THE お役所ことば

 


 

「喫緊」

(読み方) 「きっきん」 これを普通に読める人はお役人様になれるかも。
(意 味) 緊急の、という感じです。喫茶店とは何の関係もありません。
(使い方) 「喫緊の課題」 小渕首相が「経済問題は喫緊の課題である」なんて言ってましたね。でもこの人こそ、喫茶店でお茶でも飲んでおとなしくしているほうがよいのではないでしょうか。

 

「適困物」

(読み方) 「てっこんぶつ」 とりあえずは読めるかな。
(意 味) 適正処理困難物の略語だそうです。(私も知りませんでしたがテコンドーの親戚ではないそうです。シラーッ、、、) 
(使い方) 大型冷蔵庫などは適(正処理)困(難)物なので、製造企業にも処理費用を負担させるのが適切である。(要はゴミとして簡単に処理できないものってことです。)

 

「遺漏」

(読み方) 「いろう」・・痔瘻(じろう)ではありません。
(意 味) 必要なことが漏れ落ちること
(使い方) 「取り扱いについて遺漏ないよう留意願いたい」なんて書くといかにも役所言葉ですが、要は、「適切に処理してください」ってことです。なんかえらそうですよね。役所って、、、、 

 

「遺憾」

(読み方) 「いかん」・・これはよく聞きますよね。
(意 味) 心残りなこと、残念に思うこと 
(使い方) 「今回の不祥事については甚だ遺憾に思う」って大蔵省や日銀のお偉い様が、よく使いますね。
すなおに、「ごめんなさい、パンしゃぶや常識をはずれた接待を受けた私たちが悪いです」と言えないのでしょうか? 

 

「蓋然性」

(読み方) 「がいぜんせい」・・「がい」が読みにくい!
(意 味) 可能性ってことです。簡単に言えば。
(使い方) 「金融機関が破綻する蓋然性が高い場合は公的資金の導入を検討する」という具合ですが,別に「可能性」でも何の問題もないと思うのですが,,,

 

「乖離」

(読み方) かいり」・・「かい」って読めます?
(意 味) 要するに「かけ離れる」ことです。 
(使い方) 「最近の政府の経済報告は実体経済とあまりにも乖離していると思われるが,当局の認識を伺いたい」と質問されたりするのですが,「かけ離れている」というほうがわかりやすいですよねえ,,,

 

「可及的速やかに」

(読み方) 「かきゅうてきすみやかに」・・これはよく聞きますよね?
(意 味) 「できるだけ早く」の難解語です。
(使い方) 「可及的速やかに対応を協議し,適切に対処してまいりたい」
=「できるだけ早く適切な対応を行います」でもいいでしょ?