=== OH-YAKUSYO============================================================
お役所の裏口(ないしょにしてね)
1998/08/15号 (不定期発行)
===========================================================================


裏 口 第 1 号
平成10年8月15日

購読者各位 様

某公共団体現役公務員(ぴかちゅう)

お役所の裏口について(報告)

 標記のことについて、次のとおり報告します。

(だいたい、公務員が公文書を作るときは、こんな感じの書き出しになります)

まず最初に、ご購読いただいてありがとうございます。みなさんのご期待に添える内容になるようがんばります(?)ので、ご意見などがあればメール下さい。
また、内容が気に入ったら、お知り合いの方にも購読を勧めてあげてくださいね。

みなさんは「役所」と言えばどのようなことを思い付かれますか。とにかくひまそうで、安定していて、この不景気に職の心配もせず、5時になったらとっとと帰れるなんて気楽な商売!というのをイメージされるのではないでしょうか。
実際に公務員の80%ぐらいは、そのイメージ通りではないかと思います。
特に、地方機関(区役所や保健所とか福祉事務所とかです)では、その傾向が顕著ではないでしょうか。みなさんも役所の窓口でいかにも暇そうに座って雑談しているお役人様をご覧になったことがあるのではないでしょうか。そういうやつらに共通しているのは、「自分たちは税金で食べさせてもらっている」という意識がほとんどないことです。(私にも無かったりして、、、)今度役所にいってそんな光景を見かけたら、迷わず「あなたたちは誰に食べさせてもらってるの?」と聞いてあげて下さい。まじめに聞く役人がいれば、そのお役人様はまだ救いがあります。でも大半は「何を言っているの、このばか」と心で思っている人ばかりです。なげかわしいですねえー。

さて、近頃は役所の不祥事が新聞や週刊誌に掲載されることが多くなりました。
でも、掲載されている内容は「最近」起こった出来事ではなく、昔からお役所では「常識」であったことばかりです。例をあげれば「公費での私的な飲み食い」は大昔からお役所では当たり前のことでした。自分の金でもないのに部下を引き連れ、スナックで偉そうに女の人をはべらす勘違いお役人は、一昔前は、ゴマンといました。公費での飲み食いの手口は、極めてシンプルで行きつけのスナックなどから請求書が送られてきたら、支払伝票(役所では「支出決定書」といいますが)に「○○県からの視察職員との情報交換のため」とか、適当な理由を書いて会計課に引き継げば、ほとんどノーチェックで支払いがされます。だって、支払伝票を作る人間も、チェックをすべき会計課の人間にも「身に覚えがある」不正支出なんですから、、、かく言う私も何度か連れて行かれた(いくら役所でも下っ端には、公費で飲み食いする権限はなく、本庁の課長(出先機関の所長)ぐらいでないと自由に飲み食いってわけにはいかないようでした。ただし一部例外で下っ端でも権限のあるお役人様もいましたが、その件はまた別の機会にお話します)ことがありますが、最初は当然その人のおごりと思っていたのですが、あとから公費であったことを聞かされました。

 ●ここで問題です。
 私はその人に「いいんですか?」と聞いたら、その人は何と答えたでしょう。
 1 「私も良くないとは思っているのだが、慣習だからねえ」
 2 「予算があるから、使わないとだめなんだよ」
 3 「何言ってんの?部長とかはもっといいところに行ってるんだぞ」
 正解はこのメルマガの最後にありますが、お役所の中では、こんなことを聞く方がおかしいと思われてしまうようです。

とにかくお役人には、せこい連中が多く、権限のない下っ端も一度連れていかれて味をしめると、そのスナックのママと親しくなっておいて、上司が公費で飲んだ翌日にその店に行って、「昨日の分の上司への請求書に紛れ込ましてね」とか言ってただ酒をいただく、ずる賢いお役人様もいらっしゃるようです。(そんな知恵が働くならもっと別のことに頭使え!と思うのは、私だけでしょうか)

しかし、こういう問題が表面化してからは、飲み食いの回数も減りました。ただ、不正を暴かれないように、いろいろと策を練る姿は、いまでも続いています。そして、お役人様が考えた、不正飲み食いを表面化させない方法は、すばらしいものでした。でも、それはまた次の機会にお話しますね。

★おまけ

 ●今日のお役所言葉・・・・・「喫緊」
  (読み方)「きっきん」 これを普通に読める人はお役人様になれるかも。
  (意 味) 緊急の、という感じです。喫茶店とは何の関係もありません。
  (使い方)「喫緊の課題」 小渕首相が「経済問題は喫緊の課題である」
       なんて言ってましたね。でもこの人こそ、喫茶店でお茶でも飲んで
       おとなしくしているほうがよいのではないでしょうか。  

★あとがき
 
 内容はできるだけ、第三者的に書いていますので、「お前が人のこと言えるんか」とか、「お前も同じ穴のムジナじゃ」とか思われる方もいらっしゃるとは存じますが、私は、お役人である前に、常識を持った(?)社会人でありたいと思っています(本当かなあ)ので、どうか許してくださいね。
 
★正解は「3」です。
 実際に、部長とかは、料亭とか、高級クラブとかに行っていたようです。
 はあーうらやましい。(とでも思ったのでしょうか、私の元上司は、、)

=========================================================================
 ●電子メールマガジン「お役所の裏口(ないしょにしてね)」1998/08/15
  発行元:某公共団体現役公務員(pikacyu2@mail2.dddd.ne.jp) 

 ●「お役所の裏口」では、みなさまの役所に対するご意見・ご要望や、役人に
  対して言いたいこと、このマガジンの感想などをお待ちしております。

 ○このメールの受信をやめたい場合、下記のURLからお願いします。
  http://rap.tegami.com/mag2/kaijo/

 ○このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
  利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
==========================================================OH-YAKUSYO ===