=== OH-YAKUSYO============================================================
お役所の裏口(ないしょにしてね)
1998/10/21号 (不定期発行)
===========================================================================

裏 口  第 7号
平成10年10月21日

購読者各位 様

某公共団体現役公務員(ぴかちゅう)

お役所の裏口について(報告)

 標記のことについて、次のとおり報告します。

(だいたい、公務員が公文書を作るときは、こんな感じの書き出しです)

1 起案者(=役所でその文書を作成する人のこと)からの一言
発行が大幅に遅れてすみません。
議会が終わったのもつかの間,すぐに来年度当初予算の作業が始まって,資料
作成などに追われて,気が付いたらこんなに間隔が開いてしまいました。
一般的に公務員のイメージは「9時から5時」と思われていて,皆さんの目に
留まる公務員の大半は,その通りかなと思いますが,これから来年度予算の編
成に向けて,ながーい冬(連日の深夜残業)を迎える人も一部には存在しますの
で,ご理解&あきれずに長い目で見守って下さい。

2 本文
 さて,かなり発行間隔が開いてしまったので,前回の話の続きなんて書いて
もお忘れの方もいらっしゃるかもしれませんが,,,

 「議会」における議員様と当局(お役所)の持ちつ持たれつの関係は,前回
もある程度お話ししましたが,なかには,質問内容全てを当局に用意させる,
すばらしい先生(特に政権与党)も結構いらっしゃいます。
 先生(政党)には普通,政務調査員(議会事務局という部署のお役人様です)
という人間が付いているのですが,先生の中には,この調査員(お役人)に対
して,「今度の議会で質問をする予定だから,適当に質問を作っておけ!」と,
全てをお役人に任せる先生がいらっしゃいます。
 こういう先生は,お役人にとっては神様のような存在です。だってこっちで
質問&答弁を用意できるってことは,都合の悪いことは一切質問されないって
ことですから,,,(^^)// ハクシュハクシュ!
 こういう神様にどう対応するかというと,政務調査員が神様に「どのような
分野のご質問がよろしいでしょうか?」と,それとなく確認して,例えば神様
が「ワシは教育のことが聞いてみたいのお。ふぉふぉふぉ。」などと,のたま
えば,政務調査員から教育委員会に「神のお告げじゃ!よい質問を考えてみよ」
と伝達されます。そこで教育委員会から例えば「学校でのインターネットを利
用した情報教育の推進について」とか,いかにも当たり障りがなく,かつ予算
要求時に有利になるような(「この前の議会で神様がこう言ったから,この予
算は必要なのじゃ!」と言えば,財政当局に対して少なからずプレッシャーを
与えることができる)質問を提供します。あとは,神様が特に気に入らないと
おっしゃらなければ,「このような答弁をさせていただきます」と答弁内容も
ある程度伝えたうえで,質問原稿の完成でございます。
 こういう先生ばかりですと,議会対応も大変楽ですが,やはり中には(当然
のことですが)ご自分で質問を作成される先生もいらっしゃいます。(RED系)
この場合でも質問日の前日には質問内容を確定させてもらうのですが,ぎりぎ
りまで内容が示されないので,お役人様は大変困ってしまいます。
 仮に前日の午後5時頃に質問が確定しても,そこからお役人様の作業(答弁
&資料の作成)が始まりますから,全ての質問の答弁がそろうのが明け方にな
るということもあります。また,答弁の作成は,質問される事業(教育とか福
祉とか)に応じて,担当の部署が作成しますが,ここでもお役人様の役人根性
が見え隠れします。例えば先生が「高齢者に配慮したまちづくりについて質問
したい!」といえば,高齢者=福祉部局,まちづくり=都市部局というように
複数の部局にまたがることになります。でも,お役人様は,出来る限り質問を
受けたくありませんから役所内部で,「先生は,こういうことがお聞きになり
たいはずだから,この質問は福祉部局で答えるべきだ」と都市部局が言えば,
「いやいや,先生はまちづくりについて質問したいのだから,これは都市部局
が答えるべきだ」などと福祉部局が反論するというように,答弁の押しつけ合
いを始めます。(T^T)クゥー
 さらに,最終的に答弁は社長(知事や市長)も見るので,担当部署の部長に
よっては(社長の前で恥をかきたくないので)答弁について,あーでもない,
こーでもないと中身のない議論を重ねて,答弁完成が真夜中になることも多く,
さらに「こういう資料を用意しとけよ」との捨てゼリフを吐いて帰っていくの
で,偉くないお役人様は明け方までかかって資料を作ることもあったりします。
 いずれにせよ,お役人様は,住民の方ではなく,先生様や知事,市長の方を
向いて仕事をしていることが多いようです。しかし,最近は知事や市長さんの
なかにも,「これではいかん!」と職員の意識改革に取り組んでいる方が,少
しずつ現れているので,よいことだと思います。(ただしお役人はそういう知
事や市長のことを「黒船」と呼んだりしているのですが,,,)



★おまけ

 ●今日のお役所言葉・・・・・「可及的速やかに」
  (読み方)「かきゅうてきすみやかに」・・これはよく聞きますよね?
  (意 味)「できるだけ早く」の難易語です。  
  (使い方)「可及的速やかに対応を協議し,適切に対処してまいりたい」
       =「できるだけ早く適切な対応を行います」でもいいでしょ?
        

=========================================================================
 ●電子メールマガジン「お役所の裏口(ないしょにしてね)」 1998/10/21
  発行元:某公共団体現役公務員(pikacyu2@mail2.dddd.ne.jp)
ホームページ:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/6550/

●「お役所の裏口」では、みなさまの役所に対するご意見・ご要望や、役人に
  対して言いたいこと、このマガジンの感想などをお待ちしております。
ご意見などは,メールでも,ホームページへの書き込みでも結構です。

 ○このメールの受信をやめたい場合、下記のURLからお願いします。
  http://rap.tegami.com/mag2/kaijo/

 ○このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
  利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
==========================================================OH-YAKUSYO ===