がもうチョイ開いたら(4000円くらい)、縮小狙いを仕掛けよう と思っていたが縮んでしまった。関西大豆の期近は変な動きをしているので近づかないつもり。 職場では最近デスクワークが多く、夕方仕事を放り出して帰宅した後も結局パソコンに向かって カタカタやっているため、肩こりと腰痛がひどい。なんとかならんかな。 というわけで今から近所の健康ランドでサウナ浴びてマッサージしてもらお。 2002.4.20.(土)
最近、ずーっと曲がっていて気分が悪い。関門コーン200302売り200208買いは 2組とも損切り。当限が下がって順鞘になってしまった。 東京コーン200303売り200209買いを仕掛けたがこちらもぜんぜん順鞘が縮まらない。 順鞘が急拡大して1500円くらい開いたらガツーンと(2枚ずつくらい)仕掛けようと 思っているが、こういうじんわりした動きは嫌いだ。 コーヒー指数の異限月は3つ仕掛けて2つ損切りして、1つ残っているが、 アラビカの期近が弱いのに追随して指数の期近も弱く、期先が下がれば期近も 下がり、順鞘はなかなか縮まない。吹き値を売るだけのほうがいいかもしれないが NY市場の週足を見ると上にブレークしてもまあ仕方ないかという雰囲気なので、 アウトライトの売りはちょっと怖い気がする。200303月限で、アラビカと指数の 鞘が40万円超えたら縮小狙いを仕掛けようと思っている。逆に25万円くらいまで 縮んでくれれば拡大狙いを仕掛けたいが、ここまで縮む気はしないなあ。 関西NON&IOMは利食えたのだが、コーヒー等の損切り分は全然埋まらない。 東京大豆1枚+東京NON2枚−東京ミール1枚のサヤグラフを見ているとそれなりに おもしろい動きをしている。しかし合計4枚も仕掛けなければならない割に利益が 少なそうなので、今のところ仕掛けていない。この分なら大豆の大相場が来る 年にはかなり楽しめそうだ。 ゴムは静観していたのだがついに我慢できず、200209東京ゴム4枚売り、指数1枚買い を仕掛けた。仕掛けコストは8.95なので昨日の終値では利が乗っているが、やっぱり 3ポイントくらいは利食いたいのでまだ仕切らないつもり。逆行時のナンピンポイントは 少なくとも13ポイント以上開いたら、という予定。 ガソリンの異限月は逆鞘が縮小したら仕掛けようと思っていたのに、縮小するまでも なく急拡大してしまい、呆然と眺めているだけである。ガソリンはこのところ、 棒上げしてしていた。逆鞘は縮まらなかったけれども、期先を買っていたのは大衆筋 なのだから、一旦、調整場面(つまり下落すれば)、期先のほうが崩れやすいのは自明、 ということにさっき気づいたがAfter Festivalであった。(あとのまつり:誤った英語) ところでレンタルで借りてきたBOAの音楽CDをCD-Rにダビングしようとしたら、 コピーガードがかかっていてダビングできなかった。で、翌週、秋葉原の裏通りを 歩いていたらNEROというソフトを3000円で売っていたので購入。これを使ったら、 無事にwavファイルとして吸い出すことができて一件落着。 2002.3.23.(土)
関西NON6月売り2枚、IOM1枚買いは泣く泣く損切りした。あんなひどい 状態での損切りは久しぶりで超気分最悪だ。 コーン売り75指数買いはタイミングを見計らって損切りした。 仕掛けコストの悪い玉を引きずると苦労する。他の仕掛けの判断力までも鈍る。 そんなこんなで1月の利益は2月、3月で全部飛ばしてしまった。 現在の仕掛けはコーヒー指数の異限月を2組、福岡コーンの異限月を2組と、 関西NON&IOMを1組。値洗いはまだマイナスである。 ところで東京ガソリン8月買い、灯油8月売りは仕切った後に動き出した。 なんか損した気分だなあ。東工は倍率高いのでどうしても慎重になってしまう。 ゴム&指数はなんだかんだ言いながら結局何もしていない。このまま サヤが縮んだら仕掛けずに終わってしまいそうだ。 ところでLas Vegasにスロット勝負に行ってきた。当たったのは「食当たり」、 激しい下痢でに襲われ、病院で抗生物質を飲み、点滴を打つ、というありさま。 2002.2.17.(日)
今月の仕掛けは東京ガソリン8月買い、灯油8月売り。しかし鞘が動かないし、 7月限同士、6月限同士の鞘の動きを見ると、降りた方が正解だと思い、 珍しくあっさり損切り。40円幅の損切りなので気分は良くないが痛くはない。 仕手筋(?)は、夏は灯油が安い筈だ、という一般投資家の心理状態を逆手に 取っているのではないだろうか。 アラビカと指数の鞘は動かないので静観。コーンと75指数はずーっと放置。 関西NON6月売り2枚、IOM1枚買いは、知らぬ間にとんでもない股裂き状態に なっている。当限の納会後に反転することを祈って放置。それとも損切りしようか。 大豆ミール売りIOM大豆買いは、一応、利食い。仕掛けコスト最悪だったため、 利益はたった420円(利益幅ではない念のため)。相変わらず仕掛けが早すぎる。 ゴムvs指数は静観中。どっちに動くのか全然わからん。 ゴムオプションがあればいいのに。もしあったら、 95円コール買い、100円コール売りのレシオスプレッドを仕掛ける。 ガソリン異限月を仕掛けたい形になってきた(8売り5買いあたり)。 しかしちょっとまだ早すぎる気がするのでもう少し待とう。 中部で仕掛けるという手もあるが手抜け幅が100円幅近いので、 あまり気が進まない。正直に言うと中部のExcelグラフを最近さぼっているという 理由もある。まあ、東京のグラフ見ながら中部を仕掛けてもいいかもしれないが。 倍率を20倍じゃなくて50倍くらいにしてくれるといいのだけど。 そういう意味では大豆ミールの50倍というのはナイスと言える。 2002.2.5.(火)
ガソリン異限月は900円幅ゲットできた。しかし東京市場の倍率は心臓に悪い。 また「ここぞ」という時を待とうと思う。上げ相場で大きく順鞘が開く機会は 意外と少ないようなのでかなり待つことになるかもしれないが。 アラビカ売りコーヒー指数買いの仕掛けも利食った。幸先いいな。 利食いしたあとはコーン売りコーン75指数買いを半分損切りした。 関西NONGMO売り関西IOM買いも一部損切りした。 放っておけばいつか利食えると思うのだが精神衛生上よくない。 ゴムvs指数はどこまで鞘が広がるか観察中。あと5ポイントほど急伸したら 参戦予定。その前に縮んだら仕掛けないと思う。 今年初の役満をあがった。四暗刻単騎。東待ち。 しかし国士無双に振り込んだ。これも東待ち。 2002.1.10.(木)
今更ですが、あけましておめでとうございます。 懸案事項のコーン売り指数買いは大やられ状態(10万円くらいマイナス)で年を越した。 因果玉を持つと気分が悪いが、ずーっと放っておけばもとにもどりそうなので、放っておく。 関西NONGMOと関西IOMの仕掛けも幾つか仕掛けているが、取り組みが少ないためもあり、 仕掛けコストが悪く、またサヤ伸縮リズムも良くない。1/6にIOMの10月限で誰も買いハナを 取らなかったのか急落して一気に1000円くらいサヤが広がったので翌日の寄りでNON売り IOM買いを仕掛けた。今日利食うことができた。最低単位だったが居酒屋での飲み代くらいは稼げた。 東京アラビカ売り関西コーヒー指数買いを仕掛けていたが今日はアラビカが跳ねたので 値洗いが一気に大マイナスになった。前引けを見て後場寄りで追加の玉を建てた。 もともと逆張り分割仕掛けを見越していたので丁度良い。でも更に広がったらヤだな。 1/4の寄りに東京ガソリン6月売り3月買いを仕掛けた。東工で仕掛けるのは1年半ぶり。 一昨年の春頃に3日間でガソ灯油の仕掛けで2000円幅やられて投げて以来。 今のところは順調。明日の寄りで利食う予定。朝NY市場の終値が大きく飛んでいなければ。 東穀のオプションのデータ(11/20頃のデータ)が欠落していたので、東穀にメールしたら 訂正してくれたようだ。しかし、超面倒っちぃのでボラティリティの算出はさぼり中。 有馬記念は完全にやられた。でも年始早々777揃えしかも金杯で万馬券取ったラッキー。 2001.12.15.(土)
コーン売り、指数買いはずーっとやられたままだ。どうやって料理するか幾度となく考えているのが、 (1)損切りをする。(2)増し玉する。(3)利が乗るまでずーっと放置しておく。 (4)オプションを使ってヘッジする、などの4作戦を考えている。 細かく分けると(1-a)タイミングを見て損切りする、(1-b)とにかく早く損切りする、 (2-a)タイミングを見て少量増し玉する、(2-b)とにかく増し玉してゆく(憤死パターン)、 (4-a)コールかプットを売る、(4-b)コールかプットを売る(まったく逆だね)、などが考えられる。 今のところ、(3)か(1-a)か(2-a)の作戦を取るつもり。しかし(1-a)は心の中で2回見送ったので 今後、どうするかわからない。気分次第というところか。使用証拠金は26万円なので (指数5万円×2、コーン8万円×2)、他の建玉がなければ、値洗いマイナス13万円を 超えると追証がかかるのだが、この前、一時的に他の玉が全部0にになったので追証がかかった。 今年初めての追証だなあ。この場合、本証拠金26万円+追証拠金13万円=39万円と なるわけだが、中部灯油あたりを1枚買うとすると本証拠金27.8万円となり、値洗いが マイナス13万円とすると追証がかからなくなる。資金効率がアップ!!(笑) 中部灯油で5月売り、2月買いを仕掛けた。一時利が乗ったが現在、プラマイゼロくらい。 昨日出先で前2で仕切注文を出したが、9時58分頃に注文を出したので通ってなかった。 仕切ったつもりだったのに。まあ来週早々仕切ろう。マイナス数千円程度になる見込み。 関西大豆でNON6月2枚売り、IOM1枚買いを仕掛けている。仕掛けコストが超最悪の1180円。 月曜日にもう1発注文する予定だが、板が薄いのでおそらくまた不利な約定値段であろう。 木曜日にNICOTINEのライブに行ってきた。ダイブしたやつに顔を蹴られ、目の下にアザが できてしまったが楽しかった。前座が2組いたので19時開演、終わったのは22時過ぎ。 ビールを大量に飲み、しかも大暴れしたので身体じゅうおかしい。痛い。 狂牛病騒ぎで焼肉屋がガラガラである。「半額を金券で払い戻し」「ビール券進呈」などにつられ、 毎週のように焼き肉を食べているが、あんなに空いているとだんだんこっちまで不安になってくる。 大多数の人は不安だからこそ、食べないのであろうが。ちなみにマックと吉野屋はそれほど空いていなかった。 昨日焼き肉チェーン店で気づいたのだが、店員が全員見たことのない顔に変わっており、 しかも顧客対応が不慣れな感じであった。これはおそらく人件費削減の為バイトの子を全員解雇し、 (かわいい子が一人いたのに。。。)普段は内勤の人が代わりに対応しているのだと思う。 私の職場でもIT不況に飲み込まれ大変なことになっている。もはや個人個人の努力で なんとかできるレベルではないけども、とりあえず死なない程度にがんばるしかない。 2001.11.25.(日)
コーン売り、指数買いを先2本で1組ずつ仕掛けているが鞘が広がって 損が拡大中である。多少やられる可能性もあることは予想していたので 今のところ損切りするつもりはないが、気分の良いものではない。 放っておくか、等分割でもう一発仕掛けるかどうか思案中。 ヘッジのためOTMコール売りという手もあるけどやらない。 これはヘッジではなく、思惑か。 関西大豆のNONGMO買い、IOM売り(6月限)は全部仕切ってたった1.5万円の利益。 5組仕掛けてあったのでほとんど凍り付いていた証拠金48万円が 他の用途に使えるようになり少し身軽になった気分。 効率悪すぎ。48万円突っ込んでたった15000円だから。 ドローダウンで一時10万円くらいの値洗いマイナスだったので超下手くそ。 振り返って見ればナンピンすればもっと儲かったわけだが、 投入資金比率が高くなりrisk/rewardが悪化するので放っておいた。 しかし性懲りもなく今度はNONGMO売り、IOM買い(8月限)を仕掛けてしまった。 仕掛けコストが値飛びのため悪い。手数料抜けのレベルで早めに切る予定。 平均コストは1100円(縮小狙い)。700円くらいになったら切ろう。 東京コーン売り、関門コーン買いは利食った。しかしこいつの仕掛け コストは悪かったので利益はほとんど無し(たった8320円の利益)。 東京アラビカ売り、関西コーヒー指数買いを仕掛けている。あと2、3日後に 利食おうと思った矢先にNYアラビカが急騰したために一気に値洗いがマイナス になった。今は再度利食い可能なレベルになったがもう少し利益を 伸ばすため放ってある。 競馬はダメ。マイルCSは2000円取ったが、儲けをジャパンカップに全額 突っ込んだら紙屑になった。麻雀では久々に国士無双をあがった。 リーチツモ国士無双。一人勝ちだったが場代、酒代、つまみ代を払ったら赤字であった。 溜まっていた東京コーンのimplied volatilityを計算した。最近、短期プライムレート を見ていないがひょっとして1.375%から変わっているような予感がするなあ。 日銀のHPを見てみるとするか。 2001.11.13.(火)
さぼっていたらデータ整理が溜まってしまった。 関西大豆は固まったまま動かない。一瞬、NONGMOがIOMの下鞘になったので 絶好のチャンスかと思ったものの、仕掛けは5組くらいまで、と決めていたので ナンピンしなかった。おかげでまだ仕掛けコストのあたりをうろうろしてる。 その他、いろいろ変な仕掛けをしているがあまりうまく行っていない。 10月はコーヒーを利食って無事プラスで乗り切ったものの、 値洗いマイナス玉の持ち越しなので決算期の帳簿上の処理のごまかしみたいな気分。 まあその玉も今月中に利食うか損切ることになりそうだが。 2001.10.8.(月)
コーン75指数売り、東京コーン買いを仕掛けたが、コーンの下落が止まらないので (東京が少し反発して利食える予想だった)、損切りするはめになった。 変な組み合わせを無理矢理仕掛けたせいで損したな。 現在の状況ではコーン売り指数買いのほうがよさそうだ。 関門コーン売り東京コーン買いも仕掛けたが、なんかヤな気分がしたので 仕掛けて2日後に半分損切りした。 そんなこんなで曲がりっぱなしである。 関西大豆の仕掛けも全然利食えない。NONGMOとIOMのサヤが縮むたびに拡大狙いで 増し玉していったのでポジションが少し大きめになってしまった。 と言っても高々数ペアなので大したことはないのだが。 ここんところ麻雀、競馬、プレイステーションに力を入れすぎ、 仕事と相場が手抜き気味である。いかんいかんこんなことでは。 てなわけで久々に東京コーンのImplied Volatilityチャートを書いたりした。 2001.9.24.(月)
コーヒーはあっさり利食えた。8/27に仕掛け9/5に仕切った。 およそ75000円の利益なのでうれしい。 関西大豆の仕掛けは今年30回以上仕掛けているので、どれがどうなったか 個別には覚えていないが、8割方、小さな利益を得ている。 しかしひまわりのみならず、関西市場から撤退する取引員が多いため、 今後は浜糸とか中部大豆みたいな市場になってしまうのだろうなあ。 ※今もマイナー市場だが、今後はスーパーマイナー市場になるだろな。 ところで昨日の晩飯は吉野屋の牛丼だったのだが(あー食生活バレバレ)、 かつての職場の部下(あまりにも働かないので実質的にリストラされた= 形式上は自己都合)がバイトしていてびっくり。明日は我が身か? 先物やっていることは職場では秘密にしておこう。あまりにもイメージ悪すぎ。 先物やってる→ギャンブル好き→金遣い荒くていい加減→横領でもするんじゃ ないか?→今のうちに難癖つけて放逐してしまえ・・・ しかし自社株買うほうがよっぽど危険だと思うのであるが。 久しぶりに灯油を仕掛けてみたが中部市場なので手数料が重い。 500円幅取れても500円×20倍−手数料(2000円くらい)=8000円 にしかならない。50倍くらいになるとちょうど良いなあ。 東京の100倍は私にとってはロットが大きい。うまくいったときは いいが、逆に動いたときにハラハラして心臓に悪いため。まあしかし、 今みたいなママゴトspreadからそろそろ卒業しなければならないだろうから、 ガソリンの異限月、灯油の異限月を中心にまじめに検討中である。 ドローダウンに対するリスク管理をどうするかが課題。 中部なら20倍なので「放置」という手を使っていたが、東京の100倍 で同じことをすると爆死する可能性があるため。 2001.9.1.(土)
アラビカの先2本を売り、ロブスタの先2本を買った。 片張りならどっちも売りだろうと思うけど片張りはしない。 関西NONGMO買い、IOM売りも仕掛けた。サヤの動きが小さいので あんまり儲かりそうもないけど500円幅以上くらい取れるといいな。 2001.8.25.(土)
最近、関西NONGMOと関西IOM大豆のサヤトリをよく仕掛けているのだが、 8月になってからサヤの動きが小さくなってしまったので残念である。 東京コーンのIVが上がってきたけどシカゴほどではないなあと思っていたら、 シカゴコーンのIV急落に伴って東京コーンのIVも急落してしまった。 カレンダースプレッドとレシオスプレッドの複合技を仕掛けようと思い、 シュミレーションしていたんだけど結局仕掛けなかった。もし仕掛けて いれば利益になっていたわけだが、そんなことを今更言っても仕方がない。 盆休みに名古屋の大須をうろつき、新しいパソコンを買おうと思ったのだが 結局買わなかった。しかし発売されたばかりのPLEXTORの24倍速CD-Rドライブ を発見してしまったため即座に買ってしまった。\24800であった。 www.kakaku.comによると22000円台が最安値らしいが、まあいい。 www.at-mac.comでアスロンの1.33GHzマシンが\79800だったので、 他のショップブランドやメーカーのマシンとの性能と値段の比較から 割安であると判断し、購入した。実は現用マシン(セレロン400MHz)はここで 購入したものなのだが、いきなりCDドライブが読めなくなったり、ドライバ のインストールが難しかったり、電源を切っても切れずに再起動するなど、 イマイチだったので不安だった。だが現時点では1.33GHzマシンは良好に 動いている。PLEXTORのドライブも非常に気に入った。音楽CDのオーディオ キャプチャーが非常に早い。アルバム1枚をエラー訂正しながらたった3分 でキャプチャーできた。 ところでtraderslibrary.comから、ようやく99ドルが返金された。 めでたしめでたし。 2001.8.5.(日)
新しいパソコンを買おうと思って秋葉原に行った。怪しい裏通りを散策し、 ショップブランドのアスロン1GHzマシンを買おうとしたのだが、店員が 「アスロンはやめといたほうがいいよ。どうしても、っていうなら売るけどさ」 というムカつく対応だったため結局買わなかった。どうやら特にビデオボードで 相性問題が頻発するらしい。3Dゲームとかビデオ編集をやる気はないので、 おそらく問題ないと思うがせっかくなのでPenV1GHzマシンにしようと思い、 安価なマシンを探しているところである。 主な用途は「連続運転してCBT、NYMEX、CMEのデータ及び、国内市場の データ(取組情報含む)を自動ダウンロードして蓄積する」という予定。 いい巡回ソフトを探している。3000円くらいのシェアウェアでけっこう よさそうなものがあったが、使い方が難しいので練習中である。 別に毎日ダウンロードして蓄積する必要もないだろうと当初は思っていたが、 例えばTOCOMの会員別取組表は見逃すと過去の分は見れない。印刷された日報 を配達してもらう手もあると思うのだが、そこまでのコストはかけたくない。 また性格上、データに抜けがあると精神衛生上好ましくないということで。 ※内部要因なんか知らなくても勝っている人は勝っていることはわかっています。 海外先物はまだ研究段階で、とりあえずbarchart.comの月20ドルの会員になった。 リアルタイム情報は見れないが、10分遅れ?くらいのデータが見えるし、 過去の約定値がいつでもダウンロードできる。また毎日メールで登録した銘柄の 終値のファイルが送られてくるのでそれを見ながら場帳を書けば良い。 しかし私にとって重大な問題があった。オプションの過去データは約定値は ダウンロードできるがインプライドボラティリィティはダウンロードできない のである。一日一日のIV計算結果(権利行使価格毎のskewが分かる)は見れるので 毎日これをダウンロードして蓄積してゆけば良いのだが、多忙なときなどは 落としている暇が無い場合がある。このようなわけで巡回ソフトによる ダウンロードが必要だと思ったわけである。 じゃあ他の有料サイトでデータを落とせばいいじゃん、と思った。 そして調べてみたのだが、やっぱりこういう特殊なサービスは毎月の 料金が高い。ざっとみたところ月50ドル以上のコストがかかるようだ。 まだ取引口座も無いし零細投機家なのでコストをかけると赤字になってしまう。 (この種のサービスはいつでも過去データにアクセスができる便利モノなので、 わざわざダウンロードする必要はなく、ブラウザ上で閲覧するだけでよさそう) ところでpmpublishing.comでIVが無料で見れるが毎日更新されているわけではないようだ。 したがってこのデータを蓄積するのはあまりいい案ではなさそう。 IVは原市場価格、金利、残存日数などが分かれば表計算ソフト等で容易に計算できる。 だから毎日毎日、原市場約定値ととオプション価格をリンクさせてIVを計算すれば良い。 しかしこれはデータをうまく取りこむシステムを作らないとけっこう難しい。 東穀コーンのIVはこの方法(注:手作業)で求めているのだが、面倒くさいこと限りなし。 というわけでやはりbarchart.comに毎月20ドル払って、しかも毎日オプションの IVデータだけは欠かさずにダウンロードすべし、という結論になった。 これがコスト面からみてどうにか許容できる方法である。 ところでtraderslibrary.comから購入しようとしたVolatility Chartは、 結局、届かなかった。代金の99ドルについては、FAXのやりとりにより、 (国際電話で苦情を言えるほどの英会話スキルが無いのが残念) 返金するという話になった。返金するというメールをもらってから、 2週間経っても一向にカネが送られてこないので再度文句をFAXで送ったら、 カード会社経由で返金手続きをした内容のコピーが送られてきた。 というわけでどうにか決着がつきそう。いい経験になったと思う。 2001.7.27.(金)
今月は関西NONGMOと関西IOMのサヤトリばかりやっていた。利食ってドテンし、 さらにそれを利食った。まだ一部残玉があるがそのうち利食えるだろう。 ガソリンとか灯油はどうも相性が悪いようなので静観。 CORN-CALL-15000を売ろうとして何度か指値していたのだが、 成立しなかった。コーン暴騰前だったのでもし成立していたら 危なかった。IVの急上昇とデルタで、ダブルで爆死するところだった。 天候相場期に低IVで売ろうとしたのがそもそもの誤りだろう。 3月限か5月限でIV=30%を超えたら、売ってみようかと考えているが、 ひまわりのHTはオプションの扱いを停止するらしいので、できないじゃん。 2001.7.1.(日)
中部で仕掛けたガソリン売り灯油買いは、半分を早めに損切りし、 残りは動きが反転するまで耐えた後に損切りした。 ガソリンvs灯油は順張りのほうがいいかもしれない。 関西NONGMO売り、関西IOM買いは1000円近く逆行して、 あちゃあ、という状態だったがまた縮小し始めた。 2001.6.24.(日)
中部ガソリンで期先売り期近買いは、ろくに利が乗る前に仕切ってしまった。 一方、ガソリン買い灯油売りを中部の8月限で仕掛け撃沈してしまった。 昨年今ごろはガソリン売り灯油買いでやられた。全然進歩していない。 これ以外には関西NONGMO売り、関西IOM買いという仕掛けを4組ばかり仕掛けており、 あぶら系は練習というか、実験中という位置付けであると考え、心を誤魔化そう。 Volatilyチャートはまだ届かないのだが、クレジットカード明細を見ると しっかり請求されている。メールを送ったところ自動回答システムからの返信が来た。 「ちゃんと調べていますよ」って自動システムが回答したって信用できん。 かといって国際電話をかけて文句を言うほどの語学力が無いため、FAXに 文句を書いて送ることにした。しかしながら現時点では音沙汰無し。あらら〜。 今日は朝は先物のデータ整理、その後、麻雀打ちながら競馬観戦した。 今週の宝塚記念は固い配当だったので全部紙屑になった。 麻雀はマイナス12。(レートは秘密) で、いまは東京コーンのVolatilityの計算をした後、これを書いている。 2001.6.10.(日)
ガソリン、灯油が動いている。「逆鞘売るべからず」という言葉があるが、 かと言って「逆鞘買うべし」ではないらしい。いずれにしろ逆鞘繁栄期は 期近買い期先売りが最も安全なポジションだと思う。ガソリンの逆鞘が 少し縮んできたので中部ガソリンで期先売り期近買いを仕掛けてみた。 安田記念は1200倍という大万馬券が出た。100円買っていたので 12万円になった。→先週は友達連れて焼肉屋2日チャン。 2001.6.2.(土)
コーンのサヤトリは非常に少ない利益を得て幕を閉じた。 アラビカ売りロブスタ買いも仕切った。関西NON-GMOと関西IOMの サヤトリは一部仕切った。なんだかんだで5万円くらいの利益になった。 traderslibraryではVolatilyチャートの本の他、「Trade Like a Bookie」という 本を購入したのであるが、こちらのほうが先に届いてしまった。 David L. Caplanの本は平易な英語で書かれているため、読みやすい。 日本の商品オプションはskewが無いので、この本に書かれている戦略を試す ためには必然的に海外市場となる。日経225先物オプションならできるかもしれないけど、 売買単位が私にはちょっと大きすぎる。海外市場も大きいのだけど。。。。ふぅ。 2001.5.20.(日)
コーンのサヤトリはなかなか利食えない。利食うチャンスは無かったわけでは ないのだが思ったようにサヤが縮まないのであった。アラビカ売りロブスタ買いも サヤが動かず。関西NONGMO売りIOM買いの仕掛けは500円幅だったが利食ってしまった。 だが、なんだかんだでポジションが広がってしまっている。値洗いはプラスだが予定より 時間がかかる仕掛けはだいたいろくなことにならないので適当に仕切るとするか。 http://www.traderslibrary.comというサイトで相場の本を注文した。海外のサイトで ネット上のカード決済は不安なので、いつも紀伊国屋Bookwebで購入していたのであるが 買いたいと思った本が紀伊国屋Bookwebでは買えないことが判明したため、直接購入する ことにした。カードの利用状況は細かくメモってあるし、限度額も知れているので、 仮に問題が生じたとしても何とかなるであろう。日本でも相場関係の本は増えてきたが、 まだまだ英語圏には全然及ばない。サヤトリの本も何冊か存在するし、オプションの本や テクニカル分析の本も多い。今回注文した本はVolatilyチャートの本である。こういう本は 日本では絶対出版されないだろうなあ。 2001.5.6.(日)
イライラの種だった関西大豆売り東京大豆買いの仕掛けはタイミングを 見ながら損切りした。ほぼ手数料損で済んだがかなり損した気分である。 去年だか一昨年は宇多田ヒカルのチケットをゲットする為に毎日、爽健美茶の500ml 入りペットボトルを2本飲み、しかもゴミ箱から応募シールを拾う(笑)などして応募したが、 結局ハズレであった。今年は倉木のライブが当たるらしいので必死に爽健美茶を飲んでいる。 チオビタドリンクを良く飲むので「箱買い」している。バーコードを送ると何かが当たると いう懸賞が年に1、2回あるので毎回応募しているがさっぱり当たらない。 アラビカとロブスタのサヤが拡大している。倍率が50倍なので1000円くらいの 振幅を取ればけっこうおいしいと思う。しかしアラビカ売りは納得できるとしても 大順サヤのロブスタの買いポジションを取るのはちょっとなあと思う。 コーンの先売り中買いのポジションはなかなか利が乗らない。 あっさり300円か400円幅くらい取れるつもりで仕掛けたのに。 東工の会員別取組高より(岡地の灯油買い枚数) 20010413 8668 20010416 8874 20010417 8932 20010418 9354 20010419 9307 20010420 9301 20010423 8915 20010424 9802 20010425 8868 20010426 8358 20010427 8223 20010501 8359 灯油はどうなるんだろう?取組はあまり注目したことがないがちょっと見てます。 2001.4.14.(土)
関西大豆売り東京大豆買いは全然利食えない。じわじわ損が拡大するという 一番イヤな負け方。グワーッとやられた場合はうわーと投げるのだが。 この仕掛けは2月からずーっと放ってあるのであるが、その間に、 コーヒー、とうもろこし、大豆(関西NON-GMO買い関西IOM一般売り)、 中部ガソリン異限月などでチマチマ勝っている(なぜか全勝中)。 しかしながら万馬券(テイエムオペラオーが負けたレース)での稼ぎのほうが大きい。 ガソリンと灯油の異銘柄を仕掛けようかどうか迷っているのだが、 9月限を見ると遂に灯油がガソリンを上回ってしまい、業転価格の関係と逆だ。 そろそろ仕掛け時か?ただし過去の推移からの予想では、業転価格に逆らって 更に2000円くらい逆行する可能性も十分に考えられるため、 倍率の低い中部で2枚ずつくらい仕掛けてみようと考えている。 中部は倍率が低く、しかも板寄せなので気楽に仕掛けられるものの、 手数料が思いのほか痛いため、もう少し資金に余裕があれば東京で仕掛けたい。 まったく関係無い話だがCD−Rに記録したMP3を再生できるCDプレーヤーを購入した。 CD−R1枚に100曲以上入るので部屋でずーっと鳴らしておくときに便利だ。 しかしMP3のコーディングに時間がかかるのでMP3作成専用パソコンが欲しくなる。 2001.3.25.(日)
関西大豆売り東京大豆買いの損が拡大している。早く縮んでくれ。 コーンの期先売り期中買いは、思ったより時間がかかっている。 時間がかかるときはだいたいろくな結果にならないので仕切ってしまおうか。 京都に行った帰りに交通費を少し浮かしておいしいものを食べようと思い、 京都名古屋間を各駅停車で移動し、その後新幹線に乗ったのだが特急代差額僅か750円。 2001.3.20.(火)
関西大豆売り東京大豆買いを仕掛けているが全然利食えず。 関門コーンと東京コーンの期先を売って、東京コーンの9月限を 買っているがなかなかサヤが縮まらない。 関西IOM大豆を売って関西NON-GMO大豆を買っているが サヤはなかなか広がらない。 そういえば久々に万馬券を取った。気分はOTMのオプション買い。 先週は西表島でマングローブが生えた川をカヌーで上ったり滝に打たれたりして 遊んでいたが、今週からいきなり現実の世界に戻ってブルーじゃ。 仕事に復帰した瞬間に肩こりがひどくなり、夜、眠りが浅くなった。 2001.2.25.(日)
都立図書館に行ってガソリン及び灯油の業転価格の推移を調べた。 シーズナルな価格変動を調べる目的なので各月一日分の価格のみを調べた。 結果はさやとり掲示板に掲載した通りです。 アラビカ売りロブスタ売りは一時マイナスになったが適当に利食ってしまった。 値位置が低いおかげで証拠金も低いのだが、サヤの動きも小さい。 関西大豆売り東京大豆買いを10月限で仕掛けた。なかなかサヤが動かない。 さっさと3000円くらい縮まないかなあ。 2001.2.12.(月)
久々に関西大豆−東京大豆のサヤグラフを描いてみたら、けっこう広がっている。 仕掛けようかなどうしようかなあ。 2001.2.10.(土)
コーヒーの仕掛けは500円幅くらい利が乗っていたのだが放っておいたら 利が消えてしまった。1000円目標なのでしばらく放っておこう。 とかいいながら、損切りするはめになったりして。 関西NON-GMO売り、関西IOM買いのサヤトリは1週間で1000円幅利食えた。 仕事の帰りに名古屋駅の地下で「味噌煮込みうどん」を食べた。 相変わらずうまい。「卵2個入りね」というわがままを聞いてもらった。 パラジウム触媒の装置の修理代は85万円もかかった。まあ俺個人が払う わけではないのだが、パラジウム相場が高騰しているせいで高いのだろうなあ。 ホームページの図をJPEGからGIF形式に変更した。これにより表示が速くなる。 ウチの電話回線はせいぜい24000bpsしかスピードが出ないので、普段は 「画像を表示する」のチェックをはずしているのでした。 2001.1.25.(木)
東穀に文句は言っていないがコーンオプションの過去データは直ったらしい。 というわけで久々にアップデートしました。あ、金利を1.375%から1.500%に 変更したので、去年のデータからの連続性は若干崩れています。ただしいずれにしろ 切り捨てされたプレミアムからの逆算なので金利変更による誤差は無視できます。 年末に仕掛けた関門コーンの先売り中買いはなかなか利が乗らないので仕切りました。 手数料を払った後の利益は、吉野屋の牛丼2杯分くらいでした。 年明けの仕掛けは関門コーン売り東京コーン買い。これは3日間くらいで仕切ったが 250円幅くらい取れた。うまくいって400〜500円幅の見込みだったので、 まあ、成功と言えば成功。しかしこれもママゴトに近いな。 今の仕掛けはアラビカ売り、ロブスタ買い。順鞘でさやすべりしているロブスタを買う のはいい作戦とは思えないが、片張りで値洗いがバタバタすることを思えば、まあ、 気楽に仕掛けられていいんじゃなかろうか。仕掛けたあとはあっさり500円くらい 利食えるか、または最悪1000円くらい引っ張られる予定だったのだが、早速500円 逆行してくれたので、等分割で玉を入れました。まあ、そのうち500円幅くらい 取れるだろう。さらに逆行した場合はもう一発突っ込みます。 「値位置が上がって順鞘が拡大」っていうパターンだからね。ま、一昨年みたく アラビカが窓を開けて暴騰したら早めに損切りします。 ゴムとかガソリンは静観するのみ。灯油の業転価格が高騰しているので、 2番限あたりでガソリン売り灯油買いを仕掛けてみたい気がするが、 怖いのでやらない。業転価格のサヤと、先物(期近)のサヤは、 納会においてかなり近い値になることが多いので、それほど分の悪い賭け とは思えないが、コーンや大豆でちまちま稼ぐのがメインの私にとっては 仮に失敗した場合のことを考えるとやらんほうが賢明と判断。 ところで職場で使用している装置がぶっ壊れた。これはパラジウムを触媒とした 水素精製装置なのだが、そのパラジウム膜が壊れたらしい。パラジウム相場が 暴騰しているせいで修理代が高くつきそうだ。もし全交換になった場合、 1000万円以上かかると言われた。100万円以下で直ることを祈るのみ。。。 2001.1.8.(月)
あけおめ!有馬記念は平穏決着だったため大量の紙屑が部屋に散乱しています。 東京穀物商品取引所のHPが新しくなりましたが、異様に重いため非常に不便です。 それだけではなく過去データが誤って登録されているので、オプションのIVを 計算することができず困っています。そのうち苦情メールを送るつもりです。 さてオプションのIVですが、重大なミスが発見されました。ブラックショールズ式 に金利として1.375%を入力しておりましたが、久しぶりに日銀のHPを見ると 半年くらい前に短期プライムレートが1.5%に変更されているではありませんか。 というわけで金利が間違っている分の誤差が含まれております。いずれにしろ、 帳入れ値段から逆算しているため、切り捨て等の誤差は避けられないため、 金利が少しくらい違っていてもIVのトレンドを見るという目的の障害にはなりません。 関門とうもろこしの異限月サヤトリを仕掛けてみました。 ただいま150円ほど逆行しています。 ガソリンとか灯油はコーンと同じ100倍ですが、体感速度が全然違うので 見ているだけにしておきます。中部で仕掛けるという手がありますが、 倍率が低い分、手数料がボディーブローのように効きそうだし、 なんと言っても中部のデータは記録していないし、ダウンロードもできない。 2000.12.23.(土)
<今回は競馬の話> 20世紀最後のグランプリレースの予想です。 テイエムオペラオーの取捨(フツーは捨てることは考慮しないか。。) を考えてみたところ、以下のような結論でした。 「単勝はやめておくべし!」 <その根拠> ローテーション:厳しい。 血統:距離は合うが、中山は合わない。 騎手:イマイチ。 脚質:好位抜け出しは中山2500mの勝ち馬の最頻出パターン。 人気:中山2500mは1番人気の勝率は33%。 年齢:有馬記念過去14年間で5歳馬はたった2勝。 以下、豊富なデータで上記の根拠を説明します。 例)9- 7- 5-36/57の意味は、1着が9頭、2着が7頭、 3着が5頭、4着以下が36頭、全57頭出走という意味です。 1.ローテーション 「秋にGIを2戦した馬は過去10年で2勝、2着馬は2頭」 1990年1着オグリキャップ (前走JCで11着、前々走天皇賞で 6着) 1991年2着メジロマックイーン(前走JCで 4着、前々走天皇賞で18着) 1997年1着シルクジャスティス(前走JCで 5着、前々走菊花賞で 5着) 1999年2着スペシャルウィーク(前走JCで 1着、前々走天皇賞で 1着) 2.血統データ 強い馬は多くの場合例外的に強いのだが、その辺は無視して、中山の芝 2500mに強い血統を調べてみた。テイエムオペラオーの父、オペラハウス 産駒は、中山2500mの成績は非常に悪い(未勝利)。穴馬的存在である ツルマルツヨシの父、シンボリルドルフの産駒の成績も良くないが、 トウカイテイオーの例もあるので少なくともヒモにはしておくか。 サンデーサイレンス産駒の成績は意外にも良くない。ナリタトップロードの 父サッカーボーイはデータなし。ゴーイングスズカは良さそう。 但し統計的に有意とは言えない。 << 種牡馬別集計 >> 集計期間:860107 〜 000930 ソート: 着別度数順 ------------------------------------------------------------ 順位種牡馬 着別度数 勝率 該当産駒 ------------------------------------------------------------ 1 リアルシヤダイ 9- 7- 5-36/57 15.8% なし 2 モガミ 6- 6- 5-38/55 10.9% なし 3 コインドシルバー 6- 1- 1-23/31 19.4% なし 4 サンデーサイレンス 5-10- 8-31/54 9.3% アドマイヤボス                        ステイゴールド                        メイショウオウドウ 5 ノーザンテースト 5- 5- 8-34/52 9.6% なし 6 トニービン 4- 3- 3-33/43 9.3% なし 7 ハードツービート 4- 3- 3-17/27 14.8% なし 8 アンバーシヤダイ 4- 2- 0-19/25 16.0% なし 9 ブライアンズタイム 4- 0- 1-15/20 20.0% トーホウシデン 10 ダイナガリバー 4- 0- 0- 7/11 36.4% ゴーイングスズカ 11 シェリフズスター 3- 1- 1- 1/ 6 50.0% なし 12 バイアモン 3- 1- 0- 8/12 25.0% なし 13 サンシー 3- 0- 1- 0/ 4 75.0% なし 14 サクラユタカオー 2- 3- 2-18/25 8.0% なし 15 シンボリルドルフ 2- 3- 0-29/34 5.9% ツルマルツヨシ ------------------------------------------------------------ 気になるオペラハウス産駒は中山2500mのみのデータは少ないので コース別の特徴を見ておこう。 オペラハウス産駒の戦歴(89頭) << 場所別集計 >> 集計期間:970615 〜 001126 ------------------------------------- 区分 着別度数 勝率 連対率 ------------------------------------- 東京 13- 12- 8- 69/102 12.7% 24.5% 中山 7- 4- 12- 82/105 6.7% 10.5% 京都 11- 13- 19- 73/116 9.5% 20.7% 阪神 17- 10- 15- 59/101 16.8% 26.7% local 33- 22- 28-239/322 10.2% 17.1% ------------------------------------- →オペラハウス産駒は中山コースは圧倒的に勝率が低い。 ちなみにテイエムオペラオーは中山は3戦1勝(皐月賞)。 オペラハウス産駒の戦歴(89頭) << 距離別集計 >> 集計期間:970615 〜 001126 --------------------------------------------- 区分 着別度数 勝率 連対率 --------------------------------------------- 1000m〜1200m 7- 4- 10-101/122 5.7% 9.0% 1400m〜1600m 8- 14- 15-101/138 5.8% 15.9% 1700m〜2000m 51- 34- 45-274/404 12.6% 21.0% 2100m〜2400m 10- 3- 4- 27/ 44 22.7% 29.5% 2500m〜 3- 4- 3- 13/ 23 13.0% 30.4% --------------------------------------------- →オペラハウス産駒は、明らかに中長距離向き。 3.騎手データ なぜ的場がナリタトップロードに乗り替わるのだろうか?的場といえば、 来年2月に騎手を引退し調教師になることになっているという。 的場はグラスワンダーで有馬を2勝している。一方、もう一人のベテラン ジョッキー岡部は、シンボリルドルフで2勝、オグリキャップで1勝して おり、今年はマチカネキンノホシに騎乗するようだ。 人気薄の馬を連れてくる騎手と言えば、江田や藤田がいる。特に大一番に 強い藤田(ダービー馬フサイチコンコルドとか、エリザベスのタケノベル ベット等、GIで穴馬を勝利に導く印象が強いね)は怖い。 (具体的な騎手データは今回はありません) 後藤は吉田を殴って騎乗停止になったのだが、なぜか関東リーディング1位 タイ(後藤、横山典、岡部3人とも99勝)。リーディング上位陣は 一応、おさえておきましょ。 4.中山芝2500mの特徴 中山1800m、中山2500m、阪神芝1600mなどは、先行馬有利ということが 良く知られている。一方、菊花賞は逃げ切りが至難なレース(過去35年間で 逃げ切った馬は唯一頭)であるが、その馬セイウンスカイは、その年の有馬 記念を逃げて4着。しかしながら統計的には逃げ・先行が有利なのは間違いない というわけだ。人気馬は全部先行馬なんだよなぁ。 特注馬:ダイワテキサス、ゴーイングスズカ(人気の無い先行馬は買っておこう) ところで去年の有馬記念の勝ちタイムは、グッドラックハンデ(4才900万 クラス)より遅く、例年より3秒くらい遅かった。今年は先行馬が多いが 牽制しあってSペースかな?ホットシークレットあたりがかっ飛ばすと とんでもない展開になるかもしれないね。 << 脚質別集計 >> 集計期間:860107 〜 000930 --------------------------------------- 区分 着別度数 勝率 連対率 --------------------------------------- 逃げ 23- 28- 14-124/189 12.2% 27.0% 先行 95- 78- 83-337/593 16.0% 29.2% 中団 36- 45- 52-449/582 6.2% 13.9% 後方 8- 10- 18-451/487 1.6% 3.7% マクリ 9- 10- 4- 20/ 43 20.9% 44.2% --------------------------------------- 東京芝2000mは外枠が圧倒的に不利であるが、中山芝2500mは枠順による有利、 不利は少ないようだ。3枠は死に目か? << 枠番別集計 >> 集計期間:860107 〜 000930 ------------------------------------- 区分 着別度数 勝率 連対率 ------------------------------------- 1枠 20- 19- 22-128/189 10.6% 20.6% 2枠 16- 23- 19-134/192 8.3% 20.3% 3枠 10- 18- 23-157/208 4.8% 13.5% 4枠 23- 23- 16-159/221 10.4% 20.8% 5枠 27- 14- 17-186/244 11.1% 16.8% 6枠 20- 28- 23-193/264 7.6% 18.2% 7枠 28- 25- 29-201/283 9.9% 18.7% 8枠 27- 21- 22-230/300 9.0% 16.0% ------------------------------------- 5.連対馬の人気 1番人気馬は過去10年で3勝、2着3頭。掲示板にさえ載らなかった年は 1992年のみ。2番人気馬は過去10年で0勝、2着1頭。 馬連配当は\7600、\31550、\3290、\820、\4770、\900、\1240、\4430、\470。 あれだけ1番人気が負けると言われていた天皇賞(秋)を勝ってしまう馬なら、 単勝140円くらいのぶっちぎりの一番人気であっさり勝ってしまうかもしれないな。 中山芝2500m << 人気別集計 >>集計期間:860107 〜 000930 ----------------------------------------- 区分 着別度数 勝率 連対率 ----------------------------------------- 1番人気 57- 35- 24- 55/171 33.3% 53.8% 2番人気 27- 25- 24- 95/171 15.8% 30.4% 3番人気 22- 30- 26- 93/171 12.9% 30.4% 4番人気 19- 21- 21-110/171 11.1% 23.4% 5番人気 14- 19- 17-121/171 8.2% 19.3% 6番人気 8- 15- 12-135/170 4.7% 13.5% 7番人気 6- 11- 12-135/164 3.7% 10.4% 8番人気 4- 6- 8-140/158 2.5% 6.3% 9番人気 5- 5- 13-117/140 3.6% 7.1% 10番人気 4- 3- 4-108/119 3.4% 5.9% ----------------------------------------- →中山芝2500mは1番人気馬の勝率がなんと33%もある。 うーむ、テイエムに有利なデータですな。。 6.連対馬の年齢 有馬記念過去14年 << 年齢別集計 >> 集計期間:1986〜1999 ------------------------------------ 区分 着別度数 勝率 連対率 ------------------------------------ 4歳 6- 5- 5-40/56 10.7% 19.6% 5歳 2- 7- 6-58/73 2.7% 12.3% 6歳 5- 1- 3-37/46 10.9% 13.0% 7歳 1- 1- 0-20/22 4.5% 9.1% 8歳以上 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% ------------------------------------ 過去14年間で、5歳馬は僅か2頭しか勝っていない。 まあしかし連対率は12%なので悪くはない。 4歳馬は「古馬に挑戦する立場」の如く予想紙に書かれたりするが、 実は勝利数、連対率は1位である。アドマイヤボス、トーホウシデン は必ずヒモに。(俺は軸にするかも) 2000.12.10.(日)
関西NON-GMO大豆売り、関西IOM大豆買いの仕掛けはちょっと引かされてます。 短期で2000円くらい引っ張られたら不等分割で玉を入れようと思っているが 限月によってはサヤの形状が怪しいのも不安じゃ(6月限同士)。 しかし12、2、4、6限月は取り組みが少ないのでサヤ関係は 無視しておいて8月と10月で仕掛けるつもりである。 とうもろこしは、あと500円くらい下がったらプットでも売ろうかと 思っていたのだがIVが低い(5月限で17%くらい)のでやっぱりやめとく。 むしろ9月限のOTMコールを宝くじ代わりに買っておこうか。 今年は天候相場期にコールとプットを売ったのは正しかったと思うのだが デルタヘッジをしなかったため爆死した。まあ、いい経験になったと思う。 異市場とうもろこしのサヤトリのチャンスが近づいて来た。 東京買い関門売りの仕掛けを狙っているのだが、今年は相次ぐ損切りだったので 見送るかもしれない。周期がけっこう長い動きなので私には仕掛け辛い。 5番、6番限で仕掛けておけば、納会までずーっと待っていればいつか利食えるだろうが。 ゴムと指数はよく分からない。指数の限月間のサヤがなくなってきたので 先買い、近売りを仕掛けてみたいけれど、2万倍は心臓に悪いのでやめとく。 東京市場の期近は一体、どうなっているんだ?東京ゴムが上昇したときに それに引っ張られた指数を叩き売りたい、と何度も思うが、ヤッパリ 2万倍片張りは心臓に悪いので、これもやめとく。 ガソリン、灯油は業転価格よりも安くなってしまったため、 修正高場面が来るだろうなあ、ということは誰でも予想できる話であるが、 サヤトリのチャンスという面ではよくわからん。 大怪我したのがトラウマになってリスクを取る勇気が消失したという感じか。 2000.12.2.(土)
関西NON-GMO大豆売り、関西IOM大豆買いはようやく利食えた。 たった680円幅しか取れなかったので利益は約1.5万円にすぎないが、 昔の手数料体系を思い起こせば、とっても嬉しい利益である。 利食った後しばらくしてから再度同じサヤトリを仕掛けた。 サヤがややイヤな形状をしているため、今回も1組の仕掛け。 競馬のほうはけっこう調子がいい。 マイルチャンピオンシップの万馬券と、ジャパンカップダートの中穴を的中。 しかし浮いた金は飲み代になったり馬券代になるため、サイフが暖かくなるのは一時的。 どこかで「コーヒー指数が関西商品取引所で上場」という話が書いてあった。 関西商取のHPには案の定何も書かれていないので真偽のほどはわからないが、 倍率と手数料、取組の多寡がどうなるのだろうか。おそらくダメなんだろうなあ。 2000.11.19.(日)
昨晩、職場の後輩君の結婚式の2次会に行ってきた。ご祝儀には現金の他、 馬券と宝くじを入れておいた。結婚記念日の11月18日にちなんで、 今日のメインレース(マイルチャンピオンシップ;競馬)の、 枠連1−1と1−8、馬連11−18、ワイド11−18を入れておいた。 さらにスピードくじ、ロト6、ミニロトを入れておいた。当たるといいなあ。 11/8に書いた関西NON-GMO大豆売り、関西IOM大豆買いは、結局放ってある。 ゴムと指数のサヤ取りは、結局チャンスを逃した感じがする。 ガソリンと灯油の動きが魅力的だが、仕掛けていない。 東京コーンのIVはずいぶん下がってしまった。週末にまとめてIVを計算しているが 非常に面倒くさい。東穀取のホームページに掲載してくれればいいのに。 そういう意見を東穀取に送ったが音沙汰なし。まあ仕方ないか。 今秋にコーヒーオプション上場計画があった筈だが、今のところ何の動きもない。 さらに現行穀物オプションの制度改変の可能性もあったようだが、一体、 どうなっているんだろう。 国内省庁でさえホームページ上で「意見公募」をしているのになあ。 東穀取も大々的に意見公募すればいいのに。プレゼントコーナーの意見欄が それに対応しているということかもしれないな。 2000.11.8.(水)
11月の連休は、花月園で競輪を打ち、堀之内で酒を飲み、麻雀で久々に役満をあがった。 ちゅーれんをあがると死ぬと言われているが、まだ生きています。 相場のほうはイマイチ。関西粗糖と東京粗糖のサヤトリで300円幅取ったくらい。 たった1万円の利益でも10回なら10万円だからバカにはできないが、 ゴムの損切り分を埋めるまでには至らない。 関西NON-GMO大豆売り、関西IOM大豆買いの仕掛けをなかなか利食えない。 ようやく手が抜けてきたので仕切るかもしれない。 ところで誰も気にしていないと思いますが、東京コーン5月限のグラフが間違っていました。 IVと日付の関係は正しいが、HVと原市場価格がめちゃめちゃだったので訂正しました。 ゴムと指数のサヤトリは仕掛けタイミングがつかめないので、黙って見ているだけ。 ゴムに引きずられて上げたときに指数を売りたい気分になるが、 基本的に片バリはやらない主義なので、これも黙って見ているだけ。 2000.10.22.(日)
もうすぐ菊花賞(競馬)が始まる。 テレビで競馬を見ながら、先物のデータ整理をしている俺は、 ひょっとしたらクズなんじゃなかろうか、と毎週のように考える。 東京ガソリンが順鞘化してしまった。もし仕掛けるとしたら、 期先売り、期近買いを仕掛けたいと思うが、あまり気がすすまない。 関門コーンと東京コーンは、損切りした後に、思惑通りに動いたので ちょっと悔しい気分である。仕掛けタイミングが早かったようだ。 コーンのコール売りも、単なる損切りではなく、 カプランの本にあるように、もっと上の権利行使価格で枚数を増やして売り直しすれば、 結果的に大丈夫だったような感じだが、まあ、仕方ないか、下手くそなのは。 ゴムと指数のサヤは、なんか仕掛けにくい動きをしている。 じわじわ動くのは、個人的に嫌い。 2000.10.15.(日)
ゴムと指数のサヤがじわじわ拡大している。ゴムとゴム指数のサヤトリは、 「日経225先物+現物株バスケット」の裁定取引とは異なるので、 ゴムと指数の間のサヤがゼロになることが保証されているわけではない。 期近ほどサヤがダラダラ大きくなっているので、期近で、ゴム売り指数買いを 仕掛けるのはアブナイかもしれないなあ。 そう思って1月限の仕掛けを切ってしまいました。一時は2ポイント分くらいプラス だったのだが、結局、1.6ポイント分マイナスになった。 今月は大赤字である。損切りに次ぐ損切りだ。 2000.10.7.(土)
コーンが急反発したため、売っていたコールは損切りした。 腹八分で利食っておけばよかったなあ。ところで、HP掲載の01年 3月限のグラフが間違っていました。誰も気にしていないと思いますが。 やはりデルタニュートラルが王道なのだろうか。 関門コーンと東京コーンのさや取りも損切り。放っておけば利益になる 可能性が無いわけじゃないが、傷口を広げるだけになる可能性のほうが高いし、 資金効率が悪いので仕切ってしまった。5、6番限での仕掛けチャンスを待ちたいと思う。 うまくいったのは関西NON−GMO大豆売り、IOM一般大豆買い の仕掛けくらい。ゴムと指数の仕掛けは、サヤがじわじわ拡大傾向にあり、 ちょっとヤな感じ。この分ではもう一段拡大するだろうなあ。 一度、仕切って様子を見るかもしれない。 灯油は、業転価格がついに3万円を超え、ガソリンよりも高くなってしまった。 そういえば町のガソリンスタンドの値段も騰がってきたな。ハイオクをやめて レギュラーにしようか、と考えてしまう。 下表は原油、ガソリン、灯油の輸入価格(CIF価格)の月次推移と、ガソリンCIF価格 から灯油CIF価格を減じたもの(つまり両者のサヤ)を示しています。 ガソリンも灯油も国内消費量の大部分は国内精製品なので輸入価格を見てもあまり 意味がないかもしれないが。。。ガソリンと灯油のサヤを見ると、だいたい、 −4000円から+4000円の範囲になっている。業転価格のヒストリカルデータ と比較してみたいものだ。下記データは石油連盟だかどこかのHPから頂いたものだが、 業転価格の過去データは簡単には入手できないようである。(9/15に載せたデータは フジFの毎日のメルマガに載ってる価格をエクセルに手入力して保存しているが、 それ以前のデータがない)日経新聞に掲載されているので図書館で調べればいいので 暇を見て調べてみたい。 ラクして儲けたいというのが本音だが、先物に、こんなに精力を注ぐなら、 本業をまじめにやったほうがいいんじゃないか、と最近よく思う。 一番よく調べている、ガソリン、灯油は実は1回しか仕掛けたことがない。 そしてそのときの負け額は、過去最大の負け額である。 いずれ、キッチリ相場で取り返してやるのだ。 年月 原油CIF ガソCIF 灯CIF ガ−灯 199703 17,089 26,479 24,383 2,097 199704 16,179 20,982 23,893 -2,911 199705 15,226 24,024 21,654 2,370 199706 14,503 22,614 18,897 3,717 199707 13,892 20,571 19,318 1,253 199708 13,853 21,107 20,329 779 199709 14,394 20,135 19,481 655 199710 14,857 21,677 19,643 2,034 199711 15,698 20,018 21,490 -1,472 199712 16,458 23,542 21,235 2,307 199801 15,083 20,423 17,761 2,661 199802 12,262 19,675 16,049 3,626 199803 11,096 18,088 15,354 2,734 199804 10,502 17,392 14,872 2,520 199805 11,016 18,905 18,826 79 199806 11,818 18,744 20,383 -1,639 199807 11,558 19,209 16,160 3,050 199808 11,839 15,844 20,395 -4,552 199809 11,485 15,354 17,293 -1,940 199810 11,266 15,983 16,256 -273 199811 10,209 15,414 14,537 877 199812 9,739 14,829 13,408 1,421 199901 8,146 11,266 13,147 -1,881 199902 8,236 14,002 12,621 1,381 199903 8,493 15,307 14,045 1,262 199904 9,763 18,500 16,660 1,840 199905 11,744 18,208 16,592 1,616 199906 12,489 19,081 16,047 3,034 199907 12,753 18,848 18,178 669 199908 13,518 20,986 19,896 1,090 199909 14,028 21,366 20,011 1,356 199910 15,096 20,318 20,113 205 199911 15,302 20,791 20,867 -76 199912 16,095 20,313 21,301 -987 200001 16,764 20,464 22,271 -1,807 200002 17,442 21,939 24,079 -2,139 2000.9.24.(日)
コーン01年1月限のコールは、当限のため、流動性が低下しているが、 IVは上昇している。ついに27%になってしまった。先週末のシカゴ高 のため明日25日は高寄しそうなので、コールの売り増しを計画中。 昨年、関門コーンと東京コーンのさや取りを失敗して損切りしたのだが、 そのときに仕掛けた根拠は「コーンは大順鞘」だから、東京と関門の隣 合った限月でも、少しでも期先もののほうが値段が高くなるだろう、 だった。しかしながら、東京だけがダラダラ下がり、関門はあまり下がら なかった為、関門売り東京買いの仕掛けは損切りせざるを得なかった。 今の仕掛けは、関門12月と2月を売り、東京3月を買い、である。 このままでは去年の二の舞になりそうだ。学ばぬ男。 業転価格よりもかなり割高だった灯油は、かなり下がってしまった。 それでも業転価格29000円よりはまだ割高なので、もう少し下がるんだろうなあ。 しかし原油価格を見ると、素直に下がるとは思えない。先物が下がるのではなく、 業転価格が更に上昇してゆくことにより、業転価格と先物が鞘寄せするかも。 2000.9.15.(金)
関門コーン売り東京コーン買いのさや取りは、鞘があまり動かない。 売り玉の一つ、関門12月はついに当限になってしまった。 安納会後だから、しばらくは12月限は弱くなるだろう。 そうすれば利益になると思う(利益になってほしい)。 さや取りとは別に、コーンの先行きに関しては 「中立〜弱気」という相場観を持っているので、コールを3枚売っているが、 IVが下がってしまった後に売ったので、妙味無し。 先物を0.5枚くらい売っている感じか。 東京ガソリンと東京灯油の鞘に注目しているのだが、 今春、ガソリン売り灯油買いで爆死したこともあり、 (今年の儲けをすべて吹き飛ばした) 仕掛けるのはもう少し先だな。 ガソリンと灯油のスポット価格の差と、 ガソリン先物と灯油先物価格の差の相関を見ると、あまり相関が無い。 効率的市場であれば、納会日の先物価格はスポット価格に一致する筈だが、 例えば、東京ガソリン00年4月限納会値とスポット価格は大きく乖離し ている。 限月 灯納会値(スポ) ガ納会値 (スポ) 納会時当限の鞘 スポット価格差 9912 24850(24650) 24500(24400)   − 350   − 250 0001 25310(24400) 24000(24000)   −1310   − 400 0002 25000(24500) 23170(23700)   −1830   − 800 0003 25990(25200) 22900(23400)   −3090   −1800 0004 28900(27700) 27480(23900)   −1420   −3800 0005 25500(27700) 28990(27300)   +3490   − 400 0006 25000(26000) 26820(27500)   +1820   +1500 0007 25040(24900) 28230(27400)   +2500   +2500 0008 26570(25100) 30090(27500)   +3520   +2400 0009 27680(26200) 29860(28600)   +2180   +2400 こうして見てみると、 灯油の納会値はスポット価格に対しプラマイ1000円程度の範囲に収まり、 ガソリンの納会値はスポット価格に対しマイナス1000円から プラス4000円の範囲になっている。 また、納会時の当限の鞘と、ガソリン灯油のスポット価格差を 比較すると、けっこうな一致を示しているものの、00年5月限納会では 大きく乖離している。 さて、上記の調査結果を実際のさや取りに応用してみるとするか。 01年2月限の先物の鞘は、−3190円で、スポット価格差は+500円。 両者の差は、3690円か。 スポット価格差が変化しないのなら、 先物の鞘が小さくなってゆくだろうけれど、 冬になると、灯油のスポット価格が上昇してゆくと予想されるので、 スポット価格との比較だけで、灯油売りガソリン買いを仕掛けるのは安全な 戦略とは言えないだろう。 というわけで、ガソリンと灯油の異銘柄さや取りの売買指針は、 「とりあえず様子見」ということにしておこう。 2000.9.10.(日)
金曜日の後場1節に、ゴムとゴム指数のさや取りを手仕舞った。 仕掛け時の鞘は4.90で、仕切り時は7.05だったので、 2.15ポイント取れたわけだ(拡大狙いだった)。 うまく行ったけど4枚1枚なので飲み代にしかならなかった。 札束でイモを焼く日は来るのだろうか?(なんとバチあたりな) 金曜日は大井競馬場(トゥインクル)に行ったのだが、まったく当たらなかった。 馬も相場も俺の意志とは無関係に動くところが似ている。 東京コーンのIVが少し上昇してきた。シカゴコーンのIVも少し上昇してきた。 大豆の動きにつられてコーンも動いているようである。 1月限はマーケットメイクされないのだが、タイムディケイを楽しめるのは 期近なのになあ。日経オプションのように期近の流動性が高いほうが楽しめるのに。 2000.9.6.(水)
ゴムとゴム指数のさや取りは、ごく僅かのプラスとなっている。 今日の終値で2ポイントの値洗い益であるが、手数料を考慮すると たいしたプラスではないし、リズム的にまだ仕切るのは早そうである。 全然関係ないが、東穀、関門、大阪は、iモードで価格が見れるのだが なぜ東工は、iモードサービスをしないのだろうか? リアルタイム配信は無理としても、20分おきくらいに価格情報を 配信すればいいのに。めったに見ないけど。 2000.9.1.(金)
ゴムとゴム指数のさや取りは、倍率の関係上、4対1で仕掛けるということは知っている。 ゴム指数の本証拠金は6万円、ゴムの本証拠金は4.5万円なので、 さや取り1組当たりの本証拠金は、24万円。 ということは6ポイント以上の逆行で追証がかかるわけだ。 最悪、追証が一発かかっても爆死しないという計算の下、昨日の作戦通り仕掛けてみることにした。 今朝の前1であっさり売り1枚が成立したので、 すぐさま、東京ゴムの4枚買い注文を出した。(両方とも2月限) 仕掛け時(前1)の鞘は4.9ポイントで、前2の鞘は2.4ポイントとなり、 一瞬にして値洗いがマイナス5万円。これは心臓に悪い。 終値の鞘は5.9ポイントとなり、一応、値洗いプラスで週末を迎えることができたものの、 仕掛けコストが悪すぎる。昨日の作戦通り、東京ゴムを前2で仕掛ければ、 すごくおいしかったのだがそれは結果論であろう。(と、考えて心を誤魔化しておく) 2000.8.31.(木)
今日は東京コーンオプション11月限の満期日でした。 一体、何人の人がこのことを気に掛けているのか疑問ですが。 私が売っていた、 0011-CORN-CALL-11000 @675×1枚 0011-CORN-CALL-12000 @290×2枚 は、無事に満期日を迎え、ほっとしました。 (12万円の本証拠金で12.4万円の利益。手数料除く) 昼間から相場を見れない人は、オプション売りは向かないと思う。 上のコール売りは結果的に利益なのだが、成立した日の相場を見ると、 非常に不利な価格なのであった。ボラティリティ云々言えたものではない。 気配値を見ながら注文を出さないと、非常に不利な値段で成立したり、 全然出来なかったりするから。 一昨日売った1月限のコールは値洗いはマイナスです。 「ある値段を超えなければ利益」という損益関係は、先物とは違って面白い。 さや取りのほうは関門コーン12月、2月売り、東京コーン3月買いを 仕掛けています。期近は避けたほうがよいと言いつつも、関門コーンの 期近の鞘すべりを狙って仕掛けています。 ゴムvsゴム指数が魅力的ですが、ストップで片玉になるとヤバイので どうしようか迷うところです。前1で指数売りが入ったら、前2でゴム 買いを仕掛けようかどうか、と作戦を練っているところです。 しかし仕事中に指数売りが入ったかどうか確認する暇があるかどうか わからないので、どうするか未定。ゴムが指数に対し下鞘になる可能性は 低いと思うけど、過去(1995〜)のデータを見る限り、最大7ポイントくらいは 下鞘になったことがある。つまり、今日の終値で仕掛けたと仮定しても、 5ポイント以上逆行する可能性がないわけじゃない。と、考えてたら、 やっぱり怖くなってきた。やめとくか。最低2分割で仕掛けるつもりで 仕掛ければそんなに難しそうではないが、私の資金ではチト厳しい。 2000.8.30.(水)
雑記帳を作りました。主に相場に関することを書きます。 東京コーンは大順鞘なので、当分はダラダラと下がるか、あるいは 持ち合いが続くだろう、といういい加減な予想(希望か?)で、 昨日、東京コーンのコールを売ってみました。 本証拠金4万円の他、プレミアム証拠金が必要だが、 受け取りプレミアムをそのままプレミアム証拠金に充てればよいので、 建玉するのに必要なお金は、本証拠金の4万円だけ。 htmlの書き方はなかなか難しい、というか、面倒くさいですねー。 いまのところ全部メモ帳で編集しています。プログラムと違って、 多少間違っていても表示されるから、ま、いいか。